今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > お金が今すぐ必要!セブン銀行のカードローンの審査は時間が短い?

お金が今すぐ必要!セブン銀行のカードローンの審査は時間が短い?

コンビニって大変便利ですよね。

食品や日用品もそろいますし、様々な支払いも可能です。また、最近ではATMを設置しているコンビニも増えてきました。

そんな中で、セブン銀行は、全国のセブン‐イレブンにATMが設置されており、使い勝手の良いネット銀行として評判を集めています。また、セブン銀行のカードローンも徐々にその認知度が上がっているのです。

今すぐお金が必要な状況等急いでいるときに、近くのセブン‐イレブンで借り入れが出来る!となると便利ですよね。

しかし、審査の時間などがかかってしまうと、期待とは違うことになるかもしれません。セブン銀行カードローンの審査時間はどのくらいなのでしょうか?

今すぐお金が必要なら要チェック!口座が無いと利用できません

セブン銀行カードローンはお近くのセブン‐イレブンを利用することができ、大変便利ですが、利用するに当たり大前提があります。

それが、セブン銀行の本人名義の口座が必要だということです。

この前提条件をしっかり理解しておかないと、利用したい!と思ったときにすぐ利用できないということになります。

セブン銀行カードローンはキャッシュカードで利用できる!

カードローンというと、それ専用のローンカードが必要なイメージがあり、そのローンカードを利用していたり、持っている所を人に見られるのが嫌だなと思う方もいらっしゃるかもしれません。

内緒にしていたのに、家族にカードローンがバレてしまったというシチュエーションでも、財布に入っていたローンカードから気づかれた…なんていうことも実際にある話です。

しかし、セブン銀行のカードローンなら、そんな心配はいりません。

普段利用しているセブン銀行のキャッシュカードでそのままローンサービスを利用できるからです。

既に口座をお持ちの場合は、新たにカードが郵送されてくるということもありませんので、家族に内緒にしたい!ローンカードを持っていたくない!という方にとっては使い勝手が良いと言えるでしょう。

また、借り入れはダイレクトバンキングを利用して行うことも可能となっています。

ご注意を…口座開設と同時に申し込み可能ですが時間がかかります!

セブン銀行の口座は持っていないけれど、カードローンを利用したい!という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、カードローンの申し込み時に併せて口座開設の申し込みもすることが可能です。

ただし、以下の2点注意事項があります。

  • 申し込み後キャッシュカードが到着するまで1週間前後かかる!
  • カードローンとしての利用はキャッシュカード到着後手続きが完了してから!

カードローンと口座申し込みは同時に出来ますが、実際に利用するにはまずは口座の登録が完了し、キャッシュカードを受け取ってから、カードローンの契約という流れです。

また、キャッシュカードは本人限定受取郵便で送られてきますので、受け取りの際に本人確認書類が必要となります。

本人確認書類として認められるのは次の通りです。

  • パスポート
  • 免許証(運転免許証など)
  • 個人番号カード
  • 在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書(特別永住者のもの)
  • など

また、被保険者証や年金手帳などを組み合わせても受け取りが可能な場合もありますので、これは認められるかな?と思う場合は問い合わせをしてみましょう。

キャッシュカードの送付には申し込みから通常1週間~2週間程度かかりますので、お急ぎの方は、なるべく早めに申し込みをすることをオススメします。

そして、キャッシュカードが届いたからと言ってカードローンを利用できるかと言えばそういうわけではありません。

その後に、ダイレクトバンキングなどの利用開始登録をし、ローンサービスの契約手続きを行います。ダイレクトバンキングの登録にはキャッシュカードに記載されている「店番号」「口座番号」「お客さまID」が必要です。

ここまできて、ローンサービスが利用できるようになります。

既に口座を持っている場合に比べて時間はかかってしまいますから、あらかじめ口座開設だけでもしておいたり、借入する可能性があるかも?となった時点でも動き出すなどしておいた方が良いでしょう。

セブン銀行カードローンの貸し付け条件について知っておこう!

それではここで、セブン銀行カードローンの貸し付け条件をチェックしてみましょう。

カードローンを申し込む時はしっかりと貸し付け条件を確認しておかないと申し込んでみたら希望と違った!そもそも条件にそぐわなかったなんていう事態になりかねません。

セブン銀行カードローンは新規契約の場合10万円型のみです!

セブン銀行カードローンは以下のとおりです。

利用対象者 3つの条件をすべて満たす方

  • セブン銀行に口座を持っている個人(同時に申し込み可能)
  • 満20歳以上70歳未満
  • 指定の保証会社の保証が受けられ一定の審査基準を満たしている
利用限度額 10万円・30万円・50万円・70万円・100万円の5コースいずれか
資金の使途 事業性資金としての利用を除き原則自由
金利 変動金利
※10万円・30万円・50万円コースの場合:年15.0%
※70万円・100万円コースの場合:年14.0%
遅延損害金 不要
担保・保証人 不要
保証会社 アコム株式会社

利用限度額は5つのコースがありますが、実は新規で申し込みの場合は、10万円のコースしか申し込むことができません。

それ以上の金額については以下のような条件が付帯されていますので、希望額が大きな方は注意してください。

  • 30万円・50万円のコースの場合
  • 新規契約後約2か月以上経過し、かつ現在も契約中であること

  • 70万円・100万円のコースの場合
  • 初回の借り入れから約6か月以上経過し、かつ現在も契約中であること

当然のことですが、増額の際にも審査がありますので、時期が来ればすべての人が増額できるというわけではありません。

また、公式ホームページ上では70万円・100万円コースへの増資の申し込みは2018年3月18日までで終了すると記載されています。そのため、現在新規でカードローンを申し込んだ方は70万円・100万円への増額はできません。

増額を希望する場合は、まずは、限度額10万円の状態から返済をしっかりと行い、実績を積んで、増額申し込みをしてみましょう。

セブン銀行カードローンの審査の時間ってどうなっているの?

急いでいる時って、審査にかかる時間はすごく気になりますよね。

限度額や、貸し付け条件が良くても審査に時間がかかってしまっては、結局必要なときに間に合わなかったなんていう事態になりかねません。

では、セブン銀行カードローンの審査の時間は一体どのくらいかかるのでしょうか?

セブン銀行カードローンの審査時間は申し込み時間によって異なります

セブン銀行のカードローンは、ダイレクトバンキングサービスを通して原則24時間申し込み(一定条件下を除く)を行うことが可能です。

では審査も24時間対応なのかというと、そういうわけではありませんので注意しましょう。

審査の時間につきましては、セブン銀行のホームページに以下のような主旨が記載されています。

申し込み完了時間 審査時間
0:00~9:00 当日9:00以降順次
月~金曜日
9:00~20:30
申し込み完了後順次
土・日・祝日
9:00~15:30
申し込み完了後順次
月~金曜日
20:30以降
翌日9:00以降順次
土・日・祝日
15:30以降
翌日9:00以降順次
年末年始 1月4日9:00以降順次

年末年始は、12月30日20:30以降(土日祝日の場合は15:30以降)1月3日までの期間となります。

申し込み時の内容・申し込みの混雑状況によっては、審査に時間がかかることもあるようです。

その日に審査結果が知りたいという方はできるだけ早い時間に申し込みを完了させておきましょう。

また、ダイレクトバンキングサービスがメンテナンス作業に入る第3日曜日23:30頃~翌日5:30頃の間については申し込みもできませんので注意してくださいね。

便利!セブン‐イレブンのATMで借り入れも返済も手数料0円

セブン銀行カードローンの特徴はその使いやすさにあります。

全国各地にあるコンビニセブン‐イレブンのATMを借り入れや返済に利用することができます。

セブン銀行カードローンの借り入れ・返済方法を知っておこう!

セブン銀行カードローンの場合、借り入れ方法は2パターンあります。

  • セブン銀行ATMから借り入れ
  • ダイレクトバンキングで借り入れ

他の機関のATM等は借り入れに利用できませんので注意しましょう。

返済は、基本毎月1回決まった日にセブン銀行の普通預金口座から自動引き落としされます。

そのため、返済し忘れた!という事態にならないので安心ですね。

また、追加での返済は、借り入れ同様、セブン銀行ATMやダイレクトバンキングで行うことができます。

借り入れ・返済ともに手数料は無料ですし、メンテナンス期間や機器の不具合などを除いて原則24時間いつでも利用できますので大変便利ですよね。

多くのセブン‐イレブンにセブン銀行ATMが設置されていますから、おうちの近くのコンビニエンスストアをお得で上手に活用できることでしょう。

今すぐお金が必要!なんていう事態にセブン銀行カードローンを選択肢に加えるのも悪くないのではないでしょうか。

トピックス
ページトップへ