今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 勤め先から前借りする時の注意点。理由によっては断れることも…

勤め先から前借りする時の注意点。理由によっては断れることも…

冠婚葬祭や急な入院、生活費や教育費など人生には今すぐお金が必要になることがありますが、そんなときはどのようにしてお金を工面するのがベストなのでしょうか。

親や知人にお金を借りるのは迷惑をかけてしまう、リサイクルショップに売れるようなブランド品はない、クラウドソーシングなどは入金まで時間がかかるなど今すぐお金がが必要な状況には適していません。

今回注目したいのは勤務先からの前借りです。一見とてもハードルが高そうに思えますが、果たして会社から給料の前借りをすることは可能なのでしょうか。給料の前借りでしたら自分が働いたものなので正当な権利はあると思われますが、実際はどうなのでしょうか。

こちらの記事では労働基準法なども踏まえた上で、勤務先に対して前借りをお願いすることができるのかどうか調べて見ました。勤務先から前借りできればと思いながら、なかなか申し出るのは勇気がいることだと思います。

こちらの記事を参考に勤務先へ前借りを申し出る際の注意点などについてもチェックしてみてください。

勤務先からの給料の前借りは法律上はOK!?

日本には労働者を守るための沢山の法律があります。

法律の一つ、労働基準法の第25条の見てみると「労働者が出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならない」と記載されています。

これを見る限り労働者本人や家族がケガをしたり、病気になったり、妊娠・出産の際にはすでに働いた分の賃金を支払わなければならないということです。突然の事故や病気による入院や妊娠出産などはとてもお金がかかるものです。

その他にも地震などの自然災害で被害を被った際にも勤務先からの前借りが可能です。とくに近年全国で地震が多発していますので、自然災害に遭う可能性は決してゼロではありません。

前借のルール

今すぐお金が必要という時は前借りが法律によって認められていることがわかりましたが、前借りにはいくつかのルールがあります。

第一に前借りできる金額には制限があります。

いくらまで借入できるのかというのは勤務先によって規定が異なります。大きな会社であれば会社の規定に関する書類などがあると思いますので確認しましょう。

前借りできるのは決して正社員ばかりではありません。

パート、アルバイト、契約社員でもすでに働いた分の賃金を前借りすることが可能です。

派遣社員の場合は、給料の支払い元は派遣会社なのでそちらに相談してみましょう。

もう一つ気になるのは金利です。前借りをする場合には金利は発生するのでしょうか。自分が働いた分とはいえ、給料を借りるわけですから利息を付けるのは違法ではないようです。

しかし、実際にはいくらぐらい金利がかかるのかわかりませんし、社員の前借りに利息を取る会社は少ないと思います。

勤務先に前借りをお願いする際には理由を明確にすること!

勤務先に前借りをお願いするときにはいくつか注意点があります。大きな会社であれば総務に、小さな会社であれば店長や経営者にお願いすることになると思いますが、やはりお金を借りるマナーとして借入目的を明確にすることが大事です。

家族の医療費、冠婚葬祭、教育費など必ずしも本当の理由でなくても、相手が納得できる前借りの理由を考えておく必要があります。

通常お金を借りるというと、ギャンブルや無駄遣いでお金がないかなと思われがちなので、正当な理由があることを伝えた方がいいですね。

会社からの信頼を失うことになりますし、社内で変な噂を立てられるとも限りません。出世に響くというのは大げさですが、その可能性はゼロではありません。

借用書は書くべき?

お金の貸し借りをするときに通常用意する借用書は勤務先からお金を借りる際にも必要となるのでしょうか。

前借りのための申請書が用意されている会社もありますが、なければ借用書の提出を求められることもあります。

借用書の書き方は専用の書籍やインターネットで検索することができます。借用書に記載するべきなのは以下の事柄です。

  • 借用書の作成日
  • 借入日時
  • 借入金額
  • 金利(ある場合)
  • 返済方法
  • 返済期日
  • 遅延損害金
  • 借主の名前
  • 貸主の会社名
  • 捺印

以上の事柄の他にも勤務先の方でなにか要望があれば記載しましょう。

前借りすると信頼を失いそう!それならカードローンがおすすめ

勤務先からの前借りは労働基準法でも認められていますし、自分の働いた分の賃金を先にもらう権利はあるわけですが気が進まないという人は少なくないと思います。何よりも会社や同僚から金使いが荒いとか、信用できないと思われてしまうのは不本意です。

それならやはり勤務先から直接お金を借りるよりもカードローンなどを利用して誰にも知られずに借入する方がおすすめです。カードローンは怖いというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、現在では安全で手軽なローンとして利用者も急増しています。

カードローンの魅力についてご紹介しましょう。

審査が速い!即日融資可能!

カードローンの最大の魅力はとにかく審査が速いことです。今すぐお金が必要という緊急事態に審査に1週間もかかっていては話になりません。

カードローンなら審査は最短30分、審査に問題がなければ申込当日中に融資が可能です。

審査に必要な書類は身分証明書と収入証明書だけという手軽さも嬉しいですね。

審査が緩い!通過率が高い!

カードローンの審査はその他のどんなローンよりも通りやすいことで知られています。カードローンは金利が若干高めですが、ハードルを低くすることで利用者を増やしています。

今すぐお金が必要というときに審査に通らないというのは悲しいものです。カードローンには銀行と消費者金融がありますが、消費者金融はとくに審査に通りやすく審査に自信のない人もおすすめです。

サービスが満載!使い勝手がいい

カードローンはとにかく利便性が高いのが魅力です。全国の提携ATMやコンビニCDを利用できますし、インターネット会員ページでは振込や増額の手続きや登録情報の変更などを行うことができます。

他にも一定期間金利が発生しない無利息サービスや返済日を教えてくれるメールサービスなどもあります。カードローンは使い勝手がいいと評判です。

前借りよりも返済が楽!

そして何よりも気になるのが返済のことです。前借りの場合どのような形で返済するのかは勤務先との話し合いになりますが、カードローンならそのような手間のかかることもありません。

毎月の残高に応じて返済額が決まる残高スライドリボルビング方式または元利均等返済方式が一般的です。残高スライドリボルビング方式の場合、毎月の返済額は最低限で済みます。元利均等返済方式は毎月の返済額が固定されているためお金の管理がしやすいというメリットがあります。

前借りは法律上はOK!でもカードローン派の方が多い

今すぐお金が必要というときには勤務先の前借りが頭に浮かびます。法律上はすでに働いた分の賃金を前借りすることは認められています。しかし、問題は前借りを申し出た場合にお金にだらしない人だと思われて評価が下がったり、信頼を失ったりするのではないかということです。

そんな思いをして前借りをするぐらいなら誰にも知られず利用できるカードローンがおすすめです。カードローンの魅力は審査が速いこと、審査に通りやすいこと、そしてサービスが充実していることです。また無理のない返済ができるのも助かりますね。

実際に勤務先から前借りをしている人は少数派で、カードローンを選ぶ人の方が多いですね。

上司や同僚からどう思われるか気になって過ごすよりは、自分のペースで利用できるカードローンを選ぶ気持ちはなんとなくわかります。まずは気になるカードローン商品をチェックしてみてください。

トピックス
ページトップへ