今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > スピード重視!銀行カードローンと消費者金融どちらが早い?

スピード重視!銀行カードローンと消費者金融どちらが早い?

今すぐお金が必要というとき頼りになるのはカードローンです。しかし、カードローンに興味はあってもなかなか申込に踏み切れないという人は少なくありません。カードローンの仕組みそのものを理解していない人もいます。

カードローンの特徴は設定された限度額内で自由に借入、返済ができることです。カードローンの主な借入先は銀行もしくは消費者金融となります。銀行カードローンと消費者金融はどう違うのでしょうか。

カードローンを利用する際の商品選びはとても大事です。そのためにも銀行カードローンと消費者金融の違いをしっかり把握しておくことは大事です。それぞれ特徴があり、金利やサービスなどが異なります。

カードローンを利用する際には自分に合った商品を選ぶことが無理のない返済につながります。こちらの記事では銀行カードローンと消費者金融の違いをはじめ、今すぐお金が必要というときにどちらの方がスピーディに借入できるのか検証してみたいと思います。

これからカードローンを利用したい方、借入先に迷っている方はぜひ参考にしてください。

銀行カードローンと消費者金融を徹底比較してみた!

銀行カードローンと消費者金融、改めてどちらがおすすめなのでしょうか。それぞれ特徴がありますので、一概にどちらがいいということはありません。いろいろな条件を比較して、借入先選びの参考にしていただきたいと思います。

金利

カードローン選びで最も重視されるのは金利です。金利とはお金を借りる際の手数料のようなもので金利によって支払う利息の金額が決まります。金利はできるだけ低ければ低い方がもちろんいいのですが、銀行カードローンと消費者金融では銀行カードローンの方が低めです。

銀行カードローンの平均金利帯が14%~15%というのに対し、消費者金融は17%~18%となります。

多くの人が銀行カードローンを選ぶのはそのためですね。

審査難易度

もう一つ大事なのは審査の難易度です。いくら条件のよい商品でも審査に通らなければ意味がありません。

銀行カードローンと消費者金融では消費者金融の方が審査に通りやすい傾向にあります。

金利が低い銀行カードローンを選びたいのが本音ですが、審査に自信のない人はあえて消費者金融を選ぶこともあります。審査の難易度に関しては口コミをチェックすることである程度知ることができます。

サービス

銀行も消費者金融もカードローン利用者がより便利にカードローンを利用するために様々なサービスを提供しています。

全国に多数ある提携ATMを利用することが可能ですし、インターネットバンキングなら自宅に居ながら振込融資を受けることができます。

また会員専用ページからは取引明細をチェックしたり、各種手続きを行うことができます。消費者金融では無利息サービスを実施しており、金利ゼロで一定期間利用が可能です。

サービスに関しては銀行カードローン及び大手消費者金融が充実しています。できるだけ便利に使いたいという方は銀行もしくは大手消費者金融がおすすめです。

スピード

審査スピードは一般的には消費者金融の方が早いと言われています。

消費者金融の審査は最短30分でが即日融資可能です。

今日中にお金が必要という人はスピード審査の消費者金融がおすすめです。とはいえ、銀行カードローンの中にも消費者金融なみにスピーディに融資を行っているカードローンもあります。利用者のニーズに応えてできるだけ早く融資を行えるように各社努力を怠りません。

信頼度

信頼度はやはり銀行カードローンの方が高いと言えます。銀行はカードローンだけではなく、普段からみなさん利用していますので信頼度は抜群です。

消費者金融に関しては未だに危険だと思っている人もいるようですが、実際には多くの消費者金融は銀行と提携したり、傘下に入ったりしていますので安心して利用することができます。

今すぐお金が必要な人におすすめ!消費者金融がスピーディな理由

今すぐお金を借りたい、とスピードを重視するなら消費者金融の利用をおすすめします。消費者金融の審査スピードがこんなに早いのには理由があります。

インターネットで申込ができる

カードローンの申込は現在ではインターネットが主流です。

消費者金融のHPから申込フォームを送信するだけで申込が完了します。

従来の郵送やFAXに比べるととても手軽で思い立ったときすぐに申込が可能です。

スマホや携帯から申込ができるのも若者にとっては便利ですね。とくにお急ぎの方は事前に電話で連絡しておくと優先的に審査をしてくれます。

必要書類が少ない

カードローンの申込に必要な書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類と源泉徴収票や給与明細などの収入証明書類のみとなります。

必要書類は最低限で済みますのでわざわざ役所や勤務先で取得する必要がありません。書類の提出はメールまたはアプリで行うことができますので、手間や時間がかからないのが魅力です。

無人契約機で申し込みができる

インターネット環境がないという人は無人契約機を利用して申込手続きを行うこともできます。無人契約機を利用すればその場で申込からカード発行まで行うことができます。わからないことがあれば設置された電話でオペレーターに確認することができます。

カード発行後は隣接されたATMで現金を引き出すことが可能です。

振込融資を受けることができる

カードローンの融資方法はいくつかありますが、便利なのはインターネットバンキングや口座振込です。口座振込なら自宅にいながら口座に融資を受けることができますので、急な残高不足にも対応してくれます。

インターネットバンキングを利用できるカードローンなら会員専用ページから手続きをするとわずか数秒で振込が完了します。

以上のように消費者金融ではできるだけ早くお金を借りたいという利用者のニーズを理解し、スピーディに借入できるように配慮してくれています。今後も利用者の立場に立ったサービスが期待できますね。

ただし審査に問題があるとスピーディな借入ができないので注意!

カードローンを利用する人の多くはできるだけスピーディに借入することを希望していますが、そのためには審査をスムーズにクリアすることも大事です。せっかく即日融資可能の借入先でも審査に問題があれば翌日以降の借入ということになりかねません。

スピーディに審査を通過するために以下のことに注意しましょう。

審査書類に不備がないようにする

審査の際には申込書や申込フォーム、必要書類を送ることになりますが書類に不備がないようにすることが大事です。記入内容にミスがあったり、記入漏れがあると再提出ということになります。

またミスや不備が多いといい加減な人だと思われ、印象が悪くなります。

希望借入額を高くし過ぎない

申込の際には希望借入額を申告しますが、お金が必要だからといってあまり高い金額を希望するのは考えものです。限度額の目安は年収の1/3と言われていますが、新規利用の場合はそれよりも低い金額になることもあります。

なんのためにお金を借りるのか明確にし、必要最低限の金額を希望することをおすすめします。

在籍確認がスムーズにできるように協力する

審査の一環としてカードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけ、本当に勤務実態があるのか確認します。この作業は在籍確認と呼ばれていますが、在籍確認がとれないと審査は完了しません。

在籍確認がスムーズに行われるように勤務先の電話番号が間違っていないか再度確認し、また在籍確認は行われる時間に電話に出れるようにスタンバイしましょう。

一度に複数の申込をしない

これはカードローン初心者にありがちなミスなのですが、審査に落ちることを懸念するばかりに一度に複数のカードローンに申し込む人がいます。しかし、実は申込履歴は信用情報として記録されてしまい、大変お金に困っている人と思われてしまいます。

また他社の審査結果を待ってから可否を決めようとされ審査が遅くなる場合もあります。一度に複数の申し込みは避け、自分に本当に合った商品を探しましょう。

以上が申込の際に注意するべきポイントです。スムーズに審査をクリアして、早期の借入に結び付けましょう。

スピード勝負ならやっぱり消費者金融!即日融資は当たり前

銀行カードローンと消費者金融を比較してみると、スピードに関しては消費者金融に軍配が上がるようです。消費者金融なら審査は最短30分即日融資が可能な会社がほとんどです。今すぐお金を借りたいというスピード重視の方には消費者金融がおすすめです。

消費者金融がスピーディに借入できるのには理由があります。インターネット申込ができること、必要書類が少ないこと、振込融資を受けられること、無人契約機で手続きができることなどが主な理由です。

ただし、審査に問題があると審査に時間がかかりスピーディに借入できないこともあります。審査を受ける際には書類の不備がないこと、希望借入額を低めにすること、申込先を一つにしぼることなどが大事です。審査対策を行うことでスムーズに審査をクリアすることができるはずです。

できるだけ早くお金を手にするためには審査の速い借入先を選ぶことだけではなく、審査に協力してスムーズに進むようにすることも大事なポイントです。

この記事では消費者金融の方がスピーディに借入できるとご紹介しましたが、実は最近では銀行カードローンも利用者のニーズを受けて即日融資を実施しているところもが増えています。今後は消費者金融だけではなく、銀行カードローンにも期待できそうですね。

トピックス
ページトップへ