今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 自動車税が払えない…このまま払わずにいるとどうなる!?

自動車税が払えない…このまま払わずにいるとどうなる!?

住民税や所得税、相続税など日本では様々な種類の税金を払う義務があります。これらの税金は私たち国民が快適に日常生活を送るために欠かせないものです。できれば税金など払いたくないと考える人がいますが、税金の支払いはれっきとした国民の義務なのです。

今回とくに注目したいのは、自動車を所有する際にかかる自動車税です。自動車税は住民税や所得税のように誰もが払わなけらばならないものではありません。車を所有すると決めた人だけが払う税金です。払いたくないのであれば、車を所有しなければ済む話です。

自動車税は一年に一度車の排気量によって決められた税金を支払う必要があります。自動車を持っている限りかならず必要な経費だとわかっているはずですが、最近では自動車税の滞納者が増加しているため行政は取り立てを厳しくしています。

お金がないなら車に乗らなければいい話ですが、地方にお住まいの方など車がなければ仕事もできず生活もままならないという人もいます。こちらの記事では自動車税について、また自動車税を払わないとどうなるのかということをご紹介していきたいと思います。

自動車は大変便利な乗り物で私たちの生活を快適にしてくれます。しかし、そのためには信号や道路などを整備しなければなりません。それを自動車に乗る人が負担するのは当然ではないでしょうか。

自動車税とは?納税時期や納税額は?

自動車税とは、地方税法に基づき、道路運送車両法第4条の規定により登録された自動車に対し課せられる税金のことです。自動車税は昭和25年に制定された法律です。自動車税は公道を走行するすべての自動車の所有者に納税の義務があります。

納税時期は5月中となります。

通常5月上旬に自動車税納税通知書が届きますので、5月末日までに支払うようにしてください。

6月以降は延滞料がかかります。納税額は所有する自動車の排気量によって決まります。また自家用車か営業車かということによっても納税額が変わります。

通常一般家庭で使用している1000㏄以下の自家用車の場合、納税額は29,500円ですが、例えば2000㏄~2500㏄の排気量の多い自動車の場合、45,000円にもなります。軽自動車の場合は10,800円と税額は低めです。

自動車税の支払いはコンビニや各種金融機関、自動車税務事務所などで行うことができます。ただし、納税期間を過ぎた場合にはコンビニなどでの支払いはできなくなります。

自動車税の免税・減税について

自動車税は全ての自動車の所有者に支払いの義務があるとお話ししましたが、減税対象となる自動車もあります。障害者や社会福祉法法人が所有する車、自動車教習所が所有する車、自動車税グリーン化規制に当てはまる車、防火・防犯・交通安全協会の所有する車などは減税対象となります。

自動車税グリーン化規制とは地球環境を保護する観点から、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車に対して自動車税が減税される法律です。

一方で環境負荷の大きい車に対しては税金が加重されます。とくに新規登録から一定期間を経過したディーゼル車、ガソリン車、LPG者などの古い自動車は環境負荷が大きいことから加重対象となります。

自動車税滞納者が増加中!自動車税を滞納するとどうなる!?

自動車税はその他の税金と比較してもそれほど高額というわけではありません。毎年必ず5月に支払うものとわかっているわけですから、積み立てておけばいいようなものですがなかなかそうもいかないようです。

自動車は所有しているだけで自動車税以外の維持費もかかります。車検費用や駐車場代、メンテナンス代、ガソリン代など年間を通すと結構な出費となります。しかし、自動車を所有している限り、税金を免れることはありません。お金がないなら車を売るしかないのです。

自動車税の延滞料

自動車税には6月以降延滞料がかかります。

延滞利率は納付期限の翌日から1か月間は年2.7%、1か月を超えた場合は年9.0%となっています。

例えば、通常の乗用車の場合、納付期限1カ月経ってから納税する場合、
29,500円×0.09÷365日×60日=436円となります。

さらに延滞金は1,000円以上から発生し、100円未満は切り捨てとなるため1,000円を超えない限り支払う必要はないわけです。

そのため、1,000円を超える8月までに払えばいいと考える人が続出しています。

毎年9月~12月は差押え強化期間

近年自動車税の滞納者が増加しているため、自治体では定期的に集中差押え強化期間などを設け、取り立てを厳しくしています。自動車税を滞納した場合、給与、不動産、債権、電話加入権、自動車本体などの差し押さえが法律で許されています。

差押え強化期間の間は、悪質な滞納者に対して勤務先への給与調査、給与や預金の差し押さえ、タイヤロック装置の使用、自動車の運行禁止措置、住居や事務所の捜索による財産の差し押さえなどを積極的に行っています。最悪の場合は自動車本体を差し押さえ、インターネット競売にかけることもあります。

自動車税なんてそのうち払えばいいなどと考えていると、申告なトラブルを招きかねません。特別な事情があってどうしても支払いが困難という場合には自治体では納税相談も受け付けています。

支払いが困難な場合、本来自動車を売却するのがベストなのですが仕事で必要な場合などは窓口で相談してみましょう。

自動車税を滞納する前にカードローンを検討するべし!

自動車税を払わない人の多くは経済的に大変困窮しているというよりは、少しだけお金が足りないという状況です。もしも本当にお金に困っているのであれば車など売って生活を立て直す必要がありますが、そうではありません。

とりあえず自動車税を払ってしまいたいという方に、おすすめなのがカードローンです。もちろん親や知人にお金を借りることやアルバイトをすることなども考えられますが、誰にも迷惑をかけずスピーディにお金を工面できるのがカードローンです。

近年カードローンの利用者数は急上昇中です。手軽でスピーディ、安全で審査に通りやすいのがその理由です。カードローン初心者の方のためにカードローンについて簡単にご紹介しましょう。

インターネット申込OK

ローンを利用する際に申し込みが面倒だと考える人が多いのですが、カードローンなら自宅にいながらインターネットで申込が可能です。カードローン会社のHPから申込フォームを送信するだけで申込完了です。

申込に必要なのは本人確認書類のみ。限度額が50万円を超える場合には収入証明書も必要となります。カードローン商品の中には申込から借入まで全てインターネットで完結できるものもあります。

即日融資が可能

延滞料がかかる前に自動車税を払ってしまいたいという方にはカードローンの即日融資がおすすめです。様々な種類のローンがありますが、融資スピードではカードローンの右に出るものはいません。

インターネットで申込後、審査は最短30分で完了します。

審査に問題がなければ14時までの申込で即日融資が可能なカードローンは多数あります。

今日中に自動車税を払ってしまいたいというときも、カードローンなら対応してくれます。

審査に通りやすい

どんなローンでも審査に通らなければ借入はできません。カードローンは他のローンに比べて審査に通りやすいことも人気の理由です。

カードローンは薄利多売で若干金利が高い分、審査ハードルを下げることができるのです。とくに中堅の消費者金融は審査に通りやすい傾向にあります。

ただし、金利が高いと言っても無利息ローンなどもありますのでご心配なく。審査ではおもに安定した収入の有無と、過去の借入歴をチェックします。

無理のない返済ができる

カードローンというと一昔前のサラ金のことで、返済できないとしつこく電話がかかってきたり、取り立てが来たりするのではないかと思い込んでいる人がいますが現在ではカードローンはとても安全になりました。

法律で金利や借入額が制限され、取り立てに関しても厳しい法律があります。大手消費者金融の多くは銀行と提携するなどして安全性や信頼性の向上をアピールしています。

またカードローンでは無理のない返済が可能ですので返済ができずに行き詰まるケースが少なくなっています。カードローンで一般的に採用されている残高スライドリボルビング方式なら残高に応じた最低限の返済額で済みます。

返済期間が長くなることを懸念する人もいますが、そんな方はボーナス払いや繰上返済を取り入れることで早めの完済が可能です。

自動車税は早めの納税!少額の借入ならカードローン!

自動車税の滞納を軽く考える人が増えていますが、最悪の場合、財産や自動車本体の差し押さなどもあり得るのです。

また財産差し押さえの際には勤務先に給与の調査が入るなど、自動車税を滞納していることを知られてしまうリスクもあります。

自動車税は決して高額ではありません。6リットルの自家用車でさえ税額は11万円程度です。それなら延滞金が加算される前に早めに支払うのが賢明だと思います。親にも頼めない、アルバイトの時間もないというのなら、カードローンを検討してみるのはいかがでしょうか。

カードローンならインターネットで24時間受付、審査は最短30分、即日融資が可能です。今日中に自動車税を払ってしまいたいという時にも利用できて便利です。審査にも通りやすく、かつ安全に借入できるカードローンは若者や高齢者にも受け入れられています。

自動車税を滞納してトラブルに発展したり、ストレスを感じるよりはカードローンですぱっと支払ってしまいましょう。気になる毎月の返済額も最低限で済みますので、生活を圧迫するということもありません。

トピックス
ページトップへ