今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 借金を繰り返す人とそうでない人の違いとは?

借金を繰り返す人とそうでない人の違いとは?

お金に関する悩みは生きている限りずっと続くものです。お金の悩みで最も多いのは常にお金が足りなくて借金を繰り返してしまうことです。借入先は人ぞれぞれですが、とくに多いのが消費者金融や銀行などのカードローンを利用している人です。

カードローンは法律が改正されてからとても安全になり、またインターネット申込ができるなど手軽になったため、利用者が増えました。しかし、一方でとても手軽なため、借金をしているという意識を持たずに、お金を借りることができてしまうという難点もあります。

カードローンで繰り返し借入をしたために、借金が増えて返済が困難になってしまったというケースも少なくありません。借り過ぎによるトラブルを防ぐためにはなぜ借金を繰り返してしまうのか、繰り返さないためにはどうしたらいいのか考えてみる必要があります。

借金を繰り返す人とそうでない人の違いについて検証してみました。

カードローンによる借り過ぎトラブルなぜ起こる!?

まずはカードローンによる借り過ぎ、繰り返し借入してしまう行為がなぜ起こりやすいのか考えてみました。そこにはカードローン独自のシステムが関係しているようです。

限度額内で自由に借入できる

通常のローンに比べてカードローンには繰り返し借入をしてしまうのには理由があります。通常のローンの場合、最初にまとまった金額を借入し、その後は返済のみとなります。

一方、カードローンの場合は設定された限度額内で自分のペースで借入、返済ができるという仕組みであるがゆえに、繰り返し借入してしまうのです。

借入残高についてきちんと把握していない人も多く、いくら借りているのか、いくら返済したのか、また利息はどのくらい支払っているのかわからないという人も少なくありません。

カードローンの独特の仕組みが繰り返し借入してしまう最も大きな理由であることは間違いありません。

申込や借入がインターネットでできる

最近ではカードローンの申込はインターネットが主流です。カードローン会社のHPから申込フォームを送信するだけで申込が完了します。必要書類などもメールに添付したり、アプリを使ってアップロードすることが可能です。

審査に問題がなければ、申込をしたその日のうちに借り入れが可能というのも魅力です。さらに振込融資を選択すれば指定の銀行口座に振込をしてくれるので自宅にいながら借入が可能なのです。

インターネット申込や振込融資などの手軽でスピーディなサービスもついつい繰り返し借入してしまう要因の一つです。

借入に関しても振込融資のほかに、全国の提携金融機関のATMまたはコンビニATM・CDを利用してお金を引き出すことができます。出張や旅行などで全国どこにいても借入できてしまう利便性の高さも問題です。

カードローンで借入を繰り返す人の特徴とは?

カードローンの仕組み自体が借入を繰り返してしまう最大の原因なのですが、それでも繰り返し借入をせず、賢くカードローンを利用している人も大勢います。カードローンの借入を繰り返してしまう人と、そうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

借金を繰り返してしまう人の特徴を見てみましょう。

借入する目的が明確ではない

繰り返し借入する人の多くが借入の目的が明確ではありません。冠婚葬祭、医療費、レジャー費など目的があって借入するのはいいのですが、なんとなくお金が足りない、もっとゆとりが欲しいという理由で借入をしている人は要注意です。

借入する目的がはっきりしないまま借入を繰り返していると、いつの間にか借金が膨らんで首が回らなくなります。

そうならないためには、自分はなんの目的でお金を借りるのか、借入前によく考えてみましょう。

借金をしているという意識が希薄

カードローンはその他のローンに比べて手軽にスピーディに借入できます。審査も最短30分、来店不要で完了することができますし、振込融資なら自宅にいながら指定口座へ入金してくれます。

カードローンはあまりに手軽なため、借金をしているという意識がなく、まるで自分の口座からお金を引き出すように借入している人も少なくありません。また返済できないとどのようなペナルティがあるのかということも把握していません。

返済ができないと、信用情報に傷がついてしまうことをご存知ですか。信用情報とは個人の金融情報のことで、過去に返済の遅れや滞納があるとその内容が記録されてしまいます。

信用情報は金融機関の間で情報が共有されているため、返済トラブルを起こすとその後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際に審査に影響します。記録された内容は5年ほど残ると言われていますので、不自由を強いられる可能性もあります。

自分の借金を把握していない

カードローンの借入を繰り返す人の多くは自分の借金について把握していません。借入残高やその内訳について把握することはとても大事です。ただなんとなく返済していても、返済方式によってはなかなか借金が減らないということにもなりかねません。

まずはWEB明細などで毎月の利用明細書を確認し、自分がいくら借入し、どのようなペースで借金が減っていっているのかなどを確認することが大事です。

返済計画を立てていない

繰り返し借入をしている人は返済計画をきちんと立てていません。カードローン会社のHPでは返済シュミレーションを利用して、返済計画を立てることができますが、繰り返し借入をすることで当初の返済計画が変わってしまうケースも多く、完済時期も全く予想できません。

きちんと返済計画を立て、できるだけ返済計画に沿って返済を進めることをおすすめします。

借入を繰り返すと多重債務に陥ることも!?多重債務のリスク

先程信用情報について少しご説明しましたが、繰り返し借入をすることで多重債務に陥る危険性が上がります。多重債務とはどのような状態なのでしょうか。多重債務に陥るとどのようなことが待ち受けているのか、知っておくと借入に歯止めをかけることができるかもしれません。

多重債務による負のサイクル

借入を繰り返すことで多重債務に陥ることがあります。借入を繰り返すことで限度額がいっぱいになっていまいます。増額ができる場合もありますし、断られる場合もあります。

断られた場合には、別の会社から借入をすることになります。借入額が増えれば審査に通りにくくなり、やがて借入先がみつからなくなります。これが多重債務という状態です。

多重債務に陥ると自転車操業的に借金返済のために借金を繰り返すという悪循環に陥り、最終的には自己破産や債務整理ということになりかねません。また借入先が見つからず、やむを得ず闇金に手を出す人もいます。

闇金に注意!

闇金とは高金利で貸付を行い、暴力的な取り立てを行う違法業者のことです。

現在は金利や限度額にも制限が設けられていますが、闇金は法律を無視して貸し付けを行います。

闇金はスポーツ新聞やインターネットで、審査なし、ブラックOKなどと勧誘しています。正規の会社であれば審査なしなどということはありませんので、騙されないようにしましょう。

ただし、お金がないと正常な判断ができなくなることもあり、怪しいと思ってもついつい連絡してしまうことがあります。一度連絡すると芋づる式に別の闇金から連絡が来るという被害も報告されていますので注意が必要です。

返済トラブルで信用情報に傷がつく

前述のように多重債務や返済が滞るなどのトラブルを起こすと、信用情報に傷がついてしまいます。信用情報には傷がつくと新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることが難しくなります。

将来的に結婚したり、子供ができたりすると、車のローンや住宅ローンを組む必要性が出てくることもありますが、本当に必要なローンが組めないというのはつらいものです。将来そのようなトラブルに直面しないためにも借入を繰り返すことのリスクを十分に理解しておくことが大事です。

借金を繰り返さないために押さえておきたい3か条!

以上が借金と繰り返す人の特徴と借金を繰り返すことの危険性の説明となります。借金を繰り返す人とそうでない人の違いというものもご理解していただけたかと思います。もちろん借入を繰り返すのはカードローンが手軽になったことが最大の原因でもあるのですが、借金を繰り返す人には特徴があります。

借金を繰り返す人は借金をする目的がはっきりしていなかったり、借金について把握していない傾向があります。また、きちんと返済計画を立てることを怠っています。

借金を繰り返さないための3か条

  • 借金の目的を明確にする
  • 借入残高など借金についてきちんと把握する
  • 返済計画を立て完済の時期を決める

以上の3つポイントを抑えることで、繰り返し借入することを抑制できるかもしれません。

借り過ぎにより多重債務に陥った場合には、返済が遅れたり、滞るなど信用情報に傷がつく恐れがあります。信用情報は金融機関の間で共有されているため、傷がつくと新たにローンを組んだり、クレジットカードを作るのが難しくなってしまいます。

借り過ぎるとどんなトラブルが待ち受けているのかリスクを知ることで、借入したいなという気持ちをコントロールすることができると思います。

カードローンはとても手軽で便利ですが、借り過ぎでトラブルになっては意味がありません。カードローンを賢く利用するためには借り過ぎに注意して、本当に必要なときだけ借入し、なるべく短期間で返済することをおすすめします。

トピックス
ページトップへ