今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 車ローンを滞納するとどうなる?最終的に車の引き上げもありえる!

車ローンを滞納するとどうなる?最終的に車の引き上げもありえる!

人生ではまとまったお金が必要となる場面が多々あり、様々なローンを組むことになります。その中でもとくに多いのがオートローンやマイカーローンなどと呼ばれる車のローンです。

車は車種によっては高額になりますので一括で支払う人は稀で、多くの人が銀行や信販会社の車ローンを利用しています。毎月数万円の支払いで念願のマイカーに乗れるということは夢のようですが、ローンを組む場合必ず返済義務があります。

返済に行き詰まって車のローンを滞納してしまう人は近年少なくありません。その他の出費がかさんでしまったり、収入が減ってしまうなどの事情で返済が厳しくなることもありますが、どんな事情があっても毎月の返済を免れることはありません。

車のローンを滞納すれば様々なペナルティを課せられ、また最悪の場合は大切な愛車を失うことにもなりかねません。一度くらいの滞納なら大丈夫などと安易なことを考えず、車のローンの返済は優先的に考えなければなりません。

もしも車ローンの返済を滞納したらどうなるのか時系列でご紹介します。また車ローンを滞納するとどのようなデメリットがあるのか、支払いのためにはどのようにしてお金を工面したらいいのかということについても触れてみたいと思います。

今現在車ローンの返済に行き詰まっているという方はぜひ参考にしてください。

車のローンを滞納するとどうなる?最悪車の引き上げも!

返済に行き詰まって車のローンを滞納してしまうのは決して珍しい話ではありません。不景気の影響もあって、多くの人が経済的な余裕を持てずにいます。しかし、どんな事情があろうとも借りたお金は契約通りに返済しなければなりません。

車ローンの返済が遅れるとどのようなことになるのでしょうか。返済日を一日でも過ぎて支払いがない場合はどのような経緯をたどることになるのかご説明します。

まず返済日に返済がされない場合、電話や通知によって催促が来ます。返済の目途が立たず電話に出ない人も多いので、通知書には再支払日が設定されていてその期限までにお金を口座に入金するようにと書かれています。

返済日を過ぎた最初の1カ月半は電話や通知によって支払いの催促が進みます。

車ローンの滞納の特徴は車の引き上げ(差押え)までとてもスピーディに行われるということです。

例えば住宅ローンの滞納の場合、最終的に家が競売にかけられるまでは約半年間の猶予があります。しかし、車ローンの場合は約3カ月で車が引き上げられてしまうケースがほとんどです。

車の引き上げまでの期間はローン会社によりますが、もしも返済の目途が立つようであれば待ってくれることもあります。

車の引き上げとは?

車の引き上げとは支払いができないため車を差し押さえる行為です。ローン会社が依頼して、業者がローン契約者の車を移動させます。車の引き上げに関しては事前に連絡がありますし、本人立ち合いのもとで行われます。

支払いの目途が立ちそうであればいったん引き上げても支払い後に車は返却されます。しかし、支払いが不可能という場合にはそのまま車は売却されてしまいます。

車が売却された場合には売却された価格とローン残高に差額があれば契約者は引き続き残高を支払わなければなりません。

車の引き上げを拒否することもできますが、拒否した場合には裁判に発展することもあります。もしも裁判で判決が下れば、拒否しても最終的には車は引き上げられてしまいます。そうなると裁判費用も負担しなければならないので、返済の目途が立たない場合には車の引き上げを拒否することはおすすめできません。

車のローン滞納している方は返済日を過ぎてからわずか3カ月程度で車が引き上げられてしまうことをお忘れなく。

車のローンを滞納するとこんなデメリットが!?

お金がないから車のローンは後回しなどと安易に考えていませんか。車のローンを滞納すると様々なデメリットがあり、損をすることの方が多いのです。

愛車を失う

前述の通り返済日を過ぎて3カ月程度経過すると車は差し押さえられて最終的には売却されてしまいます。ローンを滞納すれば当然ながら愛車を失うことになります。

安い値段で売却された場合差額が残る

ローン会社は支払いがされないと、車を引き上げ売却しそのお金を支払い分に充てます。車の売却はローン会社の判断で行われますので、通常よりも安い価格で売却されることもあります。

また売却された金額がローン残高よりも低い場合は差額を支払う必要があります。その際には再びローンが組み直されますが、車はないのにローンだけを支払うという悲しい結果になってしまいます。

信用情報に傷がつく

車のローンを滞納すると信用情報に傷がつきます。信用情報とは個人の金融記録のことを指しますが、クレジットカードやローンの支払い状況などが記録されます。支払いを滞納した場合には、各金融機関がどその事実を知ることとなり将来的にローンを組むのが難しくなります。

ローンを組んだ場合、完済後5年ほどは記録が残りますので信用情報に傷がつくととてもやっかいです。

遅延損害金がかかる

どんなローンにも当てはまることですが、ローンを滞納すると遅延損害金がかかります。
遅延利率は借入先によって異なりますが、車ローンの場合一般的に14.0%~20.0%となります。

例えば遅延利率が20%で100万円を30日間延滞した場合、

100万円×20%×30日間÷365日=16,438円となり、遅延損害金は16,436円にも上ります。すでに経済状況が苦しいところへこのような高額な遅延損害金は大打撃です。

以上が車のローンを滞納した場合にデメリットです。このようなデメリットを目の当たりにするとローン滞納は避けようという意識が強くなると思います。

車ローンの返済が厳しいと感じたらこんな方法で対処しよう!

それでは、車のローンを滞納しないためにはどうしたらいいのでしょうか。またやむを得ず滞納してしまった場合にはどのような対処法があるのでしょうか。

無理のない返済計画を立てる

車のローンの返済に行き詰まらないためには無理のない返済計画を立てることがとても大事です。

もちろん返済期間が長引けば支払う利息も多くなるのでできるだけ早めに完済したい気持ちはわかるのですが、無理な計画では返済に苦しくなる可能性があります。

とくにボーナス払いの場合、高額な金額を支払うことになりますので万が一ボーナス額が下がったり、転職した場合には支払いが困難になります。無理をせず、余裕のあるときに繰り上げ返済をするのがおすすめです。

ローンの返済は一度設定すると変更が困難であることも頭に入れておきましょう。

車が引き上げられる前に自身で売却する

返済が滞ると車を引き上げられ通常よりも安い価格で売却されてしまいます。それなら、車が引き上げられる前に自分で中古車業者で査定をしてもらいできるだけ高く売却することを考えましょう。

ただし、ディーラーローンなどの場合はローンを完済するまで車の所有権はディーラーにありますので勝手に売却はできないケースもあります。

カードローンを利用して支払う

車のローンの返済が厳しいのであればカードローンを利用するのはどうでしょうか。カードローンは近年手軽で安全になり利用者も増えています。カードローンの審査はスピーディで通りやすいので、車のローン返済のために今すぐお金が必要というときにも対応してくれます。

すでに車のローンを組んでしまって変更がきかないとき、今月さえ乗り切ればどうにかなるというときなどはとりあえずカードローンを利用して支払いをするという手もあります。

カードローンなら自身の経済状況に合わせて負担の少ない返済方法を選ぶことができます。またその後の返済計画の見直しも可能なので、余裕が出てきたら毎月の返済額を上げることもできます。

債務整理や自己破産は最終手段!

車のローンの返済ができず、車が引き上げられ売却されてしまった。ローンを組み直して差額を支払うことになったがそれを支払う余裕もない。そんな場合には債務整理や自己破産という選択肢もあります。

ただし、財産がないなど一定の条件を満たしていないと自己破産はできません。また自己破産になった場合には住まいや日常生活も制限されることになり、不自由を強いられることもあります。

安易に自己破産や債務整理に逃げず、自分の借りたお金は責任を持って返済するように努力することが大事です。

車ローンを滞納してもいいことはない!車を手放す決断も大事

車のローンの返済が厳しくて滞納してしまうことは珍しいことではありません。ただし、車のローンの滞納は一般的にすぐになんらかの措置が取られます。返済日を過ぎたあと一ヶ月は電話や通知で催促されます。

それでも支払いができないと約3か月後には車が差し押さえられてしまいます。もちろん返済の目途が立っているなら待ってくれることもありますが、車は引き上げられるとその後売却されてしまいます。

売却価格が残高よりも少ない場合は、ローンを組み直し返済を続けなくてはなりません。車はないのにローンだけを支払っていくのはなんだか悲しいですね。

またその他にもローン返済が滞ると遅延損害金がかかったり、信用情報に傷がつくなどいいことはありません。このような事態に陥らないためにも最初から無理のない返済計画を立てることが大事です。

どうしても返済のためにお金が必要な方はカードローンの利用も検討してください。

スピーディに必要な分のお金を借入できますのでおすすめです。返済ができないままですと最終的には債務整理や自己破産ということにもなりかねません。

車を購入するときは自分の収入に見合った車種を選ぶことや無理のないローンを組むことがとても大事です。

トピックス
ページトップへ