今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの郵送物は自宅に届く?…家族バレが不安!

カードローンの郵送物は自宅に届く?…家族バレが不安!

カードローンは現在では私たちの生活にすっかり浸透し、若者から高齢者まで幅広い年齢の方が利用しています。カードローンの借入先は銀行や消費者金融があり、商品の種類も豊富なので自分に合った商品をきっとみつけることができるはずです。

また今はまだカードローンを利用していなくても、今後利用したいと考えている人もいます。しかし、カードローンを利用していることが家族に知られてしまうことを気にして、申込を躊躇している人も少なくありません。

一昔前に比べるとカードローンは安全で手軽になり、カードローンの利用は一般的になりました。しかし、いまだにカードローンは危険なものとか、カードローンを利用する人はお金にだらしない人などと考える人もいます。

家族に非難されることを恐れてカードローンの利用をためらっている人のために、こちらの記事ではカードローンを利用すると本当に家族にバレてしまうのかどうか検証したいと思います。

また家族にカードローンの利用がバレないためにはどうしたらいいか考えてみました。

カードローンの審査には電話連絡が来るってホント!?

カードローンの利用がバレるのは、電話連絡や郵送物が届くことがあるからです。中でもカードローンの審査段階で行われる本人確認や在籍確認は会社や家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性の伴う作業です。

カードローンの申込方法は電話やFAXなどがありますが、最近ではインターネットによる申込が主流です。インターネット申込の場合、申込後に申込内容の確認や本人確認のために電話がかかってきます。

本人確認

この本人確認の電話によって家族にカードローンの利用がバレる可能性はあるのでしょうか。本人確認が行われる際には登録した電話番号に電話がかかってきます。最近ではみなさん携帯電話やスマートフォンを所持していますので自宅の電話に電話がかかってくることはありません。

携帯電話やスマートフォンでしたら、家族に知られずに本人確認を行うことができます。

万が一、携帯電話やスマートフォンがなく自宅に電話がかかってくる場合でもメールで予め時間を指定することができますので、家族が不在の時間帯など都合のよい時間を選ぶことができます。

在籍確認

そしてもう一つカードローン審査に欠かせないのが在籍確認です。

在籍確認とは審査の際にカードローン会社が申込者の勤務先に電話を掛ける作業です。

勤務先に電話がかかってくるということで、同僚や上司にカードローンの利用がバレるのではないかと恐れている人がいます。

しかし、実際にはカードローン会社のスタッフが個人名で電話をかけますし、本人以外の第三者に要件を伝えることはありません。また在籍確認を行う時間を指定することができますので、勤務先にバレるということは稀です。

郵送物が自宅に届くのを阻止する方法がある!?

カードローン会社から自宅や勤務先電話がかかってくることはありますが、勤務先や家族に知られたくないという利用者に対し配慮してくれますのであまり心配はいりません。

他に気になることと言えば、郵送物です。カードローンを利用する場合、自宅に郵送物が届くことはあるのでしょうか。

インターネットでカードローン契約をした場合でも、契約書類やローン専用カードは自宅に郵送されます。

もちろん封書にはカードローン会社の社名ではなく、個人名あるいは○○センターなどの名前で送られてきます。銀行カードローンの場合は、銀行名で届きます。

その他にもカードローンを利用する場合、毎月明細書を送ることが法律で義務付けられています。利用明細を確認して、借入状況を常に把握しておくことも大事です。

この毎月の明細書の郵送は、WEB明細に切り替えることによって停止することができます。

返済が遅れると督促通知が届くことも!?

他にも自宅に郵送物が届くことがあります。それは返済が遅れたり、滞ったりしたときです。

返済トラブルがあると信用情報に傷がつき、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが難しくなることはご存知だと思いますが、自宅や勤務先に郵送物が届くというリスクもあるのです。

返済日に返済がなされないとカードローン会社から登録した電話番号に電話が来ます。しかし、中には返済のめどが立たないからといって連絡を無視する人がいますがこれはNGです。

連絡を無視し続けると自宅や勤務先に督促状などの通知が届きます。

連絡がとれないと複数回にわたって届くこともあり、家族にバレる可能性が高くなります。

実は電話連絡も郵送物もないカードローンがある!

カードローンの電話連絡と郵送物は必ずしもそれによってカードローンの利用がバレるわけではないのですが、できればない方がいいですよね。そんなとき多くの人が考えるのが、電話連絡も郵送物もないカードローンがあればいいのにということです。

実は電話連絡も郵送物もないカードローンは存在します。

WEB完結で電話連絡なし郵送物なし

WEB完結とは申込から借入まで全てWEBで完結する申込方法のことです。インターネットで申込を行い、メールなどで書類を送付します。その後、振込融資を受けることで融資をうけることができます。そのため審査において電話連絡や郵送物はありません。

ただし、勤務先への電話連絡もないため通常よりも準備する書類が多くなります。必要書類は借入先によって異なりますが、一般的に下記の書類が必要となります。

  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 社会保険証または組合保険証
  • 指定金融機関の銀行口座
  • 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などの収入証明書

これ以外にも借入先の指定する書類が必要になります。書類の準備が少々面倒ですが、それでも電話連絡や郵送物が無い方がいいと考える人もいます。どうしても家族にカードローンの利用を知られたくない人は、WEB完結がおすすめです。

電話連絡と郵送物による家族バレは案外少ない!

カードローンを家族や勤務先に知られたくないという人は決してあなただけではありません。カードローン審査の際の本人確認や在籍確認を敬遠する人は多いですが、実は電話連絡によってカードローンの利用がバレたというケースは案外少ないのです。

カードローンを利用していると毎月明細書が郵送されますが、これはWEB明細に切り替えることができます。ただし、返済トラブルを起こすと自宅や会社へ通知が郵送されることがありますので、これは避けたいですね。

そこで気になるのが電話連絡なし、郵送物なしのカードローンですが、実はWEB完結を実施している会社はいくつかあります。WEB完結なら申込から借入までWEBで完結するため、電話連絡や郵送物がありません。そのかわり通常よりも必要書類が多くなります。

カードローンを利用すると家族バレするかもしれないとあまり深刻に悩む必要はありません。カードローン会社も十分に配慮してくれますので、簡単にバレることはありません。

むしろローン専用カードからカードローンの利用がバレるケースの方が多いと言われています。カードを衣服のポケットに入れっぱなしにしたり、机の上に置いたままにしないように注意しましょう。
トピックス
ページトップへ