今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 家賃を滞納するとどうなる?家賃滞納から強制退去まで

家賃を滞納するとどうなる?家賃滞納から強制退去まで

人生ではいろいろな問題に直面しますが、経済的な理由でトラブルになる方は決して少なくありません。生活費がない、光熱費や医療費が払えない、教育費が足りないなどお金の問題は挙げたらきりがありませんが、深刻なのは家賃の滞納です。

賃貸でアパートやマンションを借りている人は大勢いますが、中にはなんらかの事情で家賃を払えず滞納してしまっている人がいます。その理由は様々で他のことにお金が入用で給料が足りなかった、リストラや倒産で職を失った、給料が激減したなどがあります。

しかし、たとえ避けられない事情があったとしても家賃の滞納は大家さんにとっては本当に頭の痛い問題です。アパート経営は決して簡単ではなく、アパート建設のために借金をし、家賃を返済に充てなければならないので家賃の未納は大家さんの懐をも圧迫します。

お金があれば払いたいのは山々なのだけれど、という人がほとんどですが、実際問題として払えない場合にはどうなるのでしょうか。家賃を滞納するとどのようなトラブルに発展していくのか時系列でご説明していきたいと思います。

2,3カ月くらい滞納してもいいや、お金が入ったら払えばいいや、などとのんきなことを言っている場合ではありません。事態が深刻になる前にきちんと家賃を払うべきです。

家賃の滞納!わずか三カ月でこんな深刻な事態に!

今月家賃の支払いがちょっと厳しい、そんな経験誰にでもあるはずです。大家さんに事情を説明し、一ヶ月待ってもらうということも珍しくないでしょう。しかし、逃げたり、隠れたり、話し合いにも応じず2,3カ月が経過した場合、状況はとても悪くなります。

家賃を3カ月以上滞納した場合、どのようなトラブルが待ち受けているのかご説明します。

家賃滞納1カ月目

家賃の支払い日に家賃が支払われていない、銀行口座からの引き落としができないという場合にはまずは大家さんもしくは管理会社から電話による連絡が来ます。最近ではトラブルを防ぐために管理会社や不動産会社が契約を仲介している物件がほとんどです。

そこですぐに家賃を支払えばなんの問題もありませんが、電話連絡を無視したりすると管理会社は次の手段を取らざるを得ません。

督促状などの通知書が送られてきたり、実際に管理会社の社員が訪問するケースもあります。

これは夜逃げを含め、入居者の状態を把握するためです。

家賃滞納2カ月目

賃貸契約をする際には必ず保証人が必要となり、通常や親や親族などの家族が保証人となります。保証人になると、家賃が滞納された場合に代わって支払う義務があります。家賃を滞納すると保証人に迷惑がかかることを覚えておきましょう。

本人と連絡が取れない場合には保証人に連絡がいき、家賃の支払いを求められます。

家賃滞納3か月目

いよいよ家賃を3カ月以上滞納するとどのようなことが起こるのでしょうか。家賃が支払われない期間どれほど大家さんが頭を悩まされるか理解できますか。かつて日本の法律は簡単に入居者を家から追い出すことができませんでした。住居というのはライフラインの一つだからです。

裁判を起こすとなると証拠集めや費用、時間がかかるなど、大家さんにとってこれまで現実的ではありませんでした。

しかし、管理会社や不動産が仲介に入るようになり、そこに立ち退き専門の会社も加わって最近では3カ月以上滞納すると容赦なく裁判に持ち込まれるようになりました。

滞納が3カ月以上続くと「契約解除予告状」や「契約解除および明け渡し請求」が送られてきます。もしもこの段階で家賃を支払うあてがないのであれば、速やかに退去した方が良さそうです。

なぜならこの後待っているのは裁判だからです。裁判では入居者と大家の信頼が破たんしていることを証明しなければなりません。家賃を滞納した上話し合いにも応じず、家賃をいつ支払うのかも未定ということになれば信頼は破たんしていると判断されてもしかたありません。

裁判

裁判は始めるとまずは訴状が送られてきます。どうしたらいいかわからず出廷しないでいるとさらに立場が悪くなります。裁判では近年ほとんどの場合大家さんが勝訴しています。判決後、一ヶ月以内に退去を命じる通知が届きます。できれば裁判が終わった段階で管理会社と話をして、新たな住居をみつけるまで待ってもらえるといいですね。

立ち退き期限までに退去しない場合、強制執行が行われ、家具や所持品は全て撤去されます。

退去したいけど、引っ越しの費用も新しい住居もないという状況で強制執行が行われるとかなり厳しい状況になります。このような状態になる前になにかできなかったのかと悔やむばかりです。

家賃滞納による強制退去!どのようなリスクを負うことになるのか

家賃を滞納して裁判に発展し、強制退去を命じられるのは最悪の事態です。家賃滞納によってどのようなリスクを負うことになるのでしょうか。

損害賠償など沢山の請求が!

家賃を滞納して裁判に発展した場合、様々な請求をされることが予測されます。滞納した分の家賃はもちろん延滞料、裁判費用、退去費用、損害賠償など、100万円近い金額を請求されることもあります。

債権が不動産会社から債権回収会社に移ることもあり、財産の差し押さえなども考えられます。このような事態にならないためにも最初の段階でどうにかして家賃を支払う方法を考えましょう。

不動産会社や管理会社のブラックリストに!

大手不動産会社や管理会社は問題のある入居者のリストを共有していることがあります。

過去に家賃の滞納などのトラブルがあると新たな住居をみつけることが困難になります。

ホームレスになるかも!

家賃を滞納しブラックリスト入りしてしまったことで新たな住居をみつけることが困難になってしまった場合、ホームレスとなってしまうことも考えられます。とりあえず実家に身を寄せたり、友達の家に泊めてもらえればいいのですが簡単ではありません。

また仕事を失った場合、住所がなければ就職活動もできません。

家賃を滞納する前に!カードローンで借入を検討して!

家賃を滞納し、大家さんに迷惑をかけ、裁判に発展して強制退去処分を受けてしまった。高額な請求をされ、住居を失ったという話をきくと家賃の支払いが厳しいという状況に陥った最初の段階で何か手立てはなかったのかと考えてしまいます。

家賃を滞納する際にはまずは大家さんに事情をきちんと説明し、信頼関係を崩さないことが大事です。家賃の支払いを待ってもらうのですから誠意を見せ、少しづつでも支払う意思があることを証明する必要があります。

しかし、それでも無い袖はふれませんので お金をどうにかして工面しなければならない場合おすすめなのはカードローンです。カードローンが人気の高い3つの理由をご紹介します。

24時間審査受付で即日融資可能

家賃を滞納している方の大半は今すぐお金が必要という状況です。そんな人にちにとってスピーディに借入できることは重要なポイントです。

カードローンの多くは24時間365日申込を受け付けていて最短30分で審査が完了します。

審査にとくに問題がなければ即日融資が可能となり、その日のうちに口座振込で融資を受けることができます。審査ハードルが低いことや、必要書類が最小限で済むのも助かります。

審査に通りやすい

カードローンは様々なローンの中でもとくに審査に通りやすいと言われています。限度額は比較的低めですが、安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査には高確率で通過できます。

審査に自信のない人、パートやアルバイトの方なども手軽に利用できるので利用者も急増中です。

サービスが充実している

カードローンはもともと消費者金融が始めたもので当時は危険だと思われていました。しかし、現在では大手消費者金融や銀行カードローンは利用者の立場に立った経営を行い、サービスもとても充実しています。

全国に多数の提携ATMがあり、インターネットバンキングにも対応しています。また無人契約機やテレビ窓口が設置され、会員専用ページから様々な手続きを行うことも可能です。消費者金融なら一定期間金利がゼロになる無利息サービスを実施しています。

使い勝手がよく、忙しい方や遠方にお住まいの方にも対応したサービスでカードローンは今後も期待できます。

以上が簡単なカードローンの紹介になります。

家賃を滞納すると最終的には強制退去となり莫大な請求を求められたり、ブラックリストに名前を残すことになってしまいます。

それなら早い段階でカードローンを利用し、少しづつでも家賃を払い、大家さんとの信頼関係を保つことが大事です。

家賃滞納はとにかくNG!お金を工面する方法を考えよう

今月は経済的に厳しいから家賃は後回しにしよう、大家さんに会わないように気を付けよう、などと気楽に考えている人は要注意です。家賃の滞納は家賃収入で暮らしてる大家さんに多大な迷惑をかけます。

また最近は管理会社や不動産会社が仲介に入っていますので、家賃滞納が続くとすぐになんらかの処置がとられます。電話や通知、訪問による家賃の催促はもちろんのこと、滞納が3カ月以上続くと法的な手段を取らざるを得ません。

裁判で判決が出た後、1カ月以内に退去命令が出され、従わないと強制退去となり所持品も没収されてしまいます。そうなると住む場所を失うばかりか、損害賠償など膨大な金額を請求されることになります。

そんな深刻なトラブルに発展する前に家賃を払うためにお金を工面するべきです。親や知人に借りる、アルバイトをするなどがありますが、最も手っ取り早いのはカードローンです。

手軽でスピーディ、かつ自分のペースで借入できるカードローンは近年利用者が急増しています。もしも家賃の支払いが厳しいという時には、カードローンで一時的にお金を借りて家賃に充てることが可能です。

大家さんや保証人の方に迷惑をかけないためにも、カードローンという選択肢があることを覚えておいてください。

トピックス
ページトップへ