今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 今すぐお金が必要な人もOK!モビットの魅力はWEB完結以外にも

今すぐお金が必要な人もOK!モビットの魅力はWEB完結以外にも

数多くの消費者金融や銀行が、カードローンやキャッシングローンを扱うようになってきました。その為、どこも似たような印象を持ち、違いがわかりにくいかもしれません。

しかし、厳密に言えば細かい部分が違い、その金融機関での「売り」になるような特徴があります。

大手で誰もが名前を知っているモビットは、金利の低さや限度額の高さが人気になっている消費者金融ですが、お金が今すぐ必要な人にも対応できる融資までの速さも売りの一つになっています。どのような魅力があるのか見てみたいと思います。

商品は1つのみなのでわかりやすい!モビットカードローンについて

大手消費者金融がいくつかある中で、モビットもよく知られており、また人気のあるカードローン会社なります。

消費者金融や銀行の中には顧客のタイプによって申し込みできるよう、カードローンの商品を何種類か作っている所が多くあります。

対してモビットが扱うカードローンは、他の消費者金融や銀行などと違って、商品自体は1種類と非常にシンプルになっています。

モビットカードローンの商品概要

対象者 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
会社基準を満たす
※アルバイト、パート、自営業も申込可能
限度額 1万円~800万円
(審査、利用状況によって利用限度額が決定。)
金利
(実質年率)
3.00~18.00%
遅延損害金
(実質年率)
20.00%
借入方法 ATM・振込
返済方法 ATM・振込・口座振替
返済回数
返済期間
最大106回
最長8年10ヵ月
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法 ATM・振込・口座振替
約定返済日 毎月5日・15日・25日・末日より選択
担保
保証人
不要
必要書類 本人確認書類
(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書類
(源泉徴収票、税額通知決定書、確定申告書、所得証明書など)
営業状況確認のお願い

 
※「営業状況確認のお願い」は個人事業主用の書類で、モビットのホームページからダウンロードできます。

一番のモビットの特徴はWEB完結!ただし条件を満たす必要がある

多くの人がモビットの特徴として知っているものの一つに、WEB完結があります。

WEB完結は、申し込み手順の手軽さだけでなく、すぐにお金が必要な人向けの申し込み方法と言えます。

WEB完結とは
申し込みから融資までの手続きにおいて、電話連絡や郵送の方法を使わずにインターネットやメールを利用する形で契約をすすめる方法です。また、カードローンカードの発行がありません。

ただ、WEB完結での申し込みの場合、以下にあげる条件がそろっていないとできません。

WEB完結申し込みの条件

  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている(本人名義)
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っている

この二つの条件が必要です。条件がそろっていなければ、通常の方法での申し込みになります。

その中で、保険証の種類に関して、「よくわからない」という人がいるかもしれません。保険証も職業によって変わり、大きくはこのようになっています。

保険証の種類 対象者など
社会保険証 会社員など
(全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行している)
組合保険証 会社員、公務員、自衛官など
(各企業の健康保険組合や公務員の共済組合などが発行している)
船員保険証 船員など
国民健康保険証 自営業など
(上記の保険以外の人)

自分がどの保険証なのかを今一度確認するといいでしょう。その上で、申し込みをどうするか決めていけばいいのではないでしょうか。

金利の低さや限度額の高さもいい?数字で見るモビットの特徴とは

商品概要を見るとすぐにわかると思いますが、ここから見えてくる特徴として、限度額の高さと金利の低さがあります。

限度額が300万円や500万円が多い消費者金融の中で、プロミスの800万円は高い方になります。実際にすぐにそこまで借りる人はほとんどいないでしょうが、それでもある程度まとまったお金が必要な人にはとても重宝するでしょう。

金利も銀行と消費者金融とでは何かと銀行の方が低いという世間の印象があるのですが、それこそモビットの金利を見ると、低い方は銀行並みになっています。もちろん、いきなり3.00%と言う訳にはいかないでしょうが、利用を続ければ限度額が上がって金利が下がってくる可能性はあります。

返済日もいくつかあり小額の貸付けならば4,000円から返済!

一番の特徴は金利や限度額ではあるのですが、モビットの他の特徴として、返済日が多少なりとも自分の都合にあわせて選べるというのもありがたい内容の一つと言えます。

もちろん、いつでもいいと言う訳ではありませんが、5日・15日・25日。末日の中から選べるので、給料日の後に設定しておけば、肝心の「返済日にお金がない。」という状況に陥ることは少ないはずです。

返済額もまた負担なく返すことは可能ではないでしょうか。もちろん借りた額にもよるでしょうが、小額ならば4,000円からの返済となるので、借金の返済で生活が苦しいという事態にはなりにくいはずです。

モビットの返済額の一例(年率18.00%の場合)

借入残高 毎月の返済額
~10万円 4,000円
~20万円 8,000円
~30万円 11,000円
~40万円 11,000円
~50万円 13,000円
~60万円 16,000円
~70万円 18,000円
~80万円 21,000円
~90万円 24,000円
~100万円 26,000円

  
※100万円超の場合は、残高が20万円増えるごとに、返済額が4,000円増加します。

当たり前のことですが、実際に毎月の返済額がもっと増えても構わないならば、その分返済を早く終えることはできます。しかし、毎月の生活費との兼ね合いでそう多くは返済できない人も、これぐらいならばなんとかなるのではないでしょうか。

今すぐお金が必要な人にはWEB完結以外の手続き方法もある!

金額的な面でのメリットやアピールポイントが多いといえるモビットですが、WEB完結で見るように審査と融資までの手続き対応も早い方だと言えます。これもまた、モビットの大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

申込方法もいろいろあり自分の都合に合わせることができる!

時代から考えてどうしてもスマートフォンやパソコンの利用が多い昨今ですが、当然他の方法もあります。モビットの申込方法はこれらがあります。

  • パソコン
  • スマートフォン・携帯
  • 電話
  • 郵送
  • ローン申込機
  • 三井住友銀行内に設置されているローン契約機

どの方法が手っ取り早いのかわからず悩んでしまうかもしれませんが、どちらにしても自分の使いやすい、または操作しやすい方法で申し込みをするのが、結果的に一番早く借入可能となるに違いありません。

基本的な申し込みの流れ

申し込み

審査

メール、または電話にて審査結果の連絡

書類の送付・カード発行

書類の返送

審査の後、書類の送付や返送があるのですが、申込方法によっては、カード発行されたらその場ですぐに借り入れが可能となることもあります。

先にも触れたようにWEB完結の場合、カードの発行や書類の返送がありません。その為、審査が通った後の手続きがパソコンやスマートフォンを使って行われることになります。入会手続きが完了すたら、借り入れすることができるようになります。

急ぎの場合の対応もしてくれる!モビットで急いで申し込む時は

消費者金融に申し込みする場合、すぐに手元にお金がないと困るという人も中にはいます。

そんな人の為に、モビットでは急ぎの場合、電話をすることによって別対応をしてくれます。

これもモビットの特徴の一つと言えるものです。

モビットでの急ぎの人の申込方法

ホームページで申し込み(パソコン・スマートフォン・携帯)

専用フリーコールへ電話(9:00~21:00)

審査

電話で審査結果の連絡が入る
その場で会員登録

①指定口座に振り込み
②ローン申込機、またはローン契約機にてモビットカードの発行

※審査に通り会員登録をする際、①か②、どちらの方法で手続きを行うかを選ぶ必要があります。
※①の指定口座への振り込みの場合、14:50までに手続き完了する必要があります。申込時の時間や曜日によっては、翌日以降になってしまうこともあります。

①にしろ②にしろ、手続きが完了してお金を借りることが出来るようになった後になりますが、書類が送られてきます。

ちなみにローン契約機とローン申込機は同じものと思う人もいるかもしれません。確かにカードローンの申し込みをしてカード発行が出来ると言う点では同じでしょう。

設置場所が違うと考えればわかりやすいかもしれません。と言うのは、ローン契約機は、三井住友銀行内に設置されている無人機になります。その為、モビット専用ではありません。

ローン申込機は、モビット専用の無人機と言えます。全国に多数あるというので、こちらで手続きするのに、機械が近くにない、ということも少ないのではないでしょうか。

二つのローンを合わせて考えても、手続きするのに手間取ることは少ないように思います。

モビットローン申込機 8:00~21:00
ローン契約機 9:00~21:00

      
時間はあくまで基本的なもので、店舗によっては変わっていることもあります。

それ以前に、急ぎでお金を借りたい場合、営業時間ギリギリだと翌日対応になってしまいかねませんので、そのあたりを知っておく必要があります。

知っていれば、時間とお金のことで、後で「こんなはずでは・・・。」とならずにすみます。

会員サービスも充実!モビット使いこなしに「Myモビ」を上手に活用

申し込み後、審査に通り無事契約したとします。その後、モビットとの付き合いが始まるのですが、ここでもモビットならではの特徴があります。

それが「Myモビ」になります。

Myモビとは
モビットのカードローンを利用している顧客の会員サービスシステム。サービスとはいえ、会員登録は必要。会員登録をすれば、インターネットを使って多くの手続きやサービスを利用することができる。

「Myモビ」では使用している端末によるが様々なサービスが使える

会員登録と言うひと手間はあるものの、一度登録してしまえば様々なサービスを利用することができます。

ただし、パソコンやスマートフォン、携帯で使える機能が若干変わりますが、おおよそこれらのことができます。

  • 振り込みキャッシング(口座へ振り込み融資)
  • 利用状況照会
  • ユーザーID・インターネットパスワード変更
  • カード紛失・盗難の連絡
  • 書類提出
  • メッセージの案内 など

パソコンにおいては、他にも多くの機能が使えます。

  • ローン申込機・契約機の検索
  • 電子領収書のダウンロード
  • 借入・返済の相談
  • 契約内容照会
  • 返済シミレーション
  • 振込返済口座照会
  • 提携ATM一覧で確認  など

細かく言えば、まだまだありますが、何より上手にMyモビを活用し、自分の借金を正しく把握することは、早い完済へと繋がって行きます。

カードレスが便利!セブン銀行ATMはアプリで入出金が可能

消費者金融も日々便利になっていくもので、モビットでWEB完結申込をしたら、借り入れは口座振り込みという形になります。(そして、振り込まれた銀行のキャッシュカードで出金になります。)

ただ、モビットカードがないので、借り入れは常に口座振り込みという形になってしまいます。

しかし、会員登録は必要なものの、セブン銀行のATMでカードレスで入出金できるようになりました。ただし、スマートフォンを使う方法で、アプリをダウンロードする必要がある「スマホATM取引」になります。

その為、スマートフォンを持っていない人には使えない借り入れ、返済の方法になります。

簡単ですが使い方はこのようになっています。

スマートフォン(スマホ)でモビット公式アプリを立ち上げ、ログインします。

スマホATM取引を選択。出金、または入金を選択します。

セブン銀行のATM機の取引開始を選択し、ATM画面に表示されQRコードをスマホのカメラで撮影します。

スマホに表示された企業番号と暗証番号をATMに入力します。

画面の指示に従い、お金を受け取る、または返済を行います。

大まかな説明でわかりにくいかもしれませんが、細かい部分は操作段階で説明を見ながらやった方が早いかもしれません。

セブン銀行ATMはコンビニに設置されているので、24時間借り入れや返済ができると言えます。(セブン銀行ATM、会員専用サービスMyモビのメンテナンス時間帯はできません。)

会員登録やアプリのダウンロードなどの手間は必要なものの、カードがなくてもATMでやりとりできるのは、かなり便利だと言えます。

シンプルで便利な上スピード対応もしてくれるのがモビットの魅力!

こうやっていろいろ細かく見て行くと、商品としては1つしかないので一見あまり使い勝手が良くないように感じるかもしれないのですが、書面で見えない部分でサービスが充実していると言えます。

特に申し込み段階での手軽さや、審査が通った後の使い勝手の良さが見えてきます。

もちろん、それもスマートフォンを持っているのと持っていないので違うように、人によって違うかもしれませんし、あくまでカードローンという借金には変わりないので返済の負担が消える訳ではありません。

しかし、上手にサービスを利用していけば、早く返済が進むなどの活路も見えてくるかもしれません。

トピックス
ページトップへ