今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンのWEB申込では必要書類が多くなるってホント?

カードローンのWEB申込では必要書類が多くなるってホント?

急な冠婚葬祭や医療費、生活費やレジャー費など今すぐお金が必要という状況で最も頼れるのはカードローンです。カードローンは現在ではとても安全で手軽になり、若者から高齢者まで多くの人が利用しています。

しかし、一方でカードローンに興味があっても申込方法や仕組みがわからないなどの理由で利用を躊躇している人もいます。とくに審査に関しては審査に通るか不安という声が多く聞かれます。

またカードローン審査ではどのような書類を提出しなければならないのかも気になります。でも実際にはカードローン審査のハードルはあまり高くありませんし、必要書類も多くありません。

これからカードローン審査に臨む人はぜひこの記事をチェックして、必要書類の準備をしてみてください。申込前に審査について把握しておくことはとても大事です。スムーズに審査をクリアするためにも参考にしていただきたいと思います。

カードローン審査は決して厳しくない!申込資格と審査基準

必要書類のことは気になりますが、その前にカードローンの審査についてご説明しましょう。カードローンの審査を受けるためには申込資格を満たす必要があります。

申込資格

申込資格は、安定した収入があること、そして年齢が満20歳以上ということです。

安定した収入があることは返済能力を判断する上でとても大事です。また未成年はカードローンの利用ができませんので年齢確認を怠ることはできません。

審査基準

カードローン初心者は審査に落ちるのではないかと不安になりますが、審査ハードルはその他のローンに比べるとそれほど高くはありません。審査基準は借入先によって多少異なりますが、基本的には下記の4つのポイントを重点的にチェックします。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 信用情報

年収は返済能力を測るうえで欠かせません。

年収が高い方が審査に有利であることは否めませんが、アルバイトやパートでも審査に通る可能性は十分あります。

年収を確認するために勤務先の情報を申告する必要があります。

勤務先の情報の中には役職や勤続年数も含まれます。勤続年数が長い方が勤勉な性格をみなされ、返済義務を果たしてくれると判断されます。しかし、最近では転職によってステップアップするケースもありますので、勤続年数が短いからといって必ずしも審査に不利になるとは限りません。

最後の信用情報とは個人の金融情報のことを指します。

過去にローンを組んだり、クレジットカードを作ったことがある人は多いと思いますが、その際に返済遅れや滞納などがあるとお金を返さない人というレッテルを貼られてしまいます。

過去にお金に関するトラブルがある人は要注意人物とみなされることがあります。ただし、審査内容は一人一人異なりますので多少のトラブルなら属性によっては審査に通る可能性はあります。

以上がカードローン審査に関する簡単な説明です。次はカードローン審査に必要な書類についてご紹介します。

カードローン審査の流れと必要書類について

ローンの審査というといろいろ必要書類が多いというイメージがありますがカードローンの場合はそのようなことはありません。カードローン審査に必要な書類は原則2つです。

本人確認書類

まず一つ目は本人確認書類です。

本人確認書類とはおもに運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどが該当します。

できれば写真付きの書類が好ましいです。

収入証明書

カードローンの審査では安定した収入があることが大事という話をしましたが、安定した収入があるかどうか確認するために収入証明書が必要となります。収入証明書というのは、確定申告書、源泉徴収票、税額通知書、給与明細書などを指します。

ただし、多くの会社が限度額が50万円以下の場合は収入証明書は不要としています。限度額が50万円を超える場合、他社との借入総額が100万円を超える場合のみ収入証明書が必要となります。

安定した収入の有無を確認するためには、カードローン会社から勤務先に電話連絡が来る在籍確認が行われますので限度額が低い場合には収入証明書がなくてもOKなのです。

つまり、限度額が50万円以下の場合は必要書類は運転免許証などの本人確認書類のみとなります。役所や勤務先などに申請して準備する書類がないため、思い立ったときにすぐに申込できるカードローンはありがたいですね。

必要書類は審査のどの段階で提出する?

申込が完了すると審査が行われますが、審査のどの段階で書類を提出するのでしょうか。審査の流れをご紹介します。

申込

審査

必要書類の提出

審査結果の連絡

契約手続き

融資

書類の提出方法は従来の店頭や郵送、FAXなどのほかに、アプリやメールという方法が主流となっています。

自宅にいながら楽々書類を提出することができます。複雑なことや面倒なことは一切ありません。

とても便利なWEB完結!ただし必要書類は多め!

カードローンの申込に必要な書類は本人確認書類と収入証明書のみとなりますが、最近人気のWEB完結となるとちょっと話は違ってきます。

WEB完結とは申込から融資まで全てWEB上で完結する申込方法です。

WEB完結の特徴は電話連絡なし、郵送物なしでカードローンを利用できることです。カードローンを利用する人の中には勤務先や家族に知られたくないと考えている人もいますのでWEB完結はありがたいですね。

ただし、WEB完結は電話連絡や郵送物がなく便利でスピーディな分、条件や提出書類が多くなります。WEB完結を利用するためには下記の書類が必要となります。

  • 指定金融機関の本人名義の口座
  • 本人確認書類として運転免許証またはパスポート
  • 収入を証明する書類として源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2か月分)など
  • 勤務先を証明する書類として社会保険証または組合保険証、給与明細書

通常のカードローンよりWEB完結は若干必要書類が多くなります。しかし、その分スピーディで電話や郵送物がありませんのでWEB完結を利用する人は増えています。必要書類が増えても構わないという人にはWEB完結がおすすめです。

一般的なカードローン審査なら必要書類は最低限で済む!

カードローン初心者の中には審査のこと、とくに必要書類について把握していない人が少なくありません。カードローンの申込には沢山の書類を揃える必要があって面倒だと感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、実際には審査に必要な書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と源泉徴収票や給与明細などの収入確認書類のみなのです。さらに限度額が50万円以下であれば、収入証明書は不要という商品もあり、思い立ったらいつでも申込ができるという手軽さです。

最近では書類の提出はアプリやメールでできますので、郵送やFAXなどで送る手間は必要ありません。そのため審査もスピーディに行われ、審査が最短30分、即日融資できる商品も少なくありません。

一方で必要書類が多くでも構わないという人には、申込から融資までWEBで行うことができるWEB完結がおすすめです。WEB完結なら電話連絡なし、郵送物なしで誰にも知られずカードローンを利用することが可能です。

カードローン審査にはいといと書類を準備いなければいけないと不安を感じていた方にも、最低限の書類のみで申込ができるいうことを知っていただけたと思います。今まで迷っていた方もぜひカードローンをご活用ください。

トピックス
ページトップへ