今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 生活費が足りない!今すぐお金が必要なときどう乗り切る?

生活費が足りない!今すぐお金が必要なときどう乗り切る?

給料日前でピンチ、今すぐお金が必要という状況に陥った経験のある人は少なくないと思います。そのような状況に陥ったらどのようにして切り抜ければいいのでしょうか。

なぜそんなにお金が足りないのかと聞かれてもよくわかりません。ただ、お金がないという状況なのです。お金が必要な目的も生活費が一番多く、日常的な支払いができないということが多いのです。

生活費というのは家賃、食費、光熱費、交通費、通信費、交際費、嗜好品、保険料など生活に必要な雑費を全て含みます。一ヶ月の生活費がいくらかかるのかということは個人差がありますが、お金がなくて払えないという状況は避けたいですね。

しかし、どうしてもお金が足りなくて支払いができないという事態が起きてしまうこともあります。今すぐお金が必要というときにはどのように乗り切ったらいいでしょうか。

できるだけ早くお金を工面するにはどのような方法があるのでしょうか。ピンチを乗り切るためにはこの記事を読んで参考にしてください。

お金を工面する方法はいろいろある!まずは初心者向け

今すぐお金が必要というときにはどうにかしてお金を工面しなければなりません。お金を用意するためにはどうしたらいいのでしょうか。いくつか方法がありますので、これならできそうだなというものをチェックしてみてください。

親や友人からお金を借りる

お金が必要という時にまず思い浮かぶのは親や友人からお金を借りることです。親や友人からお金を借りるのは簡単そうに見えて案外難しいものです。親にお金を借りる場合にはとやかく言われそうですし、友人からお金を借りると友情にひびが入ることもあります。

人からお金を借りる際にはいくつか注意点があります。

まず相手の負担を考えて借入額をなるべく少なくすること、使用目的を明確に伝えること、借用書を書くことなどが大事です。

貸す立場になってみるとなんのためにお金が必要なのか気になりますよね。また借用書を書くことできちんと返済の意志があることを伝えることができます。

日払い週払いのアルバイトをする

お金を稼ぐ基本的な方法と言えば、アルバイトをすることです。今すぐお金が必要という場合は日払いや週払いのアルバイトもありますので、そちらがおすすめです。アルバイト情報誌はもちろん情報サイトなども数多くありますので、希望の職種を見つけることができます。

日払いバイトというとガテン系など体を使う仕事が多いイメージがありますが、女性でもできる軽作業や事務作業もありますので安心してください。

不用品をリサイクルショップで売る

最近巷で流行りのリサイクルショップやリユースショップを利用してみるのはどうでしょうか。家にある不用品、ブランド品、日用品などが案外高く売れることもあります。

オークションに出品したり。フリーマーケットに出店する方が高額で売れることがありますが、時間や手間がかかります。もう読み終えた本や雑誌も売れますので、古本屋などに持ち込んでみましょう。

パチンコや競馬で勝負する

もしも多少でも現金が手元に残っているのなら、思い切ってギャンブルで勝負してみるのはどうでしょうか。パチンコやスロット、競馬、競輪などが国内でできるギャンブルですが、ビギナーズラックという言葉もありますしお金を増やすことができる可能性もあります。

ただし、もちろんわずかな現金もなくなって無一文になる可能性の方が大きいのでおすすめとは言えません。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

みなさん何枚かクレジットカードをお持ちだと思いますが、クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能が付帯しています。

クレジットカードのキャッシング機能を利用すればATMなどを利用して現金を引き出すことが可能です。

クレジットカードのキャッシング枠は低めに設定されていますが、少額でも構わないのでお金が必要という時は役に立ちます。

市場調査アンケートに協力する

街でアンケートに回答していただけませんかと声をかけられたことはありませんか。市場調査アンケートとは企業がリサーチ会社に依頼して商品に関するアンケートを不特定多数の人に応えてもらうモニターです。

どんな商品に関するアンケートなのかはその時々で異なりますが、謝礼として商品券や現金が進呈されることがあります。また、座談会形式のアンケートになると拘束時間は長くなりますが、謝礼が5000円から1万円ということもあります。

ストリートパフォーマンスをする

お金を稼ぐために大道芸や楽器や歌の演奏を路上で披露するのはどうでしょうか。もちろん技術が必要となりますが、面白い、うまいと思ってもらえればチップをもらうことができます。

外国では当たり前のこうしたストリートパフォーマンスも、日本ではちょっと緊張しますね。大道芸や音楽に自信のある人にはぜひおすすめします。

保険を解約する

その他のお金を工面する方法としては保険を解約する方法もあります。

定期預金や積立預金を解約したり、生命保険や医療保険など解約払い戻し金のある保険などは解約してお金を手にすることができます。

保険を解約するデメリットは支払った保険金の一部しか返ってこないことや、再契約の際には年齢が上がっているため金額も上がってしまうなど条件が悪くなることが考えられます。

以上がお金を工面する方法、初級編です。生活費が足りないというときには上記の方法で少しでもお金を用意することができるように頑張りましょう。

お金を工面する方法上級者編!深刻なら行政による支援も視野に

給料日前のピンチというのは誰でも経験したことがあると思いますが、深刻さの度合いは人それぞれです。とりあえず1万円あればどうにかなるという人もいれば、本当にガスや電気が止められてしまう、家賃が払えなくて追い出されるなど本当に追い詰められている人もいるでしょう。

上級者編ではある程度まとまったお金を工面するための方法をいくつかご紹介します。

カードローンを利用する

手軽にスピーディにお金を借りることができる先と言えば、カードローンです。

カードローンは設定された限度額内で自由にお金を借りたり、返したりすることができます。限度額は10万円~50万円程度で、自分のペースで借入することができます。

審査ハードルも低く、必要な書類も少ないので思い立ったときに申込ができます。また審査は最短30分で即日融資が可能です。

公的な支援を頼る

もしも病気やケガなどで仕事を失って収入のめどが立たたないのであれば、お金を工面する方法を模索するよりも行政に支援を求めた方がいい場合もあります。市町村の役所の相談すればどのような支援を受けることができるのか知ることができます。

最もよく知られているのが生活保護です。

生活保護を受けるためには働けない正当な理由があり、財産がなく、親族の援助も受けられないなど所定の条件を満たす必要があります。

生活保護はあくまでも最低限の生活を保証してくれるものであり、受給後は住居や旅行、ぜいたく品などは制限されることになります。

その他にも低金利もしくは無利息でお金を借りることができる総合支援資金貸付制度などがあります。総合支援貸付制度はあくまでも自立へ向けた経済的な支援であり、ハローワークなどと連携しながら生活の立て直しをサポートしてくれる制度です。

勤務先で前借をする

お金に困ったら勤務先で前借をすることは可能なのでしょうか。前借りというととてもハードルが高いイメージがありますが、実は労働基準法ではすでに働いた分の前借りは正式に認められているのです。

大きい会社ですと前借りできる金額や条件などに規定があるかもしれません。小さな会社の場合は上司や社長が個人的にお金を貸してくれる可能性もゼロではありません。

前借りの方法に関しては会社によって異なるので、勤務先に相談しましょう。

今すぐお金が必要という状況を乗り切るにはやっぱりカードローン

生活費が足りない、今すぐお金が必要というときにお金を工面する方法は沢山ありますが、その中でもとくにおすすめしたいのはカードローンです。最も手っ取り早く、誰でも安全で手軽に借入できるカードローンは注目されています。

カードローンは若者から高齢者まで幅広く利用されています。その人気の理由を挙げてみましょう。

手軽に申込できる

ローンの申込というと、店頭に申込に行ったり、書類を準備するのが面倒でなかなか踏み出せません。しかし、カードローンの多くはインターネット申込を受け付けていますので、自宅にいながら楽に申込ができます。

必要書類も運転免許証などの本人確認書類と給与明細などの収入証明書のみで申込ができます。必要なときに、PCやスマホでどこからでも申込が可能なのも便利です。

利便性が高い

カードローンは利用者のニーズに対応して日々進化しています。借入の際にも全国に多数のATMがありますし、口座振込も可能です。会員専用ページが設けてあり、各種手続きや登録内容の変更、取引明細を確認することができます。

とくに大手消費者金融や銀行カードローンは便利で使い勝手が良いと定評があります。

審査に通りやすい

カードローンがその他のローンよりも好まれるのは審査に通りやすいことも一つの理由です。

カードローン審査に通る最大の条件は安定した収入があることと過去にお金のトラブルがないことです。

アルバイトやパートでも借入が可能で、審査ハードルは高くはありません。とくに中堅の消費者金融はハードルは最小限に抑えて集客を優先しています。

返済の負担が少ない

ローンを組む際の心配事と言えば返済に関することです。返済ができないと強面の取り立てが来るのではないかと心配する人がいますが、現在は取り立てに関する厳しい法律がありますのでそのようなことはありません。

それ以前に、カードローンの返済は無理のない範囲で選べるようになっていますので返済に行き詰まること自体が稀です。多くのカードローンが残高スライドリボルビング方式を採用しています。

残高スライドリボルビング方式なら借入残高に応じた最低限の返済が可能なので負担が少なくて済みます。

しかし、一方で返済期間が長引くなどのデメリットもあります。

お金を工面する方法はあれこれある!でも一番頼れるのはカードローン

給料日前で生活費が足りないという時にはどのようにしてお金を工面したらいいのでしょうか。お金を工面する方法はいろいろありますが、どんな方法が上手くいくのかはわかりません。

親にお金を借りる、日払いアルバイトをする、不用品を売る、ギャンブルに賭けるなど自分ができる方法、自分に合った方法を選ぶことで成功率はアップします。

しかし、手軽に確実にお金を手に入れるなら、やはりカードローンのがおすすめです。

カードローンの人気は近年急上昇中です。その理由は手軽に利用できることや利便性に優れていることが挙げられます。インターネットで申込や借入ができ、返済による負担も軽いことも魅力です。

カードローンはおもに消費者金融やカード会社、銀行で取り扱いがあります。各社のHPをチェックすると金利や限度額、返済方法やサービスに関する詳細を確認できます。カードローンを上手に使いこなすには自分に合った商品を選ぶことがポイントです。

まだカードローンをご利用ではない方はぜひチェックしてみてください。

トピックス
ページトップへ