今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐお金が必要でも未成年はカードローン不可!基本的な申込条件

今すぐお金が必要でも未成年はカードローン不可!基本的な申込条件

多くの人が頼りにしているカードローンですが、実はすべての人が利用できるわけではないということをご存知ですか。カードローンには申込資格があり、申込資格を満たさなければ申込すらできないということになります。

とくに気になるのが未成年でも利用できるのかということです。未成年というと満20歳未満の人を指しますが、中には高校生などの学生も多く含まれます。学生は学費、交際費、レジャー費などなにかとお金がかかります。

もちろん未成年の場合、保護者が生活に必要な費用の大半を払っていますが、中には事情があって親に頼れない、あるいは親が経済的に余裕がないという人もいるでしょう。そんな人はカードローンを利用できればと考えますが、未成年のカードローン利用は難しいのです。

こちらの記事は未成年のカードローン事情について、また未成年がカードローンを利用できない場合に他のお金を工面する方法があるのかなどについて調べてみました。お金が必要な未成年の方にとって参考になればと思います。

カードローンの申込資格をチェック!未成年の借入はNG!?

手軽で便利なカードローンですが、カードローンを利用するためには必ず審査に通らなければなりません。審査ハードルは決して高くはありませんが、審査を受けるためには申込条件を満たす必要があります。

基本的な申込条件はたった二つです。満20歳以上であること、安定した収入があることです。銀行カードローンの中にはハイスペックな商品もあり、一定の以上の収入があることや保証会社の保証を受けられることなどが加わります。

ここで注目したいのは最初の条件です。満20歳以上ということは、20歳未満の未成年は申込ができないということになります。

未成年の申込は不可

未成年がカードローンの利用ができないのには理由があります。以前は未成年でも借入できたケースがあるようですが、未成年には返済能力も責任能力もないため現在では借入は不可となっています。

未成年は借金の意味すらわかっていませんし、返済できない場合には信用情報に傷がついてしまうということも把握できていません。

信用情報に傷がつくと、今後住宅ローンなど本当に必要なローンを組むのが難しくなるなど将来的に支障をきたすことがあります。

残念ながら学生など未成年のカードローンの利用は難しいと考えた方がいいでしょう。

学生でも満20歳になれば学生向けローンを利用できる

しかし、学生でも満20歳になればカードローンの利用が可能になります。学生は会社員のような高い属性ではありませんが、利用できるカードローンがあるのです。それが学生向けのカードローンです。

学生向けのカードローンはおもに高田馬場をはじめとする学生街にあります。

利用資格は大学生、専門学校生、短大生、大学院生などで、高校生の利用はできません。

学生向けローンにはいくつか特徴があります。

学生向けローンの最大の特徴は学生割引があるため低金利で借入ができることです。また常時学生向けのキャンペーンなどを実施していて、友達を紹介するとキャッシュバックやギフト券の進呈がある場合もあります。

また学生のうちに取引実績を積むことで卒業してからも引き続き利用が可能です。

学生のうちから慣れ親しんだカードローンなら使い勝手がわかっていますし、改めて審査を受けなくても済むのがありがたいですね。

満20歳になるまではじっと我慢して、お得な学生向けローンを選ぶのがおすすめです。

今すぐお金が必要な未成年の方必見!お金を工面する方法

満20歳になるまで待てと言われても今すぐお金が必要という状況に立たされている人もいると思います。そんな人はカードローン以外にお金を工面する方法を知りたいのではないでしょうか。

未成年がお金を工面する方法はいくつかありますので、ご紹介しましょう。

不用品をリサイクルショップなどに売る

まずは自宅にある不用品をリサイクルショップやリユースショップに売ることができます。読み終わった漫画や雑誌、洋服などを近くのリサイクルショップに持ち込みましょう。高額な買取は期待できませんが、いくらか現金を手に入れることができます。

オークションなども人気ですが、取引の手間や時間がかかることを考えるとリサイクルショップに持ち込む方が手っ取り早いですね。

日払い可能なアルバイトをする

すぐにお金が必要なら日払いが可能なアルバイトをするのもおすすめです。

未成年の場合、できるアルバイトが限られていますが、建設業や工事現場など日払い可能なアルバイトは多数あります。アルバイト情報誌などをチェックしてすぐに給料が支払われるアルバイトを探しましょう。

学生向けクレジットカードのキャッシング枠を使う

最近では未成年でもクレジットカードを所持している人もいます。ただし、未成年の場合、家族カードだったり、クレジットカードを作るために親の同意が必要となります。カードの契約者は本人ではなく、親ということになります。

クレジットカードにはキャッシング枠が付帯しています。

学生向けのクレジットカードのキャッシング枠は最大でも5万円程度だと思いますが、どうしてもお金が必要な場合にはクレジットカードのキャッシングを利用するという方法もあります。

未成年は原則カードローンの利用不可!満20歳になるまで待とう

学生をはじめとする未成年の方の多くが経済的にもっと余裕があればと感じています。未成年なのでお金がないのは仕方のないことなのですが、親が援助してくれる人とそうでない人の格差は大きくなっています。

未成年でもお金を借りたいというときに思い浮かぶのはカードローンですが、残念ながら未成年の借入は不可となります。

返済能力が乏しいため借入は認められていません。

ただし、学生でも満20歳になれば学生向けローンを利用することができます。学生向けローンは割引や特典が多く、学生がお得に利用できるカードローンです。

カードローンが使えない場合、他の方法でお金を用意しなければなりませんが、不用品を売ったり、日払い可能なアルバイトをしたり、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなどの方法があります。

中には文書などを偽造して成人であるかのように見せかけカードローンの申込をする人がいますが、これは犯罪です。また勝手に親の同意書を作成するのも文書偽装の罪に問われます。バレれば一括返済を求められますので注意してください。

未成年で今すぐお金が必要という方は、カードローン以外の方法を考えなければなりませんが決してむちゃな金策はおすすめできません。なんのためにお金が必要なのか、本当に必要なのかということをよく考え、時期を待つことや節約することを考えるようにしましょう。

安易にお金を借りることは、とくに未成年の方にはおすすめできません。

トピックス
ページトップへ