今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐカードローンが必要なら窓口申込がわかりやすくてスピーディ!

今すぐカードローンが必要なら窓口申込がわかりやすくてスピーディ!

今すぐお金が必要というときにカードローンの利用を検討する人は増えています。他のローンに比べスピーディかつ確実にお金を用意することができるのが魅力です。

カードローンの利用を決めたらまずは借入先を選びます。カードローン会社各社のHPなどをチェックしながら条件の合う借入先を探しましょう。続いて申込です。実は申込方法にはいくつか種類があるのをご存知ですか。

インターネットや自動契約機、郵送などの申込方法がありますが今回ご紹介したいのは、店頭窓口での申込です。店頭窓口での申込はなんだかハードルが高いと思われがちですが、そんなことはありません。

こちらの記事では店頭窓口での申込を検討中だけど、対面では緊張してしまいそうという方のために窓口申込について詳しくご紹介したいと思います。店頭窓口なら不明な点もその場で直接スタッフに聞くことができます。

これからカードローンを利用する方はぜひチェックしてみてください。有益な情報が満載ですよ。

借入先が決まったら次は申込方法を選ぶ!どんな申込方法があるの?

カードローンの借入先を決めたら次は申込方法を選んで申込を行います。申込方法は借入先によって異なりますが、一般的に下記のような申込方法があります。

インターネット申込

カードローンの申込は最近ではインターネットが一般的です。カードローン会社のHPへアクセスし、申込フォームを送信するだけで申込が完了します。その際には、氏名や住所などの個人情報、また勤務先の情報を入力します。

インターネットで申込後、審査が行われ、早ければその日のうちに審査結果及び契約可能額が提示されます。

14時までに申込が完了すれば当日中の借入も可能です。

自動契約機

借入先によっては自動契約機を設置している会社もあります。HPで設置場所を確認し、必要書類を持参して申込を行うことができます。手続きはタッチパネルを利用して行われますが、操作方法に関してはオペレーターと会話をしながら進めることができます。

その他の申込方法に比べ受付時間が長く、また土日も営業していますのでお急ぎの方にもおすすめです。

郵送

近くに店舗も自動契約機もない、インターネットの使い方がわからないという方は従来の郵送による申込も可能です。まずは借入先に電話をして申込に必要な書類などを送ってもらいましょう。

審査完了まで契約書類やローンカードの郵送など時間がかかりますが、パソコンやスマホを使い慣れていない方でも問題ありません。

店頭窓口

最も手っ取り早い申込方法といえば、店頭窓口です。店頭窓口は実際にカードローン会社のスタッフと話をしなければならないのでハードルが高い気がしますが、実際にはわかりやすく、スピーディでおすすめの方法です。

窓口申込の方法についてさらに詳しくご紹介していきます。

わかりやすくて確実な窓口申込が実はおすすめ!

窓口の申込をハードルが高いとお考えの方が多いようですが、そんな人のために窓口申込の流れをご紹介します。自宅にいながら楽々とはいきませんが、不明な点についてその場で説明を受けることができますので後でこんなはずじゃなかったということが起こりにくいのです。

窓口での申込の際には必要書類を持参する必要があります。

窓口申込に必要な書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と収入証明書になります。

申込の流れ

借入先によって申込の流れは異なりますが、一般的な窓口申込の流れは以下の通りになります。

必要書類を持参のうえ、店頭窓口へ来店

その場で審査を行い、審査結果及び契約可能額を提示

契約手続き・ローンカード発行

借入(店頭または隣接のATM)

※無理なく利用できるように商品やサービスについて説明を受けることができます。

以上がカードローンの申込を窓口で行う際の申込の流れです。借入先によっては窓口の営業時間が異なりますので来店前に確認することをおすすめします。

窓口申込のメリットデメリットをご紹介

窓口申込はその場で説明を受けながら手続きを進めることができるので、安心できますね。窓口申込のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット:即日融資が可能

窓口申込のメリットは必要書類を持参して手続きを行えば、審査は最短30分で完了し、その日のうちに融資を受けられる点です。

その場で審査結果を聞いて、契約可能額が提示されます。今すぐお金が必要という場合には、窓口で申込をすることが最もスピーディで確実と言えます。

メリット:不明な点をその場で確認することができる

窓口申込のもう一つのメリットはカードローン会社のスタッフにその場で不明な点や疑問に思う点について確認ができることです。不明な点は確認して、不安を解消しましょう。

また契約時に契約内容はもちろん、商品やサービス、返済についての説明を受けることができます。とくに返済に関しては後で行き詰まることがないように無理のない返済計画を立てることが大事です。

メリット:郵送物がないので家族バレしにくい

カードローンの利用を躊躇している人の多くが家族にバレるのではないかと不安を感じています。申込時の本人確認電話、契約書類やローンカードなどの郵送物が気になります。

しかし、窓口申込なら全てその場で直接受け取ることができますので、後日自宅へ郵送物が届くことはありません。

デメリット:店舗まで足を運ばなければならない

窓口申込はメリットも多いですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは店舗まで足を運ばなければならない点です。遠方にお住いの方で近くに店舗が無い方、また日中忙しい方はなかなか窓口で申込をするのは難しいと言えます。

インターネット申込ならいつでもどこでも申込ができることを考えると不便だと感じますが、スピーディに確実に借入を希望するのなら窓口申込がおすすめです。

デメリット:営業時間が限られている

窓口申込のその他のデメリットとしては営業時間が限られているということが挙げられます。

窓口の営業時間は申込先によって異なりますが、消費者金融なら平日9時~17時、銀行カードローンの場合は9時~15時というのが一般的です。

ちなみに最も申込受付時間が長いのは自動契約機です。会社によっては平日22時まで、土日も受付可能というところもあります。インターネット申込の場合は、14時までに手続きが完了すると当日中の借入が可能となる場合が多いです。

デメリット:窓口のスタッフと話しをしなければらない

窓口申込を利用する際にもう一つ気になるのが、スタッフと話をしなければいけないという点です。窓口申込では不明な点を説明してもらえる一方でデリケートなお金の話をしなければならないので気が進まないと感じてしまう人もいると思います。

しかし、窓口のスタッフは経験豊富で多くの人の手続きを行っており、お金に関してはプロフェッショナルです。あまり深刻に考えず、事務的に申込を行えばスタッフと会話も苦痛ではないはずです。

以上が窓口申込のメリットデメリットです。メリットデメリットを把握したうえで申込方法を検討することをおすすめします。

インターネットは得意じゃない!そんな人はやっぱり窓口申込

カードローンの利用を決めたら次は自分に合った申込方法を選びます。インターネット、郵送、自動契約機などの方法がありますが、今すぐお金が必要という方、インターネットや機械が苦手という人には窓口申込をおすすめします。

窓口申込方法はスピーディでわかりやすいというメリットがあります。店舗まで足を運ぶのは少々面倒ですが、手続き方法はもちろん商品やサービスについて詳しく説明を受けることができます。

必要書類を持参して窓口で手続きをすれば、その場で契約書類やローンカードを受け取ることができます。また即日融資が可能ですので、その日のうちに現金を手にすることが可能です。

カードローン会社のスタッフと話をしなければならないのが難点ですが、スタッフは対応に慣れているので緊張する必要はありません。近くに店舗があり、足を運ぶ時間のある方は窓口申込が確実でおすすめです。

トピックス
ページトップへ