今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの返済額は少ない方がいい!?実は損をしてるかも!

カードローンの返済額は少ない方がいい!?実は損をしてるかも!

近年人気急上昇中のカードローンですが、申込前に確認しておくべきポイントはいくつかあります。金利は高すぎないか、審査が厳しくないか、サービスは十分か、利便性に優れているかなど様々な点から自分に合ったカードローンを選ぶことが大事です。

中でも返済が厳しくなって滞納してしまうという事態は絶対に避けたいものですが、そのためには事前に返済に関する詳細をチェックすることが必要です。返済方法や返済方式、返済日などは借入先によって異なります。

なんとなくみんなが利用しているからという理由で返済事項を確認せずに申込をして思ったように返済が進まないという話をよく耳にします。カードローンを利用する人の多くはあまり経済的に余裕がありませんので、毎月の返済額は少ないに越したことはないのですが、それでは思ったように残金が減らないということも起こります。

こちらの記事ではカードローンの返済についてスポットを当て、とくにスムーズにスピーディに返済するにはどうしたらいいかという点を調べてみました。ただ漠然と返済しているだけでは完済まで長い道のりになってしまいます。

できるだけ毎月の負担が少なく、でも早めの完済を目指したいという人はこちらの記事を参考にしてください。ただ毎月の返済額が少なければいいというわけではないのです。

返済方式ってなに?返済方式によって毎月の返済額が変わる!?

借入先を決める際には金利やサービスについて確認すると思いますが、返済に関することもとても大事です。返済についてはカードローン会社のHPをチェックすることで返済方式や返済方法、返済日などを知ることができます。

とくに返済金額に関わることと言えば返済方式です。

返済方式はいくつかありますが、カードローンで多く取り入れられているのは残高スライドリボルビング方式です。

残高スライドリボルビング方式は借入残高に応じて最低限の返済額が決定します。また返済額を最小限にとどめることができます。

その他にも元利均等返済方式や元金均等返済方式があります。

元利均等返済方式は元金+金利が一定になる返済方式で毎月の返済額が固定されているのでお金の管理がしやすいという特徴があります。

しかし、一方で元金の減りが遅いため、返済期間が長引くことになってしまいます。

元金均等返済方式は毎月の返済額のうち元金が一定になる返済方式です。返済開始直後は返済額が多く負担が大きいのですが、返済が進むにつて元金が減りますので毎月の返済額も減っていきます。

元金均等返済方式は最も返済期間が短く、返済総額が少なくて済む返済方式です。

以上が主な返済方式です。すでに返済方式が決まっている借入先もありますし、返済方式を選ぶことができる場合もあります。

カードローンを利用の際には金利がかかります。金利は日割りで計算されますので、借入日数が少ない方が支払う利息も少なくなります。毎月できるだけ多く返済する方が返済期間を短縮でき、返済期間が短い方が支払う利息が少なくて済むということは必ず知っておかなくてはなりません。

経済的に余裕がないから毎月最低限しか返済しない人が多いですが、それでは返済期間が長引くばかりで余分な利息を支払うことになってしまうという落とし穴があるのです。

早めの完済を目指すためにはどうしたらいい?

返済期間が短い方が同じ金額を借入しても支払う利息が少ないということをご理解いただけたかと思いますが、それならできるだけ早めに返済したいものです。早めの完済を実現するためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

無計画に繰り返し借入しない

返済を長引かせないためにまず大事なのは無計画に繰り返し借入をしないということです。カードローンは限度額内で自由に借入、返済ができる仕組みですが、繰り返し借入をしていてはどんなに返済しても借入残高が減ることはありません。

まずは借入をする目的を明確にして、不要な借入をしないようにすることが大事です。

返済シュミレーションなどを活用する

借入前に必ず活用してほしいのが返済シュミレーションです。

返済シュミレーションとはカードローン会社のHP上で利用できる自動計算ツールです。

借入額や借入期間、金利を入力することで毎月の返済額を知ることができます。返済早見表なども返済計画を立てる上での目安となりますので、ぜひ活用してみてください。

毎月取引明細を確認する

カードローンでお金を借りたまま、取引明細などを一切チェックしない人がいますがそんなことでは完済までの道のりは程遠いと思います。

最近ではPCやスマホから確認できるWEB明細もありますので、自分が現在いくら借入していてそのうちいくら返済したのか、また利息はいくらなのかということを実際に数字を見て確認することはとても大事です。

順調に返済が進んでいれば頑張ろうというモチベーションも上がります。

余裕のある時に繰り上げ返済をする

そしてこれが最も重要なのですが余裕のある時には繰り上げ返済をしましょう。繰り上げ返済の場合は全て元金に充てられるので返済期間を短縮することができます。ボーナス時などお金が入った際には繰り上げ返済をすることをおすすめします。

繰り上げ返済をする際にはあらかじめカードローン会社に連絡し、振込先などを確認しましょう。連絡なしで入金した場合には次回の通常返済とみなされてしまうこともあります。

以上ができるだけ早く完済を実現するために心がけてほしいポイントです。

ただなんとなく返済するのではなく、自分の借入について把握し、繰り上げ返済などを利用してできるだけ早めに返済しようと意識することが大事です。

返済日忘れで延滞なんてことにならないためには?

返済が遅れた場合には遅延損害金がかかります。遅延損害金は借入先によりますが、18%~20%ということもあります。このような無駄なお金を支払わなくて済むように、返済日を忘れには注意が必要です。

できるだけ早く完済して無駄な利息を払わないようにしたいのに遅延損害金を払うなんてとんでもありません。返済日忘れのないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

口座振替を選択する

返済日忘れを防ぐためには返済方法を口座振替にすることをおすすめします。返済方法にはインターネットバンキング、ATM、店頭窓口などありますが口座振替なら手間も時間もかからず自動的に口座から引き落としとなります。

給料日直後に引き落とし日を設定すれば残高不足という事態を防ぐことができます。

返済日お知らせメールを利用する

返済日忘れを防ぐには返済日お知らせメールも効果的です。返済日お知らせメールを登録すれば返済日の数日前にメールで知らせてくれます。忙しくて返済日を忘れがちな方は返済日お知らせメールを活用しましょう。

毎月の返済額は少なければいいというわけじゃない!計画的な返済を!

カードローンの申込前にまず確認するべきなのは返済についてです。カードローンの返済は返済方式によって毎月の返済額が最低限で済むため負担は少なくなります。しかし、金利の仕組みを知れば、返済期間が長引くほど支払う利息が多くなることをご理解いただけると思います。

毎月の返済額が少ないのは助かりますが、結果的に支払う利息が多くなります。それなら無理のない範囲で可能な限り毎月の返済額は高めの方がいいですね。生活を圧迫されたくないという方は、繰り上げ返済を行うなどしてできるだけ元金を減らすようにしましょう。

また返済が遅れると遅延損害金が発生してしまいます。返済日忘れで遅延損害金を払わなくて済むように、返済方法を口座振替にしたり、返済日お知らせメールを活用するなどするとよいでしょう。

カードローンを賢く利用するためには、借入目的を明確にし、無駄な借入を避け、計画的に返済することをおすすめします。

トピックス
ページトップへ