今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンを完済したら解約するべき?解約のメリットデメリット

カードローンを完済したら解約するべき?解約のメリットデメリット

カードローンは近年とても安全で手軽になり、利用者も増えています。返済が大変では?と不安に感じる人も多いのですが案外スムーズに完済してしまう人もいるようです。

カードローンはそもそも目的を明確にして借入し、必要な分だけ借りたらあとは完済に向けて地道に返済するというのが賢い使い方です。しかし、実際には限度額内で自分のペースで借入や返済を繰り返す人が多いのです。

カードローンを完済したら、解約するべきかどうか悩むところです。もう借入の必要がないので解約したいという人がいる一方で万が一のために解約はせずにいるという方もいます。

完済後カードローンは解約するべきなのでしょうか。それとも解約せずにいつでも利用できる状態にしておくべきなのでしょうか。こちらの記事では解約のメリットデメリットについて詳しくご紹介したいと思います。

解約するべきかどうか迷っている人はぜひ解約する前のこの記事をチェックしてみてください。ライフスタイルや将来的なプラン、経済状況によっても解約するか否かは違ってきます。

カードローンを解約するメリットデメリット

カードローンを解約するべきかどうか悩んでいる方にはまず解約する場合としない場合のメリットデメリットをご紹介しましょう。メリットデメリットを知ることで、自分にとってどちらの方が有益であるのかを考えることができます。

まずはカードローンを解約する場合のメリットデメリットについてご紹介します。

メリット:信用情報に影響しなくなる

ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際には必ず審査が行われます。

審査では信用情報を確認し、過去にお金に関するトラブルがないかどうかチェックします。信用情報とは個人の金融情報です。ローンやクレジットカードの申込履歴、取引履歴、事故履歴などが全て記録されています。

カードローンを解約しない場合、この信用情報に現在カードローンを契約中ということが記録されているため他のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするときに返済能力を問われる可能性があります。

カードローンを契約している限り信用情報に記録され続けます。ちなみにカードローン契約の記録は完済後、解約すると約5年ほどで抹消されると言われています。

メリット:無駄な借入しなくなる

カードローンを解約するメリットは、これ以上借入できなくなることです。

契約を続けると常に限度額内で借入できる状況なわけですから、ちょっとお金が足りないというときにもついつい利用してしまいます。

本当に必要な借入ならいいのですが、手軽に利用できるため繰り返し借入してしまうのが難点です。

デメリット:再び借入を希望する場合再審査を受けなければならない

カードローンを解約した場合のデメリットは再びお金が必要になった場合にもう一度審査を受けて契約手続きをしなければならないという点です。

一度審査に通ったからと言って再び通るとは限りません。申込後書類を提出し、審査を受けることになるので審査内容によっては時間がかかることもあります。カードローンの中には解約後一定期間は再申込できないところもあるようです。

以上がカードローンを解約する場合のメリットデメリットです。

カードローンを解約しないメリットデメリット

一方でカードローンを解約しない場合のメリットデメリットについても考えてみる必要があります。解約はいつでもできるので、もしものときのことを考えて契約を続けたいと考える人も少なくありません。

メリット:万が一お金が必要なときにいつでも利用できる

カードローンを解約しない最大のメリットはやはり借入可能枠を残しておけるということです。人生いつ何が起こるかわかりません。病気やけが、冠婚葬祭、急な旅行など今すぐお金が必要という場面になったとき、カードローンがあると心強いですね。

経済的に安定していないと感じるのであればあえて解約せず、必要に応じて借入できる状態にしておくのがおすすめです。

デメリット:与信があるためローンの申込などに影響する

もちろん解約しないデメリットもあります。

カードローンは契約時に借入可能枠を設定しますが、これは与信と言って現在借入していなくてもいつでも借入できる状況にあるということになり、借入しているのと同等にみなされます。

先程ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際には審査があり、審査では信用情報をチェックするという話をしましたが、与信も信用情報に記録されています。

そのため例えば解約せずに借入可能枠が50万円残っていれば、新規でその他のローンを契約する場合、50万円を考慮したものとなります。カードローンを解約しない限り審査への影響は免れませんが、すでに完済しているという意味ではそれほど不利になることはないのかもしれません。

カードローンの解約手続きはとても簡単

カードローンを解約する場合、しない場合のメリットデメリットについてお話しましたが、どちらがいいのかということには個人差があります。ライフスタイルや将来的なプラン、経済状況によって解約するべきかどうか判断しましょう。

もし解約を決めた場合には下記の手順で解約手続きを行うことができます。

カードローンの解約手続きの流れ

カードローンの解約を決めたら解約手続きを行う必要があります。中には完済すると自動的に解約されると思っている人がいますが、そんなことはありません。解約手続きの方法はカードローンの借入先によって異なります。

たとえば、銀行カードローンの場合店舗窓口で解約手続きが可能です。その際にはローン専用カードや返済用銀行口座の印鑑、本人確認書類などが必要となります。銀行によっては郵送にて解約手続きができる場合もあります。

消費者金融の場合は、電話一本で解約手続きが可能です。フリーダイヤルに電話して解約したい旨を伝えましょう。とくに必要な書類はない場合がほとんどです。

必要な方は完済証明書を発行してもらうことも可能です。新たにローンを組んだりする場合に完済証明書があると役に立つこともあります。

カードローンは自動更新される?

カードローンは解約しなければ永久に自動更新され続けるのでしょうか。契約期間は借入先によって異なります。消費者金融は比較的契約期間が長く、最終借入後から6年~14年という期間が設けられています。

銀行カードローンの場合は、1年ごとの更新がほとんどです。銀行カードローンは金利が低い分、リスクを避けるために利用者のチェックを1年ごとに行っていると考えられます。不景気の影響で利用者の収入は減少することもありますので、チェックは欠かせません。

いずれの場合もとくに問題がなければ契約は自動的に更新されます。信用情報に問題があったり、返済の遅れが度重なる場合には利用停止となり新たな借入ができなくなることもあります。

カードローンを解約するか否かは今後のプランや経済状況で決めよう

以上がカードローンの解約に関する詳細のご紹介です。完済後、カードローンを解約するべきかどうか迷ったときには自分にとってメリットとデメリットどちらが大きいかを考えましょう。

経済的に余裕のない人はとりあえず解約はせずにいつでも借入できる状態にしておくことがおすすめです。一方で今後住宅ローンをはじめとするその他のローンを検討している方は解約した方が無難です。

カードローンの与信は信用情報に記録されていますので、ローンを組んだり、クレジットカードを作る際に影響します。しかし、完済の実績があればきちんとお金を返す人と判断されるので必ずしもマイナスではないと思います。

必要があってお金を借りたけれどきちんと完済できたことは自分への自信にもつながりますし、計画的に返済できる方は今後どんなローンを利用しても返済によるトラブルはないと思います。

解約を決めた場合、手続き方法はとても簡単なのでまずはフリーダイヤルへ問い合わせてみましょう。

トピックス
ページトップへ