今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 人気のクラウドサービスは稼げる?支払いまでにかかる時間は?

人気のクラウドサービスは稼げる?支払いまでにかかる時間は?

今すぐお金が必要というシチュエーションは誰もが経験したことがあると思います。お金が必要になったらとにかく働けというのが鉄則ですが、最近流行りのクラウドソーシングをご存知ですか。

クラウドソーシングとは不特定多数の人に業務を委託するアウトソーシングの手法の一つですが、クライアントにとっては短期間、低コストで業務を依頼できるというメリットがあります。クラウドソーシングを仲介する会社もあり、利用する人も増えています。

手っ取り早くお金を稼ぐという意味ではクラウドソーシングはおすすめの働き方です。しかし、今すぐお金が必要という状況に陥ったときにどのくらい有効なのでしょうか。

最近流行りのクラウドソーシングって?

最近人気のクラウドソーシングとはどのような仕事なのでしょうか。クラウドソーシングはそれ自体が仕事というのではなく、仕事の発注方法と言えます。

クラウドソーシングは不特定多数の人に業務を依頼する手法で、インターネットなどを中心に利用する人が増加しています。

これまでプロが手掛けていた仕事をフリーランス、主婦、学生、退職者などに幅広く発注することで、低コスト、短期間で仕上げることができます。

また業務を請け負う方としても、空いた時間に自分に合った内容の仕事をだけを選んで作業することができるというメリットがあります。

クラウドソーシングの流れ

クラウドソーシングはインターネットの普及によって広がった発注方法ですが、通常は大手仲介会社を介して発注者と受注者が結びつきます。

主な仲介業者には日本ではランサーズ株式会社、株式会社クラウドワークスなどがあり、ネットの普及とともに事業を拡大してきました。

【クラウドソーシングの流れ】

クラウドソーシング仲介会社に会員登録

希望する案件を探す

採用通知・契約

仮払いの確認

依頼内容の確認・資料のチェック・疑問があれば質問など

納品

双方の評価

仲介業者について

クラウドソーシングを利用する場合、大手業者を介して仕事を受ける方が安心です。

報酬の約20%を仲介業者に支払わなければなりませんが、報酬の未払いを防ぐため仲介業者は予めクライアントからお金を預かってくれます。

このシステムのおかげで、納品後の未払いを防ぐことができるのです。また納品後は発注者と受注者の双方が互いを評価します。この評価は今後クライアントが受注者を選ぶ際に、また受注者がクライアントを選ぶ際にとても参考になります。

クラウドソーシングの仕事内容

手軽に利用できるクラウドソーシングに興味をお持ちになった方も多いと思いますが、クラウドソーシングの仕事内容も実に多岐に渡ります。

クラウドソーシングで最も難易度が高く報酬が高いのはプロジェクトと呼ばれる、アプリの開発、WEBサイト制作、映像制作などある程度のスキルを必要とする仕事です。

その他にはタスクと呼ばれる文字起こしやデータ入力などの比較的報酬が低い簡単な仕事もあります。こちらは主婦や学生など空いた時間を有効活用したい人に向いています。

ロゴ制作などコンペ形式の仕事もあります。コンペ形式の場合、作品が選ばれた場合のみ報酬が支払われます。

クラウドソーシングは仕事内容も受注条件も様々です。クラウドソーシングのサイトに登録することで沢山の案件の中から自分の希望の沿ったものを選ぶことができます。

クラウドソーシングのデメリット・問題点とは?

自分の希望の仕事を選べる、在宅で好きな時間に仕事ができる、打ち合わせなどで時間や交通費がかからないなどのメリットがある一方でデメリットや問題点も指摘されています。

クラウドソーシングにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

単価が安い

クライアントがクラウドソーシングを利用するのはプロに頼むより低コストで仕事を依頼できるからです。

案件の単価は仕事内容にもよりますが、直接契約をして仕事をするよりも単価は安くなります。

副業や家事や学業の間の空いた時間を活用するのならいいのですが、クラウドソーシングだけで生活するとなると実績がない場合には十分な給料を得られず、時給に換算すると1000円以下となる場合もあります。

競争が激しい

希望の案件が見つかったらまずは応募するわけですが、条件の良い仕事の場合競争が激しく必ず選ばれるとは限りません。とくにクラウドソーシングを始めたばかりで実績がないと、なかなか高収入な案件にはありつけないのです。

とくにコンペ形式の場合、採用された場合のみ報酬が支払われるのでどんなに頑張っても採用されなければ無給で働いたことになってしまいます。

手数料を支払わなければならない

これは先ほどもご説明しましたが、クラウドソーシングを利用する場合には大手仲介業者に手数料を支払わなければなりません。

それでなくても単価の低い仕事の場合、手数料を徴収されるのはいたいですね。

コネを作れない

一般的な仕事であれば実力に応じて仕事の幅が広がったり、やりがいのある仕事を任されるのなどモチベーションがアップします。しかし、クラウドソーシングの場合、同じクライアントから継続して仕事を依頼されるわけではなく、また仲介業者によって直接契約をすることは禁止されています。

支払いまで時間がかかる

クラウドソーシングを利用するにあたって気になるのが報酬の支払いです。納品後どれくらいで手元に報酬が支払われるのでしょうか。

支払いに関しては仲介業者によって異なりますが、「15日締め・月末振込」または、「月末締め・翌月15日振込」として手続きが行われていることが多いようです。つまり支払いまで約2週間かかるということになります。

今すぐお金が必要という状態のときに2週間も待たなければならないのは厳しいものです。その前に案件を探して応募し、使用通知を待つことを考えると2週間よりもっと時間がかかると考えた方がいいですね。

即日融資が可能なカードローンなら早くて確実!

自宅にいながら自分のペースで仕事ができるクラウドソーシングは確かに魅力的ですが、デメリットも多く、なおかつすぐにはお金を手にすることができないのではあまりおすすめできません。

もっと確実にもっとスピーディにお金を工面するなら、やはりカードローンがおすすめです。クラウドソーシングがお金を稼ぐのに対し、カードローンはお金を借りることになります。借りるということは当然返済の必要がありますが、実はそれほど負担はありません。

クラウドソーシングよりもカードローンをおすすめする理由をご説明しましょう。

審査は最短30分!即日融資可能

今すぐお金を工面する必要があるのなら、その日のうちに借入できるとありがたいのですが、通常の銀行ローンなどの場合、その日のうちに融資は不可能です。

ところが、カードローンなら審査は最短30分、審査に問題がなければその日のうちに借入が可能なのです。

最近ではインターネット申込が主流なので、自宅にいながら空いた時間に申込ができます。さらに振込融資を選択すれば指定の金融機関口座に振込を受けることができます。手続きは手軽でスピーディなので、今すぐお金が必要という方にピッタリです。

短期間の借入なら支払う利息が少ない

でも、カードローンは高金利ではないの?と思われる方もいると思いますが、借り過ぎに注意して短期間で返済すれば負担は多くありません。

例えば5万円を金利18.0%で30日間借入した場合、金利はわずか739円です。

無理のない返済ができる

カードローンでもう一つ気になるのが返済です。返済ができなかったらどうしようと不安を感じる方もいますが、返済方式は自分で選ぶことができます。毎月の借入残高に応じて返済額が決まる残高スライドリボルビング方式または毎月固定金額を返済する元利均等返済方式が一般的です。

いずれも負担の少ない返済方式なので、あまり不安になる必要はありません。どうしても返済が厳しいという時には返済計画の見直しなどを相談することが可能です。

クラウドソーシングも選択肢の一つ!お金の工面は自分に合った方法で

以上がクラウドソーシングの説明とカードローンとの比較となります。クラウドソーシングは自宅にいながら好きな時間に仕事ができるというメリットがある一方で、単価が低い、手数料を払わなければならないというデメリットがあり、何より報酬の支払いまで最短でも2週間を要することになります。

今すぐお金が必要という状況で2週間待たなければならないというのは非常に厳しいと感じました。それでも、カードローンで借金をするよりはいいのではと考える人がいますが、本当にそうでしょうか。

カードローンでお金を借りれば当然返済の義務があり、その際には元金+利息を支払わなければなりません。しかし、借り過ぎに注意して、短期間で返済すれば利息は最低限に抑えることができます。

また返済方法を自分で選ぶことができますので、返済による負担を最小限に抑えることができます。噂に聞くほどカードローンは負担やリスクが実は少ないのです。

案件探しから応募までも時間がかかることを考えますと、早急にお金が必要な場合には迷わずカードローンをおすすめします。申込から借入まで全てインターネットで行うWEB申込もありますので、その日のうちに融資を受けることも可能です。

すぐにお金が必要な方はカードローンを利用する方がスピーディで確実にお金を手にすることができます。

トピックス
ページトップへ