今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローン滞納したらどうなる?返済日が迫ってる時に考えるべき事

カードローン滞納したらどうなる?返済日が迫ってる時に考えるべき事

今すぐお金が必要という時にはカードローンを利用するというのが、最近では浸透しているようですがカードローン初心者の中にはわからないことが多く不安を抱えている人もいます。

カードローンが一般的になった現在でもその仕組みや利用方法についてきちんと理解しないまま申込をする人もいて後のトラブルの原因となっています。審査のこと、金利のこと、契約のことなどきちんと把握しなければなりませんが、最も大事なのは返済に関することです。

一昔前は借金地獄などという表現が使われ、返済に苦しむ人々がクローズアップされましたが現在では法律によって金利や限度額が制限されたため借り過ぎによるトラブルは減少しています。

それでもカードローンを利用する際には返済のルールや返済が滞るとどのようなペナルティが課せられるかということを知っておく必要があります。借りたお金は必ず返済しなければならないというルールを守らないとどのようなことが待ち受けているのでしょうか。

カードローンの返済に関する基本ルールをチェック

カードローンに関して知っておくべきことは多数ありますが、とくに大事なのが返済に関する事柄です。カードローン各社のHPには返済に関する詳細が記載されていますが、きちんとチェックしていますか。

返済についてきちんと把握しておかないと後で取り返しのないトラブルにつながることもあります。借入先によって条件などは異なりますが、一般的な返済ルールについてまずはご説明しましょう。

金利と利息の関係

返済についてご説明する前に金利について簡単にお話しします。

カードローンを利用する際には元金と利息を支払う義務があり、利息は金利に応じて決まります。金利が低い方が支払う利息は少なくて済みますので、借入先を決める際には金利はとても重要です。

金利の計算方法は以下の通りになります。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

つまり、10万円を30日間金利18.0%で借入した場合、10万円×0.18%÷365日×30日となり、利息は1479円となります。

返済方式

カードローンの返済方式は大きく分けて二つあります。

借入残高に応じて毎月の返済額が決まる残高スライドリボルビング方式と毎月固定金額を支払う元利均等返済方式です。

残高スライドリボルビング方式では月末の利用残高に応じて返済額が決まります。元利均等返済方式では限度額に応じて毎月の返済額が決まっていますので、お金の管理がしやすいのが特徴です。

いずれの返済方式も毎月の負担をできるだけ軽減してあります。返済によるプレッシャーがないのは助かりますが、返済期間が長引くと返済総額が多くなるので要注意です。

返済方法

返済方法は借入先によって異なりますが、口座振替、銀行振込、店頭、ATMなどから選ぶことができます。

銀行カードローンや大手消費者金融の方が利用可能なATM台数が多いので、利便性には優れていると言えるでしょう。口座振替は返済日忘れを防いでくれるので便利です。

返済日

返済日は毎月自分の都合のよい返済日を選ぶことができる場合、指定された日から選ぶことができる場合があります。給料日の直後に返済日を指定する方が、残高も十分にあるので安心ですね。

中には返済が35日サイクルという会社もありますのでチェックしてみてください。

事情があって返済が厳しい!返済できないとどんなペナルティがある?

返済方式や返済方法、返済日などをきちんと把握していても、なんらかの事情でどうしても返済ができないということがあるかもしれません。返済が厳しい、お金を工面できない、そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

まずしなければならないのは返済が難しいという時点でカードローン会社に連絡をとることです。カードローン会社側も少しづつでも返済ができるように相談に乗ってくれる場合がほとんどです。返済額の軽減、返済計画の見直しなどを検討してもらいましょう。

返済できないからといって放置するのは危険

返済トラブルでありがちなのが、返済が厳しいからといってカードローン会社からの連絡を無視する行為です。返済日を過ぎても返済がなされない場合、カードローン会社から携帯電話やスマホに連絡がきます。

返済できないからといって電話を無視すると勤務先へ電話がかかってきたり、自宅に通知が送られてきたりします。

これまで会社や家族にカードローンの利用を隠していた人も滞納したためにバレてしまったケースもあるほどです。

信用情報に傷がつく

カードローンの滞納で一番怖いのが信用情報に傷がつくことです。信用情報とは個人の金融に関する履歴、クレジットヒストリーのことを指しますが返済が遅れたり、滞ったりした場合も記録が残ります。

信用情報はローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際に全ての金融機関に閲覧が許されています。そのため信用情報に問題があると、お金を返さない人と判断されローンが通らない可能性が高くなってしまうのです。

この個人情報に記録された内容は完済後5年ほど残ると言われています。信用情報に傷がついてしまうと本当に必要なローン、教育ローンや住宅ローン、車のローンなどに影響する可能性が高くなります。

そのようなリスクを負わないためにも、借りたお金はきちんと返済し、信用情報に傷がつかないようにすることが大事です。

返済日が迫っている!お金を工面するためにできること

カードローンの返済を滞納すると信用情報に傷がついて今後の借入に影響してしまいますので、返済日が迫っているときにはどうにかしてお金を工面したいものです。返済日までに早急にお金を工面する方法をいくつかご提案します。

親や知人にお金を借りる

まずは王道ですが、親や知人にお金を借りることです。身内からお金を借りる場合には、利息を支払わずに済むことが多く助かります。スムーズにお金を借りるためには、いつまでに返済できるのか誠意をもって伝えることが大事です。

ただし、一度や二度ならいいですが毎月返済日直前にお金の無心に行っているようでは厳しいかもしれません。

日払いアルバイトをする

できるだけ早くお金を用意するのなら日払いのアルバイトがおすすめです。工事現場や建設現場での力仕事はもちろん、女性でもできる軽作業や事務系の仕事も多数あります。多くの場合、派遣会社に登録してから条件の合う仕事に応募することになります。

その日のうちに給料を支払ってもらえる日払いアルバイトはおすすめです。

不用品をリサイクルショップなどに売る

自宅にある不用品をリサイクルショップやリユースショップに持ち込むという方法もあります。家に物が多いと感じているなら、大掃除もかねて不用品を売りましょう。思ったよりも高額で売れることもあり、返済日直前でも間に合います。

もう使っていないブランド品なども高く売れるかもしれません。

借り換えローンを利用する

一般のカードローンのほかに、借り換えローンというのをご存知ですか。借り換えローンは複数の会社から借入している人に対し、まとまったお金を貸してくれるカードローンです。

借り換えローンなら借金を一つにまとめることで返済計画を見直し、より低金利で借り換えることができます。

まとまったお金を借りるため審査が若干厳しいですが、返済による負担を軽減できます。

カードローンの滞納は信用情報を傷つける!そのまま放置は絶対NG

カードローンを利用する前に返済に関して十分に把握しておくことは大事です。しかし、十分に把握していても事情があって返済が厳しくなってしまうことはあります。もしも、返済ができないとどのようなペナルティがあるのでしょうか。

カードローンの滞納の最大のペナルティは信用情報に傷がつき、今後ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなってしまうことです。ローンを組んだり、クレジットカードが作れないと不便な思いをすることは間違いありません。

なんらかの事情で返済が厳しいというときには、すぐにカードローン会社に連絡して事情を説明し、いつ頃なら支払いができるのか伝えましょう。

返済計画を見直すなどの相談に乗ってくれることもあります。

返済できないからといって音信不通になるなどはもってのほかです。また返済日が迫っていても、親や知人にお金を借りる、日払いアルバイトをする、不用品を売るなどの方法が残されています。

また借り換えローンという多重債務の方のためのローンもありますので、返済の負担を軽減したいと真剣にお考えの方は一度相談してみるといいと思います。

どんな事情があっても借りたお金を返すのはカードローンを利用する際の基本的なルールです。返済が厳しくても、できるだけカードローン会社に迷惑をかけないようにし、浪費や借り過ぎに注意して早めの完済を目指すように心がけましょう。

トピックス
ページトップへ