今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 友人にお金を貸してと言われたらどう対応する?スマートな断り方

友人にお金を貸してと言われたらどう対応する?スマートな断り方

今すぐお金が必要という状況を経験したことがあるのは決してあなただけではありません。あなたの友人の中にもお金がなくて困っている人はきっといるはずです。そんなとき、もしも友人からお金を貸してと頼まれたらどのように対応すればいいのでしょうか。

友人から借金の申し入れがあったときには誰でもお金を貸すべきかどうか葛藤するものです。どうしてもお金に困っているというなら友人として貸してあげたいという気持ちがある一方で、返してくれないかもしれないというリスクを負うことにもなります。

友人にお金を貸すときにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。予め注意するべきことを確認したうえで、お金を貸すかどうか考えましょう。またお金を貸す友人の立場や状況を考えることも大事です。

友人にはきちんと収入があるのか、他に頼る相手はいないのか、返済の見込みがあるのかなど総合的にみてお金を貸しても安心できる相手なのかどうかよく考えましょう。こちらの記事では友人にお金を貸す際の注意点についてご紹介します。

友人にお金を貸す際の注意点!未回収にならないために

もしも友人からお金を貸してと頼まれたら誰でもどうするべきか考えてしまいます。お金を貸すかどうか決めるのはあなた自身です。お金を貸すかどうかを決める際には、付き合いの長さや性格、収入などを考慮して決めましょう。

お金を貸す場合でも下記のことに注意しましょう。

すぐには貸さない

友人からお金を貸してと言われてもすぐには貸さないでください。口座に振り込んでよ、などと図々しいことを言われてもきちんと会ってお金を渡しましょう。またいくら必要なのか、なぜ必要なのかなど状況を詳しく聞き出します。

簡単にお金を貸してもらえる人と思われると今後も繰り返しお金の無心をされることも考えられます。友人にもそれなりのプレッシャーを与え、お金を貸すということは簡単ではないということをアピールする方が本人のためでもあるのです。

借用書を書かせる

たとえ友人であってもお金を貸す際にはきちんと借用書を書いてもらいましょう。借用書の書き方は決して難しくありません。金額、金利、返済方法、返済期限などを記載し、署名や捺印をもらいます。

万が一、お金を返してくれない場合でも借用書があれば法的な効力がありますので書いてもらっておく方が安心です。もしも借用書を書くことをしぶるようであれば、返済の意志があるのかどうか怪しいのでお金を貸すのをやめてもかまいません。

友人なのに借用書を書かせるなんて信用していないのではと言われても、毅然とした態度をとることが大事です。

第三者に相談する

友人からお金を貸してと言われるとついついかわいそうになってお金を貸してしまいそうになりますが、家族や別の友人など第三者の意見を聞くことも大事です。親しい友人だとついお金を貸すべきかどうか客観的に判断できなくなってしまいます。そんなときは第三者に意見を求めましょう。

友人とは面識のない人に現在の状況でお金を貸すことが正しいことなのか意見を聞くのがいいですね。

お金の使い道を聞く

お金を増すのであればその使い道を聞くのは当然の権利です。

医療費や学費などなら貸してもいいと思えますが、ギャンブルや借金の返済に使われるのなら貸したくないと思うのは当然です。

またギャンブルや借金返済のためにお金を貸すのは友人にとって決してよいことではありません。安易にお金を借りることができると人からお金を借りてまでギャンブルをするなどして、さらに深みにはまっていくことも考えられます。

使い道を聞いて本当にお金を貸すべきかどうか判断しましょう。

一度しか貸さない

友人にお金を貸す際には一度しか貸さないと自分なりのルールを決めましょう。友人にもこれっきりにしてほしいと言っておかなければ、簡単にお金を貸してくれる相手だと思われる恐れがあります。誰かがお金を貸してくれると安易に考え、無駄遣いを続けるのはよくありません。

繰り返しお金を貸すのはやめ、お金を貸す場合には一度だけと約束してもらいましょう。

以上が友人にお金を貸す際に注意するべきポイントです。友人がどうしてもお金に困っているのであれば貸してあげることは決して間違いではありませんが、ルールを決めて貸すようにするのがお互いのためでもあるのです。

お金を貸さないと決めたらはっきり貸せない理由を伝えよう!

たとえ友人であってもお金を貸さないと決めた場合にははっきりとその理由を伝えましょう。お金を貸せない理由をはっきり伝えないと、友達なのにひどいじゃないかと言われてしまうかもしれません。

自分にも経済的な余裕がない

最もわかりやすいお金を貸さない理由は、自分にも経済的な余裕がないことです。

収入が少ない、教育費や住宅ローンなどでお金がないということを伝えれば相手も納得しないわけにはいきません。ない袖は振れぬ、つまりお金がないので貸したくても貸せないということをアピールしましょう。

友情にひびが入る可能性がある

友情にひびが入る可能性があるのでお金は貸せないということを伝えましょう。過去の体験談などを交え、お金の貸し借りによってトラブルになった話をしてみるのもいいでしょう。

ずっと友達でいたいからお金は貸せないということをわかってもらいましょう。

家族に反対されている

自分は貸してあげてもいいんだけど、家族に反対されているから貸せないということも断る理由になります。

実際にあなたがお金を貸すことを周囲の人は賛成しないということも十分あり得ます。家族に反対されているので自由にお金を持ち出せないというのでいいと思います。

お金の貸し借りはしないというポリシー

はっきり断るなら、誰ともお金の貸し借りをしないポリシーだからと言ってしまっていましょう。

お金の貸し借りはトラブルのもとになるので、ときっぱり言い切ってしまえば、いくら友人でもそれ以上は何も言えないはずです。

お金を貸してくれと頼ってきたのに断るのは勇気のいる行動です。友達甲斐がない、冷たい人だと思われてしまうかもしれませんが、果たしてお金を貸すのだけがいい友達なのでしょうか。

お金は貸せないけれど別の形でサポートしたいとうことを申し出るのもいいと思います。

例えば食事をおごったり、必要なものを貸してあげたりすることで友情を示すこともできるはずです。

お金を貸したのに返してくれない!そんなときの対処法

大切な友人にお金を貸してと頼まれたらなかなか断りづらく、ついつい貸してあげることもあると思いますが、もしもいつまでもお金を返してくれなかったらどうすればいいのでしょうか。

もちろんお金を返してほしいとはっきり言うべきですが、それでもごまかされたり、少額づつしか返してくれない場合にはとるべき対処法をご紹介します。

家に取り立てに行く

電話で言っても、実際に会って話をしてもお金を返してくれない場合には、自宅に取り立てにいくのがいいかもしれません。じっくり居座って、お金を貸してほしいということを切実に伝えましょう。

家族がいる場合には、お金を返してくれなくて困っているという話をしてもいいと思います。

法的手段に訴える

脅すわけではありませんが、法的な手段をとることも考えていると伝えるのも効果的です。実際に借用書があれば返済を求める訴えを起こすことができます。ただし、現実的には貸したお金が数万円であれば弁護士費用の方が高くついてしまうことも考えられます。

また法的手段に出るということになれば当然今後も友達でいることは難しくなるでしょう。

お金を諦めて友人の縁を切る

お金を返してもらえないということは多大なストレスになります。毎日お金を返してもらうことばかり考えるよりはもう貸したお金は返ってこないと割り切って諦める方がいいのかもしれません。

見方を変えてみれば、借金を踏み倒そうとしている友人の行為はあなたを裏切る行為です。そんな人と今後も友人でい続ける必要はないのです。

心の中にあるもやもやを全てぶちまけて縁を切りましょう。もしも相手があなたを大事な友人と思っているなら事の重大さに気付いてすぐにお金を返してくれるはずです。

カードローンを勧める

最後にお金のない友人にぜひおすすめしてほしいのがカードローンです。お金がないといろいろな友人にお金を借りにることになり、人間性すら疑われてしまいます。それなら思い切って人に頼るのはやめてカードローンを利用することをおすすめします。

カードローンは銀行や消費者金融で利用することができます。多くの金融機関がカードローンを取り扱っているので、沢山の商品の中から金利、限度額、サービスなどの点をチェックして自分に合った商品を選ぶことができます。

カードローンの仕組みは限度額内で自由に借入、返済ができること、他のローンよりも審査の難易度が低いこと、返済の負担が少ないことなどが挙げられます。今すぐお金が必要という時に手軽に申込ができて、その日のうちに借入できるのも魅力的です。

おそらくお金を借りに来る友人はこんな便利なものがあることを知らない可能性があります。カードローンについて知るよい機会です。

友人にお金を借りて友情にひびが入るよりもカードローンを利用することで自分のペースで借入できるので助かります。

友人に教えてあげよう!便利で手軽なカードローンのこと

友人に今すぐお金が必要だから貸してほしいと言われたら悩みますよね。大事な友達だから貸してあげたいけれど、もしかしたら返してくれないかもしれない。貸したいけど、自分も経済的に余裕がないので貸すことができない。

いろいろなことを考えてしまいますが、もし貸すと決めた場合にはお金の使い道をきちんと聞くことや、借用書を書いてもらうことを忘れないようにしましょう。

事情があって貸せない場合にははっきりとその理由を伝え、金銭以外のサポートをしてあげるといいでしょう。

しかし、時には借りたお金を返してもらえないこともあります。お金を返してもらえないことはストレスになりますが、借りたお金を返さないような人と今後も友人であり続ける必要はありません。法的な手段に訴えたり、縁を切ることも考えてしまうかもしれません。

友人同士でそんなトラブルになってしまうのは悲しいですよね。それなら誰でも手軽に利用できるカードローンをすすめてみるのはどうでしょうか。

カードローンなら他人に迷惑をかけることも肩身の狭い思いをすることもなく、お金を工面することができます。

お金に困っている友人がいたらお金を貸すよりもカードローンを紹介してあげることが本人にとっても実はプラスになるのかもしれません。

トピックス
ページトップへ