今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンは即金対応!最短でいくら借りれるのか確認しよう!

カードローンは即金対応!最短でいくら借りれるのか確認しよう!

今すぐお金が必要というときにカードローンの利用を考える人は多いと思いますが、気になるのはいくら借りれるのかということです。もちろんお金を借りるときはできるだけ多く借入したいというのが本音だと思いますが、好きなだけ借入できるというわけではありません。

カードローンの審査をクリアしたのはいいけれど、希望借入額に全く届かないのではがっかりです。できるだけ多く借入したいと思いますが、限度額はどのようにして決定されるのでしょうか。

またできるだけ限度額をアップさせるために何かできることはあるのでしょうか。こちらの記事ではカードローンの限度額の仕組みについて調べてみました。

これからカードローンの利用をお考えの方はぜひ申込前にチェックしてみてください。新規契約時に希望の金額に満たなくてもその後限度額を上げる増額という方法もあります。知らないと損をしてしまうかもしれませんよ。

カードローン各社の最高限度額は高い?低い?

カードローンには大きく分けて消費者金融と銀行カードローンがあり、それぞれ金利や限度額が異なります。一般的に銀行カードローンの方が低金利で限度額が高い傾向にあります。ただし、金利が低い、限度額が高いということは優良な利用者が多いということになり、審査は厳しくなります。

カードローン各社の限度額を少しのぞいてみましょう。

カードローン会社 限度額
アコム 最高800万円
プロミス 1万円~500万円
ノーローン 1万円~300万円
アイフル 最高500万円
アコム 最高800万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 最高800万円
みずほ銀行カードローン 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最高800万円
いずれのカードローンも最高500万円や800万円など高額な限度額ですが、やはり銀行カードローンの方が総合的に見て高めですね。

しかし、注意していただきたいのは、これはあくまでも最高限度額であって誰もが500万円や800万円借入できるわけではないのです。

それでは個々の限度額というのはどのようにして決定されるのでしょうか。限度額の決定には年収が大きく関わってきます。

限度額は年収によって決まるといっても過言ではない

カードローン会社が限度額を決定するときには、申込者にどれだけの返済能力があるかをチェックします。返済能力をチェックするためには年収を確認する必要があります。必然的に年収が高ければ返済能力も高く、限度額を高く設定しても問題がないということになります。

限度額の決定には下記の項目をチェックします。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 信用情報

年収は前述の通り返済能力を確認する上で最も重要な要素となります。また年収と関連して勤務先も重要です。勤務先は在籍確認を行うことで、申告された勤務先に本当に在籍しているかどうか確認することができます。

勤務先が大手企業や公務員である場合には、審査に有利に働くと言われていますがあながちウソではないようです。と言いますのも、大手企業や公務員は待遇が良いので離職する人が少なく、また社会的地位の高い人が多いのでトラブルを嫌いきちんとお金を返済してくれると考えられるからです。

勤続年数に関しては長い方が真面目で勤勉な性格と判断されます。あまりに頻繁に勤務先が変わるようですと、今後も仕事をやめてしまう可能性があり、カードローン会社は貸付に慎重にならざるを得ません。

信用情報が限度額を左右する

そして、最後の信用情報ですがこれは個人の金融情報のことを指します。私たちがクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするとその契約内容や取引内容が信用情報として記録されます。

契約内容や取引内容のほかにも、返済の遅れや滞納、自己破産や債務整理などの事故履歴も残ってしまいます。

金融機関は審査の際にこの信用情報を調べ、お金を貸しても問題のない相手かどうかをチェックします。同じ年収でも信用情報に問題がない人の方が多く借入できるケースもあります。

信用情報で過去の借入に問題があることが判明すれば、限度額が低くなるばかりか審査に通らないこともあります。

総量規制によると限度額は年収の1/3まで

では、具体的に限度額はいくらになるのかということが気になりますが、一つの目安は年収の1/3となる金額です。

なぜ年収の1/3なのかと言えば、総量規制と呼ばれる貸金業に関する法律と関係があります。
総量規制とは借り過ぎを防止するための導入された法律で、年収の1/3までしか借入できないことになっています。年収の1/3を超えて貸付を行うとカードローン会社に罰則が課されます。

つまり年収が300万円の人は最高でも100万円までしか借入できないことになります。ただし、最高100万円なので新規契約の場合は最初から100万円借入できるわけではないことも念頭に置いておきましょう。

総量規制は消費者金融や信販会社を対象とした法律であり、銀行カードローンは対象外となります。しかし、だからといって銀行カードローンが無制限に借入できるわけではなく、年収の1/3というのはある程度目安になる金額です。

他社からの借入があればマイナスに

信用情報には他社からの借入についても記録されています。もちろん他にローンやクレジットカードの利用があれば、返済能力は低いとみなされて限度額は低くなります。

総量規制の関係上、他社から借入がある場合は年収の1/3からその他の借入を差し引いた金額が最高限度額となります。

その他限度額が低めに設定されるケースも

しかし、実際には想定したよりも限度額が低くなるケースもあります。例えば、学生、主婦、年金受給者などは収入が少ないため限度額が低めの商品をすすめられることもあります。

収入が低い人のための限度額が10万円や30万円という手ごろな商品は、手軽にそして安心して借入できるというメリットがあります。

アルバイトやパートなどで収入が少なくても、自分に見合った商品を選べば快適にカードローンを利用することができます。

返済実績を積むことで増額が可能になる!

限度額のおおよその目安が年収の1/3ということはわかりましたが、年収の1/3というのはあくまでも最高限度額なので新規契約の場合、さらに低めに設定されることも珍しくありません。

できるだけ限度額を高くするためにはどうしたらいいのでしょうか。

増額という最終兵器がある

限度額をアップするための対策をしてみたけど、やはり思ったよりも限度額が低かったという場合でも諦めるのは早いです。

実は契約後に限度額をアップできる増額という方法があるのです。

増額を実現するためにはいくつかポイントがあります。

  • 契約後半年以上経過している
  • 返済遅れが一度もない
  • 定期的に借入をし返済実績を積んでいる
  • 他社で新規借入をしていない
  • 転職するなど属性が低下していない

増額を受けるためには契約後半年ほど毎月遅れることなく返済することで返済実績を積むことがとても大事です。

定期的に借入をし、返済実績を積むことで、きちんとお金を返済してくれる優良な利用者ということが認められるのです。

またその期間に他社で新規に借入をしてしまうとその分返済能力を問われることになりますので、できれば新規にカードローンやその他のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのは控えましょう。

新規申込時に年収や勤務先を申告しますが、増額の際に転職などで年収が下がったり、勤務先が変わったりしている場合は注意が必要です。勤務先や収入が変わった場合には、カードローン会社に申告する義務があります。

カードローン会社は転職後の属性を再審査し、増額が可能かどうか判断します。もしも大幅に年収が減ってしまっている場合などは増額どころか減額されるリスクもありますので注意してください。

あくまでも年収に相応な金額の範囲内で限度額アップを目指しましょう。

カードローンの限度額は年収の1/3!増額に期待も

手軽さが魅力のカードローンですが、好きなだけお金を借りることができるというわけではないようです。カードローンの限度額は年収によってある程度決定されます。限度額の目安は年収の1/3程度と考えていいでしょう。

カードローンの中でもとくに消費者金融や信販会社の商品は総量規制という法律によって限度額の上限が1/3までと決められています。銀行カードローンは対象外となりますが、年収1/3程度に設定されるケースが多いです。

身分不相応な金額を借りても後で返済トラブルに発展するリスクがあります。できるだけ多く借入したいという気持ちはわかりますが、無理のない範囲で借りることをおすすめします。

また新規利用の場合、思ったよりも低い限度額でがっかりすることも多いですが、半年ほど返済実績を積むことで増額が可能になります。返済遅れがないように注意して、増額を実現しましょう。

トピックス
ページトップへ