今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの審査通過率を上げるためにできること7つ!

カードローンの審査通過率を上げるためにできること7つ!

今すぐお金が必要なときには、親や友人に頼ったり、アルバイトをするなどの方法がありますが一番簡単で手っ取り早いのはカードローンを利用することです。最近では老若男女問わず多くの人がすでにカードローンを利用していますが、興味はあってもなかなか踏み切れないという人もいます。

カードローンの利用を躊躇している最大の原因は審査に対する不安を解消できないからです。カードローン審査ではどんなことを審査するのか、果たして審査に通過するのかなど心配で申込できないでいる人もいます。

確かにカードローン審査はその他のローンに比べハードルが低いとは言っても、審査である以上なにか問題があれば否決ということもありうるわけです。審査に通るか不安を感じている方のために、こちらの記事では審査に通過するポイントを伝授したいと思います。

カードローン審査をスムーズにクリアするためにはいくつかのコツがあります。このコツさえわかっていれば、審査に対する準備は万全です。

カードローン審査ではここを重点的にチェックする!

カードローン審査に通過するコツについてお教えする前にまずはカードローン審査そのものについて知っておく必要があります。カードローン審査ではどのようなポイントを重点的に審査するのでしょうか。どのようにして審査の可否が決まるのでしょうか。

安定した収入があるか?

カードローンを利用するための条件の一つにもなっているのが、安定した収入があるかという点です。収入がなければ毎月の返済ができません。安定した収入があるかどうかというのは、返済能力を測るうえで最も重要なポイントです。

また現在では総量規制と呼ばれる貸金業法が制定されています。総量規制はおもに消費者金融やカード会社を対象とした法律で年収の1/3以上は貸付してはいけないと定められています。そのため限度額に関しても年収の1/3までと制限されています。

総量規制に違反しないためにも安定した収入があるか、収入はいくらかということをチェックすることが必要となります。

勤務先や勤続年数に問題はないか?

安定した収入があるかどうか確認するためには、勤務先のチェックが欠かせません。申込者は勤務先や役職に関しても申告の義務があります。

大手企業や公務員などは離職率が低く、安定した勤務先ということで審査に有利に働くことがあるようです。

しかし、小さな会社でも、アルバイトやパートでもカードローン審査に通る可能性は十分あります。勤続年数も長い方が勤勉な性格とみなされるようですが、最近ではステップアップのための転職も増えていますので勤続年数が低いという理由だけで審査に落とされることはないようです。

過去に返済トラブルはないか?

過去にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりした場合、返済や支払いのトラブルがあるとやっかいです。

返済が遅れたり滞ったり、債務整理や自己破産の履歴があると、お金を返さない無責任な人と判断され敬遠されます。

個人のお金に関する情報は信用情報と呼ばれ信用会社が記録しています。各種ローンの審査を行う際にはこの情報をチェックしてお金を貸しても問題のない相手かどうか判断します。

過去に返済トラブルがあると審査に不利になることがあります。ただし、トラブルの度合いや属性によっても審査結果は違ってきますので一概にどのような状態だと否決というのはわからないのです。

このほかにも固定電話の有無や既婚か独身か、持ち家はあるかなどもチェックされるようですが、とくに重要なのは上記のポイントです。カードローンの審査に臨む前には心構えとして知っておくといいでしょう。

審査をスムーズに通過するコツ!押さえておきたいポイントとは?

審査内容についた理解したところで、次はいよいよ審査にスムーズに通過するためのコツを伝授します。

希望借入額を高くしすぎない

カードローンを利用する人の多くが今すぐお金を借りたいという状況ですから、希望借入額を高めに申告しがちです。しかし、身分不相応な高額な希望はカードローン会社を困らせてしまいます。

高額な借入を希望するということは経済的にもかなり困窮しているとみなされ、返済能力に疑問を抱かれてしまいます。

また初回の借入額は低めに設定されることが多いので、あまり期待しない方が無難です。

書類に不備がないようにする

審査の際にはインターネットで申込を行い、本人確認書類や収入証明書を提出します。申込フォームの記入内容に誤りがないか、必要書類に不備がないか今一度確認しましょう。

記入漏れや記入ミス、書類不備などがあると信用にかかわりますし、またせっかく即日融資が可能な借入先でも審査に時間がかかってしまいます。

不要なクレジットカードを解約する

最近では多くの人が複数のクレジットカードを使い分けています。しかし、よく考えてみるとそんなにたくさんのクレジットカードが必要でしょうか。クレジットカードにはキャッシング枠と呼ばれるお金を借入できるサービスが付帯しています。

このキャッシング枠は実際に利用していなくても、与信としてカウントされてしまいます。
もしも、カードローン審査を控えているなら、不要なクレジットカードを解約しておくことをお勧めします。

在籍確認がスムーズにできるようにする

先程カードローンを利用するための最大の条件は安定した収入があることということをご説明しましたが、その確認のためにカードローン会社は勤務先へ電話をかけます。電話をかけて本当に申告された勤務先に就業しているかどうかチェックするのです。

在籍確認はとても重要な審査のプロセスなので、在籍確認はとれないうちは審査は進展しません。勤務先の電話番号が間違っていないか、内線番号を伝えてあるかかを確認しましょう。また在籍確認が行われる時間を指定することもできますので、その時間にきちんと対応できるようにしておくことも大事です。

他社からの借入を減らす

すでに他社から借入がある場合には、新規で別のカードローン審査を受ける前にできるだけ件数や金額を減らしておきましょう。他社から借入があれば、返済能力は低いとみなされて審査に影響することも考えられます。

申込を一社にしぼる

これはカードローン初心者がよく犯すミスなのですが、審査に落ちることを考えて一度に複数の申込をする人がいます。これは一般的に申込ブラックと呼ばれ、申込履歴として残ってしまいます。

数打てば当たるという精神を捨てて、情報を収集し、自分に合ったカードローンを一つだけ選びましょう。

借入目的を明確に伝える

カードローン会社の中には借入の目的を尋ねるところもあります。そんなときは、ギャンブルや借金の返済などと答えるのはNGです。

教育費、医療費、冠婚葬祭などはっきりとした目的を伝えた方が審査に好印象を与えると言われています。しかし、実際には借りたお金をどのように使用するかは個人の自由です。

以上がカードローン審査にスムーズに通過するためのポイントです。ただし、審査は一人一人審査内容や属性が異なりますので、絶対ということはありません。それでも、何もしないよりは審査対策をすることで審査に通る可能性を上げることができるのではないかとと思います。

審査対策は万全!それでも審査に落ちた時の対処法

しかし、審査対策が万全と思っても審査に落ちてしまうことは多々あります。カードローン会社は審査に否決だった理由を明確にする必要はありませんのである程度自分で推測して次につなげる必要があります。

申込の時期を延期する

カードローン会社は審査が否決だった理由を明らかにする必要がないという話をしましたが、理由を推測し、なにか問題があるようであれば何度申し込みをしても同じ結果になることが予想されます。

それならば無駄に申込をして信用情報に傷をつけてしまうよりも、申込時期を延期することも大事です。信用情報に問題がある場合、完済後5年ほどは残ると言われていますので要注意です。

その他の方法でお金を工面する

もしもカードローンが利用できなければその他の方法でお金を工面しなければなりません。アルバイトをする、不用品をリサイクルショップに売る、親や友人にお金を借りるなどの方法が主浮かびます。

最近では日払いや週払いのアルバイトも豊富にありますので、すぐにお金が必要な方は身近でできる仕事を探してみましょう。アルバイトなら後からお金を返済する必要もなく負担もありません。

審査の緩いカードローンを探す

カードローンの申込をしたけど結果は否決だったと落ち込んでいる方、それは本当にあなたに合った借入先だったのでしょうか。

信用情報に問題がある、収入が著しく低いなど、審査に自信のない方は予め審査に通りやすい借入先を選ぶ必要があります。

審査が通りやすいのは銀行カードローンよりも消費者金融ということは一般的に知られていますが、中でも中堅の消費者金融は多少信用情報に問題があっても借入できるケースがあります。

もちろん審査には個人差がありますので絶対とは言い切れませんが、口コミなどをチェックして審査に通りやすい中堅の会社を探しましょう。限度額は低めでも借入できる可能性はゼロではありません。

審査内容を把握し審査対策を行うことで審査通過率をアップする!

カードローン初心者の多くが審査に対して不安な気持ちを抱いています。それは審査のことをきちんと把握していないことが一つの原因です。

審査内容を理解して、審査対策を行うことで、自信を持って審査に臨むことができます。カードローン審査では安定した収入の有無、勤務先や勤続年数、信用情報などを重点的にチェックします。

また同時に希望借入額を低めにする、在籍確認がスムーズにできるようにする、申込先を一社に絞るなどの基本的な審査対策も有効です。少しでも審査に通過する可能性を上げるためには審査対策が欠かせません。

しかし、それでも審査に落ちてしまったら、その他の方法でお金を工面したり、より審査に通りやすいカードローンを利用する方法もあります。また申込時期を見極めることも大事です。

カードローン審査に対して必要以上に不安になる必要はありません。安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査はすぐに終わり、思っていたよりもあっけなく融資を受けることができるはずです。

トピックス
ページトップへ