今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 有担保ローンのリスクとは?無担保と比べてのメリット・デメリット

有担保ローンのリスクとは?無担保と比べてのメリット・デメリット

今すぐお金が必要というときには、金融機関のローンを利用するのが最も手っ取り早い方法ですがローンと一言で言っても沢山の種類があります。どんなローンがいいのか素人ではなかなか判断が難しいところですが、もしも担保となる財産があるのなら有担保ローンはいかがでしょうか。

ローンには担保が不要の無担保ローンと不動産や土地を担保にする有担保ローンがあります。有担保ローンの特徴は担保があるがゆえに審査に通りやすく、よりよい条件で借入ができることです。

今すぐお金が必要という状況で確実にお金を借入できるのは有担保ローンの他にはありません。有担保ローンには住宅ローンやオートローンなどいくつかの種類があります。様々なものを担保にすることができますが、それぞれ借入条件などが異なります。

有担保ローンの存在を知っていてもなかなか利用する機会がなかった人が多いかと思いますが、こちらの記事では有担保ローンについて詳しくご紹介します。フリーローンやカードローンに比べて今まで馴染みのなかった方もぜひチェックしてみてください。

有担保ローンにはメリットデメリットがありますので、そちらも把握したうえでご検討いただければと思います。

有担保ローンってどんなローン!有担保ローンの基本情報

有担保ローンとは土地や不動産などを担保として金融機関からお金を借りる仕組みとなります。

担保となるのは土地や不動産のほかに土地や自動車、保険の解約払戻金や預金などです。

日本には昔から品物を担保にお金を借りる質屋がありますが、質屋と同様のシステムです。

有担保ローンのメリット

有担保ローンのメリットは金利が低いことです。

有担保ローンは不動産などの担保と引き換えにお金を借りるので、債権を回収できないときには担保を差し押さえることができるため貸し手が損をすることはありません。

それゆえに低金利で貸付を行ってもリスクを負うことはないのです。

借入先や有担保ローンの種類に寄りますが、0.5%~10.0%の範囲内で借入ができます。とくに金利が低いのは住宅ローンです。

また有担保ローンなら高額な借入も可能です。住宅ローンの場合は3000万円以上の住宅購入資金を借入できますし、不動産担保ローンの場合も100万円以上余裕です。

また不動産などの担保が家族の所有物だとしても担保にすることができます。

担保となる不動産や土地、住宅には抵当権が設定されますが、完済後は抵当権は抹消されます。

ただし、抵当権には順位がつけられ、設定順位が低い場合には審査に通らないこともあります。

有担保ローンのデメリット

一方で有担保ローンには返済が滞ると担保となる土地や不動産を失うというデメリットがあります。返済が滞ると債権が金融機関から保証会社に移ります。その後は裁判となり、土地や住宅は差し押さえということになります。最終的には強制退去となる可能性もゼロではありません。

その他にも審査に時間がかかるという難点があります。

借入先や審査内容にもよりますが担保となる土地や不動産の査定などを行う必要があり、通常融資が実行されるまで2週間から1カ月ほどかかります。

今すぐお金が必要という方は余裕を持って申込をするのがいいでしょう。有担保ローンは高額なローンだけに審査はとても慎重に行われます。担保となる土地や不動産の評価額の確認には時間がかかるのです。

また有担保ローンを利用する場合には金利の他にも諸費用がかかります。例えば融資を受けるための融資事務手数料や印紙代、登記費用、振込手数料、繰り上げ返済手数料などがかかる場合があります。

またディーラーと契約をするマイカーローンなどは完済まで車の所有権はディーラーにあります。完済まで車が自分のものではないので、無断で売却や譲渡はできません。

以上が有担保ローンのメリットとデメリットです。メリットデメリットをきちんと把握したうえで利用するかどうか判断することが大事です。

有担保ローンの代表と言えば不動産担保ローン!

では実際の有担保ローンを例に申込条件や申込の流れなどをご紹介しましょう。有担保ローンの代表といえば、やはり不動産担保ローンです。こちらでは一般的な銀行のゆうたんぽ不動産担保ローンを例にご紹介していきます。

申込条件

  • 借入時年齢満20歳以上70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満の方
  • 日本国籍を有する方、または永住許可等を受けている外国人の方
  • 継続して安定した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けることができる方

必要書類

  • 不動産担保ローン借入申込書
  • 保証委託申込書
  • 個人情報取扱に関する同意書
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 担保関連書類

申込の流れ

仮審査申込

事前審査(最短翌営業日)

事前審査結果

本審査(最短5営業日)

本審査の結果連絡

契約

借入実行

返済に関して

返済は本人名義の銀行口座より自動振替となります。返済日は都合のいい日を選ぶことが可能です。

返済方式は毎月固定金額(元金+金利)を返済する元利均等返済となります。毎月の返済額が決まっていますのでお金の管理がしやすいというメリットがあります。またボーナス返済と併用することも可能です。

上記は一般的な不動産ローンの申込の詳細となります。多くの金融機関が不動産担保ローンを取り扱っていますので、条件を確認し自分に合った商品を選ぶことでスムーズな返済が実現します。

担保になるものがない!それなら無担保ローンも検討しよう

有担保ローンは低金利で高額な借入ができるので人気ですが、中には担保となるものをなにもお持ちでない方もいらっしゃいます。あるいは今日中にお金が必要なので有担保ローンの審査では時間がかかりすぎるという人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのは無担保ローンであるカードローンです。無担保ローンはその名の通り担保なしで借入するローンのことで、担保を審査するのではなく借入する本人の信用力がものを言います。

無担保ローンの審査

無担保ローンは本人の信用力を審査するため、年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴などをチェックします。

年収は高いに越したことはありませんが、無担保ローン、とくにカードローンは少額融資が多いので、安定した収入があれば収入が低くても収入に応じた借入が可能です。

勤務先や勤続年数によって属性や勤勉さを図ります。過去の借入歴とは信用情報に記録された個人の金融に関する情報です。クレジットカードやローンの支払いに問題があると信用情報に傷がつきますので要注意です。

人気の理由

カードローンなどの無担保ローンが人気の理由は審査に通りやすいこと、そして審査スピードが速いことです。

無担保ローンの場合は、担保を査定する必要がないので審査はスピーディに進みます。インターネットで申込をし、最低限の書類をアプリで送信するだけで、最短30分で審査が完了することもあります。即日融資もありますので、今すぐお金が必要な人には嬉しいですね。

無担保ローンの中でもとくにカードローンは審査に通りやすいと定評があります。とくに中堅の消費者金融は信用情報に多少の問題があっても審査に通ることがあり、借入先探しに行き詰まっている人には重宝されています。

大手カードローン会社では利用できるATM数が多い、インターネット会員ぺージがあるなどサービスも充実しています。使い勝手の良いローンとして人気なのが納得できますね。

申込の流れ

カードローンはとくに申込が手軽にできるのが人気の理由です。申込条件は満20歳以上であることと安定した収入があることのたった二つだけです。必要書類も運転免許証などの本人確認書類と限度額が50万円を超える場合には収入証明書が必要となります。有担保ローンに比べると準備する必要も格段に少なくなります。

申込後はすぐに審査が開始し、必要書類の提出や在籍確認に進みます。問題がなければ契約手続きの後、すぐに振込による融資を受けることができます。申込から借入までインターネットで完了し、その日のうちに融資を受けられるカードローンは最強ですね。

担保があるなら有担保ローンが断然お得!

以上が住宅などの不動産や土地を担保にしてお金を借りることができる有担保ローンのご紹介です。有担保ローンの特徴は担保を提供する分、低金利で高額な借入ができるという点です。しかし、当然返済できなければ土地や住宅、不動産を失うというリスクを負うことになります。

まや有担保ローンを利用する場合、担保となる土地や不動産を査定し、抵当権を設定するため審査に時間がかかり、融資が実行されるまで2週間から1カ月かかります。そのため今すぐお金が必要という方にはちょっと厳しいかもしれません。

また担保となるものが何もないという人方のために無担保ローンについても簡単にご紹介しました。

無担保ローンの中でもとくに人気があるのは手軽でスピーディに借入できるカードローンです。カードローンならインターネットで申込ができ、必要書類は最低限、審査は最短30分で完了し、即日融資が可能です。

もちろん有担保ローンの方が好条件で利用できますが、少額でも構わないので今すぐ借入したいという人はカードローンもチェックしてみてください。

銀行や消費者金融のほとんどがカードローンを取り使っていますので自分に合った商品を見つけることができるはずです。

トピックス
ページトップへ