今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐお金が必要ならば使えるアコムの30日間金利0円とは?

今すぐお金が必要ならば使えるアコムの30日間金利0円とは?

消費者金融にはさまざまな特徴やサービスがあります。特に大手消費者金融はその知名度だけでなく、カードローンの内容の充実もありますし、それに付随する特徴やサービスは見逃せないものがあります。

アコムもまた誰もが知っている大手消費者金融の一つですが、やはり大きなアピールポイントがあります。初めての方には30日間金利0円というサービスです。

それがどうしてすぐにお金が必要な人にオススメできるのか、金利0円サービスを見てみたいと思います。

アコムのカードローンは金利も限度額も充実!商品概要について

アコムでは、クレジットカードやビジネス用、借り換え用など用途に応じて商品があるのですが、カードローンという商品については、1種類しかありません。とはいえ、いくつか商品を作らなくても充分その一種類で足りると言えます。

カードローン書品概要

対象者 20歳以上69歳以下
安定した収入と返済能力のある人
会社基準を満たす人
契約極度額 1万~800万円
貸付利率(実質年率)  3.00~18.00%
※契約極度額が100万円以上の場合は、3.00~15.00%
遅延損害金 20.00%
返済期間
返済回数
最終借入日から最長で9年7ヶ月
~100回
返済方式 定率リボルビング方式
担保・保証人 不要
必要書類 運転免許証、なければ個人番号カード、健康保険証など
※顔写真がない場合は、別途書類が必要
※貸付額、または審査によっては収入証明書類が必要

大手消費者金融ならではの金利と限度額はアコム特徴の一つ!

大きなアピールポイントの30日間金利0円サービス以前に、アコムのカードローンの特徴をまず見てみると、金利の上限は他社と変わらないと言えますが、低い方の金利は銀行なみの数字になっています。

しかし、それは100万円以上での金利になっています。その為、初回から100万円以上借りる人はあまりいないので、はじめからその恩恵にあずかるのは難しいかもしれません。

とはいえ、利用し続け限度額があがれば金利が下がる可能性はあります。

返済は35日ごとでわかりにくい?返済日を忘れて延滞に要注意!

一見いいことが多いアコムのカードローンですが、少しわかりにくくちょっと困りがちなのが返済日です。

というのは、アコムの場合、返済日の基本的な考え方が35日ごととなっています。

初回借入日から35日後が初回返済日になります。その後、返済日から35日後にまた次の返済日が来ます。早く返済すればその分次の返済日もずれていきます。

ということは、カレンダーで見ても返済日がとてもわかりにくく、人によっては返済しそこなって、延滞がついてしまう可能性があります。

延滞になってしまえばその人の信用に傷がつきますし、遅延損害金が発生してしまうので、なるべく避けるべきです。では、どうすればいいのか。

eメールサービスというのが、あります。

これは後で細かく説明します。

また、35日ごとなのは、あくまで基本的な方法で、返済方法はこれだけではありません。35日ごとが不便ならば他の方法で返済することはできます。

  • 毎月指定日での返済
  • 口座振替での返済

希望すれば返済日を指定することができます。ただし、指定した日より15日以上前に入金した場合、前月追加入金の扱いになって、返済日もやはりお金を返済しないといけなくなります。指定日より直前(15日内)ならばその月の返済が行われたことになるので、その違いには気をつけないといけません。

口座振替の場合、毎月6日と日にちが決まっており、この日に自動引き落としになります。こちらの方が返済日のことを忘れても口座にお金があれば自動的に引き落とされるので延滞の心配がないかもしれません。もちろん、口座にお金がなければ延滞になってしまいます。

どの返済方法がいいかは、ご自身の都合で決めるといいと思います。

今すぐ借りるならば30日間金利0円が便利!返済は30日までに

アコムの大きなアピールポイントとも言える30日間金利0円は、それこそすぐにお金が必要な人にはぴったりなサービスと言えるかもしれません。

30日間金利0円サービスとは、契約日の翌日より30日間は借入の金利が0円になるサービスです。

もちろん利用するには、条件があります。

30日間金利0円を利用するための条件とは

  • アコムでの契約が初めて
  • 返済期日が35日ごとで契約

※アコムが不適切と判断されることもあります。

この金利0円サービスですが、「借入日の翌日から」ではないので勘違いしないよう、注意が必要です。

そして、当然30日が過ぎた翌日から、通常の金利が掛かります。

ということは、30日間内での返済は、全て元金の返済に充てられるので、できるだけ30日間の間に返済を進めておくと、利息の負担が少なくすみます。金額にもよるでしょうが、これはかなり大きなメリットと言えます。

30日間金利0円は指定日や口座振替の返済方法では使えない!

この金利0円サービスの条件にあるように、契約としては35日ごとの返済が基本になります。指定日返済や口座振替での契約ではサービス対象外になります。

その為、35日ごとの返済をそのまま待っていると金利0円の期間が過ぎてしまうので、できるだけATMや窓口、振り込みなどで返済をすすめることをオススメします。

その30日間の中では1回しか返済できないのかという疑問もあるかもしれませんが、何度でも返済は可能です。できるだけ、纏まったお金が入ったら、早めに返済を進めましょう。

ただ、意外な落とし穴として、返済時にATMを利用した場合など、手数料が発生するものに関しては、その手数料までは無料にはならないことも頭に入れておく必要があります。

何にせよ、このサービスは借りる側からすると使わない手はないサービスですが、気にしなければそのままサービスを上手く活用することができないので、意識することが大切です。

上手く利用すれば遅延なく返済は可能!eメールサービスとは

金利0円を使えるよう35日後返済の契約にしたとして、この35日ごとと言うのは、つい返済日がわからなくなり延滞を起こしやすい返済方法と言えるかもしれません。(もちろん、アコムが延滞を目的に35日ごとにしたわけではありませんし、タイミングで見ると借りる側の負担軽減になる場合もあります。)

しかし、先にも少し触れた心配ごとですが、そんな心配もアコムにはeメールサービスを利用することにより、不要になります。

eメールサービスは返済日をお知らせしてうっかりを防止してくれる!

アコムの会員サービスはいろいろと便利な機能があるのですが、その中にある「eメールサービス」は返済日の連絡が入るようになっているサービスです。eメールサービスは、うっかり忘れてしまうことを防いでくれます。返済に関するお知らせを3回送ってくれます。
①返済期日の3日前(土日祝日を除いた3営業日前)
②返済期日の当日
③返済期日経過後

もし、3日前のメールに気付くのが遅れたとしても、当日のメールがあります。当日のメールでも返済を忘れた場合、期日後になってしまうのですが、それでも忘れたまま延滞を継続するよりもずっとマシです。3回も連絡がくれば流石に忘れたままにならないですむはずです。

ただし、カードローンの契約をすれば自動的にeメールサービスがつくわけではありません。

会員としてだけでなく、eメールサービス、そしてメールアドレスの登録が必要です。

もちろん、よくある指定受信など設定をしている場合は、メールの受信ができるようにしておくことも必要です。最初の登録が少し面倒に感じるかもしれませんが、延滞をするよりもずっといいはずです。

他にもどんなことがある?会員サービスの内容とは

もちろん会員サービスとしては、eメールサービスだけではありません。

  • 明細書や入金明細書などの受け取りサービス(電磁交付)
  • 住所や連絡先など、各種変更手続き
  • 残高期日や利用明細など各種内容の照会
  • 振込による借入
  • インターネット返済

今は、インターネットを使って手続きをしたり照会する消費者金融は多くあります。アコムも例にもれず様々な手続きや照会などのサービスを受けることができます。一部制約が入ることもあるのですが、借入や返済の手続きを行うことができるのもありがたいサービスです。

今すぐお金が必要ならばアコムのサービスを利用するのがオススメ!

誰もが知っている大手消費者金融もいくつかありますが、その中でもアコムのカードローンの商品内容は決して悪いものではありません。というよりも、どちらかと言えば、充実していると言えるかと思います。

そして内容だけでなく、契約日の翌日から30日間という期日はあるものの金利が0円となるのは、すぐにお金が必要な人には、そのまますぐに活用できるサービスと言えます。

もちろん返済の目途がまったくない人には、あまり意味がないかもしれませんが、そもそもカードローンに申し込みできる条件としてある「安定した収入」を考えるとどのような職業であっても、1ヶ月あれば多少なりとも返済できる機会はあるはずです。そうやって考えると、借りる側に充分メリットのあるサービスです。

ただし、忘れてはいけないのは、カードローンには審査があり、審査に通らないとお金を借りることはできません。その前提として金利0円の期間は関係なしに、返済ができるようしておくことも必要です。

トピックス
ページトップへ