今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの支払いが遅れた時の業者の対応、最悪の結末とは!?

カードローンの支払いが遅れた時の業者の対応、最悪の結末とは!?

カードローンを利用する前にカードローンの仕組みやルールを確認することはとても大事です。とくに気になるのは審査のことや返済に関することですね。返済方法や返済方式は借入先によって異なりますので、自分に合った借入先を探すことがカードローンを快適に利用するポイントです。

今回注目したのはカードローンの返済に関する事柄です。カードローンの返済は利用者に無理のないように設定されているのでその他のローンに比べると負担が少ないのですが、それでも事情があって返済できないこともあります。

もしもお金が工面できず返済が遅れたり、滞ったりした場合にはどうなるのでしょうか。返済が遅れると会社の対応はどのようになるの変わっていくのでしょうか。最終的にはどのようなペナルティが課せられるのかとても気になります。

少しぐらい返済が遅れてもいいなどと軽く考えないでください。借りたお金を期限内に返済することができなければトラブルに発展する可能性があります。カードローンを利用する前には返済できないとどのような事態になるのかということまで頭に入れて、申込をするようにしましょう。

返済が遅れたことで将来的に影響を及ぼすというこことも十分あり得るので安易に考えてはいけません。

カードローンの返済が遅れると会社の対応はこうなる!

カードローンの返済日は毎月固定されていますので、いつ頃までにお金を準備しておかなければならないのかということはわかっているはずです。それでも事情があって返済が滞る人も決していないわけではありません。そんな時、カードローン会社はどのような対応に出るのでしょうか。

まず返済日に返済がされないと、登録した携帯やスマホの番号に電話がかかってきます。ここできちんと対応して、新たな返済日を設定できるといいのですが、多くの人は返済の目途が立たないため電話を無視したりします。

登録された電話番号に連絡がつかない場合には自宅や勤務先に電話がかかってくることもあります。カードローン会社としてはまずは利用者に直接、返済できない理由や返済時期について知りたいと考えているからです。決して返済できないことを責めるわけではありませんので、最初の段階できちんと対応するのがベストです。

カードローン会社と一切の電話連絡を絶った場合、会社は連絡手段として次に自宅や会社に督促通知を送ってきます。これは催告書と呼ばれ、いくら連絡しても話ができない場合に最終手段、つまり裁判も辞さないですよという最後通告とも言えます。

カードローン会社としてはできれば裁判などは避け、少しづつでも返済してもらいたいと思っていますが連絡が取れず返済の意志を確認できないままですとやむを得ず法的手段に出ることもあります。ただし、すぐに裁判ということはなく、裁判はあくまでも最終手段と考えましょう。

代位弁済とは?

返済が滞ると、債権がカードローン会社から保証会社へ移る代位弁済となります。未納分を保証会社が立て替えてカードローン会社に支払いますが、だからといって借金がなくなるわけではありません。

今後は保証会社に対して借入分や遅延損害金などを支払わなければならないのです。また代位弁済が行われた場合、一括返済を要求される可能性もあります。

また債権が保証会社に移ると返済の相談をすることもできなくなりますのでそうなる前にカードローン会社と返済計画の見直しをすることをおすすめします。

最終的には裁判となり、給料や財産の差し押さえも考えられますので、カードローンの滞納を安易に考えてはいけません。

強引な取り立てはあるの?

カードローンというと執拗な取り立てや暴力による取り立てが話題になったこともありますが、現在では法律で禁止されているためそのようなことは一切ありません。深夜や早朝の取り立てや第三者への取り立てなどは禁止されています。

ただし、闇金と呼ばれる違法業者と関わってしまった場合には強引な取り立てが行われることもありますので注意が必要です。

カードローンの返済が遅れるとこんなペナルティが!

カードローンの返済を滞納すると裁判に発展するなど深刻な事態になることがわかりましたが、他にも下記のようなペナルティが課せられます。

遅延損害金の発生

返済日を一日でも過ぎると一日単位で遅延損害金が発生します。遅延損害金は最終的に借入分と併せて支払わなければなりません。遅延損害金の計算方法が下記の通りになります。

借入額×遅延損害利率÷365日×延滞日数

例えば、借入額が60万円で延滞利率が20.0%、延滞日数が60日にの場合、60万円×20.0%÷365日×60日=11,506円となり、遅延損害金は11,506円となります。

周囲にカードローンがバレるリスク

カードローンは会社の配慮もあり、家族や勤務先など第三者に利用がバレることはまずありません。

ところが返済が遅れることで会社や自宅に電話や通知が送られ、そこからカードローンの利用がバレるリスクが高まります。

給与や財産の差し押さえも

前述の通り、代位弁済により債権がカードローン会社から保証会社へ移った場合は裁判に発展することもあり、財産や給与の差し押さえということも考えられます。すぐに法的に手段が取られるわけではありませんが、最悪のシナリオもあり得ることを頭に入れておきましょう。

信用情報に傷がつく

そして、カードローンの滞納で最も怖いのが信用情報に傷がつくことです。信用情報とは個人のお金に関する情報です。ローンやクレジットカードの申込履歴、取引履歴、事故履歴などが全て記録されています。

カードローンの返済を滞納すると信用情報に傷がつき、お金を返さない人というレッテルが貼られてしまいます。信用情報は全ての金融機関で情報が共有されていますので、信用情報に問題があると今後のローンやクレジットカードの利用が難しくなります。

以上のようなリスクがありますので、カードローンの返済は優先的に行うようにしましょう。

返済遅れにならないように知っておきたい豆知識

返済遅れは信用情報を傷つけたり、遅延損害金が発生したりといいことがありません。返済遅れを防ぐために返済に関する知識を身に着けておくことも大事です。

金利とは?

カードローンの借入先を決める際には金利について必ずきちんとチェックしましょう。

カードローンの金利は銀行が約14.0%~15.0%、消費者金融が約17.0%~18.0%となっています。

銀行カードローンの方が金利が低くてお得なのですが、消費者金融の方が審査に通りやすいという魅力があります。ただ、消費者金融では無利息ローンなども実施していますので早めに返済できる自信があればそちらがおすすめです。

金利が高めでも毎月の返済額を低めにすることや早めに返済することで負担を最小限にすることができます。

返済方式とは?

カードローンの返済方式はみんな同じとは限りません。

主な方式としては借入残高に応じて毎月の返済額がスライドする残高スライドリボルビング方式があります。

毎月最低限の返済で済みますので、返済が心配という人も安心です。

その他には毎月の返済額が固定の元利均等返済方式や毎月元金のみが固定される元金均等返済方式などがあります。元金均等返済方式は負担は大きいですが、返済期間が短く最も返済総額が少なくて済みます。

返済シュミレーションとは?

カードローンを申し込む際には事前にきちんと返済計画を立てることが大事ですが、その際に大変役立つのが返済シュミレーションです。

返済シュミレーションはカードローン会社のHPから利用できるツールで、借入額、金利、返済回数などを入力すると毎月の返済額を計算してくれます。

返済に行き詰まることがないように事前に返済シュミレーションをぜひ活用してください。

カードローンの返済遅れが怖いのは信用情報に傷がつくこと!

カードローンを利用する際に返済ルールを守ることはとても大事です。返済日を守り返済遅れが無いようにしなければなりませんが、事情があってどうしても遅れてしまうこともあるでしょう。

そんなときはカードローン会社からの連絡を決して無視せず、返済日を延期してもらったり、返済計画を見直してもらうなどの相談します。音信不通になると会社や自宅に連絡が来たり、代位弁済が行われ債権が保証会社へ移ってしまうことがあります。

最悪の場合、裁判となり財産や給料を差し押さえられてしまいます。そのような深刻な事態を避けるためにも返済が厳しい時は早めに対処することをおすすめします。

また返済を滞納すると遅延損害金がかかることや、信用情報に傷がつくことも肝に銘じておかなければなりません。信用情報に傷がつくと今後ローンを組んだり、クレジットカードを作る際に審査に影響を及ぼすことが考えられます。

カードローンがいくら手軽で安全になったからといっても、返済義務があることに変わりはありません。カードローンを利用の際にはきちんとルールを守ることが基本です。

トピックス
ページトップへ