今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 親からお金を借りる時の注意点「誠意をどれだけ伝えられるか」が鍵

親からお金を借りる時の注意点「誠意をどれだけ伝えられるか」が鍵

人生には今すぐお金が必要というシチュエーションに直面することが一度や二度ではありません。そんなときどのようにお金を工面すればいいのか悩みます。お金を工面する方法はいくつかあるのですが、まず最初に思い浮かぶのは親にお金を借りることです。

親子の関係というのは人によって異なります。気軽にお金を借りることができる人もいれば、なかなか親子といえど頼みづらいということもあります。また親の経済力によってもお金を借りることができるかどうか違ってきます。

親からお金を借りるのは簡単なようで案外簡単ではないのかもしれません。親にお金を借りたいけどなかなか言い出せないという人、また親にお金を借りる際の注意点を知りたいという人はぜひこの記事をチェックしてみてください。

親にお金を借りれなかった場合の対策についてもご紹介しています。

ずばり親にお金を借りる理由!借入の理由は明確に!

親にお金を借りる原因はいろいろ考えられますが、とくに多いものをピクアップしてみました。

生活費

お金を借りる原因ナンバーワンとなったのはずばり生活費です。生活費は生活全般に必要なお金ですが、仕事をしていて給料をもらっていても人によっては給料日前に全くお金がなくなってしまうなど生活費が足りないという人は少なくありません。

食費、交通費、家賃などの生活費全般は親にお金を借りる理由として最も多いのです。

医療費

突然けがをしたり、予期せぬ病気になったりなど突然医療費が必要になることがあります。医療費は病状や治療方法によって異なりますが、手術や入院ということになれば高額になってしまいます。保険の範囲でまかなえればいいのですが、貯金が乏しい場合には支払いが難しいということもあります。

医療費というのはもしかしたら親に借りやすいかもしれません。さすがに家族ですから病気やケガと聞けば手を差し伸べないわけにはいかないでしょう。

教育費

教育費も親に助けを求めたくなる理由の一つです。もしもまだ学生でしたら親がお金を出してくれるケースは多いのですが、社会人の場合でも、再び勉強したい、キャリアアップのために留学したいなどの希望を叶えるために、親に頼ってしまうことがあるかもしれません。

また家庭がある場合には、子供の塾や進学のための費用が足りず祖父母が援助しているケースも珍しくありません。

資格取得などの費用

運転免許証や各種資格のための費用も案外高額です。運転免許証はないと不便ですし、転職やキャリアアップのために各種資格取得を目指している人もいると思います。

未来への投資という意味では決して無駄な出費ではないので、親の賛同を得るのは難しくないと思いますが高額なため要相談ですね。

結婚式の費用

結婚式の費用も若いカップルであれば親に頼るのは珍しくありません。50人規模の小さな式でも100万円以上かかることもあります。一生に一度の晴れの舞台なので妥協はしたくないと考える人も多いでしょう。

ある程度自分たちの貯金でまかなうとしても、足りない分を親から借りるのは一般的になりつつあります。

引越しの費用

引越しの費用もある程度のまとまったお金が必要となります。賃料にもよりますが、敷金礼金や手数料を含めると50万円近い費用が必要となります。また引越しの際には引っ越し業者に依頼しなければならず、そちらも時期によっては高額になることも。

全額とは言いませんが、足りない分を親に借りたいと考えても不思議ではありません。

借金の返済

最後は借金の返済です。ローンを組んでいてどうしても今月は返済のめどがたたない、でも返済しないと遅延料などがかかってしまうという苦しい状況に陥ったときに頼れるは親だけです。

借りたお金は必ず返すというのがルールですが、借金返済のためにさらに借金を重ねるのはおすすめできないのでなるべく早く借金を返済ましょう。

スムーズに親からお金を借りるための注意点

やむを得ず親からお金を借りなければならなくなったとき、できるだけスムーズにお金を借りるためにはどんなことを注意すればいいのでしょうか。

お金が必要な理由を明確に伝える

親に限らずお金を借りる時のマナーとしてお金が必要な理由を明確に伝える必要があります。

なんとなくお金が足りないからお金を貸してほしいと言われても、貸す側としてはピンと来ません。

自分の貸したお金がどのように使用されるのか知っておきたいというのは当然ですよね。いくら親子という親しい間柄だとしてもきちんとなんのためにお金が必要なのか伝えた方がスムーズにお金を貸してもらえるはずです。

きちんと借用書を書く

親からお金を借りる際に借用書を書く必要などないではと考える人がいますが、借用書を書くのには理由があるのです。

借用書がないと親から子への贈与とみなされて、税金がかかってしまいます。

少額の場合はいいのですが、ある程度まとまったお金を借りる場合借用書を書くのをお忘れなく。

借用書の書き方としては借りた日時、金額、金利、毎月の返済額などの情報を含めましょう。

また、署名なども必要になります。インターネットで検索すると借用書の書き方を調べることができますので、参考にしてください。

親からお金を借りられないときはその他の方法を考える

親からスムーズにお金を借りるための注意点をご紹介しましたが、中には親からの借入が難しいという人もいます。そんな人は親から借りる以外の方法を考えなければなりません。
お金を工面するには他にどんな方法があるのでしょうか。

アルバイトをする

まず思い浮かぶのはアルバイトをすることです。

なるべく早くお金が必要な場合には日払いや週払いのアルバイトを選ぶのがおすすめです。

アルバイト情報誌や情報サイトをチェックすると様々な仕事をみつけることができます。

不用品を売る

最近流行りのリサイクルショップやオークションで不用品を売るのは、部屋も片付いて一石二鳥です。自分にとっては不要品でも他の誰かにとっては価値のあるものということもあります。

手間がかからないのはリサイクルショップへの持ち込みですが、オークションの方が高額で売れることがあるようです。

カードローンを利用する

親にお金が借りれないというときには、カードローンを検討してみるのはいかがでしょうか。カードローンは消費者金融や銀行が取り扱う商品で設定された限度額内で自由に借りたり、返したりできるのが特徴です。

カードローンは通常のローンよりも審査ハードルが低く、必要な書類も最低限で済みます。とても手軽で安全にお金を借りることができるため、若者や高齢者の中にも利用する人が増えています。インターネット申込ができることや即日融資を受けることができるのも人気の理由です。

カードローンの借入先は多数ありますので、金利やサービス、審査の難易度などをチェックして自分に合った借入先を探しましょう。

親にお金を借りるのとは違って返済遅れなどは信用情報に傷を付けてしまいますので注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

最近ではほとんどの人が複数枚のクレジットカードを持っています。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付帯していてキャッシング枠を利用すれば現金を引き出すことが可能です。

キャッシング枠はカードローンなどに比べると限度額は低めに設定されていますが、ちょっとお金が足りないというときには大変便利です。

親から借り入れたらラッキー!難しい時にはカードローンがおすすめ

親というものは基本的に子供がかわいいですから、どうしてもお金が必要というときにはお金を貸してくれると思います。しかし、中には親子関係が悪かったり、経済的に余裕がないなどの理由でお金を借りれないこともあります。

親からお金を借りる場合は、親子という関係に甘えず、きちんと使用使途を伝え、借用書を書くことをおすすめします。また贈与とみなされないためにもきちんと金利を支払うのが良いでしょう。借用書の書き方も難しく考えず、日時、金額、返済方法、金利などを記載すればいいと思います。

親からお金を借りることができない人は他にお金を工面する方法を考えなければなりません。アルバイトをしたり、不用品を売るなどの方法もありますが、最も手っ取り早いのがカードローンを利用することです。

一昔前は危険だと思われがちだったカードローンも現在ではとても安全で手軽になりました。審査も柔軟でサービスも充実していますので、思ったよりもすんなり借入できたという意見を多く聞きます。

親をあてにできず、またできるだけ早く借入したいとお考えなら、カードローンがおすすめです。

トピックス
ページトップへ