今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > イオン銀行カードローンで即日お金を借りるなら普通口座は必須!

イオン銀行カードローンで即日お金を借りるなら普通口座は必須!

まとまったお金がすぐに必要になった時はどうしますか?貯金を下ろす、家族に借りる、などの方法があると思います。

その他にカードローンという選択肢もあります。使ったことがない人は抵抗があると思いますが、仕組みを知ってきちんと返済計画を立てれば怖いことはありません。

今回は主婦にも人気のイオン銀行のカードローンを紹介します。

イオン銀行は、ショッピングモール内に店舗を置く珍しい銀行です。イオンでお買い物をする人にとっては、ついでに寄れて便利ですよね。

イオン銀行の特徴

イオン銀行は他行と比べてどう違うのでしょうか。口座開設をご検討の方は参考にしてみてください。

イオン銀行ATMなら24時間・365日手数料無料!コンビニのATMなどでも利用可能!

イオン銀行は全国のショッピングセンター・イオン内に付帯しています。イオン全店に設置されているわけではありませんが、お買い物のついでに気軽に立ち寄ることができます。

イオン銀行の口座を開設する場合、下記の3種類のカードから選べます。

・イオンカードセレクト
キャッシュカード・クレジット・WAONの機能・特典が一体になっているカード

・キャッシュ+デビットカード
キャッシュカード・JCBデビット・WAONの機能・特典が一体になっているカード

・イオン銀行キャッシュカード
電子マネー「WAON」がついたシンプルなキャッシュカード

お給料や貯金を下ろす時、銀行のATMや、コンビニのATMを利用することが多いと思いますが、イオン銀行のATMの場合、手数料が0円で24時間365日利用できます。

ということは土日や、年末年始などの長期連休も安心ですし、仕事で遅くなった時も、コンビニのミニストップにイオン銀行のATMが設置されているので、そちらを利用できます。これは他行ではなかなかないサービスですよね。

その他にスーパーのダイエー、マルエツなど10以上の設置企業があり、ゆうちょ銀行やみずほ銀行と提携がありますので、指定時間内であれば入出金が無料でできます。

ついうっかりお金を下ろすのをのを忘れた…、時間外だけどお金を下ろしたい、そんな時にイオンの銀行口座を持っていると非常に便利ですね。

店舗はイオン内!年中無休

イオン銀行の営業時間は朝9時から夜9時まで(一部店舗は異なります)で、年末年始や祝日も含めて毎日営業しています。

こう聞くと、行員さんは大変だなあと思ってしまいますが、遅くまで営業してくれるのはありがたいことです。ちょっと特殊な銀行ですが商品やサービスも他の銀行のように充実しています。

一部掲載ですが、イオン銀行はこのような商品を扱っています。

・総合口座

・普通預金

・ジュニアNISA

・イオンカードセレクト

・イオンデビットカード

・スーパー定期

・住宅ローン

・イオン【フラット35】 *2017年10月1日から全店舗で取り扱い

・イオン銀行カードローン

・教育ローン

・イオンメンバーズローン

・ソーラーローン

・リフォームローン

・投資信託

イオンのカードローン

イオン銀行の商品をご紹介しましたが、用途自由のローンは2種類あります。

・イオン銀行カードローン

・フリーローン(イオンアシストプラス)

どんな違いがあるのか、表にしてみました。

イオン銀行カードローン

特長 審査で決まった限度額以内なら何度でも借入れできる
金利 3.8~13.8%
限度額 10万円~800万円
借入れ方法 1000円単位
限度額内で借入れ
返済方法 ATMから返済、若しくはイオン銀行や他銀行口座から引き落とし
申込み条件 ・日本に居住
・20歳以上65歳未満
・本人または配偶者に安定した収入がある
・保証会社の保証を受けられる

使途自由で、返済は1000円~できます。担保・保証人も原則不要です。

フリーローン(イオンアシストプラス)

特長 契約した借入れ金額を口座へ一度に入金されるタイプのローン
金利 3.8~13.5%
限度額 30万円~700万円
借入れ方法 30万円以上の契約金額が一度に振り込まれる
返済方法 契約金額と借入期間(1~8年)より算出した返済金額が毎月自動引落とし
申込み条件 ・日本に居住
・20歳以上65歳未満
・本人または配偶者に安定した収入がある
・イオン銀行の口座を持っている
・保証会社の保証を受けられる

こちらも使途自由で担保も保証人も不要となっています。

銀行カードローンとフリーローン、どちらに申し込めばいい?

イオン銀行カードローンとフリーローン、お金を借りるという意味ではどちらも同じ。なので、どちらのローンを使えばいいかわからない。

各目的別に、銀行カードローンとフリーローンどちらがおすすめかまとめました。

①すぐにお金を借りたい

タイトルにもなっていますが、すぐにでもお金を借りたいという方はズバリ「イオン銀行カードローン」です。

ただし、即日融資可能なのはイオン銀行の口座を持っていて、午後2時までに申込みをした方が対象になります。

イオン銀行の口座を持っていない方は、申込みをしてローンカードが届いてからでないと残念ながら借入れはできません。ローンカードは届くまで一週間ほどかかります。

即日融資ができるかと聞かれると、限られた人ができる、という感じでしょうか。

②生活費に少額(5万~20万円程度)だけど借りたい

生活費や旅行代として借りるなら、金額も多くないと思います。特にカードローンの利用が初めての方は、返済の目途がつく範囲内の限度額で申込みをするのをおすすめします。

おすすめは「イオン銀行カードローン」です。パート・アルバイト・主婦の方も申込みがしやすいです。

限度額は10万円から800万円までで、1000円から上限金額まで引き出すことができます。例えば限度額が10万円で、5万円しか使わなかったとしたら残りの5万円分はどうなるのでしょうか。

答えは5万円分の枠はとっておくことが出来るので、今後何かあった時のために残しておけます。キャッシング枠が必要ない場合は、借りた金額を全額返済したら契約解除もできます。

③店舗には行かずインターネットで申し込みたい

「イオン銀行カードローン」も「フリーローン」もどちらも来店不要で契約できます。

ただし、フリーローンはネット申込み限定の商品になっています。店舗では申込みできませんのでご注意ください。

申込み手順は下記の通りです。

<イオン銀行カードローン>

①インターネットの申込みフォームに入力

収入証明や身分証明書を写真で撮りアップロード

         ⇓ 審査へ(午後2時までの申込みで原則即日回答)

②審査に通ったら後日ローンカードが送られてきます

(イオン銀行の口座を持っている方はローンカードが届くまでの間、一度だけ融資金を口座に振り込んでもらえる「振込融資」もできます)

         ⇓ 五日後…

③自宅にローンカード到着 ATMから借入れできます

<フリーローン>

①インターネットの申込みフォームに入力

         ⇓ 審査へ

②審査に通れば郵送で契約書が送られてくるので、自署・捺印し、必要書類を同封し返送

         ⇓ 本審査へ

③審査承認後、イオン銀行もしくはその他金融機関の普通預金口座へ入金

④まとまったお金が必要

自動車の購入や、住宅のリフォームなどに利用できるのは「フリーローン」です。

事業費には使えませんが、審査にさえ通ればあとの使い道は自由です。

⑤他社の借入れをまとめたい

こちらも「フリーローン」でおまとめが出来ます。

一概には言えませんがイオン銀行は消費者金融と比べると金利が低く設定されています。金利の低いところで返済できるのであれば良いに越したことはありませんよね。

イオン銀行にお金を借りて消費者金融に借金を返済→借りたお金をイオン銀行に返していく。複数社から借りていたお金を一つにまとめれば管理もしやすくなります。

イオン銀行は使い方次第!

イオン銀行はイオン内に店舗があるため利用者との距離も近く、年中無休で営業など、便利なサービスがたくさんあります。

ですが、すぐにお金が必要になった時イオン銀行でお金を借りるには口座を持っている必要があります。なので、すぐに借りられる、という人は残念ながら限られてしまいます。

口座を持ってないという人は、申込みをしてローンカードが届くのを待つか、その日のうちに借りたいということでしたら、イオン銀行は諦めて消費者金融に申込みをした方が即日融資の可能性があると思います。

とは言えローンを組む際もイオン銀行の口座を持っていた方が何かと便利ですし、サービスやカードの特典も充実しているので、イオンユーザーの方は開設を検討してはいかがでしょうか。

トピックス
ページトップへ