今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 未成年ではカードローンNG!他にお金を工面する策を考えてみた

未成年ではカードローンNG!他にお金を工面する策を考えてみた

今すぐお金が必要という状況は誰でも経験したことがあると思いますが、それは高校生など未成年でも同じことです。若者は交流範囲も広いですし、いろいろな経験をしたいと思うのは不思議なことではありません。

交際費、食費、レジャー費、学費など未成年もお金のかかることは沢山あります。もちろん大半は親が支払ってくれますが、親の経済状態があまりよくなかったり、親と関係が悪かったり、あるいは親には知られたくないという人は自分でお金を工面しなければなりません。

しかし、現実には未成年がお金を工面するのは決して簡単なことではありません。未成年がお金を工面するにはどのような方法があるのでしょうか。最近巷で人気のカードローンは果たして未成年でも利用することができるのでしょうか。

こちらの記事では未成年がカードローンを利用することは可能なのかどうか調べてみました。未成年がカードローンを利用するのが難しいのではあれば、他にどのような方法があるのかもご紹介したいと思います。

未成年でお金に困っている方はぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

まずはカードローンの申込条件をチェックしてみよう!

未成年がカードローンを利用できるかどうか知る前にまずはカードローンについて詳しく把握する必要があります。若者がカードローンを利用する場合、その仕組みやルールなどを知らないまま借入してトラブルに発展することも少なくありません。

カードローンは沢山のローンの中でも審査が速く、通りやすいのが特徴です。パートやアルバイトでも手軽に利用することができます。カードローンは設定された限度額内で自由にお金を借りたり、返したりすることができます。必要な時に借りて、余裕のあるときに返す、など自分のペースで利用できるのが人気の理由です。

申込条件

カードローンの申込条件をチェックしてみましょう。カードローンの主な申込条件はたった2つです。

  • 満20歳以上であること
  • 安定かつ継続した収入があること

もちろんハイスペックな商品になると、一定の収入以上や保証会社の保証が得られることなどの条件も付け加えられます。

しかし、ここで問題なのが未成年です。

未成年ということは満20歳未満ということになり、カードローンの利用条件を満たすことができません。

この時点で未成年のカードローンの利用は難しいということになります。

未成年が借入できないのは、未成年には返済能力や責任能力がないということが大きいでしょう。未成年の多くはなんらかのアルバイトをしていると思いますが、あくまでも学業がメインなので収入といっても数万円程度と考えられます。それでは返済能力が充分とは言えないのです。

また未成年は借りたお金を返さないとどうなるかということもきちんと理解していません。返済が遅れたり滞ったりすれば信用情報に傷がつき、将来ローンを組んだり、クレジットカードを作るのが困難になります。

もちろん親に内緒でカードローンを利用しようとする未成年もいると思いますし、そうなると親も黙ってはいません。過去には未成年にお金を貸した業者が訴えられたこともあります。

そのようなトラブルを避けるため、また未成年の利益を守るためにカードローンの利用は満20歳からというのがルールなのです。

未成年の借入は難しそう!満20歳になるまではぐっと我慢

残念ながら未成年のカードローン利用は難しいということがわかりました。しかし、時間は案外早く経つものです。満20歳になればカードローンの利用が可能となります。

もしも満20歳で学生であれば、おすすめなのは学生向けカードローンです。

学生向けカードローン

学生向けカードローンについてあまり知らない人もいるかもしれませんが、主に高田馬場などの学生街に店舗を構える学生を対象としてカードローンです。学生向けカードローンの特徴を見てみましょう。

  • 金利が低い
  • 限度額が低い
  • 基本的には来店融資
  • 学生割引やキャンペーンがある
  • 利息のみの返済も可能
  • 卒業後も継続して利用できる

学生向けカードローンは一般のカードローンに比べお金のない学生を優遇するサービスがあります。第一に金利が低いということ。

一般的なカードローンの金利が17%~18%というのに対し、学生向けカードローンの場合16%台の商品もあります。

また学生が返済に行き詰まらないように限度額は数十万円に抑えてあります。

一般向けのカードローンのほとんどがインターネット申込を採用しているのに対し、学生向けカードローンは来店融資が基本です。きちんと本人に会ったうえで審査をし、返済についてもきちんと説明し納得してもらった上で貸付を行っています。

学生向けローンの魅力は学生割引やキャンペーンを実施していることです。友達を紹介すると金利が引き下げになったり、ご当地キャンペーンなど一部の地域を対象にギフトカードなどの進呈があるなど、学生には嬉しいサービスが満載です。

またお金のない学生が無理なく返済ができるように、在学中は利息のみでOKという借入先もあります。

学生向けカードローンは低金利で返済も厳しくありませんが、毎月きちんと返済をしないと信用情報に傷がつくという点では通常のカードローンと変わりありません。

なかなか魅力的な学生向けカードローン。未成年の方はあと数年、満20歳になるのを待ってぜひ利用してみてください。それまではアルバイトでまかなえる範囲でお金を工面することをおすすめします。

未成年がお金を工面するためにはどんな方法がある?

しかし、今すぐお金が必要という深刻な状況の未成年の方もいると思います。そんな方はカードローン以外にお金を工面する方法を知りたいですよね。お金を工面するその他の方法について簡単にご紹介しましょう。

日払いのアルバイトをする

学業の合間に高校生など未成年でもできるアルバイトは多数あります。

アルバイトの中には日払いや週払いが可能なものもあり、今すぐお金が必要というときにはおすすめです。

とくに学生なら家庭教師のアルバイトはどうでしょうか。その場でバイト代を支払ってもらえる場合が多いので助かりますね。

親に借りる

親に借りれないから他の方法を探しているんだと言われてしまいそうですが、本当に必要な出費であるなら親に相談するのが一番です。親に相談できないような使い道であるのなら、そもそも本当にお金が必要なのか、有意義なことに使われているのかということを考えた方がいいでしょう。

不用品を売る

学生なら本やゲーム類が部屋に沢山あるのではないですか。それなら古本屋やリサイクルショップで不用品、中古品を売ることですぐに現金を手に入れることができます。

ゲームや古本古雑誌の中にはプレミアのつく商品もありますので、相場をチェックしできるだけ高く買い取ってもらいましょう。

未成年のカードローン利用はNG!20歳まで待つか他の方法を考えよう

未成年の中には今すぐお金が必要という方もいて、どのようにしてお金を工面すればいいか頭を悩ませています。未成年の方がとくに気になるのはカードローンです。限度額内で自由に借入できるカードローンは魅力的ですが、残念ながら利用条件は満20歳以上となり未成年の利用は不可となります。

それならとりあえずは日払いのアルバイトや不用品を売るなどの方法でお金を準備し、カードローンの利用は満20歳になるまで待ちましょう。満20歳でアルバイトなどで収入があればカードローンの利用が可能となります。

満20歳以上で学生の方は学生のためのお得なカードローン、学生向けカードローンを利用することができます。一般より金利が低い、無理のない返済ができる、キャンペーンを実施しているなどなにかとお得な学生向けローンをぜひチェックしてみてください。

カードローンなどでお金を借りるということは返済義務があり、責任能力が問われます。借金の意味を理解しないまま借入しトラブルになると、信用情報に傷がついてしまうこともあります。満20歳まで待って、無理のない借入をすることが大事です。

トピックス
ページトップへ