今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローン審査で在籍確認の電話は絶対に外せない審査の一つ!

カードローン審査で在籍確認の電話は絶対に外せない審査の一つ!

今すぐお金が必要という人にとってカードローンはとても頼りになる味方ですが、何よりも気になるのが審査に関することです。審査基準は厳しいのか、自分は審査に通るのかなど不安ばかりが募ります。

中でも多くの人にとって気になるのが、在籍確認です。在籍確認とはカードローン会社が申込者の勤務先に電話をかける作業ですが、在籍確認を敬遠する人は少なくありません。しかし、実は在籍確認はカードローン審査の中でもとても大事なポイントなのです。

在籍確認がなぜ大事なのか、在籍確認はどんな意味を持つのか、また在籍確認なしのカードローンはあるのかなど、在籍確認について徹底的に検証してみたいと思います。インターネットで検索すると在籍確認に関するネガティブな情報ばかりですが、実は不必要に不安になる必要はないのです。

在籍確認が不安でカードローンの申込を躊躇している方もこの記事を読めば、気持ちよく申込の決断ができるはずです。

在籍確認ってなに?なぜ在籍確認は大事なのか?

在籍確認とは、カードローン審査の一環として、カードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているかどうか確認する作業です。

なぜ在籍確認が敬遠されるかと言えば、在籍確認によって勤務先にカードローンの利用がバレるのではないかと不安に思う人が多いからでしょう。

しかし、実際にはカードローン会社側も利用者のそのような心理を理解していますので、勤務先に知られないように様々な配慮をしています。

在籍確認の電話は個人名でかけ、本人が不在でも在籍が確認できれば何度も電話をかけることはありません。また在籍確認を行う前に必ず利用者の了承を得て、電話をかける時間などを指定することもできます。

在籍確認はなぜ大事なのか?

そもそも在籍確認とはなんのために行われ、なぜこんなに重視されるのでしょうか。それはカードローンの審査基準と深い関係があります。カードローンの審査ではおもに安定した収入があるか、過去の借入歴に問題がないかどうかチェックします。

安定した収入があることは返済能力を測るうえでとても大事ですが、現在では限度額が50万円以下の場合は収入証明書の提出は不要となっています。

収入証明書を提出するかわりに、在籍確認を行うことで、就業確認、収入確認をすることになります。

在籍確認でカードローンの利用がバレる!?

在籍確認を不安に感じる人が多いですが、実際に会社にカードローンの利用がバレて、不本意な思いをしたという報告はあまり聞いたことがありません。

ただし、カードローンの利用経験のある同僚がいたら電話がかかってきた時点でぴんとくるかもしれません。また小さな会社だと、在籍確認の電話を不審に思う人がいないとも限りません。

勤務先の状況によっては、なにがなんでも在籍確認を避けたいという人いるでしょう。果たして在籍確認なしのカードローンは存在するのでしょうか。在籍確認なしのカードローンについては後ほどご紹介したいと思います。

在籍確認は審査の終盤!在籍確認まで行けばあと一歩!

在籍確認の段階になったらなんだか怖気づいてしまったという方がいますが、実はそれはとてももったいない行為なのです。在籍確認は多くの場合、審査の終盤で行われますので、在籍確認を行う時点で審査通過はほぼ確定しているのです。

カードローンの申込から融資までの流れをみてみましょう。

申込

審査

必要書類の提出

在籍確認

審査結果の連絡

融資

借入先によって審査の工程は多少異なりますが、一般的に上記のような流れで行われます。在籍確認はカードローン会社にとっても手間のかかる作業なので審査通過が確定した方にのみ実施されます。

在籍確認が実施された時点で、審査通過まであと一歩ということになり、在籍確認に問題がなければ融資を受けることができます。

最近では申込から融資までその日のうちに完了する即日融資が一般的です。ただし、在籍確認に時間がかかってしまうと借入が翌日以降になってしまうことがあります。

勤務先の連絡先などが間違っていないかどうか今一度チェックしましょう。

それでも在籍確認を避けたい!在籍確認なしのカードローンはある?

在籍確認によってカードローンの利用が会社にバレることはとても稀なのですが、それでも様々な事情でどうしても在籍確認を避けたいという人もいるでしょう。果たして在籍確認なしのカードローンは存在するのでしょうか。

実は在籍確認なしのカードローンはあります。

ただし、在籍確認なしの場合、提出書類は多く、また審査に問題がないことが条件となります。

中には申込から借入まで全てWEBで完結するWEB完結を取り入れている会社もあります。

在籍確認を行わない場合にはどのような書類が必要となるのでしょうか。

  • 指定金融機関の本人名義の口座
  • 勤務先を確認する書類(会社発行の社会保険証または組合保険証、直近一か月分の給与明細書)
  • 本人確認書類(パスポート、運転免許証)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、税額通知書、給与明細書)

以上の書類を準備できれば、勤務先への電話連絡なし、郵送物なしで借入が可能です。

また在籍確認なしと公言していないカードローン会社でも、事情があれば在籍確認の代わりに書類を提出することで相談に乗ってくれることもあります。そのためには審査において一定の基準を満たしていることが大事です。

一方で、在籍確認の有無ばかりにこだわらず、その他の条件に関してもきちんと確認することも大事です。

在籍確認を怖がるな!会社にバレる可能性は実は低い!

在籍確認はカードローンを利用する際には避けては通れない審査の一つですが、勤務先にカードローンの利用がバレるのではないか、社内で変な噂をたてられるのないかと不安を感じている人もたくさんいます。

カードローンの最大の利用条件は安定した収入があることですが、安定した収入があるかどうか確認するために在籍確認は決して欠かすことはできないのです。

また実際には在籍確認によってカードローンの利用が会社にバレたというケースは少なく、あっけなく終わったという人が大半です。カードローン会社の方でも、勤務先に知られないように個人名で電話をかけるなどの配慮をしてくれています。

しかし、事情があってどうしても在籍確認を避けたいという人は、社会保険証や勤務先の給与明細などを用意することで在籍確認の代わりにできることもあります。

電話連絡なしを謳っているカードローン会社もありますが、その他の会社でも相談してみることができます。

在籍確認はみなさんが思っているほど、深刻な審査ではありません。在籍確認によるトラブルもほとんど報告されていませんので、必要以上に不安にならず気軽に申込をしていただきたいと思います。

トピックス
ページトップへ