今日中に!?今すぐお金が必要な人が見るサイト
> > 専業主婦も今すぐお金が必要な時がある!確実に現金を手にする方法

専業主婦も今すぐお金が必要な時がある!確実に現金を手にする方法

カードローンはすっかり私たちの生活に浸透し、老若男女問わずカードローンの利用を希望する人が増えました。一般の人だけではなく、学生や高齢者、そしてとくに主婦にとってもカードローンは頼れる存在です。

主婦は家庭が第一なので、あまり余分なお金は必要ないのでは?と思われがちですが、主婦こそ予定外の出費が多くお金を必要としているのです。生活費、食費、教育費、交際費、レジャー費など予算内ではおさまらない出費がほとんどです。

給料日前のピンチや急な出費でお金が足りないという状況に陥ったときには、カードローンを利用したいものですが、主婦でも借入は可能なのでしょうか。実はアルバイトやパートをしている主婦は借入できますが、残念ながら専業主婦は難しいのです。

専業主婦でも借入できるカードローンがあるのか気になりますね。主婦のカードローンの利用について詳しく調べてみました。主婦の方でこれから借入を検討している方はぜひ参考にしてください。

専業主婦は借入が難しい!その理由とは?

主婦こそお金が必要という話をしましたが、主婦は借入できて、専業主婦は難しいというのは一体どういうことなのでしょうか。

主婦と専業主婦の違いとは、パートやアルバイトなどで収入があるかどうかという点です。

現在ではカードローンのハードルはかなり低くなっていますので、パートやアルバイトでも十分借入することは可能です。

ただし、専業主婦など収入がなければ借入はできません。

借入条件は安定した収入があること

カードローンを利用するためには2つの条件があります。

一つは満20歳以上で未成年ではないこと、もう一つは安定した収入があることです。

お金を借りれば当然ながら返済の義務がありますので、返済能力の有無は重要です。

本当に安定した収入があるかどうかは在籍確認を行って審査します。

専業主婦の場合は、勤務先がありませんので、在籍確認を行うことができず、審査に通ることは難しくなります。

総量規制について

また消費者金融や信販会社のカードローンの場合は、総量規制という貸金業法の適応になります。総量規制とは年収の1/3までしか借入できないという法律です。専業主婦の場合は年収はゼロとなりますので、貸付を行えば総量規制に違反することとなり、会社が罰則を受けることになります。

以上の理由から専業主婦はカードローンの利用が難しいと言われています。しかし、実は専業主婦向けのカードローンが全くないというわけではないのです。

銀行カードローンなら条件付きで専業主婦でも利用できる!

専業主婦ではカードローンは利用できないと思い込んでる人が多いのですが、実は専業主婦でも借入できるカードローンは存在します。ただし、先程の説明の通り、消費者金融や信販会社は総量規制の対象となっていますので、原則専業主婦の借入はできません。

一方、総量規制の対象とならない銀行カードローンの中には専業主婦が借入できる商品があります。

専業主婦が借入するためには配偶者の同意が必要

専業主婦でも借入できる商品とはどのような商品なのでしょうか。

専業主婦が借入するためには安定した収入のある配偶者の同意が必要となります。配偶者が保証人となるわけではありませんが、同意書及び婚姻関係にあることを証明できる書類が必要となります。

以前は銀行カードローンの中には専業主婦本人が借入できる商品もあったのですが、現在ではなかなか難しいようです。配偶者にカードローンを利用していることを知られたくないという人もいるので、悩むところです。

限度額が低いのが特徴

専業主婦でも利用できるカードローンの特徴は限度額が低いことです。

最大でも限度額50万円ということが多いです。専業主婦は自分の収入がなく、返済能力が低いので、借り過ぎを防止するためにも限度額が低めに抑えられているのは安心です。

カードローンを利用できない!そんなときお金を工面する方法

専業主婦でも配偶者の同意があればカードローンを利用できるということがわかりましたが、どうしても配偶者に知られたくない、あるいは過去に借入トラブルなどがあり審査に落ちてしまったなどというときはどのようにお金を工面すればいいのでしょうか。

いくつか方法がありますが、今すぐお金が必要というときには日払いバイトがおすすめです。

女性向けの日払いアルバイト

日払いアルバイトというと、工事現場や建設現場、軽作業などの力仕事ばかりのように思われがちですが、実は女性向けの事務仕事なども多数あります。データ入力、電話オペレーター、イベントスタッフ、シール貼りなど体力に自信のない人でもできる仕事がありますので、安心してください。

女性向けの日払いアルバイトはアルバイト情報誌やインターネットのアルバイト募集サイトなどで見付つけることができます。

不用品をリサイクルショップで売る

最近あちこちで見かけるリサイクルショップやリユースショップ。自分にとっては不用品でもそれを必要している人がいることもあります。オークションやフリマに出品するという手もありますが、時間と手間がかかります。

高額で売れる商品としてはブランド品やプレミアのつく商品などがあります。古本や食器なども高値がつくことがあります。子供服やおもちゃ、ベビー用品などもニーズのある商品です。

家に眠っている不要品をお金に替えれば、すぐに現金を手にすることができます。

家族や知人に借りる

お金を工面する方法でまず思い浮かぶのが、家族や知人にお金を借りる方法ですが言うほど簡単ではないと思います。家族や知人にお金を借りる場合には、使い道を説明したり、いつ頃返済するのか決めなければいけませんし、身内でも借用書を書かされることもあるでしょう。

それになにより顔見知りですので、プライドもあり、自分が経済的に困っていることを知られてしまうのはなんだかいやだなと感じる人もいます。

利息を支払わずに済むというメリットもありますが、何かと気を使うので身内にお金を借りるのは、なかなか容易ではありません。友人同士のお金の貸し借りはトラブルに発展し、友情にひびを入れてしまう結果にもなりかねません。

専業主婦の借入は配偶者の同意が必要!急ぎなら他の方法も

専業主婦こそ生活費や教育費、レジャー費などで何かとお金がかかります。主婦でもパートやアルバイトなどで収入があれば、カードローンの利用は可能です。

しかし、収入のない専業主婦の場合、カードローンの安定した収入があることという借入条件を満たすことができません。とくに総量規制の対象である消費者金融や信販会社からの借入は不可となります。

しかし、総量規制が適応されない銀行カードローンの場合、安定した収入のある配偶者の同意があれば借入は可能です。

ただし、その場合カードローンの利用が配偶者にバレてしまうのは避けられません。

もっと簡単にお金を工面する方法としては、日払いアルバイトをする、不用品を売るなどがあります。クレジットカードにキャッシング機能がついていれば、そちらもおすすめです。

毎月お金が必要という状況が続くようでしたら、思い切って身近なところでアルバイト、パートを始めるのもいいですね。パート収入を得ることができるだけではなく、収入があれば主婦でもカードローンの利用も可能になります。

トピックス
ページトップへ