今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンのリボ払いって?借りる前に返済方式をチェック!

カードローンのリボ払いって?借りる前に返済方式をチェック!

近年利用者が増加しスピードや手軽さ、サービスにおいても進化しているカードローンですが、カードローンの仕組みやメリットデメリットなどを理解しないまま利用している人も少なくありません。

友達が利用しているから、簡単に申込できるから、という理由だけで借金をしているという意識を持たずに借入している人もいます。そしてそういう人に限って、返済に行き詰まってトラブルを引き起こしてしまっているのです。

カードローンを利用する際には審査や借入額のことは気になってチェックしますが、返済のことはどれだけ理解していますか。返済方式や返済方法、返済期日や返済できないとどうなるかなどは把握しておくべきポイントです。

返済の行き詰まりは人生を左右してしまうほどのトラブルに発展してしまうこともあります。カードローンを利用する際には事前に返済について確認することを怠ってはいけません。

こちらの記事では返済についての詳細、とくに返済額を左右する返済方式について注目してみたいと思います。カードローンを検討中の人はまずは返済について確認しましょう。

毎月の返済額が少ないと返済期間が長くなる!?返済方式とは?

カードローンの利用を決めた後は、まずは借入先選びですがその際にはカードローン会社のHPをチェックすると思います。金利や限度額も大事ですが、返済についての詳細を確認することはとても重要です。

返済に関して必ず確認してほしいのが返済方式です。

返済方式によって毎月の返済額や全体の返済総額が変わってきます。

カードローンの返済方式として採用されている返済方式はいくつかありますが、ぞれぞれどのような特徴があるかご説明します。

残高スライドリボルビング方式

カードローンの返済方式で最も一般的なのが残高スライドリボルビング方式です。これは限度額内で何度も繰り返し借入をするというカードローンの特徴を踏まえた返済方式です。また利用者の毎月の返済額を軽減するという目的もあります。

リボルビング方式は昔からクレジットカードの返済などによく用いられる方式で、一定の限度額内であればいくら借りても毎月の返済額は変わらないというものです。しかし、それでは返済期間が長くなってしまいます。

そこで残高スライドリボルビング方式では、月末の借入残高に応じて毎月の最低返済額が決まる仕組みになっています。

この返済額の中に元金と利息が含まれています。

ただし、残高スライドリボルビング方式の場合においても毎月の返済額が最低限で負担が少ない代わりに、返済期間が長くり、支払う利息は多くなります。それを避けるためには余裕のある時には繰り上げ返済を行い、できるだけ借入残高を減らすことが大事です。

元利均等返済方式

元利均等返済方式とは元金+利息が毎月一定で固定されている方式です。元利均等返済方式のメリットは毎月の返済額が固定されているので、お金の管理がしやすいという点です。

元金均等返済方式に比べると利息の減少が段階的、返済までに時間がかかります。

元金均等返済方式

元金均等返済方式は返済額に占める元金が一定で、それに利息をプラスした金額を返済します。返済を進めるとともに元金が減り、支払う利息も減っていきます。

元利均等返済方式との違いは元金均等返済方式の方が毎月の返済額が多く、その分返済期間が短くなるということです。とくに返済開始当初の返済額は高く負担は大きくなりますが、その他の返済方式に比べると圧倒的に支払総額は少なくて済みます。

できるだけ早く返済したい、利息は支払いたくないという方はには元金均等返済方式が向いています。

一括返済

一括返済とはその名の通り借りたお金を一括で返済する方法です。すぐに返済すれば支払う利息も最低限で済みますのでおすすめですが、カードローンを利用する人の多くは余裕がありませんので、簡単にいかないのが現実です。

利息のみ返済

これは特殊なケースですが、一部の学生ローンでは在学中は利息のみの支払いでOKという借入先もあります。お金のない学生に配慮したサービスでとても重宝されています。

また一部のカードローンではどうしても返済が不可能な場合に限り、一定期間利息のみの返済の相談に乗ってくれるところもあるようです。信用情報に傷がつかず返済を待ってもらえる特別な処置です。

以上がカードローンの主な返済方式です。沢山の返済方式がある中で、自分に合った無理のない方式を選ぶことがトラブル回避につながります。

返済方法や返済日のチェックもお忘れなく!

カードローンの返済方式の種類や特徴について理解したところで、次は返済に関するその他の事項について確認しましょう。返済方法や返済日のチェックも怠ってはいけません。

返済方法

返済方法は借入先によって異なりますが、主な返済方法には下記のようなものがあります。

  • 銀行振込
  • ATM
  • 口座振替
  • インターネットバンキング
  • 現金書留
  • 店頭窓口

大手消費者金融や銀行カードローンの方が返済方法の選択肢が多く利便性に優れています。

インターネットバンキングを利用して即時振込ができるサービスを行っている会社もあります。

大手会社は提携ATM数も圧倒的に多いので、出張や旅行で地方に行く際にも便利です。

返済日忘れが多い人は口座振替を選択すると、返済忘れを防ぐことができます。ただし、口座の残高チェックはお忘れなく。口座残高が足りなく引き落としができないと、気づかないうちに返済が遅れてしまいます。

返済日

返済日は任意の日を選べる場合と、指定された日から選ぶことができる場合があります。

給料日直後を選択するとスムーズに返済できます。口座振替の場合は、引き落とし日が決まっていることもあります。返済日を過ぎると、延滞ということになってしまい延滞料もかかりますので返済日忘れにはくれぐれも注意しましょう。

返済が遅れるとリスクを負うことも!ペナルティはあるのか?

返済方式、返済方法、返済日などの確認は事前に必ず必要ですが、いくら注意していてもなんらかの事情で返済が滞ってしまうことがあるかもしれません。気になるのは返済が滞るとどのようなペナルティが課せられるのかということです。

返済日に返済がされないとカードローン会社から登録した電話番号に電話が来ます。返済の目途が立たないからと言って電話を無視するのはNGです。電話が通じないと、自宅や会社へ電話や督促通知などが送られてくる可能性があります。

それでもなお音信不通でいると、最終的に法的な手段を取られたり、債権が債権回収会社に移り深刻な事態を招いてしまいます。そうならないためにも早めの段階でカードローン会社に連絡を取り、返済計画の見直しについて相談するのがベストです。

信用情報に傷がつくと今後の借入が困難に!

返済が滞ることでとくに問題となるのは、信用情報に傷がつくことです。信用情報とは個人の金融に関する情報のことです。

ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりした際に契約内容、取引内容、申込内容などが信用情報に記録されます。

銀行や消費者金融、カード会社などの金融機関はこの情報をもとに審査を行います。信用情報をチェックすることで過去に借金を踏み倒していないかどうか確認するのです。過去に債務整理や自己破産歴があると審査に通るのが難しくなることもあります。

カードローンの返済が一定期間以上滞ると信用情報に記録が残り、完済後5年は消すことができません。その間はローン審査に影響を及ぼしますので、カードローンを利用する場合には信用情報に傷がつかないように十分注意をすることが大事です。返済遅れなどもってのほかですね。

返済トラブルを避けるためにも返済についてしっかり把握しよう

以上がカードローン利用前に知っておきたい返済に関する詳細です。返済方式には残高スライドリボルビング方式、元利均等返済方式、元金均等返済方式などがありそれぞれメリットデメリットがあります。

毎月の支払額は多めですが、返済期間が短く返済総額の少ない元金均等返済方式がおすすめですが、その他の返済方式を選んだ場合でも繰り上げ返済などを活用すれば無理なく早めの完済を目指すことができます。

返済方式以外にも返済方法や返済日などを確認し、返済遅れのないように注意しましょう。返済が遅れると自宅や会社に電話や通知がきて、第三者にカードローンの利用がバレるケースもあります。

また何よりも怖いのが信用情報に傷がつくことです。

返済が滞ると信用情報に傷がつき、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作るのが難しくなりますので注意が必要です。

カードローンを利用する前には返済についてきちんと確認し、また確認するだけではなく、無理のない返済計画を立てることが大事です。

トピックス
ページトップへ