今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐお金が必要な無職でもカードローンで借入できるのか徹底検証!

今すぐお金が必要な無職でもカードローンで借入できるのか徹底検証!

長い人生では今すぐお金が必要というシチュエーションに直面することが多々あります。そんなときはどうにかしてお金を工面しなければならないわけですが、容易ではありません。とくに無職で仕事がないという場合には、さらに深刻です。

お金を工面する方法は、親や知人にお金を借りたり、日雇いバイトをしたり、不用品を売ったりといろいろありますが、最も手っ取り早いのはカードローンを利用する方法です。カードローンなら24時間インターネット受付で、即日融資が可能です。

しかし、カードローンを利用するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。カードローン利用のための条件とは厳しいのでしょうか。果たして無職でもお金を借りることができるのでしょうか。

無職でお金が必要な人は必見です。カードローンの申込前にまずは無職でも借入できるかどうか、確認してみましょう。

カードローンの審査基準!大事な二つのポイントとは?

無職でも借入できるかどうか検証する前に知っておかなければならないのは、審査に関することです。カードローン審査度においてどのようなポイントを重点的にチェックするのか知ることで、無職でも借入できるかどうか答えが出ます。

カードローン審査では主に下記の項目をチェックします。

  • 安定した収入があること
  • 過去の借入に問題がないこと

安定した収入があること

カードローン審査で最も大事なのは安定した収入があるかどうかということです。

審査では返済能力をチェックしますので、収入がなければ返済能力はなしと判断されます。

ただし、毎月収入があれば、給料が高額ではなくても借り入れできる可能性が高いです。その際には限度額が低めに設定されることもありますが、アルバイトやパートでも収入があれば審査に通る可能性は十分にあります。

最も重要な借入条件が安定した収入ということであれば、無職では審査に通るのは難しいと言うしかありません。

過去の借入に問題がないこと

そして、2つ目に重要なのは過去の借入に問題がないことです。過去にクレジットカードやローンの返済が遅れたことはありませんか?また債務整理や自己破産の履歴はありませんか?

このような返済トラブルがあるとお金を返さない人と判断されて、審査に不利になります。また個人の借入歴は信用情報として記録されていますので、申告しなくても金融機関の知るところとなります。

安定した収入と過去の借入履歴がカードローン審査では重点的にチェックされるということです。

無職では借入できない!総量規制はどんな法律?

安定した収入がない無職の方は借入が難しいという話をしましたが、その他にも総量規制という貸金業法が大きく関係してきます。

一昔前はカードローンの限度額に関してとくに制限がありませんでした。そのために身分不相応な借入をし、返済トラブルに陥る人が増加したのです。

その後、法律が改正され、年収の1/3を超えて借入することができない総量規制という法律が導入されたのです。また年収の1/3を超えて貸付を行えば、カードローン会社が罰則を受けることになります。

ただし、このカードローンは消費者金融や信販会社を対象としていますので、銀行カードローンの場合は対象外となります。また借り換えローンなどまとまったお金を借りる場合にも、総量規制の対象外となります。

つまり、無職の人は収入がゼロとなりますので、総量規制の関係上、借入はできないということになります。

在籍確認は避けられない!

申込の際に過去の勤務先や虚偽の勤務先を申告するとどうなるのでしょうか。無職であることを隠すために勤務先に関するウソの申告をする人がいるようですが、在籍確認によって知られてしまうことがほとんどです。

在籍確認とはカードローン会社のスタッフが申込者の勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているかどうか確認する作業です。

通常審査の終盤で行われる作業で、在籍確認に問題がなければ審査に通る確率は高いです。

無職の場合、残念ながら在籍確認ができませんので、審査に通るのは厳しいですね。中には在籍確認のないカードローンもあるようですが、その場合でも社会保険証や給与明細を提出する必要がありますので、無職では無理と考えた方がいいでしょう。

じつは無職でも借入できるケースもあり!

それでは、無職では絶対に借入できないのかという話になりますが、実は例外があります。無職でも、専業主婦や年金受給者なら借入できる可能性がゼロではありません。

専業主婦の場合

一般的にパートやアルバイトをしていれば、主婦でも借入ができます。しかし、専業主婦となると事情が変わってきます。とくに総量規制の対象である消費者金融の場合、専業主婦が借入するのは難しくなります。

しかし、安定した収入のある配偶者の同意や婚姻関係を証明できる書類があれば、専業主婦でも借入できる商品があります。

総量規制の対象外である銀行カードローンに中には専業主婦が借入できるものがあるのです。

年金受給者の場合

不況の影響もあってか高齢者の中には生活困窮者が少なくありません。そういう方こそカードローンを必要としているのですが、返済能力の低い高齢者への貸し付けには慎重なカードローン会社が多いのです。

アルバイトなどで収入があれば、シルバーローンと呼ばれる高齢者向けのカードローンを利用することが可能です。シルバーローンの多くは限度額が低く、安心して借入できるのが特徴です。

事情があって働けないという人は、年金受給者でも借入できるカードローンがおすすめです。

一部の銀行や信用金庫では年金受給者を対象とした限度額が低めのカードローンを取り扱っています。

そちらでしたら、収入がなくても年金のみで借入ができます。

高齢者の貧困は深刻な社会問題となっています。事情があって働けない、病気やケガで働けないという方はカードローンではなく、生活保護など行政からのサポートを受けられる可能性があります。お近くの福祉事務所などに相談してみてください。

無職ではやっぱり借入は無理!まずはアルバイトを始めよう

無職のときこそ、お金を借りたいという気持ちは理解できるのですが、カードローン会社も商売ですので返済能力の低い人にお金を貸すことはリスクを負うことになります。

カードローン審査では安定した収入があることが最重要条件なので、無職では借入は非常に難しいと言えます。

また現在では総量規制という法律によって限度額は年収の1/3までと制限されていますので、収入ゼロでは借入はできません。

ただし、いくつか例外はあり、専業主婦や年金受給者の場合は借入できるケースもあります。とくに総量規制に触れない銀行カードローンなら、専業主婦専用カードローンや年金受給者向けの商品を取り扱っていることもあります。

無職でもカードローンを利用したいという方は、まずは身近なところでアルバイトを始めましょう。短時間でも、簡単な仕事でもかまいません。アルバイトを始めることで、毎月収入を得ることができますので、カードローンの申込が可能になります。

結局はアルバイトを始めて申込資格を得ることが、借入の最も近道と言えます。病気などで働けないなど、深刻な事情がある方は行政の支援を検討することも大事です。まずは簡単な仕事でいいので、できることから始めましょう。

トピックス
ページトップへ