今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 横浜銀行のカードローンは最短即日で利用可能!借入までの流れ

横浜銀行のカードローンは最短即日で利用可能!借入までの流れ

お金を借りたいと思ったとき、簡単・スピーディーに借りたい=大手消費者金融が思い浮かびます。

しかし最近では金融機関の個人向けローンも敷居が低くなっていて、以前よりも借入れがしやすくなっています。さらに、即日借入れが可能な金融機関もあります。

地方銀行の横浜銀行はどのように借入れができるのか、即日借入れ可能なのか調べてみました。

横浜銀行の特徴は?

横浜銀行は日本最大の地方銀行で、神奈川をはじめ、東京、群馬、名古屋、大阪、さらには国外にも支店があります。

2016年4月には東日本銀行と経営統合し、コンコルディア・ファイナンシャルグループを設立しました。なので横浜銀行は子会社になります。

そんな横浜銀行の特徴は、

身近で相談しやすい地元の銀行として、約200の店舗と、約1,600台のATMを展開

地方銀行は横浜銀行を含め、現在65行あり、1行あたりの店舗数は平均すると117支店になります。支店を200以上展開しているのは地方銀行では横浜銀行だけです。

大きな都市で人口が多いということもありますが、それだけ利用者が多く、規模の大きい銀行だということがわかります。

口座開設後1年間は、ATM利用時の時間外手数料無料

平成29年4月1日以降に、横浜銀行で新規に開設した口座または新規に契約したカードローンの、横浜銀行ATMの時間外利用手数料が1年間無料となります。

さらに、横浜バンクカードと<はまぎん>マイダイレクトを一緒に契約すると、

  • 横浜銀行ATMの時間外手数料がずっと無料!
  • コンビニ等のATM手数料が月3回まで無料!
  • <はまぎん>マイダイレクト他行あて振込手数料が月2回まで無料!

以上の3つの手数料が無料になります。

(はまぎんダイレクトは、パソコンやスマートフォンで銀行取引ができるサービスです。)

様々な人が利用しやすいように、杖ホルダーや筆談器等バリアフリーツールを店舗に設置し、「サービス・ケア・アテンダント」資格保有者の配置

サービス・ケア・アテンダントとは、身体の不自由な方や、高齢の方をはじめ、全てのお客さまに配慮した適切なコミュニケーション力を養い、サービス品質を向上させることを目的とした資格です。

取得者は約300人いるそうで、国内の本支店ほぼ全てに配置されています。

サービス・ケア・アテンダントが店舗にいることで、身体の不自由な方や、高齢の方に適切な手助けをしてくれるので、多くの方が安心して利用できるようになりますね。素晴らしい取り組みだと思いました。

カードローンの種類

  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • 多目的ローン
  • カードローン

…などがあります。

今回はカードローンのお話なので、カードローンについて詳しく紹介していきます。

横浜銀行のカードローンは3種類

  • 横浜銀行カードローン
  • バンクカードローン
  • バンクカードローン(住宅ローン利用者専用)

この内バンクカードローン(住宅ローン利用者専用)は、住宅ローンを組んでいる方専用のローンなので除外させていただきます。

横浜銀行カードローン

一般的なカードローンになります。対面・電話の他、インターネットでは24時間365日申込みを受け付けています。

商品の主な詳細です。

限度額 10~1000万円
金利 1.9~14.6%
担保・保証人 原則不要
資金使途 事業用資金以外

バンクカードローン

急な出費、うっかり入金を忘れてしまった時も、スピーディーに借入れができます。

商品の主な詳細です。

借入枠 10万・30万・50万円
金利 13.6%
担保・保証人 原則不要
資金使途 事業用資金以外

バンクカードローンは2タイプあります。

1つは「たてかえ型」。公共料金などの引き落とし分の入金忘れの際、口座残高の不足分を自動でたてかえてくれます。

2つめは「借り入れ型」。横浜銀行やコンビニのATMからバンクカードローンを使って借り入れができます。急な出費やいざという時に助かりますね。

はまぎんカードローンはお金をすぐに借りられる?

2つのカードローンを紹介しましたが、お金をすぐに借りたいなら「横浜銀行カードローン」です。

ただし、即日借りるには横浜銀行の口座を持っている必要があります。口座を持っていなくても申し込みはできますが、即日借りられる可能性は極めて低いでしょう。

カードローンを利用する場合、いずれも横浜銀行の口座を開設をしないといけませんので、借入が目的の場合は余裕を持って申込みをしましょう。

今回は横浜銀行の口座を持っているという前提で、お話をすすめさせていただきます。

借入れまでの流れ

①パソコン・スマートフォンなどで申込み

②審査結果の連絡

③契約手続き

④カード発行・利用開始

即日審査・借入れを希望する場合は、10時までに申込み、13時までにFAXで契約書を送付した場合可能になります。

(全ての方が当日融資を受けられるわけではありません)

しめきりの時間が早いので気をつけましょう。

申込み条件

・契約時満20歳以上69歳以下の方

・安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイト可。学生不可。年収には年金を含む)

・次の地域に居住またはお勤めの方
神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市

・保証会社の保証が受けられる方

・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

申込み条件に地域の指定があります。支店が複数ある地域というのが条件のようですね。

借入れと返済

借入れ・返済ともに横浜銀行ATM、コンビニのATMなどからできます。借入れについては、全国の銀行、信用金庫等の提携金融機関からも可能です。

返済は通常、指定の預金口座からの引落としになりますので、返済日の入金忘れがないので安心です。もちろん一部返済や全額返済も可能です。

横浜銀行の口座を持っていれば即日融資も可能

結論を言うと、横浜銀行カードローンなら即日借入れ可能です。

即日借入れ可能なのは横浜銀行の口座を持っている方に限られますので、普段から横浜銀行を利用している方にとっては最善の借入れ先と言えるでしょう。

金融機関からすぐにお金を借りるには、取引のある金融機関にあたってみるのが一番の近道かもしれません。

トピックス
ページトップへ