今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > カードローンの増額は返済実績を積んでから!再審査で問題になる項目

カードローンの増額は返済実績を積んでから!再審査で問題になる項目

今すぐお金が必要なときや給料日前のピンチを乗り越えたいときに頼りになるのがカードローンですが、カードローンに関する意外な悩みについてよく耳にします。それはカードローン審査には通ったけど、希望額が思ったより低くてがっかりしたという内容です。

カードローンの審査は実はそれほどハードルは高くありません。安定した収入があり、過去の借入に問題がなければスムーズに審査を通過できると考えられます。ただ、限度額に関しては思い通りにいかないこともあるようです。

限度額が思いのほか低かった場合はどうすればいいのでしょうか。限度額をアップする手続きのことを増額と言いますが、増額は誰でも簡単にできるものなのでしょうか。

こちらの記事では増額を希望する人のために増額を実現するコツについて詳しくご紹介したいと思います。増額審査に通るためには条件を満たす必要がありますが、どのような条件があるのでしょうか。

これから増額を希望する方はぜひ参考にしてください。

カードローンの限度額は年収によって決まる!

カードローン審査をどうにかクリアしたけど、思っていたよりも借入額が少なかった、希望額に届かなかったという話をよく耳にします。カードローンを利用する人の多くができるだけ多く借入したいと考えていますが、そう上手くはいかないようです。

カードローンの限度額とはどのようにして設定されるのでしょうか。カードローン会社各社のHP見ると最大限度額は500万円とか800万円などと記載されていますが、もちろん誰もがこのような高額な借入ができるわけではありません。

最大限度額800万円を与えられるのは、一定の水準をクリアした特別に属性の強い方のみとなります。限度額の設定と年収は大きく関係しています。カードローンの限度額を知るためには総量規制という法律にまずは触れておく必要があります。

総量規制

総量規制とは限度額を制限するための法律で、身分不相応な借入をしてトラブルにならないために制定されました。総量規制によりますと、最大限度額は年収の1/3までとなっていますので例えば年収300万円の場合には限度額は最大で100万円となります。

総量規制はおもに消費者金融やクレジットカード会社を対象にした法律で、銀行カードローンは対象外となりますが、それでも年収の1/3というのは返済に行き詰まらないぎりぎりの金額となります。

ただし、年収の1/3は最大限度額なので、新規契約の場合はまずは最低限の限度額が設定されることもあります。新規利用者の場合、本当に返済義務を果たしてくれるのか判断できませんからまずは最低限の金額を貸し付け、様子を見るというのがカードローン会社の姿勢です。

限度額が足りない時は増額も!

新規契約の場合、最低限の限度額となってしまうこともありますが、返済実績を積むことで増額が可能となります。増額とは限度額をアップするための手続きで、新たに審査が必要となります。

増額に関しては次の段落で詳しくご紹介します。

増額審査は厳しい!?増額のための条件とは?

限度額が希望額に届かなかったという人は増額というチャンスがありますが、増額を叶えるためにはいくつか条件があります。その条件をクリアしなければ、増額は難しいといえます。

契約してから6カ月が経過している

増額を実現するためには契約後、半年ほど経過していることが大事です。

新規契約直後に増額申請をしても増額は難しいでしょう。

契約後半年間継続的ににカードローンを利用して実績を作ることが大事です。契約したままほとんど利用していない場合には取引実績がなく、増額に結びつかないこともあります。

返済の遅れがない

取引実績、利用実績と同様に返済実績を積むことも大事です。

毎月遅れることなく返済実績を積むことできちんとお金を返してくれる人と判断されます。<.span>

返済に問題があると、増額は厳しいと考えましょう。

他社から新規で借入をしていない

新規契約後に、新たに別のカードローンで借入をしていると増額審査に影響することがあります。

前述の通り、総量規制の関係上、最大でも年収の1/3までしか借入できませんので他社で借入があれば限度額に影響することは間違いありません。

増額を希望しているのなら、他社で新規借入は控えるようにしましょう。またクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象ですので限度額に影響します。

転職など登録情報に変更がない

登録済みの個人情報に変更があった場合、増額審査に影響する可能性があります。例えば、転職して給料が減った場合には返済能力が問われることになります。転職した場合には勤続年数も短くなってしまいますので、増額審査でチェックされます。

また登録情報の変更をせずに後で変更があったことがわかった場合には信用にかかわります。登録情報に変更がある場合には速やかにカードローン会社に届け出ましょう。

信用情報に変更がない

カードローン審査では個人の金融情報である信用情報がとても大事です。信用情報にはカードローンだけではなく、その他のローンやクレジットカードに関する情報も記録されています。

新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりした場合、信用情報に記録され増額審査の際にチェックされます。増額を希望するならできるだけ新たなローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることは控えた方が良さそうです。

以上の項目に問題がなければ、増額は決して難しいことではありません。カードローン会社としても優良な利用者にはどんどんお金を借りてもらいたいわけですから、自信を持って増額申請をしましょう。

増額の方法や手続きについて!新たに審査が必要な場合も

ところで増額の手続きとはどのようにして行えばいいのでしょうか。増額の方法はカードロ-ン会社によって異なりますが、決して複雑ではありません。

電話で行う場合

電話にて増額申請を行う場合には、HPなどに記載されているフリーダイアルまたは増額申請のための番号に電話をかけましょう。

オペレーターに簡単な質問をされることもありますが、難しい手続きなどはありません。

会員専用ページから行う場合

大手カードローン会社には会員専用のインターネットページがあります。

会員専用ページに暗証番号を使ってログインし、増額案内のページから増額申請をすることが可能です。

増額案内が来ることも

通常増額申請は利用者側がするものですが、カードローン会社としても優良な利用者にはもっとお金を借りて欲しいのです。そのため優良な利用者に対して通知や会員専用ページで増額の案内を送ることもあります。

増額案内が来た場合には、ほぼ100%増額が可能な状態と言えますので安心して増額申請をしてください。

増額における注意点!審査に自信がないなら時期を見極めよう

増額のための条件を満たすことが分かった人は、電話やインターネットで増額の申し込みを行いましょう。増額の申し込みをするための注意点を把握しておくことも大事です。

増額の際には、再審査が行われ、登録内容や信用情報などを再度チェックします。新規契約の際には審査が行われますが、属性や信用情報の内容などが変更になっていることもありますので必ず確認します。

増額を希望したのに減額になったり、利用停止になるケースも稀にあるようです。契約時以降に返済トラブルを起こし信用情報に傷がついていたり、転職によって収入が下がっている場合には減額されることもありますので要注意です。

もしも審査に自信がないという場合には増額は見送ったほうがいいかもしれません。

限度額が低くても諦めないで!増額のチャンスがある!

せっかくカードローン審査に通っても思ったよりも限度額が低くてがっかりした経験は誰にでもあるはずです。目的があって借入をする場合にはとくに借入額が足りないと困ってしまいます。

しかし、あまりがっかりしないでください。半年ほど取引実績、返済実績を積むことで限度額がアップする増額が可能となります。増額の申込をした場合、再度審査が行われ、登録内容や信用情報に変更がないかチェックされます。

信用情報に問題が生じていたり、属性が弱くなっている場合には増額どころか減額になることもありますので増額申込前に増額の条件を満たしているか今一度確認しましょう。

増額の条件にとくに問題がなければ増額できる可能性は大です。ぜひ増額申込で限度額アップを目指しましょう。

トピックス
ページトップへ