今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの返済額は低いほうがいい?返済額と借入期間の関係

カードローンの返済額は低いほうがいい?返済額と借入期間の関係

最近では若者からシニアまでカードローンを利用する人が増えています。と言いますのも、一昔前よりもカードローンは手軽で安全になり、誰でも利用しやすくなったからです。しかし、あまりに手軽に利用できるためカードローンのことをきちんと把握せずに利用している人もいます。

カードローンに関する重要事項といえば、審査のこと、借入のこと、返済のことなどが挙げられます。今回はとくに一歩間違うと大きなトラブルに発展するリスクのある返済について詳しくご説明したいと思います。

カードローンでお金を借りた場合、毎月所定の金額を返済する義務があります。カードローンのいいところは無理なく、できるだけ負担を軽減できる返済方法を選ぶことができる点です。

毎月きちんと返済できるか不安という人の中には最低限の返済しかしない人もいます。しかし、毎月の返済額が少ないのは本当に良いことなのでしょうか。確かに負担が少ないというメリットはありますが、果たしてデメリットはないのでしょうか。

こちらの記事では毎月の返済について、とくに返済額や返済計画にスポットをあててみました。スムーズな完済を目指すにはどうしたらいいか一緒に考えてみましょう。

カードローンを利用する際には必ず返済について確認すること

カードローンを利用する際には審査や金利、サービスなどはチェックするけど返済についてきちんと理解していないという人が少なくありません。借入後にトラブルを起こさないためには申込前に返済について確認することを怠ってはいけません。

返済方式

カードローンの返済にはいくつか方式があります。選ぶ方式によって毎月の返済額が変わってきます。

カードローンの返済方式として多く採用されているのが、残高スライドリボルビング方式と元利均等方式です。

残高スライドリボルビング方式とは毎月の借入残高に応じて返済額が決定する返済方式です。カードローンの多くはこの返済方式を採用しています。カードローンは通常のローンとは異なり追加借入があるため残高スライドリボルビング方式が都合がいいのです。

残高スライドリボルビング方式は毎月の返済額が少ないのが特徴です。例えば1万円~10万円の借入の場合、毎月の返済額は4000円程度で済みます。毎月の返済額が少ないので安心ですが、完済まで長い時間がかかってしまいます。

もう一つの返済方式は元利定額返済方式です。元利定額返済方式では、毎月一定の金額(元金+利息)を支払ことになります。毎月の返済額が一定になるので、お金の管理がしやすいのが特徴です。

一方で元金定額返済の場合は、毎月の元金が固定されていてそこに利息が加わります。元金が減るとともに利息も減りますので、返済が進むにしたがって返済額が減っていくので返済開始当初の方が負担が大きくなります。ただし、元利定額返済方式よりも支払う利息の総額は少なくて済みます。

返済方法

カードローンの返済方法は借入先によって異なります。大手銀行や大手消費者金融の場合は返済方法の選択肢も豊富です。おもな返済方法は以下のようになります。

  • 店頭窓口
  • 銀行振込
  • インターネットバンキング
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • 現金書留

大手銀行や大手消費者金融は提携ATM数が多く、日本全国どこにいても返済できるので便利です。

また口座振替なら返済忘れを防ぐことができます。

返済日

返済日は借入先によって異なりますが、複数の指定日から選ぶことができる場合、都合のいい日を選ぶことができる場合があります。

口座振替を利用する場合には、返済日が指定されていることもあります。任意で返済日を選ぶことができる場合、給料日直後を選ぶと残高不足を防ぐことができます。

リボルビング返済の落とし穴とは!?

先程、カードローンの返済はリボルビング方式を採用していることが多く、毎月の返済額が少ないのが特徴であるという話をしましたが、リボルビング返済の落とし穴についてもう少し説明しましょう。

返済期間が長引くと支払う利息が多くなる

リボルビング払いは毎月の返済額が少なくて済むのが特徴ですが、返済額が少ないということは元金もなかなか減らないということです。元金が減らなければ毎月支払う利息は多く、一向に借入残高は減りません。

確かに毎月の返済額が少ないのは嬉しいことですが、少ない金額を長期間支払うことで結局は通常よりも多く利息を支払うことになります。幸い、残高スライドリボルビング方式では繰り上げ返済が可能なケースが多いので余裕のある時に繰り上げ返済をして残高を減らう努力が必要です。

借入残高や返済金額がわかりづらい

カードローンを利用する人の中にはきちんと取引明細をチェックしていない人もいます。自分が今いくら借りていて、毎月元金と利息がどれくらい減っているのか把握していますか。借入残高をきちんと把握していないと、ついつい深く考えず追加借入を繰り返し、借金が膨らんでいるということにもなりかねません。

自分の取引状況を毎月必ずチェックしましょう。そのために便利なのがWEB明細です。

WEB明細ならインターネットの会員ページから取引の詳細を好きなときに確認することができます。

毎月の返済をチェックするようになると、おのずと追加借入を控えたり、多めに返済したりと完済への道のりが見えてくるはずです。

もしも返済に行き詰まったらどんなペナルティがある!?

返済に関してもう一つ気になるのが、返済できないとどのようなペナルティが課せられるのかということです。借りたお金を返すというのは、カードローンでもその他のローンでも当然の義務です。

返済のめどがたたないため返済日が過ぎてもカードローン会社に連絡しないでいると、会社から登録した電話番号に電話が来ます。その電話を無視すると会社に電話がかかってきたり、自宅に通知が送られてきたりします。

連絡を絶ったからといって借りたお金を返さないでいいことにはなりません。放置すればするほど事態は悪い方向へ向かっていきます。最終的には債権が取り立て会社に回ったり、法的な手段を取られたりしてしまいます。

信用情報に傷がつく

私たちはローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすると申込内容、契約内容、取引内容が信用情報として残ります。信用情報は金融機関の間で共有され、ローン審査において重要な役割を果たします。

返済が遅れたり、滞ったり、債務整理や自己破産になると信用情報に傷がついてしまいます。

そして、今後のローン審査に影響を及ぼします。一度信用情報に傷がつくと、その記録は完済後5年ほど残ると言われています。信用情報に傷を付けないためにも返済トラブルは絶対に避けたいものです。

以上のように返済が滞ると今後本当に必要なローンを組めなくなったり、クレジットカードを作れなくなるなど不自由を強いられることになります。カードローン会社としても少額づつでも返済してもらいたいので、返済計画の見直しの相談に乗ってくれることもあります。

返済できないからと言って放置せずにまずは借入先に連絡して相談してみることが大事です。

無理のない返済も大事だけど返済期間を長引かせるのはNG

カードローンを利用する際には、審査や借入のことばかりではなく返済についてもきちんと把握しておく必要があります。返済方式、返済方法、返済日などは借入先によって異なりますので、申込前にきちんと確認しましょう。

カードローンの多くは残高スライドリボルビング方式もしくは元利均等、元金均等返済方式を採用しています。

残高スライドリボルビング方式は返済額が少なく負担が軽いの人気ですが、返済期間が長引くので元利均等、元金均等方式に比べると支払う利息が多くなります。

カードローンでよく利用されるリボルビング方式は借入残高の把握がしにくいことや利息が多くなることなどのデメリットがあることを知って、余裕のあるときには繰り上げ返済をすることをおすすめします。

繰り返し借入したり、長期にわたってだらだら借入するのではなく、返済計画にそって早めに完済する方が結果的にお得なのです。

トピックス
ページトップへ