今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > お金がなくて住民税が払えない!このままだとどうなっちゃうの?

お金がなくて住民税が払えない!このままだとどうなっちゃうの?

お金がなくて税金が払えないという人の話はよく耳にします。消費税や相続税、自動車税など沢山の税金がありますがとくに深刻なのが住民税です。住民税とはどこに住んでいても支払わなけらばならない税金のことで、国民の義務でもあります。

納めた税金は公園や図書館など普段私たちが利用している公共施設の建設費や維持費、またゴミの回収や道路の建設、補修などに使われます。私たちがこのように快適に日常生活を過ごせるのはひとえに住民税のおかげと言っても過言ではないのです。

ところが転職や離職で経済的に厳しい状況になると、生活費を支払うことで精いっぱいでなかなか住民税まで手が回りません。ついつい次にお金が入ったときに、ということになり延滞してしまうのです。

住民税を少しぐらい延滞したところでどうってことない!などとお考えでしたらそれは大間違いです。住民税を延滞すると当然ながら延滞料がかかります。そして、その先には悲惨な末路が待っているのです。

こちらの記事では住民税を延滞するとどうなるのか、住民税を延滞しないためにはどうしたらいいのかということについて詳しくご紹介したいと思います。

住民税を滞納するとどうなる?まずは時系列でご説明

住民税が高すぎて払えないという声をよく耳にしますが、税額は前年度の収入に応じて決定しますので払えないなどということはありません。低所得者や無職の方には減額や免税の処置があるからです。

住民税には納付期限があり、期限を過ぎても納付されない場合には20日以内に督促状が届きます。

支払いがないうちは毎月督促状が届き続けることになります。その後は財産の調査が行われ、差し押さえということになります。

最短1カ月で差し押さえは可能と言われていますが実際にはそんなに短期間で差し押さえはされません。実際に差し押さえが行われた人の多くが3年以上滞納していた人です。

しかし、だからと言って住民税をいつまでも滞納しておくのは大変危険です。支払いが厳しいというときには市区役所にまずは相談する必要があります。

分割払いの相談をするべし

市区役所の窓口では分割の相談をすることができます。とても一括では支払えないという場合には分割払いを認めてくれることもあります。分割払いの相談をする際には予め電話をして必要な書類をなどを確認しましょう。主な必要書類は下記の通りになります。

  • 給与明細書
  • 公共料金の領収書
  • 通帳
  • 賃貸契約書
  • 運転免許証

分割払いを希望する場合、収支を証明できる書類を持参して経済的に余裕がないことをアピールする必要があります。

収入が減った、仕事を失った、病気になったなどの理由をきちんと説明することも有効です。分割払いの場合は、滞納金額にもよりますが1,2年で支払いが完了するように毎月の支払い額が決定されます。

延滞すると金利がかかる

分割払いにしてもらってほっとしている方もいるかもしれませんが、分割払いの場合にも金利がかかります。

例えば、平成28年度の場合、1カ月未満の延滞金利は2.8%、1カ月以上の延滞金利は9.1%でした。

分割払いになると支払期間が長引くほど延滞料が高くなります。延滞金の計算方法は下記の通りになります。

税額×延滞した日数×金利÷365日=延滞金

最悪の場合差し押さえも

分割払いの相談もせず放置していると、支払う意思はないものとみなされて差し押さえということになります。住民税に関してはかなり強行にかつスピーディに差し押さえの措置が取られるようです。

住民税を長期間滞納していると、財産の調査が行われ、差し押さえの通知が送られてきます。

差し押さえの対象となるのは、預金、給与、生命保険解約払戻金、年金、不動産、車などです。

ただし、財産がなければ差し押さえはできませんし、給与に関しても最低限の生活費は保障されるため全額差し押さえることはできません。

また差し押さえが可能なのは本人の財産のみとなります。預金がある場合には、口座が凍結され生活費さえ引き出せない状態になります。給与が差し押さえられれば会社に住民税を滞納していることを知られてしまいます。

以上が住民税の滞納から差し押さえまでの流れです。すぐに差し押さえということはありませんが、差し押さえが執行されると様々な不都合が生じてしまいます。

住民税どうしても払えない時には非課税になることも

お金があるのに住民税を払わないのはもってのほかですが、中には本当に経済的に困窮している人もいます。そんな人は住民税を支払わずに済む非課税となるケースもあります。どのような場合に非課税となるのでしょうか。

非課税対象については各自治体で異なりますが、一般的には下記の条件に当てはまる人が非課税となりなす。

  • 生活保護を受けている方
  • 未成年者、障がい者、寡婦(夫)で前年合計所得金額が125万円以下の人(給与所得者の場合は204万4000円未満)
  • 前年度の所得が各自治体の定める金額以下の方
  • 災害により身体や財産に被害を受けた方
所得とは収入から必要経費を差し引いた金額のことを指します。単身と家族や子供がいる場合とでは非課税対象となる金額が異なります。例えば、単身の場合、非課税となるのは年間所得が35万円以下の場合です。夫婦で子供が二人いる場合、世帯の所得が161万円以下の場合は非課税対象となります。

もしも無職やアルバイトなどで著しく年収が低い場合には、住民税が免除になるかどうか確認しましょう。ただし、免除になったとしてもそれまで滞納した住民税は払わなければなりません。

多重債務に陥って債務整理や自己破産の手続きを行った場合でもそれまで滞納していた住民税は支払う必要があります。

差し押さえになる前にカードローンでお金の工面を!

住民税なんて少しぐらい滞納しても大丈夫などと軽く考えていた人もこちらの記事を読んで考えを改めていただけたかと思います。確かに住民税は滞納しても、実際に差し押さえなどが行われるのは3年以上滞納が続いた場合と言われています。

しかし、滞納期間中は毎月延滞料が発生し、どんどん支払額が膨らんでいきます。そうならないためには早めに市区役所の窓口で分割払いの手続きを行うことをおすすめします。しかし、住民税以外にもお金が必要、とりあえずの滞納分を払ってしまいたいという人はカードローンでお金を工面することも検討してみてはどうでしょうか。

カードローンは手軽でスピーディなので近年人気が急上昇中です。カードローンの人気の理由を挙げてみましょう。

  • 限度額内で繰り返し借入できる
  • インターネットで申込ができる
  • 審査が最短30分
  • 即日融資あり
  • 提携ATM数が多い
  • 振込融資を受けられる
  • 無理のない返済ができる
  • 無利息サービスがある
  • インターネット会員サービスがある

申込から借入までスピーディ

カードローンの人気の理由はとにかく手軽でスピーディなことです。インターネット申込は24時間受付で審査は最短30分で完了し、審査がスムーズに進めば即日融資も可能です。

お金がなくて住民税を滞納している人は、できるだけ早くお金を工面しないと延滞料がかかってしまいます。そんな人にはすぐに借入できるカードローンがおすすめです。必要書類も少なく、自宅にいながら楽に申込ができます。

充実したサービス

大手消費者金融や銀行カードローンでは充実したサービスを提供してくれます。全国に多数の提携ATMがありますので、いつでもどこでも借入が可能です。またインターネットの会員専用ページにアクセスすれば各種手続きを行うことができます。

郵送物を避けたい人はWEB明細に変更できますし、インターネットキャッシングで即時振込を受けることもできます。消費者金融が実施している無利息サービスも魅力です。

負担の少ない返済方法

カードローンは金利が高めだから返済が大変そうという方もいますが、心配はいりません。カードローンは自分の必要な金額だけ借りることができ、返済も最小限の金額で済みます。

カードローンでは一般的に残高スライドリボルビング方式という残高に応じて毎月の返済額が変動する方式を採用しています。残高スライドリボルビング方式ですと、返済額が最小限に抑えられますので負担が少ないのです。

住民税を払い終えて余裕が出たら繰り上げ返済をすれば、支払う利息も少なくなりますよ。

住民税は優先的に払おう!最悪の場合差し押さえも!

住民税を払うのは国民の義務です。私たちが快適に生活できるのも住民税によって公共施設やサービスが成り立っているからにほかなりません。住民税は必ず支払わなければならないものであり、強制執行されるスピードも速いと言われています。

住民税の支払いが遅れると定められた金利がかかり、延滞料が発生します。収入が少ない場合には住民税が免除になることもありますが、すでに滞納している分は必ず払わなければなりません。

分割払いも相談できますが、分割の場合でも延滞料はかかりますので返済期間が長くなることはおすすめできません。それならとりあえずカードローンで借入して、返済に充ててしまうという手もあります。

カードローンは手軽でスピーディなので今すぐお金が必要という状況にも対応してくれます。

住民税の滞納を軽く考えず、優先的にお金を工面して支払うことが国民の義務だと思いますので、カードローンを検討するのも一つの方法だと思います。

トピックス
ページトップへ