今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 奨学金を滞納しちゃった!支払い催促を無視したら一体どうなる?

奨学金を滞納しちゃった!支払い催促を無視したら一体どうなる?

勉強がしたいというやる気はあるのにお金がなくて大学へ進学できない、そのような若者は少なくありません。負の連鎖とは、親の貧困によって子供に十分な学業の機会が与えられないため収入の良い職に就けず、子供も貧困に苦しむことになってしまう状況のことを指します。

若者が勉強したいと志した時、それは行政のサポートによってかなえられます。誰にでも平等に教育を受ける権利があります。税金が無駄に使われている事業も多くありますが、奨学金のように若者を支援する制度であれば大歓迎です。

奨学金にはいろいろな種類があります。奨学金には無利息で借入できるものと金利を支払わなければならないものがあります。しかし、金利といっても超低金利なので負担は少なくて済みます。

また学生ローンと奨学金の違いにも触れておかなければなりません、奨学金は学生本人が借入するもので在学中は利息が発生せず卒業後に返済が開始しします。一方学生ローンは学生の保護者が借入し、利息は借りた翌日から発生し、在学中から返済の義務があります。

今回は奨学金についてわかりやすく説明するだけではなく、奨学金を滞納するとどうなるのかということについても調べてみました。経済的な状況で毎月の返済が厳しくなったらどうすればいいのでしょうか。

奨学金の利用を検討中の方、すでにご利用中の方もぜひ参考にしてみてください。

奨学金は意欲と能力のある学生へのサポート制度

お金がないから大学へ進学できない、そんな話はよく耳にしますが、本当に意欲や能力あるのなら勉強するチャンスを諦めることはありません。勉強をするチャンスは誰にでも平等に与えられます。

奨学金とは学生が進学のためのお金を借りれる制度ということは理解できますが、奨学金を利用するための条件などについて詳しくご紹介しましょう。

奨学金の基本情報

奨学金はおもに大学、大学院、短大、高等専門学校、専修学校などへ進学するための学費のサポートを受けることのできる制度です。

奨学金にはいくつか種類がありますが、今回は一般的な奨学金を例にご説明します。

奨学金には無利息で利用できるものと利息付のものがあります。

しかし、利息と言っても金融機関のローンとは違って0.2%台という超低金利で借入が可能です。

現在では大学生の約5割が奨学金を利用していると言われています。大学へ進学の場合、状況に応じて毎月30,000円~約60,000円程度の奨学金を受け取ることができます。金額は進学先が私立か国立か、自宅通学かどうかなどによって変わってきます。

奨学金を利用するための条件とは、高校の卒業予定の方、卒業後2年以内の方、高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入試資格検定に合格した方となります。

また審査では学力基準や家計基準を満たしているかチェックします。奨学金借入の際には、保証会社による保証または連帯保証人が必要となります。

返済について

奨学金は低金利または無利子と言っても、借りた分は返済しなければなりません。奨学金の返済は貸与が終了した月の翌月の7か月後からスタートします。借入金額によって返済期間が変わりますので、毎月の返済額も異なります。

例えば借入額が20万円以下の場合、月賦金の基礎額は30,000円になります。借入額が900,001円~1,100,000円の場合、基礎額は90,000円、2,500,001円~3,400,000円の場合、基礎額は170,000円となります。

高額な借入をした場合には、毎月の返済額もそれなりに高額になります。余裕のあるときには繰り上げ返済を行うこともできます。

以上が奨学金に関する簡単のご紹介です。奨学金は経済的な余裕がない家庭でも子供の勉強するチャンスを奪うことのないための大切な制度です。ただし、奨学金とはいえお金を借りるので返済の義務が生じます。

奨学金の滞納はNG!返済できないとどうなる?

奨学金であっても返済の義務があるというお話をしましたが、奨学金を利用する家庭は経済的に余裕のないことが多いので返済に行き詰まるケースも少なくありません。もしも奨学金の返済を滞納してしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

奨学金の返済は通常口座振替にて引き落としとなります。もしも指定日に返済分を引き落としできないと約10日ほどで契約者のもとに電話がかかってきます。電話では次回の引き落とし日についての説明を受けることになります。

しかし、それでも返済がされないと「振替不能通知」というものが郵便で送られてきます。この「振替不能通知」は返済されるまで2,3か月間は毎月送られてくるようです。それでも滞納を続けると信用情報の登録という通知が来ます。

信用情報とは個人のお金に関する記録です。ローンやクレジットカードの返済が滞った場合、信用情報に登録され、金融機関で情報が共有されます。信用情報に問題があると今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが困難になります。

滞納4カ月でなんの返済も連絡もない場合、代位弁済が行われます。

代位弁済によって債権が奨学金を提供している機構から保証会社に移ります。代位弁済が行われた場合、借りた奨学金や延滞金すべての一括返済を求められることもあります。

その後は保証会社によって裁判が行われ、給与や財産の差し押さえに発展することもあります。差し押さえを避けるためには、債務整理や自己破産などの選択肢もありますが様々な制限を受けることになりますのでおすすめできません。

代位弁済になる前に返済について借入先に相談することをおすすめします。

返済について相談を受け付けてくれる

奨学金の返済が厳しいという場合には借入先に相談することで、減額返金や返還期限猶予などを設けてくれます。

毎月の返済額を減らしたい場合には減額返還を、一時的に返済を待ってほしいという場合には返還期限猶予について相談することができます。

また奨学金を受けている本人が死亡した場合には規定に従って返還免除などもあります。返済できないからといって放置しておくと、代位弁済が行われ、その後は裁判となってしまいます。もしも返済が困難な場合は早めに借入先に相談することをおすすめします。

奨学金の滞納は信用情報に影響する!それならカードローンで支払いを

奨学金を滞納すると代位弁済が行われ、最悪の場合財産や給与の差し押さえということになります。そんな深刻な事態に発展する前に滞納分の奨学金を返済するのが賢明です。とりあえず滞納分だけでも返済を済ませたいという方はカードローンをおすすめします。

自分のペースで借入できる

カードローンが他のローンと異なるのは決められた限度額内で自由に借入、返済ができることです。必要なときに必要な分だけ借入ができ、使い道は自由です。奨学金の返済が厳しい月は借入し、余裕のある時に返済することができるので自分のペースで借入ができます。

融資スピードが速い

奨学金の返済に間に合わない、今すぐお金が必要というときに借入まで時間がかかるのでは話になりません。

その点カードローンならインターネットで申込が可能な上、審査時間は最短30分です。

契約手続き完了後、すぐに口座振込による融資を受けることができます。カードローンならお急ぎの方にも対応できます。

利便性に優れている

カードローンは全国にある提携ATMを利用することができます。またインターネットからアクセスできる会員専用ページを利用すればWEB明細の確認や登録内容の変更なども行うことができます。

その他にも一定期間金利が無料になる無利息サービスを実施している会社もあります。カードローンは利用者の立場に立ったサービスを心がけています。

無理のない返済が可能

奨学金の返済を滞納したのにカードローン契約などして本当に返済に行き詰まったりしないのかと不安になる人も多いと思います。でも、安心してください。カードローンは残高に応じた最低限の返済が可能な残高スライドリボルビング方式を採用しています。

返済計画の相談にも乗ってくれますので、毎月無理のない返済が可能です。ただし、毎月の返済額が少ないと返済期間が長引いてしまうので余裕のある時には繰り上げ返済をおすすめします。

奨学金の滞納は人生を狂わせることも!早めの相談を

奨学金によって希望の大学や短大に進むことができ、将来の選択肢が多くなったという喜びの声を多く聞きます。奨学金は経済的に余裕のない家庭にとっては救世主です。しかし、借入型の奨学金の場合は、卒業後返済の義務が生じます。

もしも経済的な理由から返済が厳しいというときは、早めに借入先に相談しましょう。支払いを待ってくれたり、毎月の支払額を減らす相談に乗ってくれることもあります。連絡もせず延滞を続けると代位弁済から裁判、差し押さえという最悪のシナリオになってしまいます。

どうしてもお金を工面できない場合にはカードローンで借りるという手段もあります。カードローンなら手軽でスピーディなので、返済日に間に合うように借入ができます。奨学金の返済を滞納して深刻な状態に陥る前に、カードローンを利用して返済してしまいましょう。

カードローンなら奨学金よりも無理のない少額の返済が可能ですので、ご安心ください。

トピックス
ページトップへ