今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 友人に貸したお金を返してもらう方法!段階を踏んで催促するのが大事

友人に貸したお金を返してもらう方法!段階を踏んで催促するのが大事

今すぐお金が必要という状況になったとき、思い浮かぶのはお金を貸した友人の顔。友人さえお金を返してくれたらこの状況を乗り切れるのに、と恨めしい気持ちになったことがあると思います。

友人にお金を貸すべきかどうかはさておいて、すでにお金を貸してしまっている場合、どのようにして返してもらえばいいのか頭を悩ませます。どんなに催促してもなかなか返してくれない、中には全く気にしていない輩もいます。

友情にひびが入らないようにお金の催促をするというのはとても難しい作業です。どんなに催促してもそのうち返すの一点ばりだったり、今はお金がないと開き直ったり、中には連絡がとれなくなるケースもあります。

こちらの記事では友人にお金の催促をするときにはどのようなことに注意したらいいのか、またスムーズに返済してもらうにはどうしたらいいのかなどをご紹介しています。

友人がお金を返してくれないことにお悩みの方、ストレスを抱えている方はぜひこの記事をチェックして友人へ厳しく取り立てを行いましょう。貸したお金を踏み倒すような友人はもはや友人ではありません。借金の催促に遠慮することはないのです。

友人が貸したお金を返してくれない!どうしたらいい?

友人にどうしてもと頼まれてお金を貸した経験がある人もいるでしょう。もちろん貸しただけですから、すぐに返してもらえると思っていたのですが待てど暮らせど返済の気配なし。

そんなときは一刻も早く返してほしくてもやもやしてしまいますが、こちらのそんな気持ちなど相手はつゆ知らず、平然としています。しかし、友人ですからなかなか強く催促もできず。どうしたらいいか考えあぐねていることでしょう。

通常友人にお金を貸すときはわざわざ借用書を書いたりしないと思いますが、借用書がないと返済の催促はできないのでしょうか。実はそんなことはありません。

お金を返すということを口頭で約束していれば、返済義務は生じます。

ただ、相手がしらばっくれるなど悪質なこともありますので、やはりメールやラインなどのメッセージを証拠として保存しておいた方がいいですね。

職場や実家に電話をかける

本人に返済を求めてもお金を返してくれない場合には、職場や実家などに電話を掛けるという手もあります。あまり頻繁にかけたり、第三者に返済を求めたり、暴言を吐いたりすることはいけませんが、電話をかけて返済を求めることはできます。

職場や家族には借金のことを知られたくないはずですので、返済してくれる可能性が高くなります。

給料日に催促に行く

普段お金がないと言っている友人なら給料日を調べ、給料日の当日にお金を回収に行くという方法もあります。給料が振り込まれているはずなのでお金がないという言い訳はできないはずです。

お金があるのにお金を返さないというのなら、さらに強硬な手段にでるしかありませんね。

分割で返してもらう

お金がなくて一括で返済するのが厳しいと言われたら、分割払いを提案しましょう。

友人に無理のない範囲で毎月少しづつでも返済してもらうのがいいと思います。

どうしてもお金を返してくれない!それなら法的手段も!

貸した金額にもよりますが、どんなに催促しても返済してくれないようであれば法的手段を取るしかありません。まずは内容証明を送り付けましょう。内容証明は自分で作成することもできますが、弁護士に依頼することもできます。

弁護士と聞くと相手も少しびっくりすると思いますので、それだけで効果があることもあります。内容証明は貸したお金を催促しましたという証拠を残すものです。

内容証明の書き方は自由ですが、貸した金額や返済期限などを記載しましょう。

最近ではe内容証明と呼ばれる電子内容証明があり、指定の書式でアップロードすれば24時間いつでも相手に内容証明を送ってくれるサービスです。

内容証明を送り付けても返済してくれる様子がなければ次は法的手段しか残されていません。

通常の裁判よりも手軽にできる裁判がある!

貸したお金を返してくれないときの最終手段は法的手段に訴える、つまり裁判を起こすことです。貸した金額によっては、裁判はなんだか大げさと思ってしまいますが、通常よりも手軽な裁判もあります。

裁判には支払督促、少額訴訟、通常訴訟の3種類があります。

支払督促は書類のみなので、実際の裁判はありません。そのため費用も通常の裁判の半額で済みます。ただし、債務者が異議を申し立てた場合は、通常裁判となります。

少額訴訟は一回の期日で審議を終えて判決が出る特別な裁判です。60万円以下の支払いを求める場合のみに利用できます。判決に対して異議の申し立てはできますが、控訴することはできません。

以上の2つが貸したお金を返してもらうためにできる手軽な裁判です。通常裁判を起こすことも可能ですが、弁護士費用や裁判費用が高くなるため貸した金額以上になってしまうこともあります。

裁判費用が貸した金額よりも高くなってしまう場合には、残念ながら裁判はおすすめできません。

カードローンを紹介して友人に貸したお金を返してもらおう!

いくら催促しても貸したお金を返してくれないなら最終手段として裁判を起こす方法がありますが、費用が高くなってしまう場合現実的ではありません。それなら友人にカードローンを紹介してみるのはどうでしょうか。

とりあえずカードローンでお金を借りてその中から返済してくれるように話を持ち掛けてみましょう。カードローンの利用を促すためにはカードローンの魅力を余すところなく伝えなければなりません。

他人にお金を借りるくらいですから友人も経済的に困っているはずです。カードローンなら自分のペースで無理なく借入ができます。

審査が速い

カードローンの最大の魅力は審査が速いこと。審査は最短30分、即日融資も可能です。今日中にお金が必要というピンチもカードローンを利用すれば乗り切ることができます。

一般的なローンの場合は申込から借入まで1週間程度かかることもありますので、カードローンがおすすめです。審査に必要な書類も本人確認書類のみとなりますし、また銀行口座へお金を振り込んもらうことも可能です。

審査に通りやすい

どんなよい条件のローンでも審査に通らなければお金を借りることはできません。

その点、カードローンなら安定した収入があり、過去にお金のトラブルがなければ高い確率で審査に通ります。

ただし、過去のローンの返済が滞ったり、自己破産や債務整理の履歴がある方は信用情報に登録されている可能性がありますので要注意です。信用情報に記録された内容はローン審査に影響を及ぼします。

使いやすい

カードローン利用者の多くがその使い勝手の良さに感動しています。カードローンは全国の提携ATMやコンビニATMを利用することができます。また会員専用ページにアクセスすれば振込キャッシングの手続きや登録情報の変更などを行うことができます。

消費者金融なら一定期間利息なしの無利息ローンもあります。無人契約機やテレビ窓口などもありますので、遠方にお住いの方や仕事が忙しい方でも空いた時間に申込が可能です。

返済に無理がない

カードローンの利用を検討する方の多くは経済的に余裕がありません。返済に追われることを心配していると思いますが、ご安心ください。

カードローンの返済方式として採用されている残高スライドリボルビング方式なら最低限の金額で済みます。

返済によって生活が圧迫されないことはとても大事なポイントです。

以上がカードローンの魅力です。カードローンの魅力を十分にお金を貸している友人に説明し、お金を返してもらいましょう。ただし、カードローンの利用を強要するのは厳禁です。本人の意思で利用する場合にそこからいくらか返済に回してもらうのでしたら、問題はありません。

友人がお金を返してくれない時は段階を経て催促するのおすすめ!

友人にお金を貸したけど一向に返してくれない、そんな悩みを抱えて悶々としている人は段階を経て相手を説得することが大事です。まずは諦めず何度も本人にお金を返してほしい旨を伝えましょう。

それでも返してくれない時には会社や実家に電話をかけプレッシャーを与えます。借金をしていることを周囲には知られたくないことが多いので、返済してくれる確率が上がります。

ダメな場合は、内容証明を送り付けましょう。内容証明には決定的な効力があるわけではありませんが、返済しないなら法的な手段も辞さないという強い気持ちを伝えることができます。弁護士という言葉をちらつかせるのもいいですね。

縁を切る覚悟で裁判も!

これだけやっても返済してくれないならそれはもう友人ではありません。本当にあなたのことを大切な友達と思っているなら借りたお金を少しづつでもきちんと返そうと誠意を見せてくれるはずです。

友人を訴えるのは気が進まないとこれまで穏便に話を進めてきましたが、縁を切る覚悟で裁判という手段に出ることも検討し始めましょう。裁判と言っても、支払督促や少額裁判など少ない費用でできる裁判もあります。

しかし、貸した金額によっては裁判の方が高くついてしまうこともありますので、その場合残念ながら高い勉強になったと思い諦めるしかないこともあります。今後友人に借金を頼られても過去に苦い経験があるのでお金を貸すことができないとはっきり断ることができるでしょう。

その他にはカードローンを紹介して、借入分から返済に回してもらうのも一つの手です。あくまでも紹介するだけで、カードローンの利用を強制するのはNGです。カードローンは手軽で安全、返済の負担も少ないので、カードローンの魅力について教えてあげると感謝されるかもしれませんよ。

トピックス
ページトップへ