今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローン審査の通過率はどれくらい?通りやすい借入先を選びたい

カードローン審査の通過率はどれくらい?通りやすい借入先を選びたい

今すぐお金が必要というときにまず検討したいのがカードローンですが、気になるのが審査です。とくにカードローン初心者の方は自分が審査に通るかどうか不安を感じます。良い条件の商品でも審査に通らなければ借入することはできません。

カードローンはその他のローンに比べると審査ハードルは低いと言われていますが、それでも誰もが審査に通るというわけではありません。審査基準を満たすことなければ審査をクリアすることはできません。

審査の難易度は借入先によって異なります。一般的に消費者金融の方が銀行カードローンよりも審査に通りやすいと言われています。審査結果は個人の属性も関係してきますので、似たような条件でも審査に通る人と通らない人がいるのです。

こちらの記事では大手カードローン会社の通過率をはじめ、審査をスムーズにパスするためのポイントなどをご紹介したいと思います。これからカードローンの利用をご検討中の方はぜひチェックしてみてください。

大手カードローン会社の審査通過率は高い?低い?

カードローンの申込を行う際に気になるのが審査に通るのかどうかという点です。しかしながら、審査の可否は属性、審査の難易度、審査基準などによって異なりますので、一概にこうすれば審査に通るということは言えないのです。

カードローン審査の通過率はどれくらいなのでしょうか。

大手カードローン会社の審査通過率を調べたところアイフル、アコム、プロミスなどはいずれも45%~50%程度ということがわかりました。

つまり申込者の約半数は無事に審査をクリアしているということになります。

一方で低金利で利用できる銀行カードローンの場合、通過率は約40%前後ということです。

消費者金融よりも若干ハードルが高めなようですが、年収や信用情報に問題がなければ審査に通る可能性は十分ありますので諦める必要はありません。

もっと審査通過率が高いところでは、中堅の消費者金融があります。中堅の会社はハード
ルを下げることで集客を狙っていますので審査に通る確率はもう少し高くなります。信用情報に自信がないという人の中にはあえて中堅の会社を選ぶ人も少なくありません。

審査が不安!まずは審査について知ることが大事

大手カードローン会社の審査通過率は約50%ということがわかりました。審査ハードルが低いといっても必ず審査に通過できるというわけではないようです。審査に通過できるかどうかわからないと不安を感じる人はまずは審査内容を把握することが大事です。

ただなんとなく審査を受けるのではなく、審査ではどのようなポイントを重点的にチェックするのか知っておくことが大事です。

審査では主に年収、勤務先、信用情報の3つを審査します。

この3つの項目に関して重大な問題がなければ審査に通る可能性は十分にあります。

収入

カードローンの申込条件は満20歳以上であることと、安定した収入があることです。

アルバイトやパート、派遣や契約社員であっても安定した収入があれば問題ありません。総量規制の関係上、収入ゼロの無職の方はカードローンを利用できない規則となっています。

収入は多い方が審査に有利になりますが、収入が少なくても限度額が低くなるだけで審査に通らないということはありません。通常50万円以下の借入の場合は収入証明書は不要となります。

勤務先

安定した収入があるかどうか、申告された収入が本当かどうかは勤務先を確認することで判断されます。

勤務先を確認するためには勤務先に電話をかける在籍確認という作業を行います。勤務先に電話をかけ、申込者が本当に在籍しているか確認します。確認がとれれば何度も電話することはありませんし、個人名で電話をしますのでカードローンの利用がバレることも稀です。

信用情報

そして、審査の要となるのが信用情報です。

信用情報とは個人の金融情報のことでこれまでのローンやクレジットカードの契約内容や返済内容について記録されています。信用情報は金融機関の間で共有されていますので、過去に返済の遅れや滞納があるとお金を返さない人物と思われてしまいます。

自己破産や債務整理の履歴があると審査の不利になることは間違いありません。以上のように過去の借入歴に問題があると審査が難しくなります。

カードローンの審査内容をご理解いただけましたでしょうか。上記の3つの項目がカードローン審査では重視されます。信用情報に深刻な問題があると審査をパスするのは難しいかもしれません。

審査をスムーズに通過するためのポイントをご紹介

審査内容を把握したところでカードローンの申込をすることとなりますが、できるだけ通過率をアップするためには審査対策も怠ってはいけません。審査対策と言われても、カードローン初心者の方はなにをしたらいいかわからないと思います。審査対策についてご紹介しましょう。

誤字脱字、書類に不備がないようにする

まず大事なのは申込内容に誤字脱字がないようにすること、申告内容に間違いがないようにすることなどです。誤字脱字や書類の不備があれば書類の再提出などを求められ、審査に通ったとしても時間がかかってしまうかもしれません。

申込フォームを送信する前に入力内容に間違いがないように今一度確認してください。

希望借入額を高くしすぎない

カードローンを利用する際に大半の人ができるだけ多く借入をしたいと考えます。

しかし、自分の収入も考えず高額な金額を希望しても不審に思われたり、お金に大変困っていると思われてしまうだけです。

総量規制の関係上、年収の1/3以上は借入することはできません。自分の年収に見合った金額を希望することをおすすめします。

一度に複数の申込をしない

カードローン初心者がよくしてしまうNG行為の一つが一度に複数の申込をすることです。審査に落ちた場合のことを考え複数の申込をする人がいますが、このような行為はお金に大変困っていると思われますし、他社の審査結果に影響されることもあります。

まずは借入条件や商品内容をチェックして、自分に合った借入先をしぼることが大事です。

信用情報に問題がないか確認する

前述の通り、信用情報は審査に大きな影響を及ぼすという話をしましたが、案外自分の信用情報を把握していない人もいます。他社からの借入なども信用情報に含まれますので、間違いのないように申告することが大事です。

銀行口座からの引き落としができずに信用情報に傷がついてしまっている場合もありますので、自分の信用情報について知りたい場合は信用会社に開示を求めることもできます。

在籍確認がスムーズにできるようにする

審査の一つとして行われる在籍確認は審査の合否を決める上でとても大事です。在籍確認がとれなければ審査は進展しません。在籍確認がスムーズにできるように勤務先の電話番号に間違いがないかチェックし、内線番号などがあればそちらも伝えましょう。

以上が主な審査対策となります。あと少しというところで審査に落とされたら悲しいですよね。そのようなことがないようにあらかじめできることはやっておいた方がいいですね。

審査内容を把握し審査対策を行うことで通過率アップを狙う!

カードローンを利用する際に最も気になるのが審査に通過するかどうかということです。大手カードローン会社の審査通過率を調べてみると約50%前後ということがわかりました。銀行カードローンの場合はもう少し低くて約40%前後となります。

審査通過率を聞くと審査に通るのが無理と諦めたくなりますが、年収、勤務先、信用情報の3つの項目に大きな問題がなければ審査に通る可能性は決して低くありません。とくに過去のお金に関する情報を含む信用情報は大事なポイントです。

過去に返済トラブルがあったり、他社から多額の借入をしていなければ審査通過は難しいことではありません。

またより審査の通過率をアップさせるためには審査対策も有効です。誤字脱字や入力ミスに気を付け、希望額を高くし過ぎず、一度に複数の申込をしないことも大事です。審査の要である在籍確認がスムーズにできるように協力することも忘れてはいけません。

できることは全てやってから審査に臨みましょう。案外あっけなく審査を通過して拍子抜けするかもしれませんね。信用情報に問題がある方だけは、申込時期を見極めることも必要です。

トピックス
ページトップへ