今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 不用品は質屋で換金!質屋を上手く利用する方法

不用品は質屋で換金!質屋を上手く利用する方法

今すぐお金が必要というときにお金を工面する方法はいろいろありますが、どんな方法が手軽で有効なのでしょうか。知人や家族からお金を借りる、アルバイトをする、各種ローンを利用するなどの方法がありますが、今回ご紹介したいのは質屋を利用する方法です。

質屋と聞いても最近ではお店も利用者も減って、なかなかぴんと来ません。しかし、質屋は独自のシステムで鎌倉時代からお金が必要な人にとって重宝されてきました。質屋を今まで利用したことのない人にとっては若干敷居が高いかもしれませんが、慣れてしまうと使い勝手がよくリピーターになる人も増えています。

給料日までどうにかしたい、冠婚葬祭で今すぐお金が必要というときに質屋はとても便利な存在です。利用方法も決して難しくはなく、アルバイトのように働く必要も、ローンのように返済の義務もありません。

この記事では今すぐお金が必要という人のために質屋の仕組みと質屋を賢く利用する方法についてご紹介します。質屋初心者という方もこの記事を読めばスムーズに利用していただくことができるはずです。

質屋を利用してお金のピンチを乗り切りましょう。

質屋の歴史は700年以上!海外にも質屋はある

現在の質屋の原型は今から700年前鎌倉時代にできたと言われています。質屋は長い間庶民の生活を支えてきました。時代劇などを見ているとすぐに質屋が出てきますよね。

担保も保証人も不要で借入できる手軽さがいつの時代も人々に受け入れられてきた理由でしょうか。現在無担保、無保証で利用できる消費者金融ももともとは質屋が進化したものだと言われています。

質屋自体も従来の質屋の形態ではなく、ブランド品などを買い取るお店の方が最近では主流です。しかし、町はずれにひっそりとたたずむ質屋はとても風情があるので、無くなってほしくないですね。

質屋の歴史を振り返ってみると過去には行政が福祉事業の一環として行っていた公益質屋もあったようです。海外の質屋事情をみると、イタリアでは中世にあった質屋が現在の都市銀行となっているケースもあり、興味深いですね。

一方で質屋の形態を利用して闇金が貸付を行っていたケースもあります。適当な品物を質草として受け取り、実際にはお金を高金利で貸付ていたという内容です。その他にも盗品や偽造品を質屋に入れて現金を手に入れる犯罪行為も行われています。

犯罪に利用されてしまうという問題点もありますが、質屋は日本人にとって昔から必要とされてきました。それでは現在の質屋はどのようなシステムなのか、利用する上での注意点なども交えてご紹介していきたいと思います。

質屋のシステムと利用方法!手間も時間もかからない

質屋とは品物を預けて現金を貸してもらうところという認識で間違いではありませんが、もっと詳しくご説明しましょう。

質屋の仕組み

質屋では価値のある商品と引き換えに現金を用立ててくれます。期限内に元金と利息を支払うことができれば、預けた商品を再び取り戻すことができますが、期限を過ぎてしまうと質流れということになり店頭で売られてしまいます。通常、質屋の保管期間は3カ月間となります。

質屋に持ち込まれる商品と言えば、最近では腕時計やジュエリー、バッグをはじめとするブランド品、デジカメやパソコンなどの電気製品などが人気です

腕時計や貴金属は数十万になりますが、ブランド品などは数万円程度です。

品物を質に入れると現金と質札を渡されます。質札とは証明書のようなもので、品物に関する詳細や返済期限などが記載されています。質札は品物を引き取る際に大事なものなので紛失などに注意してください。

また質屋を利用する際には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要となります。

査定方法

質屋を利用する際に気になるのは、いくら借りれるかということです。持ち込んだ品物の査定はどのようにして行われるのでしょうか。基本的には査定金額は品物に価値によって決まります。

品物の定価、製造年、デザイン、人気の有無、新品か中古か、保存状態、付属品の有無などでランク付けされ、査定金額が決定します。

S,A,AB、B、C,Dなどとランク付けしてあり、ランクに応じて金額がつけられます。馴染みになればある程度要望を聞いてくれることもありますので、思い切って希望金額を伝えてみましょう。

金利

通常のローンと同じように質屋にも金利があり、金利に応じて利息が発生します。

金利は質屋によって異なりますが、一般的には30万円未満が5%~6%、30万以上が2%~3%、高額になると1%~2%となります。

金利の計算方法ですが、例えば30日間50万円を金利1.8%で借入した場合、利息は7500円となり、返済総額は50万7500円となります。質屋では保管期間の3カ月を過ぎても、金利を支払えば再び保管期間を3カ月延長してくれます。

金融機関のフリーローンなどに比べると金利は低めですが、買い取りに比べると品物を引きかえに手にする金額は少なめになります。

質屋を利用する際に注意点

質屋の仕組みや利用方法についてご理解いただけたかと思いますが、最後に質屋を利用する際の注意点についてご説明しましょう。

質屋を利用する際には何軒かまわって多く借入できる店を選びましょう。口コミや評判をチェックしてよりお得に借入できるところがいいですね。お店によって、特定のブランドの腕時計などを得意としているところもありますのでチェックしてみてください。

以上が質屋の説明になりますが、質屋の最大のメリットはお金を返済できなくても借金を背負うなどの負担がないということです。確かに預けた商品を失うことになりますが、借金がかさんで返済が滞り、自己破産や債務整理に陥るということはありません。

そういう意味ではお金を借りるローンなどよりはトラブルに発展するリスクがないので安心して利用できます。

質に入れる品物がない!それならカードローンも選択肢に

質屋はローンに比べて負担が少ないという話をしましたが、質屋に入れる品物がなければ残念ながらお金を借りることはできません。質屋はボランティアではないので、価値のない品物は預かってくれません。

質屋に入れる品物がないという人は、残念ながら別の方法でお金を工面しなければなりません。おすすめは手軽で安全に借入できるカードローンです。カードローンはローンの中でもとくに人気の高い商品です。

カードローンの人気の理由をみてみましょう。

インターネットで申込ができる

カードローンはカードローン会社のHPから24時間365日申込が可能です。

申込フォームに必要事項を入力して送信するだけで申込が完了します。本人確認書類や収入証明書はメールやアプリで送信することができます。

スマートフォンを利用すれば申込から借入までいつでもどこからでも行うことができます。このような手軽さはとくに若者に積極的に受け入れられています。

審査が速く即日融資が可能

カードローンの最大の武器はスピードです。その他のローンにはないスピードで申込から借入まで完了します。審査は最短30分、即日融資が可能なカードローンがほとんどです。冠婚葬祭や医療費、急なレジャーなど今すぐお金が必要という状況でもカードローンなら対応してくれます。

借入は口座振込が可能ですので、自宅にいながら手軽にそしてスピーディにお金を用意することができるのです。口座の残高不足もすぐに解消されます。

審査に通りやすい

どんな条件のよいローンでも審査に通らなければお金を借りることはできません。その点、カードローンなら他のどのローンよりも審査が柔軟です。

安定した収入があり、過去の金融情報に問題がなければ借入できる可能性は高いです。

審査ハードルが低いこともカードローンが頼りになる理由の一つです。とくに中堅の消費者金融は信用情報に多少問題があっても借入できるとあって、人気急上昇中です。

サービスが充実している

カードローンはサービスも充実しています。全国に多数のATMが設置してあるほか、WEB上で利用できる会員サービスもあります。インターネットバンキングもできますし、契約書やローンカードを本人限定で配送してくれる会社もあります。

消費者金融では無利息ローンも実施していますので、一定期間利息は発生しません。このような利用者を配慮したサービスは質屋にはないものです。

以上がカードローンが人気の理由です。残念ながら質屋を利用できなかった人はカードローンという選択肢があることを覚えておきましょう。

今すぐお金が必要なら負担の少ない質屋がおすすめ!

今すぐお金が必要というときに思い浮かぶのはアルバイトや金融機関のローンですが、実は質屋もかなりおすすめなのです。質屋というと古臭いイメージがありますが、その仕組みは実に理に適っていて負担が少なくお金を手にすることができます。

品物を質に入れることでお金を借りることができ、期限内に元金と利息を支払えば、品物を取り戻すことができる仕組みです。

万が一、お金が用意できなくても3カ月以内に利息を支払えば、さらに3カ月保管期間を延長することが可能です。

つまり、品物を担保にお金を借りるシステムが確立されているのです。

この方法ですが、お金が払えなければ品物を失うだけなので、借金に追われたり、信用情報に傷がつくということもありません。しかし、もしも担保にする品物がない場合には他の方法を検討しなければなりません。

そこでおすすめなのがカードローンです。カードローンなら手軽でスピーディ、安全に必要な時に必要な分だけお金の借入ができます。インターネットで申込ができるうえ、審査ハードルも決して高くはありません。

質屋がダメならカードローン、お金を工面する方法はきっとみつかると思いますので諦めないでくださいね。

トピックス
ページトップへ