今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローン利用で躓かないために!まずは返済の仕方をチェック!

カードローン利用で躓かないために!まずは返済の仕方をチェック!

今すぐお金が必要という時に頼りになるのはカードローンですが、カードローン初心者なら申込前に確認しておくべきことが多数あります。カードローンがいくら手軽で安全とはいえ、お金を借りるわけですから仕組みやルールなど把握する必要があります。

審査のことや金利のことなど気になることはいろいろありますが、中でも返済に関する詳細は借入前に必ずチェックしましょう。返済が遅れたり、滞ったりすれば信用を失い将来的に影響を及ぼすことも考えられます。

返済トラブルを起こさないためには返済日、返済方法、返済方式などをしっかり理解し、またきちんと返済計画を立てることです。また毎月明細をチェックし、借入残高や利息について把握し、お金の管理をしていくことも大事です。

カードローンはルールを守って利用すればとても快適で便利に利用することができます。なによりも審査スピードが速いので、今すぐお金が必要という時にも対応してくれます。

こちらの記事ではカードローンの返済について詳しくご紹介します。とくに返済方法についてはきちんと確認しておかないと、忙しくて返済できない、手間がかかって面倒などということになりかねません。

ぜひこの記事を参考に自分に合った借入先を選んでください。

申込前に返済について必ずチェック!まずは返済方法から

カードローン初心者の方はまずは借入先を決めなければなりませんが、その際にはカードローン会社のHPをチェックして様々な条件を確認しなければなりません。金利は高すぎないか、審査にはどのような書類が必要か、審査にはどのくらい時間がかかるかなどです。

中でも返済に関する事項はじっくり目を通しましょう。自分にとって無理のない返済をすることが何よりも大切です。そのためにはまずは返済方法を確認します。利用できるATM数は多いのか、営業時間帯が自分の生活スタイルと合っているかなどです。

カードローンの返済方法には下記のものがあります。

店頭窓口

カードローンは店頭窓口にて返済することができます。最も確実な方法ですがいくつかデメリットもあります。

第一に遠方にお住いの方や忙しい方は店舗まで出向くのが難しいことや交通機関を使用しますので、交通費がかかることが挙げられます。

営業時間も確認しないと行ってみたら営業時間外だったということもあり得ます。

なによりも店頭で返済する場合は、スタッフと顔を合わせなければならないのでそれを気まずいと感じる人もいるでしょう。

ATM利用

カードローンは専用のATMの他に、提携ATMやコンビニATMを利用することができますので出張や旅行で地方を訪れても不便を感じることはほとんどありません。もちろん返済もお近くのATMを利用して行うことができます。

ATMやコンビニCDの中には24時間営業しているものもあり大変便利ですが、で振込手数料や時間外手数料などの手数料がかかることもあります。

手数料は振込金額によって異なります。

通帳などに振込履歴が残ってしまうことも気になります。家族にカードローンの利用を知られたくないという場合には証拠の残るATM利用はちょっと避けたいですね。

口座振替

同じく口座振替も取引履歴が残ってしまいます。しかし、口座振替なら返済忘れを防ぐことができますので大変便利です。給料日直後に振替日を設定すると残高不足で返済ができないという事態にもなりません。

忙しくてなかなかATMに行けない、インターネット振込も忘れてしまうという人には一度登録すれば手間や時間のかからない口座振替が断然おすすめです。

銀行カードローンの中には口座振替しか受け付けていない商品もあります。

インターネットバンキング

最近では多くの人がインターネットバンキングを利用しています。PCやスマホで好きなときに振込の手続きを行うことができます。自分のペースで返済したいという人には最適ですが、振込先や振込金額によっては振込手数料がかかります。

現金書留

ATMや店舗が近くにない、PCも使えないという人は郵送で返済する方法もあります。郵送で現金を送る際には現金書留となりますが、郵便局まで足を運ばなければならないこと、送料がかかることなどが難点です。

またカードローン会社の半数以上は郵送による返済を受け付けていません。一部の中堅の消費者金融であれば郵送による返済を受け付けてくれるところもあります。

以上がおもなカードローンの返済方法です。カードローン会社のHPをチェックするとどのような返済方法が可能なのか記載されています。自分に合った返済方法を選ぶことができる借入先からお金を借りることによりスムーズに返済できますよ。

返済方式についてどこまで知ってる?便利な返済日お知らせメール

さて、返済に関して大事なのは返済方法を確認して返済遅れを防ぐことですが、その他の返済に関する事柄も知っておく必要があります。

返済方式によって返済額が変わる

カードローンには主に2種類の返済方式があります。返済額は金利によって決まりますが、返済方式によっても左右されます。最も一般的のは借入残高に応じて毎月の返済額が決まる残高スライドリボルビング方式です。

残高スライドリボルビング方式では最低返済額以上であれば都合に応じて返済することが可能です。例えば返済回数が32回の場合、借入残高が10万円なら最低返済額は4000円、20万円ならば8000円となります。

元利均等返済方式は返済開始から返済終了まで毎月の返済額が固定となります。そのためお金の管理がしやすいという特徴があります。一方で元金が減るのが遅いため、返済期間が長引き、結果的に返済総額が多くなります。

元金均等返済方式は毎月の返済額(元金+利息)の元金の部分が一定になる返済方式です。返済開始直後は返済額が多く負担がありますが、返済が進むにつれて元金が減り、それに伴って利息も減るため負担が軽減されます。

元金均等返済方式は元利均等返済方式よりも返済期間が短く、返済総額も少なくなります。

返済日は任意で選べる

カードローンの返済日は任意の日、もしくは指定日の中から都合の良い日を選ぶことができます。通常は給料日の直後を選ぶことでお金がなくて払えないという状況を回避することができます。

返済について確認したら申込に進もう!申込の流れをご紹介

返済方法、返済方式、返済日などを確認して返済についてしっかり理解すれば、安心してカードローンを利用することができます。カードローンの利用を決断したところで、申込について詳しくご紹介しましょう。

申込条件や申込の流れは借入先によって異なりますがここでは一般的なカードローンの申込についてご説明します。

カードローンの申込条件は、年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方となっています。安定した収入があればパートやアルバイトでも申込が可能です。

申込には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要となります。ただし、借入額が50万円を超える場合、借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合のみ収入証明書が必要となります。

申込の流れ

申込の流れは以下のようになります。

インターネット申込(24時間365日受付)

契約可能額を決定し、希望方法(メール・電話)にて審査結果の連絡

契約手続き(WEB・郵送・来店)

融資(口座振込)

ATMの利用を希望の場合は後日ローンカードが発行されます。

以上がカードローンの申込の流れです。

最近は申込から借入までWEBでできるWEB完結もありますので、自宅にいながら楽々申込が可能です。

今まで迷っていた方もぜひ気軽に申込してみてください。

スムーズな返済のためには自分に合った返済方法を選ぶこと

カードローンを利用するにあたって気になるのは返済のこと。返済についてきちんと把握していないと後でこんなはずじゃなかったということにもなりかねません。とくに返済方法の確認はスムーズに返済をするためにとても大事です。

選ぶことのできる返済方法は借入先によって異なります。いつでもどこでも返済が可能なインターネットバンキングがおすすめですが、もちろんATMを使った振込も可能です。返済日忘れを防ぐなら口座振替が便利です。

とくに忙しい人や遠方にお住いの方は返済遅れや返済忘れを防ぐためにも自分に合った返済方法を選択することが大事です。ほかにも返済額を左右する返済方式や返済日の確認もお忘れなく。

返済について把握し納得できたら、申込に進みましょう。

インターネット申込なら24時間受付可能、審査も最短30分で完了します。

即日融資が可能な場合もありますので、今すぐお金が必要という方にもおすすめです。

トピックス
ページトップへ