今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐお金が必要でも「ブラック」では借り入れできない理由

今すぐお金が必要でも「ブラック」では借り入れできない理由

給料日前でピンチ!冠婚葬祭で至急お金が必要!入院で医療費を払わなきゃ!などなど、人生には急にお金が必要になることが多くあります。もちろん貯金があったり、家族に借りることができればベストなのですが、そう簡単にはいきません。

そんなとき強い味方となってくれるのが、カードローンなのですが、誰でも借入できるとは限りません。カードローンは近年とてもハードルが低くなり、いくつかの条件を満たせば借入は難しくないのですが、ブラックとなると話は別です。

ブラックとは信用情報に問題のある人のことを指します。ブラックと呼ばれる状態になってしまうと審査を通過することが困難になります。それでも大至急お金を借りたいという時にはどうすればいいのでしょうか。

この記事ではブラックとはどのような状態を指すのか、またブラックでも借入できる可能性はあるのか、もしも借入できなかったらどのように対処したらいいのかということについて検証してみたいと思います。

ブラックで借入先に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

借入先が見つからない!ブラックってどういう状態?

カードローンについて調べているとブラックという言葉をよく目にしますが、ブラックとはどのような状態なのでしょうか。ブラックとは文字通りブラックリストに乗るくらい要注意人物という解釈で間違いないと思います。

私たちはローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすると信用情報に記録されます。契約内容だけではなく、返済が遅れたり、滞ったりした場合にも載ってしまうのです。もちろん債務整理や自己破産などのトラブルに関しても記録されます。

信用情報は金融機関の間で共有され、他社でトラブルを起こしていると、新規申込をしても審査に不利に働くことがあります。このように信用情報に問題がある人のことをブラックと言います。

信用情報に記録される内容

信用情報には主に下記の内容が記録されます。

申込情報 本人情報・申込情報
クレジット情報 申込情報・契約情報・支払い状況に関する情報
利用記録 利用履歴

信用情報を見るだけで沢山のことを知られてしまいます。お金を借りる時は信用情報の存在を意識して、トラブルを起こさないようにすることが大事です。

申込ブラック

通常のブラックのほかに申込ブラックと呼ばれる状態があります。

申込ブラックとは一度に複数のカードローンに申し込む行為で、大変お金に困っていると判断され審査に影響してしまいます。

カードローンの申込をするときはまずは一社にしぼって、申込をすることが大事です。

ブラックでも借入したい!それなら中堅消費者金融がおすすめ!

それならブラックでは絶対に借り入れできないのかということになりますが、実はそんなことはありません。ブラックと言っても人それぞれ状況が異なり、また申込先の審査基準も違います。

中堅の消費者金融を選ぶ

ブラックの状況によって審査結果は変わってきますので、一概にブラックだからといって借入できないというわけではないのです。ただし、ブラックで審査に自信がない場合には借入先選びを慎重に行う必要があります。

カードローン会社は多数ありますが、審査ハードルがとくに低いと言われているのが中堅の消費者金融です。中堅の会社は大手会社と競い合うためにハードルを低めにして集客したいと考えているからです。

できるだけカードローン審査の通過率をアップさせたいなら、中堅の会社がおすすめです。

またカードローン会社の審査の難易度は口コミや体験談を読むと参考になりますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

審査対策を行う

審査に臨む前に審査対策を行うことも忘れてはいけません。審査対策と言われてもなにをすればいいのかわからない方は下記の項目を参考にしてください。

  • 誤字脱字や入力情報に間違いがないようにする
  • 在籍確認がスムーズに行われるようにする
  • 必要書類に不備が無いようにする
  • 希望借入額を高くしすぎない
  • 一度に複数の申し込みをしない

申込の際に申込内容や提出書類に不備があると即日融資が可能な商品でも借入までに時間がかかってしまうことになります。

また審査の要である在籍確認がスムーズにいかないと、最終審査に進むことができません。審査により通りやすくするためには希望借入額を高くし過ぎないことも大事です。また先ほど申込ブラックについてご説明したとおり、一度に複数申込はNGです。

申込時期を延期する

しかし、自己破産や債務整理で信用情報がぼろぼろであれば、申込時期を検討し直すことも必要です。

信用情報は一般的に完済後5年で消えると言われています。

また記録内容によってはもっと早めに消されることもあるようです。

無駄な申込による申込履歴が増えてしまうよりは、少し待って申込時期を見極めることも必要かもしれません。そのため今すぐお金が必要な方はカードローン以外の方法も検討するべきです。

ブラックで借入できないときにはその他の手段も!

ブラックの方で借入先選びを工夫したり、審査対策を行っても審査に落ちてしまったという方は今は申込に適した時期ではないのかもしれません。その場合にはカードローン以外でお金を工面する方法を考えるしかありません。

日雇いアルバイトをする

どうしても今日中にお金が必要という状況でしたら日雇いバイトでその日のうちに現金を手にする方法もあります。

日雇いバイトは肉体労働が多いイメージがありますが、イベントスタッフやデータ入力など女性でもできる事務系の仕事もあります。

ただし、時給が低めだったり、事務所まで給料を取りに行かなければならないなどの手間がかかる場合もあります。

不用品をリサイクルショップに売る

最近流行りのリサイクルショップやリユースショップに不用品を売るのもすぐに現金を手にできておすすめです。オークションの方が高く売れることもありますが、入金まで時間や手間がかかるので、ショップに持ち込む方がスピーディです。

クレジットカードでキャッシング

私たちの生活にはすっかりクレジットカードがなくてはならない存在になりました。クレジットカードにはショッピング機能の他に現金を引き出せるキャッシング機能が付帯していることをご存知ですか。

キャッシングできる金額は高くありませんが、少額でもいいからお金が必要という人はクレジットカードのキャッシング枠を利用できます。ただし、クレジットカードによっては返済方法が選べなかったり、カードローンよりも金利が高くなってしまうこともあります。

勤務先で前借をする

もしも勤務先で前借りができる状況であれば相談してみる価値はあると思います。ただし、大企業ですと前借りはできないという規定があるかもしれませんし、小さな会社では言い出しにくいですね。

勤務先での前借りは最終手段と考えた方がいいでしょう。

ブラックの審査は一人一人違う!まずは自分の状況は把握すること

ブラックでは絶対に借り入れは不可と考える方もいるようですが、一概にブラックと言っても個々の状況は異なりますので借入できる可能性はゼロではありません。

それでも審査に自信がないという人は、審査に通りやすい借入先を選んだり、審査対策を行うことをおすすめします。

しかし、信用情報に深刻な問題がある場合には、カードローンでの借入は難しくなります。そうなると日雇いアルバイトやクレジットカードのキャッシング、不用品を売るなど別の方法でお金を工面しなければなりません。

世間ではブラックでは審査に通るのは無理だと考えている人がいますが、ブラックと呼ばれる状況はひとそれぞれです。一ヶ月ほど返済が遅れただけの人もいますし、自己破産している人もいます。口コミなどをチェックして審査通りそうだと思ったら、申し込んでみる価値は十分あると思います。

闇金には要注意

ただし、とくにブラックの人に注意してほしいのが闇金の存在です。

闇金とは高金利で貸付を行う違法な貸金業者のことで、借入先がみつからないブラックの人をカモにしようと狙っています。

ブラックOK、審査なし、無職OKなど正規の会社ならばありえないような文句で勧誘してきます。闇金情報はインターネット上でも公開していますが、怪しいと思ったら連絡を取らないようにすることが大事です。

トピックス
ページトップへ