今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 住宅ローン滞納で大ピンチ!家を失うまでの流れと対応策

住宅ローン滞納で大ピンチ!家を失うまでの流れと対応策

人は生きている間に沢山の買い物をしますが、人生で最も大きな買い物と言えばマイホームです。マイホームは高い買い物ですので、一括で購入する人は少なく通常はローンを組みます。

家を購入するためのローンは住宅ローンと呼ばれ、低金利だったり、生命保険がついていたりとその他のローンとは少し性質が異なります。住宅ローンは低金利ではありますが、返済期間が30年から35年と長期にわたるためあらかじめ綿密な返済計画を立てる必要があります。

それでも長い人生常に順調とは限りません。リストラや倒産などで仕事を失うかもしれませんし、給料が減ってしまうことも考えられます。病気やケガで働けなくなる可能性もゼロではありません。もしも住宅ローンを支払えないということになるとどうなるのでしょうか。

住宅ローンの返済ができないとかなり深刻な事態に陥ります。住宅ローンは滞納すると約6カ月で家を失う事態に発展します。こちらの記事では住宅ローンについて、また住宅ローンを滞納するとどうなるのか時系列でご説明したいと思います。

住宅ローンの特徴!その他のローンと何が違うの?

人生最大の買い物であるマイホームは住宅ローンを組んで購入します。住宅ローンはフリーローンや車のローンなどとは少し性質が異なります。住宅ローンはほとんどの銀行、信用金庫、労働金庫などの金融機関が取り扱っています。沢山の商品があるので、ローン選びは簡単ではありません。

住宅ローンは返済期間が30年から35年程度とその他にローンに比べて圧倒的に長いので、ライフプランをもとに返済計画を立てる必要があります。

金利

住宅ローンの金利は0.5%~1.5%と超低金利です。住宅ローンは返済期間が長いので金利はとても大事です。

金利には変動タイプと固定タイプがあります。固定タイプでも5年固定、10年固定、全期間固定などがありますので慎重に検討する必要があります。

借入先選び

借入先を選ぶ際によくあるのが金利だけを重視し、返済総額を確認しないことです。いくら金利が低くても保証料や手数料が高いと返済総額が多くなります。金利だけではなく、返済総額を確認することが大事です。

どのような保障やサービスがあるのか

住宅ローンを契約する際には団体信用生命保険に入ることが義務付けられています。

団体信用生命保険に加入すると契約者死亡の際には残りのローンが全額保障され家族が家を失うことはありません。

その他にも任意で加入できる介護保障や全疾病保障などもあります。また住宅ローンを利用中の金融機関でその他のローンを契約する場合に金利引き下げサービスを受けられる場合があります。

以上のように、様々なポイントをチェックして条件のよい住宅ローンをピクアップしましょう。ただし、高額かつ長期に及ぶローンですので審査はそれなりに厳しいことを覚悟してください。

住宅ローンを滞納するとどうなる?時系列で説明

毎月の住宅ローンの支払いは購入した家の金額によって異なりますが、年収に対して購入できる住宅はある程度決められています。

購入する住宅の金額は、年収300~400万円未満の場合30%以下、400~700万円の場合未満35%以下、700万円以上の場合40%以下が理想的です。

年収に対し返済比率が高くなると、金融機関の審査によって融資が受けられないことがあります。

しかし、年収に対し無理のない借入のつもりでも、人生は想定外のことが起こる可能性があり、毎月の住宅ローンの支払いに行き詰まってしまうこともあるかもしれません。住宅ローンの支払いを滞納してしまう前に、滞納するとどのようなことになるのか把握しておきましょう。

滞納3カ月

もしも住宅ローンの返済日に引き落としができない場合、すぐに金融機関から連絡が来ます。○月○日に再度引き落としをしますのでそれまでに口座にお金を入金しておくようにと言われるはずです。

再度引き落とし日を設定されたにも関わらず返済ができない場合、すぐに督促状や催告通知などが送られてきます。これは代位弁済の一歩手前です。

代位弁済とは住宅ローンの支払いが滞った場合に、保証会社が契約者に代わって残りのローンを全額立て替えて支払う行為です。代位弁済が行われると、債権者は金融機関から保証会社へと移ります。

ここで知っておいていただきたいのは、金融機関は契約者がローンを滞納したところで保証会社が代わって支払いをしてくれるので痛くもかゆくもないということです。むしろ返済を度々滞納させる契約者よりも早く保証会社に立て替えてもらい縁を切りたいというのが本音です。

つまり、金融機関は滞納者に対して早々に見切りをつけて、代位弁済に踏み切ることが多いということです。いくら金融機関に待ってほしいと懇願しても相談に乗ってもらえる可能性は限りなく低いと考えましょう。

滞納6カ月

代位弁済によって債権が保証会社に移った後は、契約者は一括返済を求められます。もちろん分割払いなどは認められません。住宅の場合、一括返済となると数千万円にものぼるので通常この段階で競売にかけられることが決定します。

競売とはいわゆるオークションのことで、とても安くたたき売られてしまいます。4,5カ月目には裁判所の指示で家の写真が撮られ、競売の準備が始まります。6カ月目には「競売期日通知」が送られ、競売が始まる日が知らされます。

代位弁済が行われた時点で、団体信用生命保険は解約されてしまいますので家を失っても家族に対しなんの保証もなくなります。また登記簿に関しても差し押さえ登記がされます。

その後、競売期間が設定され入札が行われます。

落札者が入金後、1週間以内に立ち退きということになりますがもしも立ち退きしない場合、強制退去となり家財道具や所持品も没収されてしまいます。

もちろん引っ越し費用なども出ません。

以上が住宅ローンの滞納から強制退去までの流れですが、その期間はわずか6ヶ月です。代位弁済が行われてしまうともうなすすべがありません。もしもどうしても住宅ローンの返済目途が立たない場合には任意売却をおすすめします。

競売にかけられる前に任意売却の交渉を!

住宅ローンの返済ができないという場合、ただ放置していても何も解決しません。一時的ではなく今後も返済が難しいようであれば、早期に任意売却をすることをおすすめします。任意売却とはいわゆる自分で買い手を探し、できるだけ高く売却することです。

住宅ローンを滞納するとわずか6カ月で競売にかけられてしまうという話をしましたが、競売の場合、市場価値の5割程度でたたき売られてしまうことになります。

また競売が行われたからといって住宅ローンが全て免除されるわけではなく、足りない分や遅延損害金は家を失った後も支払い続けなければなりません。また競売で売られたお金は全額保証会社の懐に入りますので、引っ越し費用なども出ません。

任意売却は実績のある不動産会社に依頼を

任意売却を決めたら実績のある不動産会社に相談しましょう。不動産会社の中には任意売却を得意とする会社もあります。希望額にできるだけ近い金額で売却できるように協力してくれすはずです。

またすでに差し押さえられた物件を売却するためには保証会社の合意が必要となります。不動産会社は保証会社に対し、競売を取り下げ任意売却ができるように交渉してくれます。また売却後の残債務を分割で支払えるように相談に乗ってくれます。

とにかく必ず覚えておいていただきたいのが、競売は最悪だということです。安値で買いたたかれ、高額な債務が残ります。

大事な家を失いたくないという気持ちはわかりますが、返済が無理だとわかった時点で、できるだけ高く任意売却ができるように切り替えをすることが大事です。

住宅ローンを滞納すると家を失うかも!?そうなる前にカードローン

住宅ローンを滞納し競売にかけられるという最悪のシナリオを回避するためには、まずローンを滞納しないことが大事です。そのためには住宅ローンの支払いをなにより最優先する必要がありますが、どのようにしてお金を工面したらいいのでしょうか。

必要なときに必要な分だけ手軽に借入できるといえば、カードローンです。カードローンは最短即日融資が可能で、必要書類も最低限で済みます。今日中に住宅ローンを返済しなければならないという状況において頼りになる存在です。

カードローンの人気の理由についてみてみましょう。

融資スピードが速い

前述の通り、住宅ローンを滞納している人には一刻の猶予もありません。今すぐお金を工面して住宅ローンの返済に充てなければなりません。

その点カードローンならインターネットで24時間申込受付、審査最短30分で即日融資が可能です。

必要書類も本人確認書類と収入証明書の2種類のみ。申込から借入までインターネットで完了するのも魅力です。お急ぎの方にも遠方にお住いの方にも対応しています。

無理のない返済

住宅ローンで返済に行き詰まった方は経済的に厳しい状況にあると思いますので、できるだけ無理のない返済が助かります。カードローンの返済方法は残高スライドリボルビング方式を採用していますので残高に応じた最低限の金額で済みます。

返済期間は長くなってしまいますが、とりあえず経済的に余裕ができるまでは少額づつ返済していく方がいいですね。

審査に通りやすい

どんなに条件の良いローンでも審査に通らなければ意味がありません。カードローンはその他のローンに比べて審査が通りやすい傾向にあります。消費者金融は総量規制の対象となりますが、住宅ローンは含まれませんので審査に影響はありません。

カードローンの利用条件は満20歳以上であることや安定した収入があることです。審査ではおもに年収や過去の借入歴をチェックします。中堅の消費者金融はとくに審査に通りやすいので審査に自信のない方でも申し込んでみる価値はあると思います。

以上が住宅ローンを滞納してしまいそうなときに頼りになるカードローンです。一時的に住宅ローンの支払いに充てるのには適していますが、もしも今後も支払いが難しいという状況であればやはり任意売却をおすすめします。

住宅ローンの滞納はかなり深刻!早めの決断を

せっかく手に入れた夢のマイホームを手放すのは断腸の思いだと思いますが、もしも支払いが難しいようであれば早めに家を手放す勇気を持つことも大事です。

住宅ローンの支払いが遅れるとまずは督促状などが届きます。それでも返済がされないと、代位弁済となり債権が金融機関から保証会社へ移ります。6カ月目には家は競売にかけられ、落札されるとすぐに強制退去を命じられます。

競売が怖いのは、市場価格よりもかなり安値で買いたたかれてしまうことです。競売にかけられる前に家を任意売却をして、できるだけ高い金額で売ることをおすすめします。もしも差額が出れば、足りない分は分割で保証会社に支払わなければなりません。

競売となると家を追い出され、引っ越し費用さえ払うことができず最悪ホームレスになってしまう可能性もゼロではありません。それなら早い段階で売却の決断をし、もっと手ごろな住宅に買い替えたり、賃貸で暮らすなどの選択をしましょう。

もしも一時的にお金がないという理由であれば、カードローンを利用するのもおすすめです。カードローンは手軽でスピーディなので、その日のうちにお金を借りて住宅ローンの返済に充てることも可能です。

ご自身の経済状態を確認したうえで、ライフプランを再検討しベストな方法を選ぶことが大事です。

トピックス
ページトップへ