今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 友人にお金を借りるのはタブー!?信頼関係を崩さない方法

友人にお金を借りるのはタブー!?信頼関係を崩さない方法

今すぐお金が必要というときにはどうにかしてお金を工面しなければなりませんが、どのような方法があるのでしょうか。まず最初に思い浮かぶのは誰かにお金を借りることです。お金を貸してくれそうな人と言えば、親や親せき、友人などが思い浮かびます。

親や親せきに断られた場合、残る借入先は友人のみとなりますが、身内に比べると友人からお金を借りるのは少し難しそうです。スムーズに友人からお金を借りるためにはいくつかコツがあります。

まず大切なのは反対の立場になって考えることです。もし自分が友人にお金を貸してと言われたらどう感じるか、どうしたら貸してあげたいと思えるかなどをよく考えてみてください。

こちらの記事では友人にお金を借りる際の注意点やもしも断られた場合の対策などについて詳しくご紹介したいと思います。相手の心をつかむことで思ったよりも簡単にお金を借りることができるかもしれません。

友人にお金を借りる際にはどんなことに注意するべき?

どうしてもお金が必要なとき、ついつい日ごろから仲の良い友人を頼ってしまいたくなります。しかし、時にはお金を借りることによって友情にひびが入ってしまうこともありますので、慎重になる必要があります。

高額な借入はNG

まず考えなければならないのは、いくらぐらいなら友人からお金を借りることができるのかということです。もちろん相手の年齢や収入にもよりますが、高額な借入は難しいと考えましょう。

友達に貸してもいい金額としては1万円~3万円が一般的です。

友人との間柄や親密の度合いによっても借りることができる金額が変わってきます。例えば、数カ月前に知り合った友人と幼馴染では信頼度が違います。

お金を貸すというのはリスクも負いますし、金銭的に負担になるということもあります。相手の立場に立ってあまり高額な借入のお願いは避けるようにしましょう。

お金を借りる目的をはっきり伝える

友人に限らずお金を借りる際に大事なのはお金を借りる目的をはっきりと伝えることです。目的を告げずにただお金を借りるというのはちょっと虫のいい話です。お金を貸す側も医療費や引越しの費用、資格取得などの目的なら貸してもいいかなと思えますが、ギャンブルや借金返済などの場合は断りたいですよね。

必ずしも本当のことを言うべきではないのかもしれませんが、とりあえずお金を借りる際には使用目的を伝えるのが礼儀です。

借用書を書く

友人からお金を借りるときは必ず借用書を書きましょう。借用書を書くことできちんと返済の意志があることを伝えられますし、貸す方も安心してお金を貸すことができます。

借用書はどのような書き方でも構いませんが、日時、金額、返済方法、毎月の返済額などを記載します。

最後に署名や捺印も忘れないようにしましょう。借用書は法的に有効となりますので、きちんと毎月少しづつ、あるいはまとめて約束の期日までに返済するように心がけましょう。

借用書の書き方がわからないという方はインターネットのサイトなどを参考にしてください。

誠意を示す

友人からお金を借りた時は単に借りっぱなしというのではなく、お礼に食事をごちそうする、旅行の際にはお土産を買ってくるなどの配慮が必要です。余裕のあるときには多めに返済するなど、常に感謝の気持ちを持つことが大事です。

友人に借金の申し入れを断られた!お金を工面するその他の方法とは?

友人にお金を借りる時のコツについてご紹介しましたが、それでもはっきりと断られるケースも少なくありません。何人かの友人にあたってみても全滅ということもあります。そういうときはしつこくせずに、お金を工面するその他の方法を考えた方が良さそうです。

アルバイトをする

友人からお金を借りれなかった場合、アルバイトなどをしてお金を稼ぐ方法を考えましょう。今すぐお金が必要という人は日払いや週払いのアルバイトもあります。アルバイト情報誌などをみると多種多様な職種がありますので、自分に合った仕事を見つけることができるはずです。

アルバイトなどで自分でお金を稼ぐ方法なら借金の返済などに悩ませることもなく、友人に対して肩身の狭い思いをすることもありません。

不用品を売る

最近はリサイクルショップやリユースショップに不用品を持ち込む人が増えています。捨てようと思っていたものが少しでもお金になるなら、欲しい人の役に立つならと考えるからです。

自分にとってはガラクタでも、他の人にとっては価値のあるものということもあります。とくに人気ブランドの商品は高値で取引されています。オークションで売ることもできますが、手間がかかるのが難点です。

自宅で眠っている不要品を売って現金を稼ぎましょう。

カードローンを利用する

友人にお金を借りるのはやはり肩身が狭いと感じる人は、カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。消費者金融や銀行などでカードローンの取り扱いがあります。利息を支払わなければなりませんが、スピーディで安全、さらに誰にも迷惑をかけず借入できるという点ではおすすめと言えます。

カードローンについては次の段落で詳しくご紹介したいと思います。

借金と言えど無理なく利用できるカードローンがおすすめ!

友人にお金を借りるのは気が進まないという人は、誰でも手軽に利用できるカードローンがおすすめです。カードローンがおすすめの理由を挙げてみました。

自分のペースで利用できる

カードローンの特徴は設定された利用可能枠の範囲で自由に借入ができるという点です。必要なときは多めに、余裕のある時は全く借入しなくても構いません。自分のペースで借入、返済ができるのです。

即日融資がある

カードローンのもう一つの特徴がスピーディに借入できる点です。そして、カードローンの多くが即日融資を実施しています。今すぐお金が必要というときに、その日のうちに借入できるのはとてもありがたいですね。

申込が手軽

ローンの申込というと時間がかかったり、提出書類が多いというイメージがありますが、カードローンならインターネットで申込が可能で必要書類も最低限で済みます。

さらにWEB完結を利用すれば申込から借入までWEBで手続きを行うことができます。お忙しい方や遠方にお住まいの方にとっては助かりますね。

利便性が高い

カードローンは近年進化を続け、とても便利になっています。

インターネット申込はもちろん、インターネットの会員ページがあったり、全国に提携ATMがあるなど利用者の立場に立ったサービスを提供しています。

無利息サービスを受けられる

カードローンの中には無利息サービスを実施している会社もあります。

無利息サービスとは一定の期間金利が無料になるサービスでおもに消費者金融に特化したサービスです。

無利息期間は借入先によって異なりますが、30日無利息や1週間無利息などがあります。早めに返済できる自信がある人は、ぜひ利用してみてください。

以上がカードローンをおすすめする理由です。手軽で便利でサービスが充実しているとあれば、利用しないのはもったいないですね。肩身の狭い思いをして友人にお金を借りるくらいなら、思い切ってカードローンを利用してみましょう。

友人にお金を借りる際には親しき中にも礼儀あり!?

今すぐお金が必要というときに、友人は強い味方です。しかし、いくら仲の良い友人であってもお金を借りるのは簡単ではありません。親しき仲にも礼儀ありといいますが、友人にお金を借りる際には金額を低めにすることや使用目的を伝えることが大事です。

またきちんと借用書を書くことで返済の意志があることを示すことができます。借用書の書く際には日時、金額、返済方法や毎月の返済金額などを記載しましょう。署名、捺印もお忘れなく。

誠意を示すことでお金を借りやすくなりますが、中には友人にお金を借りることは気が進まないという人いるでしょう。そんな人はアルバイトをしたり、不用品を売るなどその他の方法でお金を工面しましょう。とくにおすすめはカードローンです。

カードローンは手軽でスピーディ、サービスも充実していて多くの人が利用しています。インターネットで申込ができる、利用できるATM数が多い、無利息サービスがあるなども人気の理由です。

もしも友人にお金を借りるのはちょっとという人や頼んだけど断られたという人がいたら、ぜひカードローンの利用を検討してみてください。

トピックス
ページトップへ