今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > クレジットカードのショッピング枠現金化とは?やってはいけない理由

クレジットカードのショッピング枠現金化とは?やってはいけない理由

今すぐお金が必要というときには、みなさんどうしていますか?日払いが可能なアルバイト、とくにクラウドソーシングや市場調査、モニターなどの仕事は女性でも手軽に始めることができます。

しかし、できるだけ早く確実に現金を手にしたい方にとってはアルバイト探しや給料の振込まで多少なりとも時間がかかってしまうのはいただけません。そんなときインターネット検索などで目につくのはクレジットカードのショッピング枠の現金化です。

クレジットカードの現金化は世間で話題になったこともあり、聞いたことがある人もいるかもしれませんが正確にはどのようにお金を工面する方法なのでしょうか。

こちらの記事ではクレジットカードの現金化の方法、違法性、問題点などについて詳しく検証してみました。どうしてもお金が必要なときにはクレジットカードを現金化すればいいと思っている方はまずこの記事を読んでみてください。

クレジットカードの現金化とはどんな方法?

最近ではほとんどの人が複数のクレジットカードを所持しています。クレジットカードは国内だけではなく海外でも利用できますし、インターネットショッピングが一般的になった現在では必要不可欠な存在です。また同時に本人確認のための役割も果たします。

クレジットカードにはそもそもショッピング枠とキャッシング枠があります。ショッピング枠は商品を購入するためのもので、キャッシング枠は現金を引き出すことができます。いずれも審査によって上限金額が設定されています。

キャッシング枠を利用すれば現金を引き出すことができますが、クレジットカードのキャッシング枠はほとんどの場合、低めに設定されています。またキャッシング枠を設定するためには別途審査が必要で、貸金業法の関係上年収の1/3が上限となっています。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカードを現金化とは、業者が利用者に指定の商品を購入させ、購入金額よりも安い金額で買い取ることによって利用者が現金を得ることができるという仕組みとなっています。

たとえば、業者が利用者に50万円の商品を購入させ、40万円で買い取ることになります。その後利用者はクレジットカードのローンと言う形で50万円分を返済しなければなりません。

利用者は10万円分損をし、またクレジットカードの利息を支払わなければならず二重の負担となりますが、早急に現金が必要という場合にはやむを得ません。

しかし、このクレジットカードの現金化には問題点や違法性はないのでしょうか。

クレジットカード現金化の違法性とリスクについて

実はこのようなクレジットカードの現金化は違法性が叫ばれています。実際に日本クレジット協会ではこのようなクレジットカードの現金化は認めていません。ただし、その線引きがあいまいなため、罪に問えるかと言えば難しく、費用や時間がかかることを考えるとなかなか難しいのが現在の状況です。

クレジットカードで現金を手にすることができるということで安易に飛びつく人もいますが、利用者側も様々なリスクを負うことを忘れてはいけません。クレジットカードの現金化にを利用する際のリスクについてみていきましょう。

記載されていた換金率よりも低い

クレジットカードの現金化を行っている業者の中には違法な業者やグレーな業者も紛れ込んでいます。商品の買取には古物商の資格が必要ですが、インターネットなどで業者を探す場合実際に合法に買い取りを行っているかどうかはわかりません。

商品の買取の換金率は80%が相場ですが、これより安く買い取る業者もいますし、HPなどでは90%と記載されていても何かと理由をつけて安く買い取ろうとする業者もいます。

業者選びの際には口コミなどを参考にすることをおすすめしますが、情報が少ないことも多いので注意が必要です。

決済後に振込がない

クレジットカードの現金化に安易に手を出し、逆に不要な借金を負ってしまったという被害もあります。

指定の商品を購入したのに振込がない、あるいは約束の振込が遅い、分割を強要されたなどのトラブルもあとを絶ちません。

業者選びの際には、住所、電話番号などをチェックして、一度電話で連絡をとってみましょう。電話番号が携帯電話のみ、対応が悪い、つながらない、転送されるなど不審な点があれば利用しないことをおすすめします。

キャンセル料を請求する

なんらかの都合で現金化を断った場合にキャンセル料を請求されるという被害も出ています。このようなキャンセル料は支払う義務はありませんので、無視して大丈夫です。その他にも審査料などの名目でお金を請求してくることもありますが、ローンではありませんので審査は不要です。

個人情報を違法業者に流す

クレジットカードの現金化を利用する人の多くが経済的に苦しい状況にあります。そんな人は様々な違法業者のカモになりやすいのです。

現金化を利用することで個人情報を知られ、それを闇金などに横流しされることもあります。実際に現金化を使用してから、怪しい業者から次々と電話やDMが届く例も後を絶ちません。個人情報を知られてしまうリスクがあることもお忘れなく。

クレジットカードが利用停止になることも

前述の通りクレジットカード会社は現金化を認めていないため、現金化がバレるとクレジットカードの利用停止になることもあります。

クレジットカード会社では利用者のカードの使い方をチェックしていますので、一定の高額な商品を何度も購入するなど怪しい点があれば要注意人物となります。

最近はカード会社の監視が厳しくなっていますので、注意が必要です。クレジットカードの現金化はカード会社から不当にお金を搾取する行為です。クレジット会社は審査の機会を与えられないままお金を肩代わりさせられます。利用者の返済が滞れば、最も被害を被るのはカード会社なのです。

クレジットカードの現金化に手を出す前にカードローンがある!

クレジットカードの現金化は原則違法だと考えた方が良さそうです。ただし、私たちは現金化に近いことを知らずにやってしまっていたりします。たとえば、商品を購入したけど使わないのでリサイクルショップや金券ショップ、オークションなどで売る。

とくにギフトカードなどを使わないからと言って金券ショップに売った経験は誰にでもあるでしょう。この行為は違法ではありませんが、クレジットカードの現金化に似ています。

しかし、商品はたいてい買いたたかれ希望金額よりも安く手放すことになります。これではお金を工面するための効率のよい方法とは言えません。それならスピーディで確実にお金を得ることができるカードローンの方がおすすめではないでしょうか。

クレジットカードの現金化よりカードローンがおすすめの理由

クレジットカードの現金化はすぐに現金を手にできるという点では優れているのかもしれませんが、リスクが大きく、また違法性も感じられるため決しておすすめできる方法とは言えません。

クレジットカードの現金化よりももっと確実にスピーディにお金を工面できるのはカードローンです。クレジットカードの現金化の場合、カード会社による所定の利率で支払うことになりますが、場合によってはカードローンの方が金利が低いことが多いのです。

クレジットカードの現金化に比べてカードローンをおすすめする理由を挙げてみます。

金利が低い

カードローンには消費者金融と銀行カードローンがあり、銀行カードローンの場合は平均金利が14%~15%という低さです。一方でクレジットカードの金利は17%~18%となります。もちろん一部金利の低いカードもありますが、カード会社の金利は高めです。

同じように利息を支払わなければいけないのなら、できるだけ金利の低いカードローンを選ぶ方が賢明です。クレジットカードの現金化の場合、購入した商品よりも低い金額しか支払われませんのでさらに損をしてしまいます。

安全性が高い

前述の通り、クレジットカードの現金化に携わる業者の中には怪しい違法業者も紛れ込んでいます。違法な業者を見極めることが肝心ですが、騙されてしまうかもしれないというリスクを考えると安全性の高いカードローンを利用した方がずっといいですね。

カードローン各社のHPはとてもわかりやすく充実していますので、利用前に審査や金利、返済について詳細を確認することが可能です。

融資までのスピードが速い

クレジットカードの現金化の場合、振込がされなかったり、遅かったり、分割だったりといつお金が振りこまれるか不安を感じます。しかし、カードローンなら審査に問題がなければ即日融資が可能です。

今すぐお金が必要というときも、カードローンならとにかくスピードを融資していますのでお急ぎの方には最適です。

無利息サービスがある

先程カード会社は金利が高めという話をしましたが、カードローンの中には一定期間無利息で融資を行っている会社もあります。

無利息ローンというのは金利がゼロということですから、利息を支払う必要がありません。無利息ローンを利用するためには一定の条件を満たす必要がありますが、利息なしのお得なサービスなのでぜひ活用してください。

以上がクレジットカードの現金化よりもカードローンを強く推奨する理由です。クレジットカードの現金化がリスクが高いのに対し、カードローンは安全で確実です。

安易なクレジットカードの現金化は危険!安全なカードローンを

早急にお金を工面しなければならないときに、インターネットなどで検索するとクレジットカードの現金化がヒットします。業者のHPには簡単にクレジットカードを使って現金を手にする方法が記載されていますが、カード会社はこのような方法を認めていません。

クレジットカードの現金化に携わる業者の中には違法業者もいますし、個人情報の流出や現金が振り込まれないなどのトラブルなどリスクが高くおすすめできません。クレジットカードの現金化に手を出すよりも、おすすめはカードローンです。

カードローンは商品によっては低金利で、かつ信頼できる会社からの借入なのでリスクはなく、安全に利用することができます。カードローン会社の中には一定期間無利息で融資を行っている会社もあり、利息なしでお金を借りることができます。

しかし、過去の借入に問題がありカードローン審査に自信がないという人にとってはクレジットカードの現金化の方が魅力的に映ります。そんなときは審査ハードルの低いカードローンもあることを覚えておいてください。

中堅のカードローン会社はとくに審査に通りやすく、安易にクレジットカードの現金化を行うよりも自分に合った借入先を探す方がトラブルなしでお金を工面することができます。

トピックス
ページトップへ