今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの勤め先確認、周りにバレないための対策と使える言い訳

カードローンの勤め先確認、周りにバレないための対策と使える言い訳

今すぐにお金が必要という時に頼れるのはカードローンという考えが世間では浸透していますが、カードローンの利用に不安を感じる人はまだまだたくさんいます。審査のこと、金利のこと、返済のことなど不安は尽きません。

中でも気になるのがカードローン審査の一環として行われる在籍確認です。在籍確認ではカードローン会社から勤務先に電話連絡がきて、申込者が本当に在籍しているかをチェックします。

この在籍確認は重要な審査ですので免除というわけにはいきません。しかし、在籍確認を嫌がる人は少なくないのです。在籍確認を行うことで勤め先にカードローンの利用がバレるかもしれないと心配する気持ちもわかります。

こちらの記事では在籍確認の方法や仕組み、また在籍確認によって勤め先にカードローンの利用がバレないためにはどうしたらいいのかなど有益な情報が盛りだくさんです。

これまで在籍確認が不安で一歩踏み出せなかったという人はぜひ参考にしてみてください。

在籍確認の目的と流れ!なぜ在籍確認は必要なのか!?

在籍確認とはカードローンの審査の際には必ずつきもので、人によってはできれば避けたいと感じる人もいます。と言いますのも、在籍確認はカードローン会社のスタッフから勤務先に直接電話がかかってきますので、カードローンの利用を同僚や上司に知られてしまうのではないかという不安があるからです。

在籍確認の目的

在籍確認をなしにしてくれませんか?と頼みこむ利用者もいるようですがそう簡単に免除というわけにはいかないようです。

なぜなら現在ではカードローン審査の際に、限度額が低い場合、収入証明書の提出が必ずしも必要ではありません。そのためきちんと就業していて安定した収入を得ていることを確認するのに在籍確認は欠かせないのです。

そうでないと、実際に働いていないウソの勤務先を申告し、審査をクリアしようとする輩がいるからです。

在籍確認は審査で最も重要な条件である安定した収入があるかどうか確認するためにも必ず必要な家庭なのです。

在籍確認の方法

それでは在籍確認の方法と流れについてご説明します。在籍確認は申込者の勤務先にカードローン会社のスタッフが個人名で電話をかけますので、カードローン会社の名前を口にすることはありません。

また在籍確認を行う日時は予め申込者の都合のよい時間帯に合わせてくれますので、自ら電話に出ることが可能です。また万が一、席を外していて不在でも在籍を確認できれば何度も電話をかけてくることはありません。

カードローン会社としても勤務先にカードローンの利用を知られたくないという利用者の心理を理解していますので、十分な配慮を期待できます。

在籍確認の流れ

在籍確認は多くの場合、審査の後半で行われます。在籍確認を打診されたら、もうほとんど審査に通過したと考えて過言ではないでしょう。審査の流れをご説明します。

申込

審査

必要書類の提出

在籍確認

審査結果の連絡

契約手続き

借入先によって審査の流れは異なりますが、在籍確認さえとれれば借入が可能な状況です。つまり、在籍確認はカードローン審査の中でとても重要な役割を担うということですね。

在籍確認で勤務先にカードローンの利用がバレないためにするべきこと

在籍確認はカードローン審査の要ということがわかりましたが、やはり勤務先に電話がかかってくるというのは穏やかではいられません。ただ実際には在籍確認によって勤務先でトラブルになったという例はほとんど聞いたことがありません。

しかし、もしもカードローンを利用したことがある同僚がいれば在籍確認の電話にピンとくるかもしれません。勤務をする上では影響はなくても、変な噂を立てられては困ります。

在籍確認によってカードローンの利用がバレないためにどのような対策を取ればいいのでしょうか。

在籍確認時に電話に出るようにする

在籍確認の日時はある程度、こちら側で指定することができます。もちろん土日など勤務先やカードローン会社が休みの日には実施することはできません。

社内の自分以外の社員が電話に出る確率を下げるためにも在籍確認が行われる正確な日時を把握しておきましょう。

また営業や会議で社員が少なくなる時間があれば、そのような時間を指定することもおすすめです。在籍確認は原則本人が不在でも行うことができますが、他の社員が電話に出るのはできるだけ避けたい方がいいですね。

勤務先の内線番号などを伝えておく

勤務先が中規模以上の会社でいくつも部署がある場合には、内線の番号なども伝えておきましょう。あちこち電話を回されてしまうと、それだけ不審に思う人が増えてしまいます。

できるだけスムーズに在籍確認が行われるように協力することも大事です。

言い訳を考えておく

在籍確認の電話が怪しまれたときに備えて言い訳を考えておくことも大事です。何も考えていないと慌ててしまったり、挙動不審になってしまったりしてしまいます。

在籍確認の言い訳としていろいろ考えられますが、最もおすすめなのはクレジットカードの審査や在籍確認と言うのがいいでしょう。

クレジットカードなら最近では誰でも2,3枚は所持していますので全く不自然ではありませんし、それ以上追及されることはありません。

親や兄弟の保証人になった、落とし物の連絡がきた、教育ローンや車のローンを組んだという言い訳もできますが、いろいろ細かく聞かれる可能性もあり、さらにウソを重ねなければならないのは苦痛です。深掘りされる危険性のある言い訳はやめた方が無難ですね。

もちろん在籍確認を否定せず開きなおる手もあります。小さい会社や近い人間関係でどうしてもウソが付けない場合には、今月ちょっと無駄遣いしすぎて10万円ばかり借入したよと明るく開き治りましょう。

最近ではカードローンに対してダークなイメージを持つ人は少なくなっています。カードローンは私たちに生活にすっかり浸透していますので、カードローンを利用したからといって評価が下がることはありません。

クレジットカードにだってキャッシング枠がついているくらいですから、みなさん普通に利用していますよ。

実は在籍確認なしのカードローンが存在する

在籍確認は利用者の都合のよい時間に行われ、カードローン会社を名乗ることはなく、要件を聞かれても第三者には絶対に言わないなど配慮がされていますので、カードローンの利用が勤務先にバレることはまずありません。

しかし、それでもなんらかの事情で絶対に勤務先に電話をかけられては困るという人がいないとは限りません。

実は電話連絡なし、郵送物なしのカードローンが存在するのです。

電話連絡なし郵送物なしのカードローン

勤務先への電話連絡や自宅への郵送物はできればない方がいいと考える方は沢山います。そんな方には申込から借入までWEBで行えるWEB完結がおすすめです。

WEB完結なら手間がかからないばかりかとてもスピーディに借入できます。

電話連絡なし郵送物なしのカードローンを利用するためには下記の条件を満たす必要があります。

  • 指定金融機関に本人名義の銀行口座があること
  • 本人確認書類として運転免許証またはパスポート
  • 収入証明書類として源泉徴収票、所得証明書、確定申告など
  • 勤め先を確認できる書類として社会保険証、給与明細直近1か月分

こちらは一例となりますので、借入先によっては異なる条件や必要書類の提出が必要になることがあります。また大手消費者金融の多くが、事情があって在籍確認を避けたいという人の相談に乗っています。

もちろんすべての人が在籍確認なしというわけにはいきませんが、属性が強く、審査に問題がないと判断されれば書類を提出することで在籍確認を免除してくれるケースもあるようです。

在籍確認を恐れるな!在籍確認でカードローンがバレることは稀!

カードローン審査の一環として行われる在籍確認は、カードローンの利用が勤務先にバレるリスクが高いと考える人がいますが実はそのようなケースは非常に稀です。

カードローン会社は在籍確認を行う際には個人名で電話をする、本人が不在でも確認がとれれば何度も電話をしないなど様々な配慮を行います。そのため実際に在籍確認でカードローンの利用がバレて、トラブルになったという話はほとんど聞いたことがありません。

しかし、不安を感じている人は在籍確認の日時を指定したり、言い訳を予め考えておくことで怪しまれてもその場をスムーズに切り抜けることができます。言い訳としておすすめなのは、クレジットカードの在籍確認ということです。クレジットカードなら誰でも持っていますし、それ以上深堀されることはありません。

またどうしても在籍確認が困るという方は電話連絡なし郵送物なしのカードローンを利用することもできます。ただし、在籍確認を免除するかわりに提出書類が多くなったり、そのほかの条件を満たす必要があります。

在籍確認はみなさんが思っているほど恐れるものではありません。在籍確認のせいで勤務先にカードローンの利用がバレたというケースは稀ですので、不必要に警戒する必要はありません。在籍確認ばかりにこだわるのではなく、その他の条件をチェックし、自分に相応しい商品を見つけることの方が大事です。

トピックス
ページトップへ