今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローン申し込み前必須!絶対外せない審査基準をおさらい

カードローン申し込み前必須!絶対外せない審査基準をおさらい

今すぐお金が必要というときに本当に頼りになるのは、カードローンです。しかし、いまだにカードローンは危険というイメージを持つ人もいて、そうでない方も審査や返済に不安を感じています。

とくに審査に関しては、審査に通るのかどうかドキドキしながら申込をする人が多数です。審査に通らなければどんなに条件のよいカードローンでもお金を借りることができないわけですから意味がありません。

こちらの記事では、みなさんが気になっている審査のこと、とくに申込基準について詳しくご紹介したいと思います。申込基準とはいわゆる申込資格、申込対象のことで、カードローン会社の指定する基準を満たさなければ申込はできません。

審査を受ける前に申込基準に満たずに落とされるかも、、、と心配になりますが、申込基準はどのようなものなのでしょうか。借入先によって異なる申込基準について詳しくみていきましょう。

カードローンの申込基準は厳しい!?緩い!?

カードローン初心者にとって審査や返済に関する不安はつきません。しかし、審査や返済より先に直面するのが申込です。申込の際には借入先の申込基準を満たしていなければ申込をすることすらできないのです。

しかし、安心してください。基本的にカードローンの申込ハードルは高くはありません。最も重要な2つの基準を満たしていれば、申込できる場合がほとんどでです。最も重要な2つの条件とはなにか、気になります。

消費者金融の場合

カードローンには大きく分けて、消費者金融と銀行カードローンの2種類があります。一般的には消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。一方で、銀行カードローンは金利が低いのが魅力です。

消費者金融、銀行カードローンともに重要な2つの申込基準とは下記の通りになります。

  • 安定した収入があること
  • 満20歳以上であること

つまり就業している成人であれば借入が可能ということになります。

カードローンでお金を借りれば必ず毎月返済の義務がありますので、収入がなければ返済できる当てがありません。

返済の能力がない人に貸し付けはできませんので、安定した収入があるということは絶対条件です。

また現在は総量規制という法律が制定され、年収の1/3までしか借入できないことになっています。そのため収入がゼロの無職の人には貸付不可となっています。

二つ目の条件は年齢です。

上限は65歳~70歳までと借入先によって異なりますが、満20歳未満の未成年は原則借入できません。

未成年には返済能力も責任能力もありませんので、借入はできません。

学生ローンと呼ばれる学生向けのローンもありますが、こちらも満20歳以上でアルバイトのなど収入のある学生を対象としています。

銀行カードローンの場合

消費者金融より若干ハードルが高いのが銀行カードローンです。銀行カードローンは消費者金融より金利が低く、その分審査が通りにくい傾向にあります。しかし、最近では即日融資を実施している銀行も増え、サービスも充実し条件の良い商品も多数あります。

銀行カードローンにおいても年齢制限と安定した収入があることは絶対条件となります。消費者金融も銀行カードローンも担保や保証人は原則不要です。

現在ではほとんどの銀行がカードローンを取り扱っていますので、申込基準も様々ですがあえてハイスペックな商品をピクアップして、消費者金融の基準とはどう違うのか比較してみましょう。

こちらは最も低金利の銀行カードローンの申込基準です。

  • 申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • 指定の保証会社の保証が受けられる方

年齢制限と安定した収入があることはもちろんですが、日本国内に在住の方、また保証会社の保証を受けられることが条件に加えられています。

さらにハイスペックな商品では一定の年収以上ないと申込ができないものもあります。

高齢者や専業主婦でも申込できるってホント!?

カードローンは申込基準が厳しそう、自分に申込資格があるかわからないという方もいます。例えば、高齢の方や専業主婦の方、学生の方などです。案外このような方ほどお金を必要としますが、申込基準に満たないかも、、と諦めてはいませんか。

高齢者の場合

不景気の影響で、経済的に厳しい高齢者が増えていることは社会問題にもなっています。もう少し生活にゆとりが欲しいと考える高齢者も少なくありません。しかし、現実には高齢者はリストラなどで職を失うリスクがあり、また再就職も難しい状況です。

高齢者でも申込基準の年齢制限を満たせば申込は可能です。ただし、アルバイトなどでなんらかの収入がなければ申込は難しくなります。ただし、銀行や信用金庫のカードローンの中には年金受給者でも申込できる商品もあります。

高齢者専用のカードローンの場合、限度額は10万円~30万円と低りますが、借り過ぎを防止する意味では安心して利用できると思います。

専業主婦の場合

カードローンのハードルは低く、アルバイトやパートをしていれば主婦でも申込できるところがほとんどです。しかし、専業主婦となると話は変わってきます。収入のない専業主婦は総量規制にひっかかるということもあって、申込不可となります。

しかし、専業主婦でも安定した収入のある配偶者の同意があれば申込が可能です。また少数ですが、総量規制による制限を受けない銀行カードローンの中には低い限度額で専業主婦でも配偶者の同意なく申込ができる商品もあります。

学生の場合

学生に関しては前述の通り、満20歳以上でアルバイトなどで安定した収入があれば、申込できるカードローンは多数あります。学生の場合は学生ローンを利用した方が、低金利で借入ができ、また学生向けの特典などがあってお得です。

申込基準を満たして初めて審査を受けることができる!

カードローンの利用を希望の場合、申込基準を満たした上で審査に臨む必要があります。申込基準を満たしていることを確認したうえで、申込を行うとすぐに審査が行われます。カードローンの多くはスピーディな審査を心がけていますので、最短でその日のうちに借入できることも少なくありません。

申込基準に引き続き、簡単に審査基準についてご紹介しましょう。

審査では主に収入と過去の借入歴についてチェックします。安定した収入があるかどうかは、返済能力に関わってきますのでとても大事です。

安定した収入があるかどうかは、在籍確認を行い勤務先をチェックすることで確認します。

過去の借入歴とはローンやクレジットカードの支払いの滞納や延滞がないか、債務整理や自己破産をしていないかどうかなどをチェックします。

過去に返済のトラブルがあるとお金を返さない人と判断されて審査に影響します。

過去の借入歴は信用情報と呼ばれる個人の金融情報に記録されています。信用情報は金融機関の間で共有されていますので、隠すことはできません。

もちろん、収入や過去の借入歴のほかにも勤務先や固定電話の有無、持ち家の有無、勤続年数など様々な事柄をチェックします。ただし、安定した収入があり、過去にお金のトラブルがなければ審査に通る可能性はかなり高いと思いますので心配はいりません。

申込基準を満たすことができれば、次は審査に進みましょう。

案外ハードルは低め!申込基準を満たしたらいざ審査へ

カードローン初心者の中には申込基準が厳しいのではないかと不安を感じている人がいますが、実は思ったほどハードルは高くありません。

基本的な申込基準は、安定した収入があることと満20歳以上であることの2つです。

この2つの基準され満たせば、申込できるカードローンは沢山あります。

銀行カードローンの中には一定以上の収入があることや保証会社の保証を得ることができることなどの条件が付け加えられることもあります。また地方銀行や地方の消費者金融の中には営業エリアが限定されている商品もあります。

申込基準を満たしたら、次は審査に進みましょう。審査では収入や勤続年数、過去の借入歴などをチェックします。安定した収入があり、過去にお金のトラブルがなければ借入できる可能性は高いと考えていいでしょう。

カードローンは申込基準も審査基準も決して厳しいものではありません。不必要に不安がらずに、思い切って申し込んでみましょう。

トピックス
ページトップへ