今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト

カリッタラ

今すぐお金が必要だけどお金がない!そんな貴方が取れる4つの方法

「お金がない」とひとくちに言っても様々な状況が考えられます。

慢性的に金欠な場合や、引っ越しや旅行でちょっとお金が少なくなった場合など…。

そんな金欠の中でも厄介なのが、「お金が必要になったのにお金がない!」という状況ではないでしょうか。

当然ながらお金が必要になったら、できるだけ早く工面したいものです。

そこでこの記事では、お金が急に必要になった方に贈る「出来るだけ早くお金を手に入れる方法」4つをご紹介します!

方法1:日雇いバイトで必要な分だけすぐに稼ぐ!

すぐにお金が必要であれば、すぐに支払いしてもらえる仕事を探すことが手段のひとつと言えるでしょう。

となると、やはり「日雇いバイト」!「単発バイト」と言われることもあります。

出勤も1日だけでよく、かつその日にお給料が貰えるのですから「すぐにお金が必要」な方にとっては条件バッチリと言えそうですよね。

しかし「日雇いバイトをすればすぐにお金が手に入る!」というイメージが強いですが、全てがそうだとは限りません。

上手にすぐにお金が手に入るような日払いバイトを探す必要があるんです!

日雇いバイトでも「その日払い」はまた別!

1日や週末だけ、といった「日雇い」に分類されているバイトであっても、「その日にお給料が支払われるかどうか」はまた別なんです。

あくまで「日雇い」は働く期間の話であって、お給料の話ではないからです。

なので、日雇いバイトであっても会社によって締め日が決まっていて、その後まとめて締め日までに働いた日給の合算が支払われたり、その日ではなく1週間~数週間後に振り込まれる、というケースなどがあります。

それではどのようにバイトを探せばいいのか?その答えは「日払い」バイトです。

日払いは日雇いと違い、「その日にお給料を払う」という意味で使われます(日雇いバイト=日払いバイトと記載しているケースもないとは言えませんので、心配でしたら確認することをおすすめします)。

求人サイトなどには「給料その日払い」や「日払い」と記載があるはずですのでで、日雇いバイトの中でも「給料その日払い」と明記されているものを探すのがポイントです。

さらに、「すぐに今からでも働きたい!」という場合は「その日勤務OK」と記載されているバイトを選びましょう。

日払いの日雇いバイトを希望する際に気をつけておきたいのは、お給料をもらうために

  • 身分証明書類
  • 印鑑

などが必要になることです。必ず必要物として明記されていたり、問い合わせ等の際に教えてもらえると思います。

せっかく日払いバイトでお金を手に入れても、受け取れなければ意味がありません。必要書類等はしっかりと確認しましょう!

その日払いのバイトは肉体労働系や深夜のものが多い

また、その日払いOKなバイトは正直言って「ラクではない」お仕事の方が多いです。

同じ日雇いであっても、日払いでなければ事務系などや、モニターなどお手軽と言えるお仕事も多いですが、そのようなものは人気があったり、日払いでない(月末締め翌月末支払いなど)方が多く、すぐにお金が必要なときには向きません。

逆にイベント設営などの肉体労働や深夜の交通量調査などの日雇いバイトは日払いでお給料をくれることが多い傾向にあるので、すぐにお金がほしい方はちょっとキツめのバイトを探すといいかもしれません。

もちろん事務系でも日払いのものもありますが、人気が高くすぐに人員が埋まってしまうこともあるようです。

今後のために派遣会社に登録しておくのも十分アリ

今後も継続的に日雇いバイトをしたい、と考えているのであれば派遣会社に登録するのも手です。

登録しておくことで自分でその会社にきた案件の中から自分がやりたいものを選ぶことも出来ますし、会社によって多い案件など傾向があるので、自分の働きたい内容にあった仕事を探しやすくなります。

ただし、「派遣切り」の影響により、「日雇い派遣」は以下のいずれかの条件を満たす方以外は受けることができなくなりました。

  • 年齢が60歳以上
  • 学生(雇用保険の適用を受けない学生に限る)
  • 年収が500万円以上
  • 世帯収入が500万円以上で主計者でない(夫が年収500万円以上で扶養対象となる妻など)
  • 行う仕事が日雇い派遣原則禁止の例外となる業務

最後の日雇い派遣の例外となるのは「ソフトウェア開発」や「ファイリング」「調査」「受付・案内」などです。

肉体労働系(軽作業など)は日雇い派遣NGなので、日払いバイトのために…というのならあまりいい選択肢ではないかもしれませんね。

方法2:友人や親にサポートしてもらう

いやらしい話ではありますが、一番「ラク」な方法と言えるのが、この「親しい人にサポートしてもらう」…つまり、お金を借りることで必要なお金を工面する方法です。

「時間がなくて日雇いバイトも出来ない」「とりあえずこの瞬間を乗り越えれば、給料日までなんとかなる」というケースであればかなり有用と言えるのではないでしょうか。

ただし当然ですが、リスクはゼロ…というわけではありません。他の方法に比べるとリスクは低いものの、自分の身の振り方によっては他の方法を圧倒するような大きなリスクを抱える可能性があります。

人間関係において最重要とも言える「信頼」を失わないような行動を心がけることが大切ですね。

お金が必要になる理由は素直に話そう

お金を借りる相手が親であろうと、親友であろうと、恋人であろうと、お金が必要になった理由は素直に話しましょう。

たとえそれが後ろめたい理由(ギャンブルでスってしまった、など)でもです。

ついつい後ろめたい理由ですと「話したらお金を貸してくれないだろうな」と思ってしまい、お金を貸さざるを得ないような理由を作り上げたくなりますが、そのためにウソをつくと、ウソがバレてしまったときに大きな不信感を相手に与えてしまいます。

ウソはどこからバレるかわかりません。お金が必要で借りたい、ということはいわばその時点の立場は下なのですから、真摯にお願いすることが大切です。

返すあてが出来たらすぐに返済!お礼の気持も添えて

お金を「貰った」なら別ですが、借りているのであれば当然ですが返済しなければいけません。

親しい人だと「いつになったらお金を返してくれるんだろう?」と思っていても、「お金いつ返してくれるの?」と聞くのはやはりはばかられます。

「もしかしてお金を借りたことを忘れているのでは?」と思いながらも「自分からお金を返せと言うなんてお金に汚い人間に思われたら嫌だな」という心理が働き、なかなか言えないものです。

そこにつけこんでお金を貸しても全然返さない人もいますが、やはりそのような人相手ですとだんだんとお金を返してくれなくなりますし、それどころか付き合いまで見直される可能性も十分にありえます。

お金を借りたのであれば、返すめどがついたらすぐにお金を返しましょう。返す時にお金にちょっと余裕があるのでしたらお茶を奢ったり、贈り物を添えたりと感謝の気持ちを表すことも絶対に忘れてはいけません。

もちろん返すだけで精一杯ということもあると思います。そんな時は「本当に助かった」としっかりと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

やはり感謝されて嫌な気持ちになる人はいないですし、きちんとお金が返ってくることで安心できます。そうなると「また何か困ったことがあったら言ってね」など、お金に限らず次の援助も受けやすくなります。

相手がお金に困った時は恩を返すことも忘れずに

逆に、以前お金を借りた相手が当時の自分と同じようにお金に困っていて「お金を貸してくれないか」とヘルプを求めてくることがあるかもしれません。

もちろんその時に自分の財布に余裕がなければ断るしかありませんが、多少余裕があるときは前にお金を貸してくれた恩を返すような気持ちでサポートしましょう。

もしお金を貸すことが出来ないときも、ただ「ごめん余裕ない」という返答では「昔自分は貸したのに、そのことは覚えてないんだな…」「自分はお金を借りるくせに人には貸さない薄情な人間なんだな…」と思われてしまうかもしれません。

貸せない時も「今月車で事故ってお金がなくて」などきちんとお金を貸せない理由を話すことで「じゃあ仕方ないね」と相手も引いてくれるはずです。

ただ、「前お金を貸してくれたから」と自分の生活を切迫させてまでお金を貸す必要はありません。あくまで余裕があれば、でOKだと思います。

「借用書」を作ってきっちり管理することで相手も安心する

しばらくお金を返せそうにない時や、責任を持ってお金を借りることを証明するために「借用書」を作るのも手です。

借用書はいくら借りたか(利息をつけるばあいいくらか)などを記載し、借りた人が貸した人に提出するものです(借りた人はコピーをもらいます)。文面もシンプルですので扠さットパソコンで作ることが可能です。

もう少し本格的なものであれば「金銭消費貸借契約書」を作ってもいいでしょう。ただ、これは借り主と貸主の署名が必要であったりと借用書に比べると少々作るのが手間です。

親しい間柄で交わすものであれば、借用書くらいで十分かと思います。

方法3:小さい会社なら可能性も高い?「給料の前借り」

この方法はあまり気が進まない…という方も多いかもしれません。が、お金が本当に必要で困っているなら背に腹は変えられません。

友人や親からのサポートを受けることが出来ず、お金が工面できない…となったら、他に頼れるところと言えば勤めている会社、ではないでしょうか。

しかし前借りなんてなんか恥ずかしいし、そもそも前借りなんて出来るの?と疑問に思うこともあるでしょう。

昔のドラマなどではよく見た「お給料の前借り」ですが、現代ではそのようなことが可能なのか?可能だとしたらどれくらい出来るのか?といった点を考えてみましょう。

会社によって前借り出来るかどうか決まる

結論から言ってしまえば、お給料を前借り出来るかどうかはその会社に依るところが大きいです。

なぜなら、給料を支払う会社側に対して、きちんと毎月定期的にお給料を支払っていれば(つまり一般的な月給を貰える体制であれば)前借りに応じる必要はないからです。

身も蓋もない話ですが、やはり大きな会社に比べると社長と顔を合わす機会が多く、かつ家庭の事情などを把握してくれているケースが多い中小企業の方が借りられる確率が高い、と言えるのではないでしょうか。

どのような規模の会社であってもその会社での「働き方」を定めている「就業規則」の中で「前借りは禁止」と記載されていたら、後で説明させていただきます「例外」を除いてはどう頑張っても前借りは出来ないと考えていいでしょう。

ただし、社長が事情を聞いて個人的にお金を貸す…というケースはまた別です。

特定の状況の際は前借りOKと法律で決められている

先程、会社側は給料の前借りに応じる義務はない、と書きましたが、会社が前借りに応じなければならないケースもあります。

それは、労働基準法第25条に定められているもので、以下のようなケースが該当します。

  • 本人(または妻)が出産する場合
  • 本人(または家族)が急な病気で入院したり手術を行う場合
  • 本人(または家族)が災害によりお金が必要となった場合
  • 本人(または家族)がやむを得ない事情によって1週間以上帰郷する場合

見ていただければわかります通り、緊急でお金が必要になる状況であれば、会社は前借りを求められた場合応じなければならないということですね。

残念ながら、生活費の不足は前借りの対象とはなりません。

注意!働いていない期間の前借りは不可能!?

ここで注意しなければならないのは、「どれくらいまでの前借りが可能か」という点でしょう。

これは非常に明確で、「以前の給与計算日から前借りをした日まで」です。

毎月月末が締め日の会社を例にしますと、7月5日に前借りのお願いをしてOKが出た場合は「5日分」の給与の前借りが出来るというわけですね。

「むしろ1ヶ月分くらい前借りをしたいんだけど…」と思う方もいると思います。やはり、前借りというと「7月分を前借りしたいです」というイメージになりますよね。

しかしそれは出来ません。なぜならこちらも法律で厳しく決められているからなんです!

先程、緊急時であれば前借りに応じなければならない、と労働基準法で定められていると説明しましたが、そちらも含めて「前借り」が可能なのはあくまで「既往の労働」のみです。

「既往の労働」とは、「すでに働いた分」ということ。つまり、今後働くであろう分のお金を前借りすることは出来ないんですね。

「前借りをしたからといって会社を辞めることはないのに、どうして前借り出来ないの?」という疑問にお答えしますと、先程の例で言えば「7月分すべてのお給料を前借りしたいです。返済は給料から天引きで!」と申し出たとしましょう。

もしこれで会社側がお金を貸すことにOKしてしまうと、「前借りしたお給料の分働かなければならない」という状況になり、法律上は「強制労働を課している」ことになってしまうからなんです。

働く(はず)の分のお給料を前借りしたのだからきちんとお給料分働かなければならない、という行為が労働基準法違反に該当するというわけですね。

ただし、給与から相殺という形ではなく、会社からお金を借り入れて返済するという形であれば給与分の前借りも可能です。 これは親や友人と同様に、会社から借金している状態なので労働基準法にも違反しません(退職しても借金の返済義務は残ります)。

社内制度があれば有効に利用しよう

会社によっては福利厚生のひとつとして、かなりの低金利でお金を貸してくれる制度(共済など)を設けているところもあります。

会社に対して借金がバレてしまうのは嫌だ、という気持ちもあるかとは思いますが、有効に制度を使えるのもその会社に勤めている人のメリットと言えます。

前借りを会社に頼むよりはハードルも低いですし、きちんと返済すればいいだけの話ですので、使える制度があるなら積極的に利用を考えてみてはいかがでしょう。

方法4:運転免許証さえあればすぐに借りられる!?「カードローン」

すぐにお金を手に入れる(借りる)ことが出来る手段…と言えば、「カードローン」でしょう。

この方法はいうなれば「日雇いバイトで働く」必要も、「親や友人にお金を無心する」必要も、「会社にお金がないことがバレる」こともない、「こっそりお金が必要なのでどうにかしたい」という方の要求をすべて叶えてくれるといっても過言ではない方法かもしれません。

とはいえ、誰でも簡単にお金を借りることが出来る…というわけではないですし、あくまで「お金を借りている」だけなのできちんと返済しなければならないことは心に留めておきたいですね。

主に「消費者金融」と「銀行系」の2種類のカードローンがある

カードローンとひとまとめに考えがちですが、「どこのカードローンを利用するか」は非常に重要です。

細かく分類すればキリがないのですが、大まかに「消費者金融系」と「銀行系」に分類することが可能です。銀行系の中でも「信用金庫」や「地方銀行」はさらに個性が出る内容となっています。簡単ではありますが違いを以下にまとめました。

項目 消費者金融 大手銀行 地方銀行等
利用限度額 200~800万円 200~1,000万円 20~300万円
金利 3.0%~18.0% 1.8%~15.0% 2.0%~10.0%
その他 ・無利息期間有が多い ・即日利用可が多い ・金利優遇あり ・即日利用可が多い ・金利優遇あり ・居住地方など制限有 ・即日利用しにくい

ざっと特徴を分類したものですので、金利や利用限度額などは当然ながら企業によって違います(地方銀行でも18.0%の金利で貸すこともあります)が、全体的な傾向はこのような感じです。

消費者金融や大手銀行系カードローンは即日利用可能なところが多いですが、地方の金融機関は金利などが低い分利用できるようになるまでの期間が長く、「お金がすぐに必要」という方には不向きなのが残念なところですね。

「即日利用」を狙うなら消費者金融や大手銀行カードローンを

よって、「できるだけ早くお金を借りたい」「その日のうちいお金を借りたい」と思うのであれば、「即日融資OK」と明記されているカードローンに申し込むべきです。

ただ、銀行系カードローンの場合は「すでにその銀行の預金口座を保有しているならば即日利用可能」としているところも多いので注意が必要です。

申し込む前に、「どのような条件を満たせば即日利用が可能なのか」をしっかりとチェックしておくべきですね。

また、即日融資の方法として「銀行振込」があります。これは契約終了後、振込融資をお願いすることで直接預金口座に必要額を振り込んでくれるというサービスですが、こちらも利用するには気をつけなければいけない点があります。

それは「時間」。銀行は15時に閉まります。15時以降の振込は翌日扱いになってしまうことは日本に住んでいれば常識の範疇として持っている知識でしょう。

もちろんこれは振込融資に対しても同様です。会社によっては「13時までに振込融資の手続きをしなければそれ以降の振込は翌日扱い」となることも。振込融資ですぐにお金を借りるなら、午前中までには契約を完了させておくほどのスピーディーな行動が必要なんです!

しかし、振込融資しか即日融資を受ける方法がないわけではありません。契約後、自動契約コーナーや店頭で「カード」を発行すれば、それを利用して銀行やコンビニのATMでお金を借りることが出来ます。

急にお金が必要になったのがお昼過ぎであれば、カードを発行してお金を借りる方向にシフトしたほうがいいでしょう。

無利息期間を利用すれば利息0円でお金を借りることも可能!

先程、消費者金融には「無利息期間サービス」を提供していることが多いと表に記載しました。

無利息期間とは、その名の通り初回の借り入れ日(または契約日)から一定の期間(多くは30日)、借りたお金の利息を0円にするというサービスです。

「ノーローン」という繰り返し無利息期間が利用できるところを除けば、基本初回契約時しか使えないので1回しか使えない技ではあるのですが、無利息期間以内に完済すれば、利息を1円も払うことなくピンチを乗り切ることも可能です。

一度契約しておけば24時間利用可能なのも心強い

カードローンは、一度契約すれば基本的に毎年自動更新となりますので、特別な手続きなどをしなくてもずっと使い続けることが出来ます(ただし、満65歳~70歳を迎えると更新終了となります)。

当然ながらお金を借りていなければ何も支払う必要はないので、また急にお金が必要になった時に改めてお金を借りる、なんて使い方も可能です。

カード発行タイプのカードローンであれば、提携しているコンビニ・銀行ATMで24時間お金を借りることが出来る利便性の高さもカードローンの魅力と言えるでしょう。

必要な金額だけ借りる・できるだけ早く返済を心がける

非常に便利なカードローンですが、「お金をいつでも借りられる」と思ってしまうと無駄遣いしてしまったり、お金を借りる必要もないのに借りてしまう…なんて行動をとってしまう方も中にはいます。

当然借りているだけなので返さなければなりませんし、金利も以前より低くなったとはいえそれでも決して低いとは言えません。

本当に必要な額だけ借りる、借りたらできるだけ早く完済することを心がけ、長期に渡って毎月返済しなければならない…という負担を作ることはできるだけ避けるようにしましょう。

「すぐにお金を工面する」にも様々な方法が。負担が少ないものを選ぼう

すぐにお金が必要な時は、時間に余裕がないため取れる手段が限られてしまいます。

そのため中にはリスクが大きい解決方法も含まれていますので、「自分の環境・立場においてはどの方法が最善なのか?」を判断する能力が必要になると言えるでしょう。

日雇い(日払い)バイトはその日のうちにお金をもらうことが出来ますが、その分ハードな仕事をしなければならないリスクがありますし、時間も削ることになります。

親や友人からお金を借りるのは利息も付きにくく、返済期間についても余裕が取れるケースが多いのでリスクは一見少ないですが、誠実に対応しないとお金を貸してくれた人だけでなく、その周りの人にも影響を与えるというリスクがあります。

前借りは、会社の人に知られるかもしれない、社長などから「お金にそんなに困ってるのか」と思われるなど社会的なリスクが高く感じますし、前借り出来る分もタイミングによっては非常に少ないので使い所が難しいというのが実情です。

最後のカードローンは、きちんと働いていて収入があれば(利用限度額によっては)運転免許証さえあればすぐに借りることが出来ますし、家族や会社にもバレません。その日のうちにお金を借りることも可能です。

ただし必ず利息を支払わなければならず、お金を借りすぎるとその分負担も大きくなり、多重債務や自己破産というリスクを負う可能性もあります。

いずれの方法もメリットだけではなくデメリットも必ずあります。その中でも自分にとって一番負担が少ないと思える方法を取って、急な金欠を乗り切りましょう!

カードローンの返済額は低いほうがいい?返済額と借入期間の関係

最近では若者からシニアまでカードローンを利用する人が増えています。と言いますのも、一昔前よりもカードローンは手軽で安全になり、誰でも利用しやすくなったからです。しかし、あまりに手軽に利用できるためカードローンのこと...

続きを読む

携帯滞納ではカードローン審査に落ちるのか!?詳しく説明

今すぐお金が必要なとき頼りたくなるカードローンですが、審査に通るかどうかというのは最も気になるところです。カードローンの審査はその他のローンに比べると比較的通りやすいと言われていますが、もちろん審査に落ちることもあ...

続きを読む

カードローン審査の通過率はどれくらい?通りやすい借入先を選びたい

今すぐお金が必要というときにまず検討したいのがカードローンですが、気になるのが審査です。とくにカードローン初心者の方は自分が審査に通るかどうか不安を感じます。良い条件の商品でも審査に通らなければ借入することはできま...

続きを読む

カードローン利用者はどんな人?最近増えつつある女性利用者に注目!

今すぐお金が必要というときに強い味方となってくれるカードローン、最近では利用者もぐんと増えました。そもそもカードローンは一昔前はサラ金と呼ばれるくらい利用者の大半はサラリーマンだったのですが、現在では決してそんなこ...

続きを読む

医療費入院費が払えない!国の支援や民間ローンについて詳しく説明

突然病気になったり、けがをしたりというのは誰の人生でも起こりうることです。そこで問題なのが治療費や入院費などの医療費です。年を取ればなおさら病院にかかる機会が増え、医療費もかさみます。 もし病気やケガで長期入院す...

続きを読む
12345...10...
トピックス
ページトップへ