今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 医療費入院費が払えない!国の支援や民間ローンについて詳しく説明

医療費入院費が払えない!国の支援や民間ローンについて詳しく説明

突然病気になったり、けがをしたりというのは誰の人生でも起こりうることです。そこで問題なのが治療費や入院費などの医療費です。年を取ればなおさら病院にかかる機会が増え、医療費もかさみます。

もし病気やケガで長期入院することになった場合、医療費が払えるかどうか不安を感じた経験は誰にでもあります。これまで健康が自慢だった方もこれからずっと病院とは無縁とはいかないはずです。

高額な医療費が払えない場合にはどうしたらいいのでしょうか。治療や手術をしてもらえず死んでしまうのでしょうか。安心してください。そんなことはありません。様々な国からのサポートもありますし、お金を工面するための方法もあります。

お金がないと病気がケガをした際にどうなってしまうのだろうという不安は誰にでもあります。その不安を解消するために医療費が払えない場合にどのような支援が受けられるのか、お金を用意するためにどうしたらいいのかということについて調べてみました。

今現在病気やケガで苦しんでいる人、また今後について不安な人はぜひこの記事をチェックしてみてください。

病気やケガをしたら医療費っていったいいくらかかるの?

病気やケガはしたくないなと思っていても、人はいつどのような病気になるのか予測できません。日ごろから健康に気を付けている人でさえも病気になってしまう可能性はかなり高いのです。

病気やケガで気になるのが治療費や入院費などの医療費です。もちろんみなさん保険に加入していますが、保険に入っていても3割負担は当たり前です。ちなみに自治体によっては子供の医療費は無料というのが少なくありません。

まず知りたいのは病気になるとどのくらいお金がかかるのかということです。病気の種類や病院によって若干金額は異なりますが、おおよそいくらかかるのか調べてみました。

日本人に多い病気というと、癌、肺炎、脳梗塞、糖尿病、ヘルニア、子宮筋腫などが挙げられます。いずれも症状や治療方法、手術方法などによって金額も変わってきます。おおよその治療費ですが、癌や脳梗塞などは20万円弱、肺炎やヘルニア、糖尿病などは12万円程度かかります。最新の治療法を受ければ少し金額が上がることもあります。

入院費用は入院期間が差額ベッドの費用などによって異なります。1週間~2週間入院するとおおよそ50万円から80万円かかります。入院期間は20日というのが平均で、一日当たりの入院費用は1万~2万円となっています。

こうしてざっと調べてみるだけでも病気やケガで入院ということになると経済的な負担ははかりしれません。支払いができるのか不安を感じているのはあなただけではないのです。

医療費を支払えないとどうなる?

病院に入院し、治療や手術を受けた場合、退院時に支払いをしなければなりません。お金がなくて支払いができない場合はどうなるのでしょうか。

患者が退院に支払いができない場合、病院や弁護士から後日請求書が送られてきます。それでも支払いがされない場合には内容証明などが送られてくることもあり、最悪の場合裁判となり、財産や給与の差し押さえということにもなります。

ただし、支払いできないからと言って病院は診察を拒否することはできません。

退院時に支払いができなくても、引き続き通院による治療を受けることは可能です。

医療費・入院費が払えない!どのような支援や制度があるの?

もちろんみなさん治療を受け病気を治したいのでできればきちんと支払いをしたいと考えていますが、お金がなければ払うことができません。とくに医療費に関しては高額になることが予想されます。

医療費の支払いが難しい人は国か支援または補助してくれる制度がいくつかあります。

高額療養費制度

高額療養費制度とは所得に応じて設定された金額を超えた分の医療費が支給される制度です。

条件を満たせばさらに自己負担額が少なくなります。

高額療養費貸付制度

病院で治療を受けたり入院した場合には、限度額を超えた分の還付を受けることができますが、請求して支給されるまで3,4カ月かかることもあります。退院の際にはいったん自己負担となりますので、お金の工面ができないということもあり得ます。

そんなときは高額療養費貸付制度を利用して、国民健康保険などから直接病院へ支払ってもらうことができます。

貸付までの期間がスピーディなことや無利子で借りられるのが魅力です。

傷病手当金制度

傷病手当金制度は会社勤めの方のための制度で、国民健康保険以外の方に適応されます。病気やケガで会社を休み、十分な報酬を受けられないときの場合に支給されます。

手当支給のためには仕事に行けない日が3日以上連続し、その間給料が支払われないなどの条件が必要となります。

4日目から最長1年6カ月間支給されます。

一部負担金減免制度

一部負担金減免制度とは災害や会社の倒産、失業、病気やケガなどで生活が困難になった場合に、治療費や入院費などの医療費が減額または免除される制度です。

保険者である市町村によって条件や内容が異なりますので、役所などにお問い合わせください。

以上のように医療費の支払いが苦しいという場合には、支払いをサポートしてくれる様々な制度があります。なにかしら解決法はみつかると思いますが、それでも十分ではないという場合には、お金を工面するその他の方法についても検討しなければなりません。

カードローンなら医療費の急な出費にも対応してくれる!

医療費の支払いをサポートしてくれる様々な制度がありますが、それでも支払いが厳しいという方はその他のお金を工面する方法を検討しなければなりません。家族や知人にお金を借りたり、クレジットカードを利用するなどの方法もありますが、おすすめはカードローンです。

カードローンをおすすめするのはいくつか理由があります。スピーディで手軽なカードローンはすぐに必要な医療費をカバーするのに最適なのです。

審査は最短30分即日融資が可能

カードローンの最大の魅力は手間がかからずスピーディに借入できることです。

カードローンの申込は審査は最短30分で平日14時までに手続きが完了すればその日のうちに融資を受けることができます。

必要書類も限度額が低ければ本人確認書類のみで問題ありません。カードローンなら医療費の支払いのために今すぐお金が必要な場合でも対応してくれます。

審査に通りやすい

どんなローンも審査に通らなければ利用できません。いろいろなローンがありますが、とくにカードローンは審査に通りやすいことで知られています。

審査の際には、年収、勤務先、過去の借入歴などをチェックします。過去の借入歴は信用情報を確認すればわかります。安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査に通る可能性が高いです。

サービスが満載

カードローンのもう一つの特徴は他のローンにはないサービスがあることです。銀行も消費者金融も個人向け融資に力を入れていますので、魅力的なサービスを提供してくれます。

例えば、返済日を教えてくれるお知らせメールや各種手続きができる会員専用ページ、一定期間利息が無料になる無利息サービスなどがあります。

自動契約機もありますし、提携ATMの台数も多いので不便を感じることはまずありませんカードローンならスピーディにそして快適に利用することができます。

カードローンが人気の理由についてご理解しただけたかと思います。カードローン会社を選ぶ際には金利、限度額、サービス、審査の難易度などをチェックして自分に合った借入先をみつけましょう。

国からの支援だけでは充分でないならカードローンも検討して

年齢とともに避けることができないのが、治療や手術、入院などの医療費です。今までは健康が自慢だった人もこれからは病院にかかる機会も増えてきます。また病気やケガは予期できないものなので、突然お金が必要になるということも考えられます。

経済的に余裕のない人は治療費が払えないことを不安に感じるかもしれませんが、国から様々なサポート制度があります。所得に応じて設定された金額を超えた分の医療費が支給される高額医療費制度や仕事に行けず報酬を得られない時に手当を受給できる傷病手当金制度などがあります。

しかし、制度を利用しても支払いが厳しい場合にはカードローンの利用も検討するべきです。カードローンは手軽にスピーディに借入できる無担保ローンのことで、医療費など急な出費にも対応してくれます。

審査も通りやすく、サービスも充実しているカードローンは医療費の支払いに困ったときの強い味方です。

トピックス
ページトップへ