今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > キャッシング返済計画をたてよう!早めの完済を目指して今やれること

キャッシング返済計画をたてよう!早めの完済を目指して今やれること

お金がないときには誰かに借りたり、アルバイトをしたりするよりもスピーディで確実にお金を工面できるのはカードローンです。カードローンは危険と言われていますが、現在では法律の改正や銀行との提携などによって誰でも利用できる安全なものになっています。

カードローン初心者の多くは審査について不安を感じていますが、審査ハードルも決して高くありません。安定した収入があり、過去の借入に問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

ただし、カードローンを利用する際に一つ注意してほしいことがあります。それは返済に関することです。カードローンでは無理なく返済できるようなプランが用意されています。行き詰まることのないように自分のペースで返済できるのはいいのですが、だからといって繰り返し借入をするのはNGです。

こちらの記事ではカードローンの返済に関する注意点をご紹介しています。無理のない返済で、かつ早めの完済を目指すためにはどうしたらいいのか参考にしていただけたらと思います。

カードローン初心者の心配事ベスト3を発表!

カードローンはとても安全で手軽になりましたが、それでも不安が解消されず利用を躊躇してしまう人がいます。カードローン初心者がとくに不安に感じるのはどのようなことでしょうか。

まずはそのあたりを詳しくみていきましょう。

審査に通るか

カードローン初心者がまず心配なのは審査に通るかどうかということです。どんなに条件の良い商品があっても審査に通ることができなければ借入はできません。しかし、カードローン審査はその他のローンに比べると審査に通りやすい傾向にあります。

審査にポイントは収入、勤務先、勤続年数、過去の借歴です。4つの項目にとくに問題がなければ審査に通る可能性は高いです。満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトやパートの方でも審査に通る可能性は十分にあります。

希望通りの金額を借入できるか

カードローンを利用する人の大半がなんらかの目的があって借入をします。そのため希望金額を借入できるかどうかというのは重要です。

借入可能枠は年収の1/3というのが目安になっています。身分不相応な高額な借入をしても返済に行き詰まることが予想されます。また新規利用の場合には、最低限の限度額となるケースもあります。

必要最低限の金額を借りて、はやめに返済することをおすすめします。

きちんと返済できるか

そして、最も大きな心配事はきちんと返済できるかということです。お金を借りる際には必ず返済の義務があります。返済トラブルを避けるためにも返済金額や返済方法は無理のない範囲で設定する必要があります。

幸いカードローンの返済は残高スライドリボルビング方式が採用されていて、毎月の返済額を低めにすることが可能です。返済できない場合にはどのようなことが起こるのかということについては、後ほどご説明します。

返済のルールを知って無理のない編成計画を立てよう!

カードローンの返済についてもう少し詳しくご紹介しましょう。返済方式や返済方法に関しては借入先によって詳細が異なりますので、申込前にHPなどで確認することが大事です。こちらでは一般的な返済のルールや流れについてご説明します。

返済方式

カードローンの主な返済方式はいくつかあります。

多く採用されているのが残高スライドリボルビング方式という、借入残高によって毎月の返済額が変動する方式です。

限度額内で必要に応じて繰り返し借入できるカードローンならでは適した返済方式です。

その他には毎月固定額(利息+元金)を支払う元利均等返済方式もあります。こちらの方が毎月の返済額は高くなりますが、返済期間が短くて済みます。また毎月の返済金額が決まっているのでお金の管理がしやすいというメリットもあります。

返済方法

おもな返済方法としては、店頭、口座振替、銀行振込、インターネットバンキング、ATM、現金書留などがあります。

返済方法は選べるので忙しい方も遠方にお住いの方も自分に合った方法を選ぶことができます。

返済日を忘れやすい人は口座振替がおすすめです。また借入先によっては返済日お知らせメールを設定することが可能です。

返済日

返済日は任意の日を設定できる場合と、指定された中から希望日を選べる場合があります。返済日を給料日直後に設定することで口座の残高不足を防ぐことができます。口座振替の場合には返済日が指定されていることがあります。

以上が返済に関する一般的なチェックポイントです。自分に合った返済方法で無理なく、スムーズに返済が可能となります。

返済シュミレーション

返済について理解したうえで返済計画を立てることになりますが、返済計画といってもいまいちぴんと来ませんよね。

それならカードローン各社のHPから利用できる返済シュミレーションをお試しください。

借入額、金利、返済期間などを入力するだけで毎月の返済額やその内訳を知ることができます。もっと具体的な返済計画を立てたいという時には借入先に相談しましょう。個別に返済計画を立ててくれるはずです。

もしも返済できないとどんなペナルティがあるの!?

返済についてもう一つ気になることと言えば、もし返済が遅れたり、滞った場合にはどのようなペナルティが待っているのかということです。

返済日を過ぎて返済がされていない場合、まずはカードローン会社から登録した電話番号に電話がかかってきます。ここできちんと電話に出て、返済できない事情と新たな返済日の相談ができればいいのですが、返済の目途が立たないからと電話に出ない人がいます。

その場合は自宅や会社へ電話がかかってきたり、通知書が郵送されたりすることがあります。家族や会社にカードローンの利用がバレるリスクを負うことになってしまいます。

さらに連絡を無視しつづけると、法的処置を取られたり、債権が取り立てを専門とする会社に移ってしまうこともあります。そうなるとカードローン会社との契約も解消され、返済計画の見直しなどの相談ができません。

返済に行き詰まってもカードローン会社からの連絡を無視するのはNGです。

事情を説明し、返済計画の見直しや返済日の再設定をお願いしましょう。

信用情報に傷がつくと今後の借入が困難に!

銀行や消費者金融でローンを組んだり、クレジットカードを利用する際には信用情報と呼ばれる個人の金融情報に記録されます。

信用情報にはローンの契約情報、申込情報、取引情報などが記録されています。

返済が遅れたり、滞ったりした際にもこの信用情報に記録されてしまいます。そして、今後ローンを組む際にはその記録内容が金融機関に知られてしまいますので、審査結果に影響を及ぼします。

返済が遅れたり、滞ったりするとお金を返さない人、ルールを守らない人として信用を失います。そうなるとその他の金融機関も審査では厳しい目で見られてしまいます。自己破産や債務整理などの申告なトラブルの場合は審査に通るのが大変難しくなります。

返済に行き詰まることの最大のペナルティはやはり信用情報に傷がつくことです。

借り過ぎに注意して地道に返済することが結局は完済への近道

カードローンは手軽で安全になりましたが、きちんとルールを守って返済しないとトラブルに発展することがあります。借入先を決める際には金利や限度額などだけではなく、返済についても確認することが大事です。

返済方式、返済方法、返済日などを確認し、自分に合った商品を選びましょう。カードローンでは無理のない返済ができるように残高スライドリボルビング方式と呼ばれる借入額に応じた少額の返済が可能です。

それでも事情があって返済ができない場合には、カードローン会社に連絡し返済計画の見直しや返済の延期などの相談をしましょう。カードローン会社が柔軟に対応してくれることもあります。くれぐれもお金がないからといって連絡を無視するなどはNGです。

返済が遅れたり、滞ったりした場合には信用情報に傷がつき今後の借入が難しくなることも考えられます。そのリスクを考えると、身分不相応な借入や繰り返し借入する行為はできるだけ避けましょう。

カードローンはルールを守って利用していればトラブルなく快適に利用できます。きちんと返済計画を立て、計画に沿って地道に返済することが早めの完済につながると考えましょう。

トピックス
ページトップへ