今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > スマホ代の滞納はホントにNG!今すぐお金を工面して支払いを!

スマホ代の滞納はホントにNG!今すぐお金を工面して支払いを!

私たちの生活で欠かせないものと言えば、携帯やスマホです。携帯やスマホがなければ、仕事にも日常生活にも大きな支障をきたします。今や携帯やスマホを所有していない人はほぼいないと言っても過言ではありません。

現在日本にはドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリアが存在します。その他にもキャリアから回線を借りて営業している格安スマホなども人気急上昇中です。しかし、毎月のスマホ代は決して安くはありません。

できるだけ安くスマホ代を済ませたいと思っても、なかなかスマホ代を安くすることは難しいですね。学生の場合はアルバイト代に占めるスマホ代の割合は大きいですし、家族がいると家族の分だけスマホ代を支払わなければなりません。

中にはスマホ代が家計を圧迫し、ついつい滞納してしまう人もいるでしょう。しかし、スマホ代の滞納は実は深刻なトラブルに発展するリスクがあります。スマホ代を滞納するとどのようなことになるのか時系列でご説明したいと思います。

他の支払いを優先させてスマホ代を滞納している方は要注意です。スマホ代を滞納することでスマホとは関係のないクレジットやローンなどにも影響を及ぼすことがあるのです。

スマホ代の滞納と聞いて心当たりがある方はこの記事を参考に速やかにスマホ代の支払いをすることをおすすめします。

スマホ代を滞納するとどうなる?時系列で確認しよう

一日何度も電話をしたり、メールをしたり、WEBをチェックしたり、もはや私たちの生活に欠かすことのできないスマホですが、スマホ代は案外馬鹿になりません。ゲームなどをしていると思わず課金してしまうこともあり、毎月の支払いを負担に感じることもあるでしょう。

スマホ代は基本的に本人名義の銀行口座からの引き落としとなります。しかし、お金がなく口座が残高不足となり引き落としできない場合はどうなってしまうのでしょうか。支払い日になっても支払いができなかった場合、支払期限を過ぎると督促状が届きます。

支払い日を過ぎると利用停止に

最初の督促状は支払期限を過ぎると約10日~20日の間に郵送されてきます。督促状には通常利用停止日が記載されており、記載されている利用停止日までに代金を支払わなければ電話の回線は止められてしまいます。

実際には記載されている利用停止日の2,3日後に回線が止められてしまうようです。これは電話会社にもよります。利用停止日を知らせるショートメールが来ることもあります。

電話がないと困るのであと数日だけ利用停止日を先延ばししてほしいと相談する人がいますが、回線の停止は機械的に行われているようなので代金を支払わない限り利用停止は免れません。

回線が止められた場合、電話がかかってくると「お客様のご都合により現在おつなぎでいない状態です~」などのアナウンスが流れます。これではスマホ代を払えず電話が止められたことを周囲に宣伝しているようなものなので、利用停止になる前に滞納しているスマホ代をさっさと払ってしまいましょう。

滞納しているスマホ代はコンビニなどで通知書や請求書を使って支払うことができます。支払いが済めば、約5分~10分で回線が復帰します。仕事で電話を使う方、就職活動中の学生などは電話が止められては大問題です。

回線が止められる前に滞納しているスマホ代を支払いましょう。

利用停止中でもwifiがあればインターネット接続は可能

スマホ代を滞納し通話ができない状態になっても実はwifiがあればインターネットに接続することは可能です。

最近では電話だけではなく、SNSやLINEなどのメッセージツールを利用している方も多いので、インターネット接続ができれば連絡を取ることが可能です。WEBを見ることもできますし、利用停止中でもスマホは役に立ちます。

スマホ代を滞納するのがホントに怖いのは信用情報に傷がつくこと

お金が足りないから今月はスマホ代の支払いが厳しい、口座残高不足で支払いができなかったなどスマホ代の滞納を軽く考えている人は要注意です。本当に怖いのは電話回線が利用停止になることではありません。スマホ代を滞納するともっと大きな代償が待っているのです。

契約が解除となり再契約が難しくなる

スマホ代を滞納すると利用停止となりますが、さらにそのまま放置していると約3カ月ほどで強制的に契約解除になります。

契約解除となるといわゆる電話会社のブラックリストに載ってしまうことになりますので、スマホの再契約が難しくなります。

スマホなしでは今の時代は生活するのにとても不便を感じることになると思います。今はお金がないからとりあえず放置して、お金が入ったら再契約しようなどと虫のいいことを考えていると後でしっぺ返しを食らうことになりますよ。

信用情報は傷がつくと今後ローンを組めなくなる

スマホ代には通話料金の他に分割払いで契約したスマホ本体の支払いも含まれていることをご存知ですか。もちろん契約時に一括で支払い済みの方もいますが、多くの場合、分割で購入すると割引もあることから機種代金が含まれています。

機種の購入にはスマホ代とは別にクレジット契約が結ばれています。そのためスマホ代の支払いが滞るということはクレジットの支払いが滞るということになり、分割で買い物をしたときのローンの支払いを延滞するということになってしまうのです。

クレジットの支払いが滞ると信用情報に記録されてしまいます。信用情報とは個人のお金に関する情報のことで、クレジットやローンの支払いが滞った場合には金融事故として記録されてしまいます。

信用情報にはローンやクレジットの申込内容、契約内容、利用履歴などが登録されていて、支払いが滞った場合や遅れた場合にも記録されます。

自己破産や債務整理などは深刻な影響をもたらします。

機種代金の含まれるスマホ代を滞納することで、信用情報には事故履歴が残ってしまいます。このような履歴は完済後5年ほどは消えないと言われています。

また信用情報というのは、銀行や消費者金融などの金融機関で情報が共有されています。そのため審査の際にはお金を返さない人物と判断され、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ることが難しくなります。

今は軽い気持ちでスマホ代を滞納しているかもしれませんが、将来家庭を持ち車のローンや住宅ローンなどを組む際に不利になることも考えられます。スマホ代はくれぐれも滞納しないように注意しましょう。

またスマホ代を延滞した場合、延滞金、請求書発行手数料、振込処理手数料など通常なら不要な諸費用がかかることもありますので要注意です。

スマホ代を滞納するぐらいならカードローンでまずは支払いを!

スマホ代の中には分割払いで契約した機種代金も含まれていますので、ローンを滞納しているのと同じ扱いになるというお話をしましたが、それならいっそのことカードローンでお金を借りてとりあえずスマホ代を払ってしまった方がわかりやすいと思います。

スマホ代は一回返済を怠るとすぐに利用停止になりますのでそこまで金額が膨らむことはありません。少額の支払いでしたら、カードローンで借入をして電話が利用停止になる前に支払ってしまった方が深刻なトラブルを避けることができます。

カードローンについてあまりご存知ないという方もいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介しましょう。もちろんカードローンも同様に滞納するとリスクを負いますが、無理のない返済計画を立てることができますので安心してください。

申込条件と申込の流れ

カードローンを利用するためにはまずは多数あるカードローンの中から自分に合った商品を選びます。銀行カードローンは低金利、消費者金融は審査がスピーディです。いずれもサービスが充実していて、審査は比較的通りやすいと言われています。

申込条件は商品によって異なりますが、基本的には満20歳以上で安定した収入があることが条件となります。また審査に際には運転免許証などの本人確認書類と収入証明書が必要となります。

申込はHPからインターネットで行うことができ、書類もメールやアプリで送信するだけで完了します。

審査は最短30分で問題がなければ、振込による即日融資が可能です。

申込は手間や時間などは一切かからず、忙しい方や遠方にお住いの方でも気軽に利用を開始することができます。

残高スライドリボルビング方式で無理のない返済計画

スマホ代を滞納してしまうくらいですから経済的にあまり余裕がないというのが現状だと思いますが、カードローンなら無理なく返済ができます。

カードローンでは毎月の借入残高に応じて返済額が決まる残高スライドリボルビング方式や毎月の返済額が固定されている元利定額返済方式などを採用しています。

借入額や金利によっては毎月の返済額は2000円~4000円ということも可能です。とりあえずお金がないうちは少ない金額を設定し、余裕ができたら繰り上げ返済を行うことも可能です。

スマホ代の滞納が人生を左右することも!カードローンは強い味方

今まで軽く考えていたスマホ代の滞納、実は深刻なトラブルに発展することもあることを理解していただけたかと思います。スマホ代を滞納するとすぐに利用停止となり、やがて契約解除となります。

契約解除となると電話会社のブラックリストに名前が残り、再契約が困難になります。スマホがないとどれだけ不便かご想像ください。またスマホ代にスマホ本体の分割代金も含まれていることを知らない方が案外多いのです。

スマホ本体の料金も含まれているということは、スマホ代の滞納イコールクレジットの滞納ということになります。クレジットを滞納すると信用情報に傷がつき今後ローンやクレジットカードの審査に不利になることは知っておくべきことです。

スマホ代の中に本体の分割払いも含まれているというのはなんだかややこしくて、わかりにくいですね。それならカードローンで借入をしてスマホ代を先に支払ってしまった方がカードローンの返済のみで済むので返済計画を立てやすいのです。

スマホ代の滞納により知らない間に信用情報が傷つく前に、カードローンで借入してスマホ代を払う方が賢明ではないでしょうか。

トピックス
ページトップへ