今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 年末年始で金欠!カードローンの返済ができないときはどうする!?

年末年始で金欠!カードローンの返済ができないときはどうする!?

カードローンを利用する際には審査や金利などいろいろ気になることがありますが、最も大きな心配事は返済に関することです。カードローン会社では毎月の返済方式や返済方法、返済日などが設定されています。しかし、もしもなんらかの事情で返済できないときはどうすればいいのでしょうか。

一昔前ですとカードローン会社の社員が自宅や会社まで取り立てにきたり、何度も電話をかけてくるというイメージがありましたが、現在では取り立てに関する厳しい法律が制定されているのでそのようなことはありません。

カードローンの返済がどうしてもできない場合にはどうしたらいいのでしょうか。返済が遅れたり、滞ったりした場合何かペナルティが課されるのでしょうか。返済に関する様々なルールは申込前に必ず確認しておくべきです。

後からこんなはずじゃなかったということにならないためには、もちろん借り過ぎに注意し、無理のない返済計画を立てることが大事です。

こちらの記事では返済ができないとどうなるか、また返済が厳しいときにはどうしたらいいのかじっくり調べてみました。

カードローンの返済方式や返済方法は借入前に必ず確認すること!

年末年始は何かと入用で金欠、というのは他人ごとではありません。そのうえ、カードローンの返済があるとなると返済できるかどうか不安な気持ちになります。しかし、借りたお金を返済するのは当然ですから、免れることはできません。

カードローンを利用する前に、必ず返済に関する詳細を確認する必要があります。返済方式は会社によって異なります。いくつか方式があり、それぞれメリットデメリットがあります。

返済に関して確認するべき項目は以下の3つです。

返済方式

カードローン会社によって採用している返済方式は様々なですが、大きく分けて2つあります。一つは残高によって毎月の返済額が変動する残高スライドリボルビング方式、もう一つが毎月一定額(元金+利息)を支払う元利均等返済方式となります。元利均等返済方式は毎月の返済額が固定のため、お金の管理がしやすいというメリットがあります。

返済方法

主な返済方法はATM、銀行振込、来店の3つです。大手カードローン会社ではインターネットバンキングなども取り入れていますので、より手軽に返済が可能です。自動引き落としを利用できる借入先もありますので、返済忘れを防止することができます。

返済日

返済日はいくつかの指定日から選べる、もしくは自分の都合のいい日を設定することができる場合がほとんどです。給料日直後に返済日を設定することで返済忘れや残高不足を防ぐことができます。

申込前に返済についてきちんと確認し、カードローン各社のHPの返済シュミレーションを活用しましょう。

事前に返済計画を立て、できるだけ繰り返し借入することを避け、返済計画通りに地道に返済していくことが大事です。

カードローンの返済が滞るとどうなる?ペナルティは?

無理のない返済、綿密な返済計画と言ってもいうほど簡単ではありません。もしも、年末年始など何かと入用で返済が滞ってしまった場合にはどうなるのでしょうか。何かペナルティが課せられるのでしょうか。

遅延利率

返済が遅れた場合の最初のペナルティは遅延利率がかかることです。通常の利息の他に、延滞金がかかるということですね。

遅延利率は借入先によって異なりますが、通常は18.0%~20.0%と、高利率となります。

信用情報に傷がつく

そのまま返済が行われないと信用情報に傷がつくことになります。信用情報とは個人の金融情報のことで、返済遅れや返済が滞った場合などに記録されます。信用情報は金融機関の間で公開されていますので、返済トラブルがあると他社の審査に通りにくくなってしまいます。

どれくらい延滞が続くと信用情報に記録されてしまうのかは借入先によって異なりますが、記録された内容は完済後5年ほどは残ると言われていますので、要注意です。

信用情報に問題があると今後新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが難しくなります。どれくらい信用情報に問題があると審査に影響するのかということは個々の属性にもよりますので、一概にはわかりません。

返済が厳しい時の対処法!まずは返済計画見直しの相談を!

それでは、手持ちのお金がなく、どうしても返済が厳しいというときにはどうしたらいいのでしょうか。まずは少しでも返済のためのお金を工面する必要がありますが、その方法をいくつかご紹介しましょう。

親や友人に借りる

最も身近でリスクが少ないのは親や友人にお金を借りる方法ですが、すでに借金をしている場合はなかなか難しいかもしれません。また親や親せきが疎遠になっていて、頼むことができない場合もあります。

不用品をリサイクルに売る

最近ではリサイクルショップやオークションで不用品を売るのが一般的になっています。自分にとっては不用品でも他人にはお宝かもしれません。売れそうなものをリサイクルショップやオークションに出品して現金に替えましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する

最近では誰もが複数枚のクレジットカードを所有しています。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠を利用するとATMなどで現金を引き出すことができます。

クレジットカードの支払いは翌々月ということもありますので、とりあえずキャッシングを利用して現金を手にする方法もあります。

日払いバイトをする

アルバイト情報誌などをのぞくと様々な日払いバイトを募集しています。従来のガテン系からデータ入力やコールセンターなどの事務職まで仕事内容も様々ですので、すぐに給料を手にしたいなら日払いバイトがおすすめです。

借り換えローンを利用する

もう少しまとまったお金を借入している場合は、毎月の返済による負担を軽くする方法として借り換えローンを利用する手もあります。

借り換えローンを取り扱っているカードローン会社は多数あり、金利をはじめとする条件も様々ですのでチェックしてみてください。

ただし、借り換えローンは審査が通常のカードローンより若干厳しくなります。

返済が厳しくても放置するのは厳禁!必ずカードローン会社に連絡を

以上がカードローンの返済に関するペナルティや対処法です。カードローンの返済は必ず毎月ありますので、備えておくことが大事ですが、年末年始などは経済的に厳しい状況に立たされることもあるでしょう。

しかし、絶対にNGなのは返済日を過ぎても返済せずに放置しておくことです。

返済のめどが立たないので、なんとなく連絡しづらいという気持ちはわかりますがこれはルール違反です。

もしも返済日までに返済が間に合わない場合には早めにカードローン会社に連絡を入れましょう。中には返済日を再設定してくれたり、返済計画の見直しの相談に乗ってくれるところもあります。

連絡をせずに放置しておくとまずはスマホや携帯電話に連絡が来ます。それも無視し続けると自宅や会社に電話や通知が送られてきます。最悪の場合、法的な手段に出られてしまうこともあり、債権が取り立て会社に移ることもあります。

自己破産や債務整理などになれば、様々な日常生活が制限されることもあります。

返済が厳しいというときには、まずはお金の工面ができるか検討し、それが無理であれば返済計画の見直しを相談しましょう。

返済が困難だからと言って放置しても問題は何も解決しません。事態が悪化し、さらなるトラブルを招くことにもなりかねません。必ずルールを守って借入することが大事です。

トピックス
ページトップへ